草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06-07白黒
 No.001 GK アルド・ボバディージャ (7・16・10・17・10・10=70)
 KP戦術:シュートセービング

驚異的な反応をしているわけではないが、シュートを掻き出す動きは白としてトップクラス。特にミドルには滅法強い。
飛び出しは出足こそ遅いものの、出た先での安定した飛び込みとキャッチングでドリブラーを止め、クロスも無難にキャッチ。

 No.003 DF ウーゴ・イバーラ (13・12・14・13・17・16=85)
 KP戦術:サイドアップダウン

俊足を活かした攻撃参加と守備対応を備えた攻撃的サイドバック。ドリブルのフェイントは少ないが、その分スピード感に溢れる。
クロスも高精度だがオーバーラップは無鉄砲でもなく、控えていれば機敏な寄せと中盤含む中央への対応もこなす。
上下動が激しいとスタミナも不安になるが、数値よりも印象は良い。調子安定度も高く、激しいながらも安定感は抜群。

 No.005 DF ホナタン・マイダナ (7・15・10・14・16・11=73)
 KP戦術:マンマーク

冷静に局面を見ながら、優れたスピードで寄せてボールを奪いに行く冷静なストッパー。
リカバリー能力はそれなりで、俊足の割にカバーリングに活かせていない感はある。ビルドアップもやや不安定。
スタミナは数値よりは持つ感じはするが、1試合ギリギリ持つかどうか。

 No.007 DF マティアス・シルベストレ (6・14・9・17・11・13=70)
 KP戦術:パワーディフェンス

パワフルなタックルを全面に押し出す、積極的なタックラー。直線的な相手には真っ向勝負で勝利を挙げる。
一度かわされると立て直すのは厳しい。ビルドアップも不安で、出し所が見つからず持ち上がって行くことも。
スタミナは数値程度。柔軟な相方を置き、積極的に相手に飛び込ませてこそ。

 No.006 DF クラウディオ・モレル・ロドリゲス (11・13・13・15・15・14=81)
 KP戦術:アザーサイドアタック

サイドバックとしては高いレベルでまとまったフィジカルを武器にドリブラーの出足を止める、ストッパー気質の選手。
カバーリングはそれなりながら、鋭いタックルと身長に似合わない空中戦の強さで守備をこなす。スタミナはやや不安。
紹介文の通りキック力に優れ、低い位置から鋭いロングパスを飛ばす。あまり機会はないがシュートも強烈。

 No.008 MF セバスティアン・バタグリア (10・14・14・13・14・15=80)
 KP戦術:オーガナイズドディフェンス

中盤選手としては標準的なスタミナながら、無駄に動かず自分の周囲を固める動きで不安を感じさせないボランチ。
いざ奪いに行く時の動きや奪取力は白として充分。奪ったボールは球離れ良く堅実に味方に繋げる。
自身が飛び出していくことは少なく、チームの真ん中で攻守に安定感を植え付ける存在。

 No.011 MF ギジェルモ・マリーノ (13・7・15・11・14・12=72)
 KP戦術:スルーパス重視

線の細さと運動量に問題を抱えるが、それを考慮したスタイルでチャンスを作るチャンスメーカー。
ドリブルは少なく球離れは良い。少ないタッチで前線に正確なパスを供給。オーバーラップも少なく古典的なトップ下。
動きは少ないがやはりスタミナ不足は否めず。守備貢献も少なめ。

 No.014 FW ロドリゴ・パラシオ (17・5・16・13・18・15=84)
 KP戦術:シュート重視

最前線で踊るようなドリブルを武器に決定機を作るドリブラー。角度のある切り返しで突破力は非常に高い。
自信の決定力も高く、単独でゴールを奪ってしまうこともしばしば。遠目から出すパスにも高いセンスを感じる。
スタミナは微妙ながら、ボールを集めすぎなければ何とか1試合もつ。

 No.016 FW ギジェルモ・バロス・スケロット (16・5・18・12・15・13=79)
 KP戦術:ラインブレイク

抜群のテクニックを武器に、バイタルエリアでの華麗なドリブルで敵を翻弄。虚を突いての突破やアシストでゴールチャンスを作り出す。
エリア内に侵出しての決定力も素晴らしく、クロスに対してもエレガントなキックで的確に強烈に枠を捉える。
スタミナも数値よりやや好印象だがスーパーサブでもあり、いつ試合に出ても頼りになる「エル・メジソ」



 No.021 DF フェデリコ・ルッセンホフ (8・16・9・18・10・12=73)
 KP戦術:パワーディフェンス

恵まれたパワーをフルに活かしたパワフルなチャージを最大の武器とするファイター気質のストッパー。
カバーリングはしないこともないが基本的には当たりに行くスタイル。人に対しては滅法強い。
反面パスに対する対応が若干雑。仕掛けるタイプでスタミナも微妙。

 No.022 DF ルーカス・マレケ (10・10・12・10・15・16=73)
 KP戦術:サイドアップダウン

魅力はしっかりとした守備対応と攻撃参加、それを1試合続けるスタミナ。
サイドバックとしては及第点にサイドを守り、中に絞る対応も○。競り合い不足からか無理は利かない。
オーバーラップは前線へアクセントを加える程度ながら効いている。

 No.024 DF エドゥアルド・トゥッシオ (8・16・12・17・12・13=78)
 KP戦術:ラインコントロール

不用意に前に出ず、ゴール前に仕掛けてきた相手を尽く仕留めるクレバーなストッパー。ロングボールの対処も巧い。
カバーリング意識もそれなりにあり、やや足が遅いのが難点だが不測の事態への対応力も充分。
スタミナは数値に比べ若干好印象だが、連戦になると辛い。ビルドアップもやや雑。

 No.027 MF レオナルド・ポンシオ (11・13・14・15・13・18=84)
 KP戦術:ハードマーク

ポジションを空けず、攻め込んできた相手から容赦なくボールを削り取る、守備能力に秀でたMF。
ボールを持つと横パスが多い珍しい選手。ただ球離れはあまり良くなく、キープしたがる。パスの精度自体は良い。
スタミナは連戦フル出場が全く問題ないレベル。周囲のサポートをさせることで光る。

 No.029 FW ラダメル・ファルカオ・ガルシア (16・4・15・13・17・13=78)
 KP戦術:ボールキープ

07-08に比べ突破力は若干低下。プレー自体も全体にシンプルになった感がある。
パスを選ぶ場面が若干多くなった様に感じる。チャンスメーカーの色が強くなったか。スタミナは相変わらず不安。

 No.032 FW アリエル・オルテガ (15・4・18・10・16・10=73)
 KP戦術:プルバック重視

LEに比べ若干の突破力低下は否めないが、まだまだDFを翻弄するドリブルは健在。
代わりにパスの意識が若干上がり、KPも手伝い抜ききる前にクロスをあげることも。チャンスメイクの幅は広がった。
が、元々不安のあるスタミナ不足には更に拍車が掛かり、どちらかというとサブ要因か。



 No.037 DF モイセス (7・16・10・17・11・13=74)
 KP戦術:バイタルエリアプレス

スピード不足はやや目立った弱点。高速ドリブルに手を焼き、後方へのカバーリングも追いつかないことがある。
その分、しっかり引いての守備能力は非常に高く、対面していればハイレベルなドリブラーにもしっかり対応。
単純な放り込みも安定して跳ね返す。奪ったボールは大きくクリアすることが多い。スタミナは数値程度で連戦は辛い。

 No.040 MF クライトン (13・12・13・17・12・16=83)
 KP戦術:オフェンスダイナモ

守備対応の柔軟さに若干難はあるが、広大な範囲に網を張り直線一気に身体をぶつけるタックルで中盤の壁と化す。
球離れは標準的ながら、パワフルな持ち上がりで攻撃を押し上げ、バイタルエリアでのアシストやサイドを抉ってのクロスに繋げる。
強烈なミドルシュートもあり、あらゆる面でパワーを押し出した、スキルどおりのダイナミックダイナモ。スタミナは数値程度。

 No.042 MF パウリーニョ (9・13・12・10・17・18=79)
 KP戦術:ワイドカバーリング

中盤底のアンカーとしては競り負けの多さがやや気になるが、フルタイム中盤をカバーできるのは強み。
加えてアンカー最高峰の機動力でDF前の全域をカバーできる。スピードを活かして抜かれた相手に追いつくことも。
パスは地味に繋ぐことが多く出しどころに迷っている感もあるが、スピードを活かしたドリブルも意外な武器になる。

 No.043 MF レナト (13・9・14・14・14・14=78)
 KP戦術:プレースキック重視

数値の劣り、ずば抜けた特徴はないが安定した能力を備えたドリブルが武器のサイドアタッカー。
その分ハイレベルな守備者には手を焼くが、クロスの精度も十分。しっかりとお膳立てをすれば期待にこたえてくれる。
スタミナも数値に比べればやや好印象。それでも酷使したり連戦するとやや辛い。

 No.045 FW レオナルド (15・4・12・15・14・12=72)
 KP戦術:パワードリブル突破

KP、スキルが示すとおり、一本調子ながら強引にこじ開けるパワフルなドリブルが最大の武器。
浅い位置ではパスをすることもあるが基本的には自ら仕掛けるタイプ。決定力も十分。
ドリブラーとしては致命的にスタミナが無くフル出場は厳しい。紹介文通りジョーカーが吉か。

 No.046 FW オビーナ (17・3・14・17・16・11=78)
 KP戦術:シュート重視

タッチは大きいが、パワーとスピードを全面に押し出した暴走ドリブルで中央から敵陣をこじ開けようとする突貫小僧。
突破は一本調子ながら、後の同選手に比べると決定力は最も高い。力強くも精度を兼ねた強引なシュートを叩き込む。
スタミナ不足はかなり深刻で、45分で半分減ってしまうのが当たり前。蓄積疲労もたまり易い。スーパーサブ。

 No.047 FW ロニ (15・5・14・12・17・13=76)
 KP戦術:ラインブレイク

能力値から察するとおり、スピードを活かしたシンプルなプレーでゴールを狙うストライカー。機敏な動きでギャップを付く。
シュートは無理が利くタイプではなく、距離や角度によっては決定機を逸することもあるが、正面きっての決定力は充分。
クロスにあわせるセンスは意外とあり、パワーはないもののヘッドの精度はなかなか。スーパーサブ適正もあり。



 No.049 GK ファビオ・コスタ (8・17・11・16・11・11=74)
 KP戦術:オーガナイズドディフェンス

基本的に構えてシュートを待つタイプ。だが飛び出しも悪くはない。速さは並だが巧く止めている。
フィードも比較的良く、多くは期待できないが時折チャンスに結びつく。PKもずば抜けて強くはないがそこそこ止める。
特筆すべき武器はないものの、あらゆる面で弱点の目立たない守護神。強いて言うと成長まで辛いか。

 No.051 DF アントニオ・カルロス (11・17・13・15・11・13=80)
 KP戦術:ミックスパスワーク

基本的に自ら奪いに行くスタイル。1対1では冷静で揺さぶりに強く、数値程のスピード不足は感じない。
控えていればカバーリングの意識も高く、優れたポジショニングで味方をフォローする能力も抜群。
短い持ち上がりと充分なパスセンスを活かしたビルドアップも武器。スタミナは数値程度で、連戦に耐えうるほどではない。

 No.054 DF クレーベル (12・13・13・17・13・15=83)
 KP戦術:ディフェンシブサイド

序盤は慎重ながら、成長後はSBらしからぬパワフルなドリブルで相手に脅威を与えるパワータイプのDF。
攻撃参加は多少機を見ている感もあるが、基本的に積極的で豪胆なドリブルを披露。スタミナも思いのほか心配は薄い。
控えていれば冷静な身の運びで高い守備技術を披露する。中央への絞りも的確だが、前線からの帰還はやや遅め。

 No.055 MF アドリアーノ (10・11・14・10・15・14=74)
 KP戦術:ミックスパスワーク

中盤で攻撃のタクトをふるうプレイメーカー。しっかりと散らす長短のパスで攻撃を引き出す。
自らのオーバーラップはさほど多くはなく、球離れの良いパサー。
守備力は中盤底としては動き、能力共に物足りなさを感じる。守備範囲は若干狭い。献身性もやや疑問符。

 No.056 MF クレーベル・サンタナ (13・10・13・15・14・18=83)
 KP戦術:アンチハイタワー

抜かれたときの脆さはあるが、狙いを定めれば圧倒的なチャージでボールを奪う疲れ知らずのダイナモ。数値に比べ奪取力は充分。
球離れはいまいち良くないが、パワフルな持ち上がりは意外なチャンスを産む。パスの精度も標準的。
中盤選手としては空中戦にも強く、非常時にはCBにも入れる。

 No.057 MF クラウディオ・マルドナード (10・13・13・14・14・19=83)
 KP戦術:ハードマーク

攻撃時に目立った貢献をすることはない。ドリブルは一本調子でパスの捌きも地味。
それを補って余りある守備範囲と献身性、中盤守備を一人任せても全く問題ない動きで相手の攻撃を早めに遮断。
連戦をこなしても問題ないスタミナも魅力。ゴールの影でチームに貢献する仕事人。

 No.058 MF ロドリゴ・ソウト (11・13・13・14・13・16=80)
 KP戦術:ミックスパスワーク

07-08に比べ守備の意識、守備範囲が強化され、対人守備で力強いタックルを献身的に繰り返す。
反面、パスセンスにやや陰りが見える。球離れが良くなり低い位置でシンプルに繋ぐ意識が強くなった。
攻撃参加の意識も薄まり、自陣のホールを空けない動きでチームに貢献。スタミナ面も改善され、ある程度の連戦に耐えうる。

 No.063 FW マルコス・アウレリオ (16・7・14・10・16・16=79)
 KP戦術:クロス重視

シンプルながら縦に速く、的確なコース取りで敵陣を切り裂くアタッカー。見た目は地味ながら意外な突破力でチャンスメイク。
スキルの通りゴールに結びつくクロスも高精度ながら、紹介文の通りカットインのシュートや逆からのパスに反応する動きで自身の決定力も高い。
守備意欲もそこそこあり、スタミナもアタッカーとして高水準。平凡な個人能力をクレバーな動きで補い、攻撃の中心にもなりうる。



 No.067 DF エジカルロス (8・17・12・16・12・13=78)
 KP戦術:アンチファンタジスタ

高い守備技術を持ちながら攻撃面でも貢献できるリベロ。確実な繋ぎの中に、チャンスがあれば前線に高精度のフィードを送る。
積極的なチェックと柔軟なカバーリングで最終ラインのあらゆる局面に対応。どんな相棒にも調和できる。
スタミナは数値程度で、連戦フル出場は厳しい。

 No.069 DF ジャジウソン (13・9・15・9・16・18=80)
 KP戦術:オフェンスダイナモ

単体での守備にやや不安はあるが、圧倒的なスタミナを武器にフルタイムで激しい上下動を繰り返す積極的なサイドバック。
フリーランも多いが、速さはそこそこだが意外な器用さが光るドリブルで敵陣深くまで持ち上がり、精度充分のクロスを上げる。
中央への守備対応の意識もあり、中盤の攻防に顔を出すこともしばしば。左足のシュートはゴールも狙える。

 No.071 DF ネルセイ・レアスコ (10・13・12・14・14・17=80)
 KP戦術:サイドエリアブロック

07-08に比べ運動量、行動範囲が若干低下。中盤や自陣ゴール前に頻繁に顔を出すことは少なくなった。
逆を言えば、より自分のポジションを守るようになったということ。更に単独での守備能力もやや高くなったように感じる。
相手ウィンガーにはしつこく食い下がり、そう簡単に決定的な仕事はさせない。攻撃貢献は地味だが。

 No.073 MF ウーゴ (14・8・14・13・16・14=79)
 KP戦術:ムービングパスワーク

08-09に比べドリブルがシンプルになり、単独での打開力はやや劣った。
それでもシンプルにスペースを突く動きと球離れの良いスタイルで、2列目からのチャンスメイクに優れたパサー。
スタミナは数値程度で連戦フル出場は辛い。

 No.074 MF ジョズエ (11・14・14・10・14・18=81)
 KP戦術:ムービングパスワーク

アンカーとしてはパワーに不安を感じる数値ながら、巧くボールを奪い取るタックルを会得しており、さほど気にならない。
紹介文の通り、奪ったボールは球離れ良く味方に堅実、的確につなぎ、チームの攻守切り替えを円滑に行う。
広大な守備範囲も特徴で、幅広くカバーできるがスタミナに不安もない。スポットライトには程遠いが、確実にチームを底上げしてくれる。

 No.076 MF リシャルリソン (12・11・14・12・14・16=79)
 KP戦術:ボールキープ

特にスピード、テクニックが優れているわけではないが、不思議な粘り強さで相手を抜き去るドリブラー。
テンポ良くパスを繋げるなど、ややスタイルが定まっていない感もあるが、攻撃のアクセントをつけられる。
守備は至って平凡というレベルながら、紹介文通りSB、DMFもそつなくこなす。スタミナもほぼ問題なし。

 No.077 MF ソウザ (13・8・15・12・14・14=76)
 KP戦術:チャンスメイク

圧倒的な個人技はないが、シンプルな動きに確かなテクニックを活かし、堅実にチャンスを作るタイプ。
縦への突破力もそれなりにあるが、適度に球離れが良く、パスを放つタイミングも上々。浅い位置から不意にアシストを決める。
スタミナは数値程度で、連戦フル出場は辛い。率先して目立つより、気がつくと数字を残しているいぶし銀。

 No.080 FW レアンドロ (16・7・14・11・15・15=78)
 KP戦術:ロングスルーパス重視

ドリブルはスペースを突くタイプで混戦を打破する力は無いが、やや引いた位置からあらゆる手段でチャンスを生み出す。
ポジショニングが秀逸で、ゴール前に唐突に飛び出してパスやクロスを捕らえる。
ドリブルからのパスも巧く、受け手としても出し手としても優秀。スタミナも充分で、常に目立たずに決定機を狙い続ける。



 No.082 DF エマニュエル・エブエ (13・11・12・13・19・16=84)
 KP戦術:クロス重視

抜群のスピードで守備時にはウィングに振り切られること無く追跡。前に出てのパスカットや中央への反応も迅速。
その俊足はドリブル時にも武器になり、サイドバックの域を超えた突破力は高い位置での起用にも耐えうるほど。
相手エリア内まで進出することもあるが決定力は低い。しかし1試合通じてパフォーマンスが落ちないスタミナも○。

 No.084 DF ジャスティン・ホイト (10・11・11・15・15・13=75)
 KP戦術:ロングパス重視

身体能力に優れた守備的なサイドバック。ポジション表記の通り両サイドこなせる柔軟性も強み。
数値よりしっかりとした1対1での粘り強さでサイドを封鎖。中のカバーも的確で効果的。
時折深くまで駆け上がることもあるがオーバーラップは控えめ。あまり上がるとスタミナが不安。

 No.085 DF フィリップ・センデロス (9・18・10・19・13・13=82)
 KP戦術:ファイティングスピリッツ

冷静さを備えたストッパーで、紹介文の通り空中戦には強さを感じる。
地上では基本的には自分で当たりに行くが積極性はそれほどではなく、時折高い位置に顔を出すがポジションを守る。
カバーリングはそれなりで、繋ぎはやや雑。スタミナも微妙。相方には柔軟なタイプを選びたい。

 No.086 DF コロ・トゥーレ (10・18・12・16・17・15=88)
 KP戦術:ワイドカバーリング

積極性と冷静さを持ち合わせ、状況に応じてチャレンジとカバーを出し入れするクレバーなセンターバックに。
寄せは迅速かつ的確ながら、味方が飛び込んだスペースを埋めるポジショニングにも磨きが掛かっている。
攻撃面でも目立ったミスは少なく、非常に計算の立つ守備の要。

 No.089 MF アレクサンドル・フレブ (13・10・17・13・18・15=86)
 KP戦術:ダイレクトパスワーク

速く、それ以上にテクニカルなドリブルで敵陣を切り裂くドリブラー。ふらふらとした突破力は非常に強烈。
紹介文の通り、持ちすぎるときもあるがパスセンスも優れ、浅い位置からのパスも魅力。
高い位置からの守備力も期待できるが、スタミナが若干不安。自身の決定力も疑問符。チャンスメーカー。

 No.090 MF ジュリオ・バチスタ (15・10・14・17・13・15=84)
 KP戦術:シャドーストライク

07-08に比べドリブルテクニックが低下したのか、よりパワーを活かした突進がみられる。
加えて中盤底からでもガンガン前線に飛び出す攻撃意識が高く感じる。反面CKからの得点はやや少なくなった印象。
数値以上の守備力と意外なパスセンスは健在。中央をマルチにこなせる才能もありがたい。

 No.094 FW エマニュエル・アデバヨール (16・7・14・16・15・15=83)
 KP戦術;ダイレクトシュート重視

ボールを持った時の動き、球さばきはWFWなどより軽やかに感じる。テクニカルにDFをかわす動きは白独自か。
飛び出し等も得意だが、あまり身体的優位を感じることは少ない。スタミナも数値に比べると若干不安があり。
決定力もムラがある。ダイレクトで豪快に決めたかと思えば、1対1など簡単なシュートを決めきれない事も。

 No.096 FW ロビン・ファン・ペルシー (18・7・16・14・18・13=86)
 KP戦術:シュート重視

ドリブルやシュートはより鋭さを増し、ウィンガーとしてもストライカーとしてもたくましさを増した印象。
反面球離れは若干悪くなった感がある。スタミナもやはり不安で、ドリブルを仕掛け続けると1試合持たない。



 No.098 DF ハリド・ブラルーズ (8・17・11・16・14・15=81)
 KP戦術:パワーディフェンス

見た目の通りパワフルな動きで相手FWを食い潰すかのように止めるパワーストッパー。
非常に積極的でターゲットには一目散に当たりに行く。タックル成功率は非常に高いが、奪ったボールが若干足につかない。
カバーリングはあまり得意ではなく、サイドバックでもスタイルは変わらず攻撃貢献は皆無。一芸に秀でたDF。

 No.100 DF パウロ・フェレイラ (12・12・14・12・16・15=81)
 KP戦術:サイドエリアブロック

数値や紹介文で守備的になった印象を受けるものの、オーバーラップはしっかり行う。単体での突破力はやや劣った。
守備面では大きな変化はないが、動きの上ではセンターバックも問題なくこなす。しかしパワー不足がかなり気になる。
上下動もそれなりにあるためスタミナもやや不安。攻撃時の存在感もやや劣り、若干中途半端な気もする。

 No.103 MF ミヒャエル・バラック (16・10・18・18・11・15=88)
 KP戦術:ワイドゲームメイク

LEに比べ、守備の意識は高くなっている感がある。ボールを追う意識が強くなった印象。
足も遅く、LEに比べゴール前でボールに絡む機会は減った。決定力も若干下がったが、まだまだ信用十分。
ドリブルは殆ど見られず、受けたボールは即座に捌く。LEよりインパクトに欠けるが、安定感は増しているか。

 No.108 MF ジョン・オビ・ミケル (13・12・17・14・14・15=85)
 KP戦術:ロングスルーパス重視

ドリブルはフィジカル面で劣り抜群の突破があるわけではないが、スペースを利用したキープ力が光る。
武器はやはり決定的なパス。グランダーやフライスルーなどバリエーションも豊富。自身の決定力は並。
守備もそこそこにこなしCHでも機能するが守備範囲が限定的で相棒を選ぶ。低い位置からでもパスは効果的。

 No.111 FW サロモン・カルー (16・6・14・15・17・14=82)
 KP戦術:ボールキープ

07-08に比べドリブルのスピードが若干落ちた感がある。決定力もやや下がった印象。
反面浅い位置での判断が柔軟なように感じ、早めのパスでチャンスを作ることも。
ドリブルの意識が下がったおかげかスタミナの持ちもこちらのほうが良いように感じる。



 No.114 DF ダニエル・アッガー (11・16・10・17・15・15=84)
 KP戦術:アンチハイタワー

センターバックとして非常に優秀な身体能力を備えた選手。万能なスタイルで、相方を選ばず重宝する。
ストッパー気質ながら、空中戦の強さがポジショニングにも表れているのかカバーリングも優秀。守備のメリハリも効いている。
スタミナも不安はないが、ビルドアップにやや難がある。パスミスや不用意な持ち上がりが残念。

No.115 DF ジェイミー・キャラガー (10・18・13・16・14・17=88)
 KP戦術:ラインコントロール

キャラガーの中では冷静な部類に入り、多様なアタッキングをシャットダウンする万能なストッパーに。
カバーリングや前に出てのインターセプトも目立ち、スタミナも問題なし。ビルドアップに雑さが目立つのがやや残念。

 No.116 DF ファビオ・アウレリオ (13・10・15・15・15・14=82)
 KP戦術:アーリークロス重視

豪快な攻撃力が魅力のサイドバック。序盤は無鉄砲なオーバーラップだが、成長後はタイミングを徐々に見極めるようになる。
高いキック力も大きな武器で、KPのアーリークロスも鋭く、遠目からのシュートも破壊力充分。
ドリブル能力もバランス良く高いが、位置取りが高く守備で後手に回ることも多い。フィジカルでどうにかこなすが、スタミナが不安。

 No.117 DF スティーブ・フィナン (11・13・13・13・16・16=82)
 KP戦術:プレッシング

07-08に比べOFEが1高いが、むしろ守備面での貢献度がより高く感じる。
積極的な守備をそのままに、中央のカバーを迅速に行いセンターバックを大いに助けてくれる。
攻撃時のドリブルはさほど差を感じないが、より安全に繋ぐ印象。

 No.118 DF サミ・ヒーピア (9・17・12・19・11・12=80)
 KP戦術:バイタルエリアブロック

04-05に比べると数値は下がったが、守備能力の劣化はあまり見受けられない。やや前に出る意識が強いか。
スタミナの低下は目立ち、スタイルの変化も相成って更に出場は厳しくなった。贅沢な控えか。

 No.122 MF ジャーメイン・ペナント (14・7・15・13・17・15=81)
 KP戦術:ムービングパスワーク

高角度の切り返しとスピードでサイドを切り裂くサイドアタッカー。ドリブラーにしては球離れもそこそこ良い。
チャンスメイク能力も高いが決定力もそれなりに良い。ただ、好不調の波が激しく感じ、当たり外れがあるように思う。
守備に走る事が少なく、そのせいかスタミナはサイド選手としては好印象。

 No.123 MF モモ・シッソコ (12・14・14・17・15・15=87)
 KP戦術:パワーディフェンス

ボールタッチや短いドリブルなどで、05-06白の攻撃的な部分の面影は見られる。
が、やはり魅力は数値面でも強化された守備能力。若干無鉄砲なときもあるが積極果敢にタックルに行く。
行動範囲は非常に広いが、故にポジションを留守にすることもある。時折の飛び出しも武器。

 No.124 MF シャビ・アロンソ (14・11・17・16・14・16=88)
 KP戦術:ミドルシュート重視

奪取力はSPSより好印象ながら、タックルの積極性が増しすぎている感はある。アッサリかわされることも。
反面攻撃時の積極性も大きく増しており、レベルの高い繋ぎから一気に前線に飛び出し、自らゴールを決めることも。
決定力は高いが、縦横無尽の動きでスタミナ面にはやや不安がある。タックラー兼プレイメーカー兼アタッカー。

 No.125 FW クレイグ・ベラミー (17・8・13・13・17・15=83)
 KP戦術:マリーシア

器用さとは無縁、スピード溢れるドリブルと裏への鋭い飛び出しでゴールを陥れるストライカー。
パスセンスは平凡で球離れも悪いが、トップスピードに乗ればDFを手玉に取る突破を繰り出す。
スタミナは若干不安があるがボールを集めすぎなければ十分。不意に見せる前線でのボールカットも魅力。

 No.126 FW ピーター・クラウチ (17・6・15・17・11・13=79)
 KP戦術:ハイタワー

単体での突破力は低い。ドリブルが大きく、DFとの距離感次第。
ターゲットマンとしては優秀で、視野の広い精確なポストプレーで攻撃を牽引。アクロバティックなシュートも魅力。
オフザボール、ボールを持っての動きは少なく、スタミナも数値より優秀。ゴールが決まればロボットダンスを披露。

 No.127 FW ロビー・ファウラー (18・3・16・15・15・9=76)
 KP戦術:ゴールハンティング

ボックスストライカーとして万能。冷静なポジショニングに精度の高いポストプレー、強烈な決定力を持っている。
裏への反応やこぼれ球への詰めも速く、ヘッドの強さはそこそこながら、ポジショニングの良さで合わせる。
守備やスタミナは数値ほど悪い印象はないが、やはりフル出場は厳しい。打開力は低く、お膳立てが整えば驚異の存在感。

 No.128 FW ディルク・カイト (17・7・14・17・14・18=87)
 KP戦術:パワードリブル突破

豪快なドリブルで敵陣に突き進むこともあれば、浅い位置から意表をついたパスでアシスト役もこなすマルチなFW。
自ら突っ込むこともあるが基本的には球離れが良く、周囲がしっかりと見えている印象。自身の決定力も問題なし。
FWとしては脅威のスタミナで疲れ知らず。ウィングとしてもドリブルとパスを駆使してしっかりと機能。



 No.131 DF ガブリエル・エインセ (11・17・12・15・15・15=85)
 KP戦術:オーバーラップ

サイドバック時には04-05に比べ攻撃参加が少なく、守備的になった印象。
守備に特化したのかと思いきや、センターバック起用時に不用意なミスが目立つように、守備的サイドバックとしては優秀。

 No.132 DF ガリー・ネビル (12・14・14・15・15・16=86)
 KP戦術:ワイドカバーリング

数値的に際立った特徴を感じないが、ピッチ上でもすべての能力をバランスよく有している印象。
サイドバックとしてあらゆる攻撃に対応。別段苦手なタイプもおらず、どんな相手にも安定したパフォーマンスを披露。
攻撃参加はさほど多くなく、堅実なパスで攻撃陣をサポート。スタミナは連戦するとやや辛い。

 No.133 DF ジョン・オシェイ (10・15・13・16・14・14=82)
 KP戦術:フォアザチーム

09-10に比べると、活発な動きが少なくなった印象。配置されたポジションで堅実に守備を行う。
GK時には白トップクラスとも思える飛び出しで相手FWの出足を封鎖。シュート反応は標準レベル。

 No.134 DF ネマニャ・ビディッチ (8・18・11・19・13・13=82)
 KP戦術:アンチコンビネーション

数値の印象と異なり、柔軟な守備能力で最終ラインの中心となれる逸材。守備能力はほぼ完備している。
強引な突破にも強いが技巧的な揺さぶりにも強く、長いリーチはパスカットにも活かされている。カバーリングも上手く空中戦も○。
弱点はビルドアップの雑さと、万能に最終ラインを動き回る故のスタミナ不足。

 No.135 MF マイケル・キャリック (14・12・17・15・13・15=86)
 KP戦術:ゲームメイク

守備に若干の不安を感じる。タックルなどはそれなりにこなすが献身性がやや物足りない。
低い位置からのミドルパスで中盤をオーガナイズ。柔らかく精度の高い散らしで攻撃を促す。
時折低い位置からドリブルで仕掛けることもあるが、スタミナは十分持つ。

 No.137 MF ダレン・フレッチャー (11・12・14・14・14・15=80)
 KP戦術:ロングパス重視

フレッチャーの中では攻撃意識に乏しく、中盤守備で進化を発揮するフィルターとして優秀。
奪取力は最高峰ではないが、穴を開けない位置取りを活かしたクレバーな守備が光る。
球離れ良く堅実なパスを繋ぐ動きはサイドでも変わらない。スタミナは標準レベル。

 No.140 MF ポール・スコールズ (15・12・15・14・14・18=88)
 KP戦術:トライアングルパスワーク

LEに比べ自身が攻め上がることが減り、それが好転し守備に格段の安定感が出た。横のカバーリングも質が高い。
パスは相変わらず堅実なものが多いが、低い位置で守備をさせるならばLEより向いている。

 No.142 FW ルイ・サハ (17・7・15・16・17・14=86)
 KP戦術:ワイドシュート重視

抜群のフィジカルと確かなテクニックを武器にしたドリブルは前線で状況を打破できる大きな武器。
決定力も確かで、多少角度が無くても正確に、そして強烈に枠に飛ばすシュートも魅力。
突破力はサイドでも活きるがクロスは標準的。基本的に球離れは良くなく、スタミナも後半中ごろあたりが辛い。

 No.143 FW アラン・スミス (14・11・13・15・16・16=85)
 KP戦術:ファイティングスピリッツ

数値は過去最低になってしまったが、中盤底での繋ぎの質が向上。守備も若干向上したが、やはり一本調子。
ただ、その守備意識は攻撃的ポジション起用時にも発揮。高い位置からのプレッシャーで相手に脅威を与える。
強引さで抜くドリブルは健在で、やや球離れは悪くなったが決定力は健在。中盤より前ならどこでもこなせ、スタミナも問題なし。

 No.144 FW オレ・グンナー・スールシャール (18・6・15・13・14・10=76)
 KP戦術:ゴールハンティング
 
スタミナは数値よりは良いがフル出場に耐えうるものではなく、サブが必然的になる。
しかしスタメンより途中出場の方が明らかに動きがよい。抜群のポジショニングと反転で幾度となくゴール前へ飛び込んでいく。
シュート精度は抜群で、ダイレクトシュートも非常に上手い。必ず期待に応える「ベビーフェイスの殺し屋」



 No.145 GK ウルリク・ラメ (7・18・10・16・9・9=69)
 KP戦術:シュートセービング

★が付くまでは若干我慢が必要ながら、成長後は欠けるもののない守護神として大きな存在感。
飛び出しは速度こそ並ながらポイントをしっかり抑えており、正確に相手の足下に飛び込む。
ハイボールの処理も安定感があり、シュートの反応にも鋭さがある。ビッグセーブも繰り出し、PK戦も強い。

 No.147 DF ジュリアン・フォベール (13・9・12・13・19・17=83)
 KP戦術:オーバーラップ

守備には若干の雑さがある。献身性はあり中央のカバーもこなすが、チェックに行くのが早く軽率なときも。
それを補って余りある高速ドリブル。ライン際をボールごと駆け上がり一人でクロスまで行くことも珍しくない。
クロス精度は並で繋ぎは雑なときもある。攻撃参加を繰り返すとスタミナが不安。

 No.148 DF ダビド・ジェマリ (9・12・11・18・14・13=77)
 KP戦術:パワーディフェンス

強烈なタックルが信条の守備的サイドバック。数値からタックラーを連想させるが、守備対応は意外と冷静。
ただ、行くときと待つときのメリハリはしっかりしており、いざチャージを仕掛ければしつこく喰らいつく。攻撃面での貢献は皆無に等しく、攻め上がりは少なくパスはやや雑。スタミナもフル出場は微妙。

 No.151 DF マルク・プラニュス (10・16・13・14・16・14=83)
 KP戦術:インターセプト

機敏な動きで相手の出足を止めるストッパーながら、冷静な判断力も持ち合わせている。
懐に飛び込むタイミングを見極めるクレバーさから、冷静なカバーリングへの移行もスムーズ。
前に出たときに抑制が効かない時もあるものの、守備能力は総じて高い。スタミナはやや微妙。

 No.152 MF ステファン・ダルマ (14・10・16・14・13・14=81)
 KP戦術:ショートカウンター

スタイル的には01-02に近い。目立った貢献をするよりも安定感のある動きで攻撃を促すシンプルなMF。
数値上はダウンなのだが、こちらのほうが守備が献身的のような気がする。

 No.153 MF ピエール・ドゥキャス (9・13・11・15・13・16=77)
 KP戦術:ディフェンススピリッツ

オーバーラップは殆どせず、パスは地味でやや精度を欠く。攻撃面での活躍は殆ど期待出来ない。
反面守備では豊富な運動量と冷静なポジショニング、広い守備範囲でボール保有者を逃さず捕らえる。
献身性も備え、しつこくボールを追う様も好感。中盤守備のスペシャリスト。

 No.154 MF フェルナンド・メネガッソ (12・14・14・16・16・15=87)
 KP戦術:マンマーク

守備の選手としてはやや守備範囲が狭く感じるが、紹介文の通り奪取力はかなり高い。横から後方から、上手く身体を入れる。
奪ったボールは適度な持ち上がりと堅実なショートパスで攻撃に繋げる。攻撃面で主役を張ることは少なく、陰から支える。
スタミナは数値程度。自身の運動量は少ないので、ある程度の連戦には耐えうる。

 No.157 MF ウェンデウ (14・10・15・14・15・15=83)
 KP戦術:プレースキック重視

数値よりもテクニック色の強い技巧派サイドアタッカー。タイミングのよいシザースから高精度のクロスに結びつける。
中央へパスを通すセンスもあり、左足のシュートは威力充分で、チャンスがあればミドルを決める力もある。
サイドバックとしては守備はやや不安ながら、オーバーラップからこれらの武器を活かす攻撃的スタイルで機能。スタミナもまぁまぁ。

 No.158 FW フェルナンド・カベナギ (18・5・16・15・12・8=74)
 KP戦術:降臨

強烈な決定力を誇るチームの最終兵器。最大の弱点スタミナは、1試合はおろか45分も持たない。練習時間も圧迫。
しかし一度ボールを預けると、力強くも柔らかいドリブルで敵守備陣を破壊。ポストプレーの精度も素晴らしい。
決定力も強烈かつ精度を伴い、エリア内外問わず強力なシュートを叩き込む。調子は安定しないが最高のスーパーサブ。

 No.159 FW マルアン・シャマフ (17・5・16・14・14・15=81)
 KP戦術:降臨

フィジカル的には数値程度のものしかない。競り合い、スピード共に標準レベル。スタミナも連戦は辛い。
しかしストライカーとしては優れたテクニックを武器に、少ないタッチで瞬間的フリーを作る動きが抜群。
決定力も白としては抜群ながら、技巧的なポストプレーも一級品の武器。若干ダイレクトシュートが苦手。



 No.161 GK トニー・シルバ (7・15・11・13・17・12=75)
 KP戦術:リベロキーパー

数値の通り、飛び出しのスピードはトップクラス。高速でFWの足下へ飛び込みゴールを封鎖。
だが全体的に若干ムラがある。起死回生のビッグセーブもあれば、無反応にゴールを許すことも。
野生のカンなのか、PK戦にはかなり強い印象。

 No.166 DF スタティス・タブラリディス (8・17・10・18・11・14=78)
 KP戦術:リトリート

数値の通りスピード不足が気になることもあるが、ひとたび体を寄せれば奪取力抜群のタックルでねじ伏せる。
空中戦の強さは安定感抜群。カバーリングの意識もあるが、スピードが災いしているところもある。
繋ぎのボールはやや粗い面がある。スタミナはやや不安な面もあるが1試合はもつ。

 No.171 MF ジャン・マクン (10・12・13・12・16・18=81)
 KP戦術:カバーリング

守備時には機敏な動きでクレバーに中盤を動き回り、広い守備範囲と献身性も完備した中盤のスイーパー。
攻撃時には基本的に短いパスを繋ぐが、時に豪快に中盤から攻め上がることがある。ミドルも意外と狙える。
攻守に貢献するもスタミナに不安はなく、地味ながら確実に柱となれる存在感。

 No.173 FW カデル・ケイタ (16・8・17・14・17・14=86)
 KP戦術:ボールキープ

スピードだけではない、特にKP設定時に見せる揺さぶるボールタッチからのドリブルが最大の武器。
対峙した相手を抜く事に関しては素晴らしいが、最初からスペースがあれば一気にトップスピードで駆け抜ける。
FWとして決定力は並で、どちらかというとチャンスメーカーだがクロスは標準レベル。スタミナは不安。

 No.174 FW ケビン・ミララス (13・6・13・13・16・11=72)
 KP戦術:カットイン

スピードをメインとしたドリブルで数値に似合わない高い突破力がある。決定力は数値に比べれば優秀だが若干物足りない。
サイドでDFを振り切ることも出来るが、KP通り中に入る動きも強力。フリーでダイアゴナルに刻むランニングも独特。
スタミナはかなり不安があり、フルコンディションで出られるのはハーフ限定か。

 No.175 FW ピーター・オデムウィンギ (17・7・14・15・17・14=84)
 KP戦術:ムービングパスワーク

最大の魅力は抜群のスピードで仕掛けるドリブル突破。コース取りも巧く、すり抜けるようにDFをかわす。
決定力も非常に高く枠外へ飛ぶシュートは稀だが、ヘディングはあまり得意ではないらしい。
球離れはあまり良いほうではなく、ドリブルを好む故にスタミナはやや不安。

 No.176 FW スレイマン・ユラ (15・5・12・14・16・12=74)
 KP戦術:ムードメイキング

紹介文の通り前線への飛び出しは武器の一つだが、ボールを持っている状態でも切れ味鋭いドリブルを披露。
ややリズムを掴みづらいがパスセンスもそれなりにあり、低い位置から決定的パスを狙うこともある。
シュートもしっかりと枠をとらえるが、90分続けるスタミナはない。前線、両サイドで幅広く活躍できるサブが理想か。


 No.183 MF アルー・ディアッラ (10・13・11・17・13・16=80)
 KP戦術:パワーディフェンス

MFとして破格のパワーを武器に、自陣DFエリア前に侵入してきた敵を残らず刈り取るクラッシャー。
奪取力はかなりのものだが、ビルドアップにやや難あり。強引な持ち上がりは武器にもなるがリスクも伴う。
スタミナは問題なく、守備に関してはフルタイムで大きな貢献をしてくれる。



 No.194 DF アンドレアス・ゲルリッツ (12・10・12・15・16・14=79)
 KP戦術:ワイドカバーリング

直線的な高速ドリブルでサイドを切り裂く攻撃的サイドバック。競り合いにも比較的強く、突破力は意外と良い。
守備はやや軽率に行き過ぎる感はあるが、数値ほどの不安はない。積極的な動きは時に中央も助ける。
守備に専念すればスタミナはギリギリ持つが攻撃は好き。終盤に辛さが出る。

 No.199 DF ダニエル・バン・ブイテン (12・18・12・19・10・15=86)
 KP戦術:全員攻撃

スピード不足は気になるものの、それを補うポジション修正であらゆる攻撃に対応出来る後方のハイタワー。
ストッパーながら積極性はそれなりでしっかり状況を把握。カバーリングにも意外な巧さを見せ、フィードもまずまず。
フル出場も問題ないスタミナも好印象で、CKではストライカーと化す。

 No.201 MF アンドレアス・オットル (11・13・13・15・14・15=81)
 KP戦術:セーフティパスワーク

中盤底でボールを奪い味方に繋げるボランチ。奪取力は悪くないが守備範囲が若干限定的。
堅実なパスが基本ながら、時折横に広く散らす展開力を見せる。ただ、自ら持ち上がる場面も目立ち、プレーが気まぐれに感じる。
最前線まで飛び出すことは殆ど無く、裏からチームを操る存在。スタミナは問題ない。

 No.202 MF ハサン・サリハミジッチ (13・11・14・14・15・18=85)
 KP戦術:ハードプレッシング

07-08に比べ攻撃性能の向上は感じられる。ドリブルにスピード感が増し突破力は上がった。
守備では若干パワーダウンも感じられ、献身性もやや下がった感もあるが、機敏さを活かしたインターセプトも。
スタミナも問題なく、中盤全域とサイドバックをこなす万能性は相変わらず。

 No.203 MF メーメット・ショル (15・7・18・9・15・7=71)
 KP戦術:バイタルエリアドリブル

LEに比べると致命的な程のスタミナ不足。ドリブラーというスタイルも手伝って45分もつかも怪しい。
が、持ち前のドリブルやパスは多少劣るもののまだまだ一級品の武器。LEに比べると球離れも良く感じる。
意外な前線守備も健在。サイド、トップ下をこなせるスーパーサブか。

 No.205 MF マルク・ファン・ボメル (13・11・16・16・14・16=86)
 KP戦術:ファイティングスピリッツ

力強さを売りに中盤でフィルターとしての役割をこなしつつ、自ら飛び出してシュートを狙う意識も高い攻撃的なハーフ。
パスも的確な振り分けと決定的な縦パスを出せる力があり、守備もしっかりとこなすが若干守備範囲は狭いか。
縦によく動くがスタミナに不安はなく、指定者がいなければプレイスキックも蹴る柔剛兼備の選手。

 No.207 FW ルーカス・ポドルスキ (17・6・15・15・17・15=84)
 KP戦術:ゴールハンティング

ポジショニングと反転能力、シュートテクニックに優れたストライカー。ミドルシュートやダイレクトシュートも抜群。
ドリブルは直線的だがスペースをインプルに突き、高い能力も手伝って打開力もある。
出来にムラがあるのか試合によっては消えることもあるが、点を取る能力に関して不足は無い。



 No.210 DF ティモシー・アトゥバ (10・12・13・16・15・15=81)
 KP戦術:ロングスローイング

高い身体能力で相手攻撃陣を封鎖するストッパー気質のサイドバック。単独守備力は充分。
見た目に反してほどほどに冷静で、サイドだけでなく中央の守備にも的確に対応。粘り強く、苦手なタイプが居ない。
時折見せるドリブルは非常に豪胆。思いのほか威力はあるが頻度は少ない。

 No.211 DF ギー・ドゥメル (9・15・9・17・13・13=76)
 KP戦術:サイドエリアブロック

パワフルなタックルが最大の武器。積極性はほどほどだが守備範囲にくれば躊躇無く奪いに行く。
サイドバックとしての攻撃参加は少なく、その動きからセンターでも通用。空中戦にも強い。
反面スタミナは数値程度でよくバテる印象。奪った後のボール処理もやや不安定。

 No.212 DF バンサン・コンパニ (9・16・12・17・16・13=83)
 KP戦術:マンマーク

抜群のフィジカルを駆使したタックルは、きっちり対峙した相手に簡単な突破を許さない。構えれば苦手なタイプは皆無。
反面、急な状況変化などでは挙動に不安がある。カバーリングも身体能力でこなすが、ややぎこちない。
ポジショニングは比較的良いと思われるが、終盤やや辛さが出るスタミナは不安材料。成長は早い。

 No.213 DF メハディ・マハダビキア (12・9・14・12・18・18=83)
 KP戦術:ウィンがードリブル

サイドバックとして守備技術に不安はあるが、素早い動きと積極的な寄せで中央にも顔を出す。
最大の武器はその速さを活かしたドリブル。深い位置からスタートしても2人3人すり抜ける突破力を持つ。
突破を繰り返してもバテないスタミナも魅力で、右サイドなら位置問わず活躍が見込める。

 No.214 DF ヨリス・マタイセン (8・18・12・15・14・14=81)
 KP戦術:フォアザチーム

数値が示すとおり、特筆した特徴がないのが強み。1対1、カバーリング共に高いレベルで安定した対応を見せる。
ポジショニングが良く、相手の攻め手によって素早く位置取りを変更。見えない運動量で守備に大きく貢献。
その反動かスタミナは数値に比べ不安がある。強烈な個には後れを取ることもあるが頼れるDF。

 No.216 MF ナイジェル・デ・ヨング (10・15・13・16・15・14=83)
 KP戦術:ディフェンイブセントラル

元センターバックの特長を生かした、中盤の選手としては非常に高い対人能力を持つ守備的ミッドフィルダー。
積極性は並のレベルで行動範囲も標準レベルながら、網に入った相手はほぼ確実に止める。
攻撃面では地味に繋げることが多い。中盤選手としてはスタミナに不安があるが能力は高い。CDFもそつなくこなす。

 No.217 MF ダビド・ヤロリム (12・11・14・12・14・16=79)
 OKPショートパスワーク

守備の技術は標準的ながら、しつこく相手を追いまわす献身性で貢献。
ボールを持って決定的な仕事をするわけではないが、しっかりとボールを納めて的確に繋ぐ安定感が魅力。
ヒーローになる場面は少ないものの、継続性と安定感でチームを支える。

 No.218 MF ピオトル・トロホウスキ (14・8・15・12・17・16=82)
 KP戦術:ダイレクトパスワーク

機敏なドリブルと積極的な飛び出しでゴールに絡むチャンスメーカー。パスは堅実なものが多い。
守備意欲が数値に比べ高く、センターハーフでも機能。守備範囲も広く、攻守の切り替え役として優秀。
連戦フル出場も問題ないスタミナも魅力。やや調子の浮き沈みが激しいのが難点。

 No.219 MF ラファエル・ファン・デル・ファールト (17・7・18・14・16・15=87)
 KP戦術:ショートカウンター

高い個人技と広い視野でチャンスの起点を作るパサー。速さは並ながらスキルフルなドリブルも武器だが基本球離れは良い。
サイドではそのドリブルも有効に使いチャンスメイク。決定力もMFとして及第点はクリアしている。
若干気まぐれながら高い位置からの守備も○。スタミナも十分。

 No.221 FW パオロ・ゲレーロ (17・4・15・15・17・13=81)
 KP戦術:ゴールハンティング

フィジカル、テクニックを高いレベルでまとめたドリブルも十分魅力ながら、長い距離を抜ける程ではない。
ポストは多くなく、ボールを持てばほぼ確実に仕掛ける。決定力は状況を選ばず白としては充分信頼を置ける。
裏へ抜けるポジショニングやボールへの反応も高レベルで、生粋のゴールハンター。スタミナは数値程度かやや高い。

 No,222 FW ダニエル・リュボヤ (14・6・15・15・12・15=77)
 KP戦術:パワーボールキープ

スキルの通り、そこそこの競り合いとサイズの割に高いテクニックを活かし、ボールキープに長けた選手。
粘り強い反転と意外なフェイントでゴール前をこじ開ける。プレーの幅はやや狭い。スタミナは数値程度。
序盤の決定力不足はやや深刻ながら、成長後は白として充分。高さを活かしたヘディングも強い。

 No.223 FW イビチャ・オリッチ (16・6・14・14・16・13=79)
 OKP:ラインブレイク

後の黒に比べるとスタミナの低下は深刻で、1試合フル出場も厳しい。打開力も低い。
その分スペースを目指すドリブルに特化し、シャドー的な動きでゴールを脅かすセカンドアタッカー。
アシストのセンスはそれなりながら、決定力は数値から見れば充分。

 No.224 FW ブバカール・サノゴ (16・6・12・17・15・14=80)
 KP戦術:パワープレイ

強引なドリブルはハマれば非常に強烈。その突破から突貫小僧を連想するが、状況を見てパスを選ぶ判断も意外な程良い。
センター、セカンドトップどちらでも活躍が見込めるが、裏へ抜ける動きはあまり見られない。足下にほしがるタイプか。
決定力にも若干ムラがあるように感じる。スタミナは連戦すると不安が出る程度。



 No.225 GK マールテン・ステケレンブルグ (8・17・13・17・10・10=75)
 KP戦術:リベロキーパー

飛び出しは数値ほどの遅さは感じないが、若干クロスに対して落下点にこだわりすぎる傾向にある。
それでも裏に飛び出してきた相手に対して、足元に飛び込む様は安定感抜群。
飛び出し型としてはシュート反応も高く、イージーなシュートは難なくキャッチ。ハイレベルな守護神。

 No.226 DF ウルビー・エマニュエルソン (13・9・13・10・17・17=79)
 KP戦術:サイドアップダウン

単独守備はパワー不足が目立つこともあるが、しつこくまとわりつく献身性で複数人でのプレスに高い威力を発揮。
時に中央や中盤にも顔を出しボールを奪いに行くことも。攻撃参加にも積極的で、スピーディなドリブルで後方から攻撃を促す。
激しく上下左右に動き回るがスタミナ不足とも無縁。ダイナモのようなサイドバック。中盤底でもそこそこ機能。

 No.227 DF ズデネク・グリゲラ (12・15・14・14・16・16=87)
 KP戦術:カバーリング

他のグリゲラに比べ攻撃意欲は下がり気味。反面冷静な動きとスピードでゴール前を預かるセンターバックに。
少々強引さに欠けることもあるが周りをフォローするクレバーな動きで黒子的な動きが抜群。
時折自陣ゴール前から持ち上がることもあるがビルドアップは安定感がある。サイドでは上がることは少ない。

 No.228 DF ヨン・ヘイティンガ (11・17・14・15・13・14=84)
 KP戦術:ダイレクトプレイ

運動量に問題がありバテる事も多いが、最終ラインからテクニックを活かしたプレイで攻守に貢献する選手。
冷静ながらストッパータイプで、力よりも絡め取るタックルでボールを奪う。
サイドバックとしてはオーバーラップは控えめながら、時に地味に時に大きく味方に繋げるキックセンスの持ち主。

 No.230 DF トマス・ベルマエレン (11・16・13・14・14・14=82)
 KP戦術:パワーディフェンス

身体的に特筆するところは無いものの、積極的なタックルで攻撃を封鎖するストッパー気質の選手。
一流どころには競り負けもあるが体の入れ方のうまさでフォロー。足運びの機敏さは好印象。
ビルドアップも問題は無いものの、やや守備範囲が広く運動量が多いのでスタミナがやや不安。

 No.232 MF ヘドビゲス・マドゥーロ (11・15・14・16・14・13=83)
 KP戦術:ディレイディフェンス

相変わらず1対1での守備能力は優秀ながら、05-06に比べ積極性が減り行動範囲が狭まったように感じる。
よりストッパーに寄った感はあるが、スタミナは相変わらず不安。

 No.234 MF ベスレイ・スネイデル (15・9・16・15・16・16=87)
 KP戦術:降臨

ボランチとしては若干物足りないが、トップ下なら十分すぎる守備能力で相手にチェックをかける。
ボールを持つと非常に球離れが良く、素早い判断で広く正確に展開。フリーランで駆け上がり強烈な弾丸ミドルでゴールを奪う。
攻守に動き回るスタミナも合格。幅広く絡ませるセンターハーフもこなすがトップ下が本職か?

 No.235 FW ライアン・バベル (16・6・14・15・17・14=82)
 KP戦術 カットイン

細かいフェイントは入れないが、キープ力と身体能力を活かした強引な突破で幾多のチャンスをつくるウィンガーストライカー。
大きく開いた位置からでも一気に切れ込むドリブルは白として破格。クロスも精度十分で、決定力もかなり高い。
スタミナには若干不安があるが裏への飛び出しも優れ、ストライカーとして大きな才能を秘めた「ネクスト・アンリ」

 No.236 FW トム・デ・ムル (15・6・14・12・18・13=78)
 KP戦術:プルバック重視

特別巧さが目立つことは無いものの、その分スピード溢れる突破で敵陣を切り裂くドリブラー。 
縦への加速が優秀で、DFを振り切ってのクロスは鋭く、スキルの通りプルバックを好む印象。
決定力はそこそこで無理が利くレベルではない。フル出場も厳しいが、明確な武器を持った選手。

 No.237 FW クラス・ヤン・フンテラール (18・5・15・18・15・15=86)
 KP戦術:シュート重視

YGSと比べドリブル突破の能力が低下。反面より裏への意識やポジショニングに秀でた感がある。
周囲との呼吸が合えばワンタッチで豪快にゴールに沈める決定力はYGSと大差ない。
浅い位置で受けるとシンプルにはたく。突破が減りスタミナも増えたためバテる心配もなくなった。



 No.241 GK ヘンク・ティマー (7・17・12・16・10・10=72)
 KP戦術:シュートセービング

地上での飛び出しは速度精度共に並のレベルだが、ハイボールの処理には安定感がある。
シュートの反応は光るものがあり、絶体絶命のビッグセーブもそこそこ見られるが、意表をついたロングに若干不安。

 No.243 DF ロイストン・ドレンテ (13・11・13・13・16・17=83)
 KP戦術:オーバーラップ

高いスピードと豊富なスタミナを武器に最終ラインを動き回り懸命に守備をこなす。
1対1は別段優れたているわけではないが、運動量と献身性で踏ん張る。中央のスペースも迅速に埋める。
攻撃面でもオーバーラップをこなし、単調ではあるがスピードのあるドリブルで前線に顔を出す。

 No.245 DF ドワイト・ティンダリ (11・12・12・13・15・14=77)
 KP戦術:パワーディフェンス

守備の意識と技術に長けた守備的なサイドバック。入ってきた相手に対してどこまでも追いかける献身性が魅力。
奪取力も高く数値の割に競り負けも少ないが、技巧派には手を焼く傾向にあるか。
攻撃参加もそこそここなし、時には深くまで攻め上がるが決定的な仕事は少ない。スタミナは連戦だと辛い程度。

 No.246 DF ロン・フラール (7・16・11・17・14・14=79)
 KP戦術:アンチハイタワー

長身ながらスピードも備えており、ドリブルに対しては素早く飛び込み出足を封鎖。クロスもいち早く落下点を察知。
地上空中問わず対人戦に強い。基本的にストッパーながらフィジカル任せのカバーリングもこなす。
技術的には問題があり繋ぎのパスが雑なこともあるが、守備の専門家としては非常に優秀。

 No.247 MF ダニー・バイス (10・12・10・16・12・16=76)
 KP戦術:マンマーク

07-08に比べ全体的に落ち着いた印象。ボールを持った際のドリブルは殆ど見られず、すぐに味方へ捌くように。
守備でもあまりポジションを空けることを好まず、行動範囲は狭め。繋ぎのパス質も変わらず低め。
スキルも手伝って、特定の場所を押さえる役割ならば機能する。

 No.249 MF ニッキー・ホフス (14・9・15・9・16・14=77)
 KP戦術:ワイドゲームメイク

トップ下としての資質は高く、紹介文の通り的確に散らすパスが信条ながら、紹介文に反し時折キレのあるドリブルを披露。
守備も前線でしつこくこなすがセンターハーフに配置すると存在感を失う。典型的な10番ゲームメーカー。
スタミナは後半辛くなり、パワー不足から常時チャンスを作れる事も少ないが、一発でゴールを作る力はある。

 No.250 MF テオ・ルシウス (9・13・12・15・12・15=76)
 KP戦術:インターセプト

守備に堅実なサイドバック。運動量が激しいわけではないがしっかりポジションを守り相手の攻撃に柔軟に対応。
攻撃参加は少なく、ハーフを超えることは滅多にない。ドリブルは少なく地味に繋げるだけ。
成長後はクレバーにスペースを埋める中盤のスイーパーとして守備的中盤も柔軟にこなせるようになる。

 No.251 MF セバスティアン・パルド (12・9・14・12・15・13=75)
 KP戦術:降臨

05-06に比べ数値は下がったが、攻撃面での存在感は増した。
球離れは若干悪くなったが積極的に仕掛ける姿勢と高精度のパスで攻撃に拍車をかける。
守備面でも献身性を見せるが、スタミナは更に不安に。

 No.252 FW アンゲロス・ハリステアス (16・7・12・18・12・14=79)
 SKP:プレースキック重視

敵ゴール前にどっしりと構え、あらゆるクロスをヘッドやボレーで仕留める、決定力に優れたターゲットマン。
シンプルなポストプレーは少ないが、時折マーカーをなぎ倒すパワーは魅力。
スタミナは数値程度ながら、いい意味で運動量が少ないので連戦フル出場も可能。地上での角度あるシュートは苦手気味。

 No.253 FW ステイン・ハイセヘムス (13・11・12・16・14・17=83)
 KP戦術:チェイシング

P表記はサイドだが、ドリブルに威力は感じない。力強く突進するもスピードと技術不足は目立つ。
裏を返せばタメを作ることにもなり、高い守備意識でボールを奪い、味方の攻め上がりを待つ。
パス精度は全て標準的ながら周りは良く見えており、決定力は数値から見れば高く、泥臭いゴールも好印象。

 No.255 FW ピエール・ファン・ホーイドンク (17・5・17・17・9・10=75)
 KP戦術:キープレイヤーアタック

数値の通りスタミナは大きな不安材料。90分フル出場はほぼ不可能。
それでも出場すれば確かなボールコントロールで鈍足を感じさせないドリブルと、周囲を絶妙に活かす正確なポストプレーを披露。
シュートは左右空中問わず精度と威力を兼ね備え、僅かな出場時間でも個人技で試合を決めるだけの能力はある。

 No.255 FW ティム・フィンケン (13・8・14・10・15・13=73)
 KP戦術:ボールキープ

突破を繰り返し狙える程のスタミナはなく、ウィンガーとしては交代枠が必要。
が、しっかりとボールを抑えてから繰り出すドリブルは数値からは想像も付かない程強力。鋭利な切り返しが武器。
クロスは確かな精度を備え、シュートも威力は並ながら左右でしっかりと枠に飛ばす力はある。



 No.257 GK ゴメス (8・18・13・15・12・11=77)
 KP戦術:GKファストフィード

ゴメスの中ではビッグセーブ型に分類される感があり、飛び出しは全般的にやや劣った感がある。
それでも平均点は超えている印象で、鋭いシュート反応も十分の万能型。キックも正確。

 No.258 DF エリック・アッド (8・16・11・14・17・12=78)
 KP戦術:アンチスピードスター

スタミナは数値程度のものしかなく、前半で半分減っていることも珍しくない。
肝心の守備能力は非常に高く、高速の寄せとカバーリングは絶品。抜かれても後ろからのタックルで奪うことも。
ボールタッチは並でビルドアップは今ひとつ。欠点は多いが長所が飛び抜けている悩ましい逸材。

 No.260 DF ヤン・クロンカンプ (13・11・14・13・16・15=82)
 KP戦術:サイドゲームメイク

深い切り返しを武器としたドリブルと高精度のパス、クロスでチャンスを演出する攻撃的サイドバック。
守備の能力も問題は無いが、オーバーラップが多いので裏を取られる事も目立つ。
激しい上下動で終盤のスタミナ切れは免れず。高い攻撃センスで高い位置でも問題なく機能。

 No.261 DF ミヒャエル・ラメイ (8・14・10・14・14・13=73)
 KP戦術:ディフェンシブサイド

05-06に比べ、より守備的に。元々守備の選手だったが更に攻撃面での低下が見られ、パスの質が低下した感。
オーバーラップも全くと言っていい程無い。とにかく堅牢に自陣のサイドを守り抜く。
1対1での守備は未だ高いレベルを保っているが、スタミナ面に若干の不安も。

 No.262 DF カルロス・サルシド (12・16・12・15・17・15=87)
 KP戦術:オーバーラップ

攻守に突出した武器を持つダイナミックなサイドバック。高いフィジカルが災いしてかスタミナはやや不安。
カバーリングや逆送しての守備意識はやや難があるものの、一発でボールを奪うタックルは絶品。
パスはやや安定感を欠くが時折見せるドリブルは強烈。後方からプレッシャーをかける。

 No.263 MF イブラヒム・アフェライ (14・8・17・13・15・14=81)
 KP戦術:ゲームメイク

ドリブル突破はあまり無く、守備範囲もそれほど広くない。自身のポジションで忠実に仕事をする。
しつこさに欠けるがタックルは意外と巧く、奪ったボールは素早い判断で正確に前線へ通しチャンスを演出。
時折オーバーラップして見せるミドルは威力こそ並ながら精度は高い。スタミナもほぼ問題なし。

 No.264 MF イスマイル・アイサティ (13・6・16・13・15・12=75)
 KP戦術:ボールキープ

スキルの通り間合いが独特。単純な球離れは良くない。2,3歩キープして決定的なパスを狙うパサー。
ドリブル能力はサイドの選手としては物足りないが、テクニックを駆使してタックルをいなすように抜く。
パスやクロスのセンスは高いが決定力は並でスタミナが微妙。守備貢献も少ない。

 No.266 MF ジェイソン・クリナ (11・14・12・14・14・17=82)
 KP戦術:マリーシア

ポジション表記はウィングながら、ドリブルはシンプルで単純なトライを繰り返す感じ。
数値の通り守備的中盤としての資質を感じる。やや献身性に欠ける感はあるが奪取力は抜群。
高い位置でも奪取力は活きる。パスセンスは高くなく、やはり守備に活路を見出す選手。

 No.267 MF エディソン・メンデス (13・9・16・12・15・15=80)
 KP戦術:ミックスパスワーク

きまぐれで献身性の薄い守備は気になるが、高いパススキルで中盤から攻撃の糸口を導き出すパサー。
球離れが良く、少ないタッチでサイドに繋げたり、多少距離があってもFWの足下や裏のスペースを突く展開の速さが魅力。
持ち上がることもオフザボールで駆け上がることもさほど多くない。よってスタミナの不安もほぼ無し。

 No.268 MF ティミー・シモンズ (9・15・12・16・13・17=82)
 KP戦術:セーフティパスワーク

中盤で果敢にチェックに向かうクラッシャー気質のMF。広域をカバーする献身性と運動量で中盤を封鎖。
ビルドアップでは確実なショートパスを味方に通すが、直後攻め上がり受け手として攻撃の選択肢を増やす。
攻守に貢献できる動きをフルタイム繰り返せるスタミナも優秀。ひたすら影にチームに貢献する。

 No.269 FW ジェファーソン・ファルファン (18・7・16・14・17・15=87)
 KP戦術:ワイドシュート重視

特筆する特徴があるわけではないが、速さ、巧さ、粘り強さを高いレベルで併せ持ったドリブルを持つ。
決定力も充分高く、厳しい角度からでも豪快に叩き込む。サイドからのカットインも得意だが開いてのクロスも及第点。
ポジショニング等はそれなりで、足下にボールを受けてからが勝負の選手。スタミナは数値程度。



 No.275 DF マレク・ヤンクロフスキ (14・10・15・15・16・16=86)
 KP戦術:サイドアップダウン

強烈なオーバーラップを武器に持ちながら、しっかりとした守備対応も持つ万能サイドバック。
守備は数値に反し非常に信頼出来る。単独奪取も十分だが、運動量を活かし前に出たり中に絞る動きも抜群。
その運動量は攻撃参加にも活かされ、高い位置で地味に繋ぐこともあれば相手エリア内に進出し決定機に絡むことも。

 No.279 DF マッシモ・オッド (14・14・14・14・16・15=87)
 KP戦術:カバーリング

守備では特別目立った特長こそ無いものの、サイドでの1対1は優秀で、中央へ絞る動きも巧み。
攻撃面では技巧的なドリブルで後方から押し上げ、上がった先でのパスやクロスも正確。
スタミナは連戦すると辛さが出るが基本的に問題なし。

 No.280 MF クリスティアン・ブロッキ (13・13・13・13・13・18=83)
 KP戦術:ミドルシュート重視

献身的なプレスを繰り返し中盤を助けるダイナモ。
基本的に短いパスで繋ぐが時折低い位置からドリブルを繰り出すこともある。それでも守備に穴があくことは少ない。
ミドルシュートは武器になるが披露する機会は少ない。疲れ知らずでフルタイムをチームに捧げる。

 No.286 FW アルベルト・ジラルディーノ (17・8・14・17・15・14=85)
 KP戦術:チェイシング

05-06に比べ前線からの守備が大きく目立つようになった。
攻撃時は動き自体にさほど差は無いものの、ややスピードが衰えたように感じる。
確実に衰えたのは決定力で、1対1を枠外に撃ってしまうことも。守備とチャンスメイク能力を買うべき。


 No.289 GK ドニ (7・17・10・17・11・10=72)
 KP戦術:クロスセービング

序盤は不安だらけのGK。反応は鈍く飛び出しの出足も安定感がない。しかし成長するにつれ万能の守護神へと変貌。
WGKに比べると飛び出しの出足こそ悪いが、技術はさほど見劣りしない。
シュートの反応も鋭く、奇跡的なセーブは少ないが守備範囲へのシュートは俊敏に反応。ゴールから掻き出す。

 No.290 DF マルコ・カッセッティ (12・9・12・15・15・14=77)
 KP戦術:サイドアップダウン

07-08に比べ、守備時の存在感の希薄さがやや気になる。中央への絞りも若干ぎこちない。
攻撃意欲は変わらず、むしろやや高く、積極的なドリブルは健在。だがスタミナは数値どおり不安。

 No.291 DF クリスティアン・キブ (10・18・15・16・15・14=88)
 KP戦術:フォアザチーム

DFとして最高峰のテクニックを誇り、当たらないタックルでボールを絡め取る。1対1では柔軟に対応。
カバーリングは範囲、質共に非常に高く、ラインのスペースを幅広くケア。横から入り込んで止めるセンスも非常に高い。
ビルドアップにも安定感があり、サイドでも変わらずに動ける万能DFだが、スタミナならびに蓄積疲労が弱点。

 No.292 DF マッテオ・フェラーリ (8・17・12・16・13・14=80)
 KP戦術:アンチハイタワー

04-05に比べ積極性が多少増したか、以前に比べ待つことが若干減った印象。カバーリングの質もやや下がったか。
単体での守備能力は高いが、04-05同様激しいチャージはカードの対象になることもしばしば。

 No.293 DF フィリップ・メシェ (9・18・13・18・13・14=85)
 KP戦術:ペナルティエリアブロック

前に出るタイミングを見極め、より辛抱強くなった印象。カバーリング意識も高まったがやはり基本はストッパー。
不用意に飛び込まずに一発で取りに行くことが多い。紹介文の通りハイボールにも強い。
スタミナは05-06より気持ち程度に良くなった感はあるが、やはり不安は拭えない。

 No.295 MF アルベルト・アクィラーニ (15・11・15・12・14・16=83)
 KP戦術:ムービングパスワーク

07-08に比べ守備範囲が広く、やや軽い守備能力を運動量で補う。その運動量は攻撃面でも表れる。
精度の高いパスで味方へと繋ぎ、フリーでゴール前に侵出することも。スタミナは標準的。

 No.296 MF ダニエレ・デ・ロッシ (13・14・16・15・16・16=90)
 KP戦術:アタッキングセントラル

守備的な中盤としてクレバーなポジション取りで的確に攻撃の芽を摘む。守備能力は非常に高く、技巧的にボールを奪う。
しっかりとした技術で奪ったボールを的確に味方に繋げる。球離れも良く、時には決定的なパスも繰り出せる。
アタック能力も備えているが基本的に攻撃参加は少なく、90分間フルに汚れ役を敢行するタイプ。

 No.297 MF マンシーニ (16・9・16・14・16・16=87)
 KP戦術:スペースメイキング

外から仕掛けるドリブルは速さと巧さに粘り強さを加えて、守備陣を縫うように突破。
パスセンスも高いが基本的に自ら仕掛けるタイプ。しかしオフザボールの動きにも積極的でゴール前に顔を出すことも。
決定力はさほど高くはないが、攻撃パターンを多く持つ選手。ボールを集めすぎなければスタミナも問題なし。

 No.298 MF シモーネ・ペロッタ (14・13・14・16・15・18=90)
 KP戦術:チェイシング

まるでクラッシャーと見間違える程、高い位置で強くしつこくチャージングを仕掛けボールを奪うトップ下。
今までのペロッタに比べ攻撃能力が格段に高く、時に突撃突破するドリブルと、足下への的確なパスでゴールに絡む。
ミドルシュートも確実に破壊力を増している。今まで通り中盤底もこなすが、何となく物足りなさを感じる。

 No.299 MF ダビド・ピサロ (14・10・17・12・16・16=85)
 KP戦術:スルーパス重視

07-08に比べると守備の貢献で若干劣り気味。それでも数値から見れば非常に献身的に守備をしてくれる。
球離れが良くなり、前線へ顔を出す意外性は減ったが前線へ精確なパスを供給する繋ぎ役として非常に優秀。

 No.300 MF ロドリゴ・タッデイ (14・8・15・12・16・17=82)
 KP戦術:ダイレクトシュード重視

07-08に比べドリブルの意識が若干高いように感じるが、あまり遜色なく使える。
パス精度はやや落ちた感がある分決定力に磨きがかかったようで、シャドー的な動きの方が得意か?
サイドアタッカーとしてはスタミナは変わらず優秀。

 No.301 MF マックス・トネット (13・12・13・12・17・16=83)
 KP戦術:ディフェンスダイナモ

最大の魅力は運動量と献身性。左サイドを狙う突破に対して、ドリブラーにしつこくまとわりつく。
攻撃参加もするが戻りも迅速でポジションに大穴は空けない。対応もしっかりしていて中央への絞りも○。
ドリブルは並のレベルで決定的な仕事は少ないが、上がった勢いの守備も魅力。



 No.308 DF マイコン (11・14・13・12・16・15=81)
 KP戦術:オーバーラップ

数値や紹介文の示すとおり、若干競り合いに不安を残すが守りに秀でた守備的サイドバック。
1対1での冷静な対処や中央へのカバーリングなど、サイドバックとしては穴の少ない動きで敵の攻撃を封殺。
オーバーラップは頻繁ではないが期を見ており、忘れた頃に駆け上がるが無難に繋ぐことが多い。

 No.309 DF マルコ・マテラッツィ (13・18・13・19・12・14=89)
 KP戦術:リトリート

同選手の中では前に出て相手を止める意識が低く、しっかり引いて相手の攻撃に備える後方の壁。
カバーリングを意識しながら高い対人能力も発揮。ただ、キラに比べるとやや奪取力は劣っているか。
セットプレーでの攻守の存在感は相変わらず。スタイル故かスタミナは比較的余裕を感じる。

 No.310 DF ハビエル・サネッティ (13・15・16・15・16・17=92)
 KP戦術:オフェンスダイナモ

サイドバックとして高い守備能力を持っており、ウィンガーのドリブルへの対処や中央への絞りは非常にハイレベル。
加えて中盤の低い位置でも、ダイナモ的な動きで相手攻撃陣の起点を潰す動きをこなすスキル通りのマルチワーカー。
攻撃参加はあまり多くはないが、深い位置まで駆け上がりフィニッシュに絡むこともある。

 No.311 MF エステバン・カンビアッソ (12・15・14・14・14・18=87)
 KP戦術:ディフェンシブセントラル

中盤、前線、サイドなど幅広い守備範囲を持ち柔軟にケア。幅広くもしつこい動きで重厚なフィルターを敷く。
奪った後は的確且つ堅実に繋ぐが攻撃意欲も高く、FWを追い抜きフィニッシュに絡むことも。決定力はなかなか。
運動量豊富ながらスタミナも十分。フィジカル勝負はやや苦手だが、目立った弱点のない守備的中盤。

 No.313 MF ルイス・フィーゴ (16・8・19・14・13・13=83)
 KP戦術:アザーサイドアタック

スピードがなく長距離のドリブルには向かないが、5m程度の短距離ならばLEに負けず劣らずの技巧的な突破をみせる。
中央へ絞ってのラストパスやクロスの精度は健在で、ゴールに近い位置で決定機を作らせる役割ならば非常に優秀にこなす。
スタミナは大幅に下がったが、1試合フル出場は辛うじてこなせる。

 No.318 FW フリオ・クルス (17・8・15・18・12・15=85)
 KP戦術:チャンスメイク

シュートは威力こそやや欠けるものの枠外に飛ばすことは皆無。ストライカーとして優秀。
加えてポストプレーも得意で、横に動いての落としなどに味がある。パスに合わせる動きも良い。
スピード不足ながらギャップを突くドリブルも意外と武器になる。気まぐれなチェイシングも魅力。

 No.319 FW ズラタン・イブラヒモビッチ (18・6・19・19・15・15=92)
 KP戦術:バイタルエリア支配

強烈な競り合いとテクニックを活かしたチャンスメイクを得意とするが、自らの決定力も非常に高い前線の核。
単独での突破力はそれほど高くはないがアシスト技術に優れ、一瞬キープしてのパスが絶品。
受け手としても優れ、クロスが入ればダイレクトでゴールに叩き込む。

 No.320 FW アルバロ・レコバ (17・4・18・15・17・11=82)
 KP戦術:ファンタジーア

数値が示すとおり、スタミナは決定的に不安。90分フル出場は非常に厳しい。決定力も若干下がったか。
反面、若干安定感を失ったが脅威のドリブルは健在。単独で局面を打開する希有な選手であることに違いはない。
とにかく中へゴールへ向かう動きでチームの窮地を救える選手。若干球離れは悪いがパスも良い。



 No.321 GK レオ・フランコ (7・18・11・17・10・10=73)
 KP戦術:クロスセービング

グランダーボールに対しての飛び出しは遅く判断も悪い。が、クロスボールに対しては高い対応力を見せる。
シュートに対しての反応は高いレベルに入り、とっさのセービング範囲は広く感じる。遠目のシュートは若干苦手か。

 No.324 DF ルイス・ペレア (9・16・10・14・18・14=81)
 KP戦術:アンチスピードスター

センターバックとしては飛び抜けたスピードの持ち主。それが良い方に転ぶことも悪い方に転ぶことも。
寄せの速さ故に相手の懐に不用意に飛び込む事も散見される。タックル能力は高いのだがタイミングに難があるか。
抜群のスピードはリカバリーの際に最大限に発揮される。脅威の逆走で相手に追いつきボールを奪う。
カバーリングのセンスはさほど高くないが、持ち前の俊足で何とかする。スタミナはやや不安。

 No.327 DF ゼ・カストロ (9・16・11・14・16・14=80)
 SKP:マンマーク

センターバックとしてトップクラスのスピードを武器に、一目散のチェックやリカバリーで自陣を防衛。
ポジショニングが抜群に上手いわけではないものの、速さを武器に味方をフォロー。
素早い出足が時に空回りしたり、クロス処理に難があることもあるが、ピースとしては非常に優秀。

 No.328 MF コスティーニャ (9・16・13・15・14・16=83)
 KP戦術:ワイドカバーリング

紹介文に反し、縦横無尽の行動範囲で攻撃の芽を摘み取っていく中盤のアンカー。高い守備力をサイドバックのカバーにも生かす。
攻撃面での技術は平凡で堅実な繋ぎが基本。前線へ飛び出す意識は高いが、決定的仕事をすることは少ない。
非常に運動量が多く、連戦するとややスタミナに陰りが見えるが、守備範囲が広く単体でも中盤全域をフォローできる選手。

 No.329 MF ルシアーノ・ガジェッティ (14・9・14・14・15・16=82)
 KP戦術:ウィンガードリブル

ドリブラーとして別段優れた武器があるわけではないのだが、寄せられても強引に抜く粘りのある突破を持っている。
クロスもそれなりに良いが浅い位置でボールを振り分けることも出来、中に絞ってのシュートも意外と良い。
ドリブラーとしてはスタミナ面でも優れており、引き出しの多い安定したアタッカー。

 No.330 MF ペーター・リュクサン (12・12・14・12・14・16=80)
 KP戦術:ワイドゲームメイク
守備時のパワー不足はやや気になるが、上手く体を入れる懸命の守備でボールを奪う。守備範囲も広い。
攻撃時には的確にパスを散らしながら攻撃を押し上げる。決定的パスは少ないが、攻守に地味な貢献が光る。
幅広く動くがスタミナの不安もなく、陰からチームを支える存在。

 No.331 MF マニシェ (15・10・15・16・15・16=87)
 KP戦術:ミドルシュート重視

中盤では極めてシンプルに貢献する。本職のDMFには負けるが積極的な守備と、短くも的確なショートパスで攻守を繋ぐ。
ドリブルも直線的ながら、バイタルエリアでボールを持てば威力精度共にトップクラスのミドルでゴールを脅かす。
スタミナは数値に比べると若干不安。安定感の中に衝撃を秘めた中盤のボンバー。フリーランがやや少ないのが残念。

 No.333 MF マルティン・ペトロフ (14・8・13・13・19・14=81)
 KP戦術:ウィンガードリブル

数値の通り、快足を活かしたドリブルでウィングエリアを制覇する超特急。ギャップがあればまずクロスまで到達。
決定力も備え、コーナーフラッグ付近から翻してのシュートも強烈な「ストイチコフ2世」
守備は唐突で気まぐれ。スタミナはフル出場は厳しいが、一芸に秀でた名ウィンガー。

 No.334 FW セルヒオ・アグエロ (17・5・17・16・16・14=85)
 KP戦術:シュート重視

強烈な身体能力と技術を要しているが、単独での突破よりも周囲と呼応してのゴールゲットが信条のストライカー。
力強く直線的なドリブルも魅力だが、裏への飛び出しやポジショニングを武器に決定機を作り強烈なシュートを叩き込む。
クロスの落下点を探る能力にも長け、あらゆる状況に対応。スタミナは1試合もつか微妙。

 No.336 FW ミスタ (16・6・14・16・13・13=78)
 KP戦術:ダイレクトシュート重視

相変わらずボールをシンプルに捌いてゴールに絡むスタイルながら、数値面での衰えはやや目立つ。
ドリブル突破力の低下やシュート力の低下など個人技はやや劣ったが、元が調和するタイプなのであまり気にならない。
が、やはりスタミナの低下は目に見えて分かるように感じる。プレースタイルは04-05黒とさほど変わらず。



 No.338 DF ラファエル・マルケス (12・17・16・14・14・15=88)
 KP戦術:ダイレクトプレイ

05-06に比べスタミナが減ったものの、疲れやすくなった印象はさほど無い。
ストッパー色が強くなり、相手に対し迅速に寄せることが多くなった。テクニックが功を奏してか、タックルは非常に上手い。
中盤でも広い守備範囲と積極性、高いテクニックで攻守の繋ぎ役を高いレベルでこなす、マルチな才能を誇る名手。

 No.341 DF ジオバンニ・ファン・ブロンクホルスト (13・13・16・12・15・15=84)
 KP戦術:オーバーラップ

以前の黒ほど目立ったオーバーラップは無くなり、最終ラインでの安定した守備が売りの守備的サイドバックに。
ビルドアップの丁寧さと正確なミドルパス、ロングパスで守から攻へ切り替える。
ドリブル能力は以前に比べ劣り攻撃的サイドでの起用は若干厳しくなった。

 No.348 FW ルドビク・ジュリ (16・8・17・13・18・14=86)
 KP戦術:シャドーストライク

小柄ながら鋭いドリブルと飛び出しでゴールを狙うアタッカー。サイドに配置してもカットインを頻繁に行う。
決定力も高く、カットインから角度のない位置でも枠に飛ばす力を持っている。クロスはそこそこだが、ショートパスは的確。
スタミナはやや不安があり、90分フルで仕掛けられる体力はない。それでも個で状況を打破出来る力は魅力。

 No.352 FW ハビエル・サビオラ (18・5・17・13・18・13=84)
 KP戦術:ラインブレイク

素早いスピードと高いテクニックを存分に活かしたドリブルは単独突破可能な性能を誇る。加えて裏を取る動きも秀逸。
決定力は非常に高く、意外にも長距離砲も備える。球離れはそれなりで、ライン手前で受けた時の幅の狭さはやや不安。
スタミナは1試合持たないが、出場してる時間は常に危険な「エル・コネホ」



 No.356 DF ミチェル・サルガド (10・14・12・12・15・16=79)
 KP戦術:サイドアップダウン

やや競り合いの弱さが気になるが、確かなスピードで縦の突破と中央のカバーリングに対応する守備的サイドバック。
攻撃参加は殆ど無く、希に上がっても決定的な仕事をすることは少ない。堅実な繋ぎが主。
スタミナは十分で連戦にも耐えうる。やや不安はあるが非常時にはセンターバックもこなす。

 No.357 DF ミゲル・トーレス (11・14・14・13・16・14=82)
 KP戦術:ロングパス重視

数値以上の守備能力と万能さで、両サイドバックとセンターバックをそつなくこなす最終ラインのマルチローラー。
冷静さの中にスピードを活かしたクレバーな守備と、地味ながら安定感あるビルドアップでDFラインを支える。
攻撃参加は少なく、スタミナも数値に比べ持つ印象。成長も早く、若いながら堅実なプレーが持ち味の好手。

 No.360 MF デイビッド・ベッカム (15・11・18・13・13・17=87)
 KP戦術:クロス重視

WWF同様ドリブルはシンプルながら、よりサイドへの意識が高くスペースを突いての突破はWWFより上を行く印象。
深い位置でのクロスは抜群の精度でスタミナも充分。ただし決定力は不安で左足は特にお粗末。
そのせいか、FKでもやや間接が目立つ気がする。右サイドでクロスマシーンと化すのが上策か。

 No.361 MF マハマドゥ・ディアッラ (11・16・13・15・15・18=88)
 KP戦術:オーバーラップ

まだ十分とは言えないが、白に比べパワー不足を感じる事は少なくなった。不利な体勢からのボール奪取も期待できる。
元来のパスを切る巧みさや横の守備範囲の広さはそのまま。球離れ良く短くシンプルに味方に繋げる切り替え能力も高い。
そこそこの飛び出しと前線での繋ぎも好印象。スタミナも問題なく、アンカーとして優秀。

 No.362 MF エメルソン (13・15・15・15・14・17=89)
 KP戦術:ハードマーク

WMFに比べ攻撃面の貢献は比較にならない程ガタ落ち。決定的なパスも攻撃参加もなりを潜めた。
反面守備ではしつこさや激しさを増し、速く強く巧くボールを奪う非常にやっかいなクラッシャーとして中盤に君臨。
試合を決める仕事はなくなったが的確な繋ぎは健在。

 No.363 MF フェルナンド・ガーゴ (14・12・17・12・14・15=84)
 KP戦術:ロングパス重視

中盤守備は一通りこなすが、若干しつこい動きに欠ける。守備範囲はそれほど広くはないが、届く範囲でのタックルは上手い。
最大の武器は低い位置から放たれる高精度のロングパス。広く正確に散らすパスは確実にチーム攻撃力を底上げする。
自ら攻め上がることは少ないがスタミナはやや微妙。

 No.365 FW ゴンサロ・イグアイン (16・7・16・12・17・14=82)
 KP戦術:シャドーストライク

YGSに比べるとキープ力が低下しており、ドリブルでの突破は若干少なくなった。
代わりにパスを選ぶ機会が増し、シャドーとしての動きにキレを感じる。スペースに飛び込むセカンドトップタイプか。

 No.368 FW ルート・ファン・ニステルローイ (20・6・17・19・14・16=92)
 KP戦術:ペナルティエリア支配

テクニックアップは主にボールキープに強く表れているように感じる。加えて浅い位置でくさびになる動きも秀逸。
強引な突破も持ち合わせ、決定力も上々。が、どちらかというとポスト役の色が強い気がする。



 No.370 DF ラウール・アルビオル (10・17・13・17・15・15=87)
 KP戦術:パワーディフェンス

対人タックルに優れ、仕掛ければ確実に奪う奪取力の高いストッパー。
積極性が非常に高く、時にスペースを空けながら豪快に相手に突っ込む。相棒には冷静なタイプを添えたい。

 No.374 DF ミゲウ (13・13・13・15・17・17=87)
 KP戦術:リトリート

身体能力に優れた右サイドバックで、豪快なオーバーラップが持ち味。弾丸の如く敵陣深くまで駆け上がる。
反面守備でも身体能力に頼る嫌いがあり、守備能力はあるがポジショニングが雑。中より外の対応に不安がある。
ドリブル対応は難があるがシュートコースを切る動きは上手い気がする。

 No.375 DF エミリアーノ・モレッティ (11・16・13・15・15・14=84)
 KP戦術:ラインコントロール

左サイドバックとセンターバックを高いレベルでこなすクレバーなDF。
基本的に相手の攻め方に冷静に対処するタイプで、カバーリングを得意とするが1対1にもそこそこ強い。
サイドバックではタイミングの良い攻撃参加をこなすが、全体的にスタミナが不足気味。

 No.376 MF ダビド・アルベルダ (11・16・14・16・14・18=89)
 KP戦術:アンチファンタジスタ

非常に守備能力に秀でたMF。幅広い守備範囲と中盤のカバーで重厚なフィルターを敷く。単独奪取も十分。
希にゴール前に進出するが基本的にポジションを守る。球離れも良く、奪ったボールは地味にしっかり繋げる。
ほぼ守備の専門家でバテることはない。コンディションも大ブレ無く、衝撃はないが確実に戦力として計算出来る選手。

 No.379 MF マリオ・レゲイロ (13・9・14・16・15・15=82)
 KP戦術:ハードプレッシング

決して巧いとは言えないが、プレーの全てに無骨さを感じさせる珍しいタイプのサイドアタッカー。
ドリブルは力強さの中に切り返しを交えサイドへ突撃。切れ込んでの豪快なミドルシュートも武器。
パスやクロスを全て左足でこなそうとする。奪取力はまぁまぁながら献身的で、CHでも機能。スタミナも数値より優秀。

 No.383 FW フェルナンド・モリエンテス (18・7・14・18・13・15=85)
 KP戦術:ファイティングスピリッツ

EXTRAに比べOFEー1、DEF+1されているが、その他の能力はKPまで一緒。
それを反映するかのごとく、ほぼ遜色ない動きをしてくれる。強いて上げればポスト率が若干あがったか?



 WSK付録 MF ダイスケ・マツイ (16・9・18・13・14・14=84)
 KP戦術:ドリブル突破

KPのドリブルはスピードこそ物足りないものの、素晴らしいボールコントロールと切り返しで、対峙したDFを無力化する。
パスかドリブルかを選ぶ判断も持ち合わせ、「最後のパスを出す男」らしくアシストセンスも抜群。決定力も高い。
反面スタミナは不安をぬぐえず、突破を繰り返し行う体力は無い。

 WSK付録 シュンスケ・ナカムラ (16・10・19・13・13・15=86)
 KP戦術:プレースキック重視

細かなボールタッチを駆使したドリブルはDFに当たる隙を見せずに軽やかに突破する。
タメを作ってのスルーパスやサイドに流れてのクロスの精度も抜群。高い位置での唐突な守備も魅力。
シュートも十分合格点で、前線での攻撃を存分に任せられる存在。

 WSK付録 ジュンイチ・イナモト (12・16・13・16・14・15=86)
 KP戦術:オーバーラップ

以前の付録に比べ守備に安定感が増した。反面前線に顔を出すことは殆ど無くなった。
積極的にいく時もあるが、広大な守備範囲に侵入してきた相手に迅速にチェックに行く積極的な待ちタイプ。
縦横のカバー範囲も充分。繋ぎは堅実なものが基本。スタミナは問題ない。
スポンサーサイト
06-07 キラ
 WGK 1/5 ファン・パブロ・カリッソ (7・19・11・17・13・12=79)
 KP戦術:シュートセービング

GKとして欠点の少ない万能な選手。ギリギリ待ってのビッグセーブもキラとして十分。
飛び出しはスピードこそ並ながら、確実にボールをキャッチに行く技術と判断が素晴らしい。
グランダーでもハイボールでも処理に安定感があり、パントキックの距離も十分。

 WGK 2/5 ホセ・レイナ (10・18・14・16・13・11=82)
 KP戦術:PKセービング

飛び出しは速いが、出た先でのキャッチングはややぎこちない。むしろ近距離でのシュートブロックに好印象。
ハイボールも若干安定感を欠き、強烈なシュートを弾ききれない事もあるが、シュート反応は鋭く、機動型ビッグセーバー。
低く鋭いフィードキックの精度は抜群。KPの通りPK戦では2本程度は楽々止めてくれる。

 WGK 3/5 エドウィン・ファン・デル・サール (10・20・15・16・11・10=82)
 KP戦術:シュートセービング

まだ完璧とは言い難いが、LEに比べるとクロスに対するポジショニングは改善された感はある。
飛び出しはLEに比べ若干スピードは劣ったが、足下に飛び込む正確性とキャッチの精度は変わらず優秀。
そしてDEF20からくるセービングは反応や守備範囲でLEの上をいく。キャッチングも巧く、LEより安定感が増した印象。

 WGK 5/5 イケル・カシージャス (8・19・11・14・16・13=81)
 KP戦術:降臨

ハイボールに対しては若干不安を見せる。クロスに対して上手くキャッチ出来ないことが時折ある。
しかしそれ以外の能力は非常に高いレベルでまとまっている。数値の通り飛び出しは迅速且つ的確。
加えてビッグセーブも数多く繰り出す。遠距離でも近距離でも素晴らしい反応でボールを掻き出す。



 WDF 1/5 ジェイミー・キャラガー (10・18・13・16・15・17=89)
 KP戦術:ディフェンススピリッツ

万能な身体能力を武器に積極的なチェックで相手を封鎖するストッパーながら、味方のカバーリングにも秀でている。
裏を取られるなど危機的状況での殊勝のタックルが目立つのは懸命な守備意識ゆえか。キラDFとしてはファウルが多い。
スタミナも充分だが、若干蓄積疲労がたまりやすいか。サイドバックとしてもオーバーラップをするなど機能する。

 WDF 2/5 リオ・ファーディナンド (11・19・16・18・12・14=90)
 KP戦術:ロングパス重視

センターバックとして破格のテクニックを武器に、コンタクトを避けボールだけを奪うタックルの達人。
守備スタイルが優雅ゆえに軽率なチェックでかわされることもあるが、機能しているときは人にもボールにも滅法強い。
基本的に前に出たがるスタイルでカバーセンスはそれなりだが、横から後ろからのタックルも巧いので成り立つことが多い。
KPにもなるフィードは効果が高いものを狙いすぎるあまり空回りもあるが強力な武器。スタミナは微妙。

 WDF 4/5 マルコ・マテラッツィ (13・18・13・20・12・14=90)
 KP戦術:パワーディフェンス

高い積極性を持ち、相手に積極的に飛び込んでボールを奪うパワフルストッパー。自陣に控えていれば柔軟なカバーリングも披露。
意外とビルドアップのセンスも高く、ロングキックでカウンターの起点になる事も。セットプレーでの存在感も健在。
成長まではスピードに不安。非常に激しく動くのでスタミナもDFとしては常に不安。

 WDF 5/5 ジャンルカ・ザンブロッタ (14・14・14・16・17・18=92)
 KP戦術:サイドアップダウン

激しい上下動を繰り返し、右サイドにボールがあれば必ず現れるサイドバック。
技術と身体能力を活かした守備とドリブルで攻守に存在感を示し、抉ってのクロスや切れ込んでのシュートも上々。
激しすぎる運動量ながら数試合ならフル出場できるスタミナも魅力。左ではやや動きがぎこちないか。



 WMF 1/5 ジェンナーロ・イバン・ガットゥーゾ (12・16・13・16・13・20=90)
 KP戦術:ハードプレッシング

今までのガットゥーゾに比べると攻撃意識が格段に上昇。パスは堅実ながら成功率が格段に上がり、フリーランも多い。
激しく当たる守備はもちろんながら、パスカットなど器用な守備も地味ながら体得している。
どんなに激しく動き回っても連戦フル出場を可能にする無尽蔵のスタミナも武器。

 WMF 2/5 アンドレア・ピルロ (14・13・19・12・13・16=87)
 KP戦術:プレッシング

05-06WMFに比べると低い位置にいることが多く、守備の献身性、安定感はこちらの方が上。
堅実なショートパスから決定的なロングスルーパス、左右への大きな展開とパスに関しては最高峰の能力を有す。
プレースキックも最高峰の精度でゴールを生み出す。スタミナ面に若干の不安があるが、数試合フル出場は大丈夫。

 WMF 3/5 クラレンス・セードルフ (15・13・16・16・15・17=92)
 KP戦術:トライアングルパスワーク

ISに比べると僅かながら守備に衰えがあるが、それでも充分高いレベル。
フリーランで駆け上がる意識が上がり、高い位置に配置した方が真価を発揮する。
積極的な守備と高いパススキルに加え、パス&ゴーの意識に加えパワフルなドリブルと強烈なミドルで決定力も高い。

 WMF 4/5 デヤン・スタンコビッチ (16・12・17・15・16・17=93)
 KP戦術:バランサーポジショニング

白に比べ最も優れるのはポジショニング。特に攻撃時の的確な飛び出しは自らのゴールの糧になる。
無論その他の能力も強化され、テクニカルなドリブルでサイドを抜く事も可。スタミナも問題なし。
元々のパス能力も健在。中盤ならどこでもこなすが、パス出し、飛び出し、守備と全てを備えたトップ下が本職か。



 WWF 1/5 トマス・ロシツキー (16・13・19・10・16・15=89)
 OKP:ゲームメイク

WWFながら、ポジションを選ばない万能性を秘めている。数値の通り守備意識も高く、DHも任せられる「ザウバー」
ドリブルは速さこそ若干欠けるが技巧的なフェイクで高い突破力を誇り、パスは足下でもスペースでも精度抜群。
シュートは威力こそ欠けるが正確に枠内へ飛ばす。中央でも右サイドでも同じようにプレー可。若干スタミナに不安。

 WWF 2/5 スティーブン・ジェラード (16・11・16・18・15・18=94)
 KP戦術:アタッキングセントラル

サイドで使うと、的確なパス出しからダイアゴナルランで中央へ飛び込み、積極的にゴールチャンスに絡む。
サイドではやや守備意識が下がる印象はあるが、センターではやや向上。従来のパスやミドルも健在。
スタミナも相変わらず優秀で、90分間チームの核として攻撃を牽引し続ける。

 WWF 4/5 デイビッド・ベッカム (15・11・19・13・13・17=88)
 KP戦術:アーリークロス重視

ドリブルはテクニックの割にフェイントが少なくシンプル。フィジカル的に優れているわけでもなく突破力は並以下。
しかし、抜ききる必要のないアーリークロスは脅威の精度と速度でFWへ飛んでいく。中に入ってのパスも高精度でFKは脅威の威力。
守備も献身的で、センターハーフとしても機能。ドリブルが少ないのでスタミナの不安も少ない「フィールドの貴公子」

 WWF 5/5 ロビーニョ (17・7・19・9・18・14=84)
 KP戦術:ボールキープ

小柄な体を活かしスキルフルにコンタクトを避け、速さと技を駆使する「変幻自在のドリブラー」
球離れの悪さがやや気になるが、サイドを抉ってのクロスやカットインからのシュートに自ら持ちこめる個人技を持っている。
ドリブラー故にスタミナに不安があり、蓄積疲労も多め。守備意識も高くないが、最高の一芸に勝利を託せる逸材。



 WFW 1/5 ディディエ・ドログバ (20・8・14・20・15・17=94)
 KP戦術:パワーボールキープ

数値ほど足の速さを感じず、突破力は今ひとつ。決定力はOFE20の割にキラ最高峰とは言いがたい。
が、体勢が不安定でもダイレクトでもシュートの質があまり落ちず、安定して高いレベルを発揮。
意外とポジショニングが良く、空中戦には無類の強さを発揮。ヘディングも勿論だがボールトラップにも活きている。
ルーズボールなどへの反応は鋭い。終盤に来てもパフォーマンスを維持できるスタミナも大きな魅力。

 WFW 2/5 フランチェスコ・トッティ (20・7・18・18・16・16=95)
 KP戦術:ファンタジーア

若干怪我に弱い印象を受けるが、今までのトッティに比べ格段にストライカーとしての意識が高まっている。
角度が無いところからも正確に枠を捉えるキックと、低く伸び上がる強烈なキック力であらゆる場所からゴールを狙える。
若干スピード不足ながら高いテクニックとパワーを活かして混戦を抜け出すドリブルも大きな脅威。
反面周囲を使う意識は若干低下。裏への飛び出しも並レベル。足下に収めるタイプながら突破を繰り返すとスタミナが不安。

 WFW 3/5 ズラタン・イブラヒモビッチ (19・6・19・19・15・15=93)
 KP戦術:ダイレクトシュート重視

後のキラに比べ、ドリブル等のボール捌きは若干雑に感じる。単独で状況打破出来るカードではない。
ターゲットマンとして特化された感があり、前を向いてのパスを含むポストプレー、パスやクロスに合わせるセンスは高い。
単純な高さに加え強烈なボレーも武器で、決定力はWBEよりも上か。スタミナは若干不安か。

 WFW 4/5 ルート・ファン・ニステルローイ (20・6・17・19・15・16=93)
 KP戦術:ゴールスピリッツ

長距離のドリブルを仕掛けるほどの突破力はなく、ゴールから遠い位置ではやや存在感に欠ける。
ひとたびエリア内に入れば、強引にねじ込む空中戦の強さと、確実に枠へ飛ばすあらゆるシュートが強力なハンター。
ボールを受けた際も、しっかり懐に収めるトラップと一歩で振り切る初動の鋭さで瞬間的決定機を作り出す。
マークを引きつけてからのラストパスも巧み。スタミナも問題なく、ボックスストライカーとしてハイレベル。

 WFW 5/5 ダビド・ビージャ (19・6・17・13・19・16=90)
 KP戦術:ラインブレイク

抜群の個の能力を持ちながら周囲との呼吸でもゴールを奪える「エル・グアヘ」
速く巧いドリブルは密集地帯をすり抜けるほどの突破力を秘め、両足でムラの無いシュートを叩き込む。
加えて裏を取る動きも秀逸で、パスに合わせてドリブルを繰り出すと破壊力はより増す。



 CRA 1/5 クリスティアーノ・ロナウド (19・6・19・15・19・15=93)
 KP戦術:フリーロール

後のOFE20のロナウドに比べ、足元でボールを受けたがる傾向が強い。決定力、FK精度もやや落ちた印象。
ドリブルは多少違いを感じるが、あいも変わらず最高峰の突破力で敵陣を切り裂く。気まぐれなパスセンスも良好。
チャンスメーカーとしては殆ど劣化を感じず、スタミナも気持ちこちらのほうが好印象。

 CRA 2/5 ウェイン・ルーニー (18・7・18・18・15・16=)
 KP戦術:ロングカウンター

WBEに比べるとスピードの低下は感じるが、その分キープ力が高く感じる。寄せられても奪われない場面が目立つ。
球離れはやや悪くなったようだが、まだまだパスセンスも健在。決定力にも衰えは感じられない。
守備に走る場面も目立ち、前線からカウンターの起点にもなりえるが、スタミナはやや不安になったか。

 CRA 3/5 カカ (19・9・19・15・19・16=97)
 KP戦術:バイタルエリア支配

他のカカに比べ前線からの守備意識がやや下がり、オフザボールでゴール前に飛び込むシャドー的動きが多く感じる。
ただ、その違いも微々たるもので、高くまとまったオフェンススキルでゴールを襲う万能アタッカー。

 CRA 4/5 ロナウジーニョ (19・6・20・14・18・17=94)
 KP戦術:チャンスメイク

MVPに比べても遜色ないほどの個人技に加え、Wに比べ意外性が低い分使い手の色に染めやすい。
数値的にダウンなはずの守備意識も高く、前線から意外なボール奪取を見せることも。
スタミナはやや劣るように感じるが、ドリブル、パス、シュートにおいて最高峰の輝きを放つ。



 YGS 4/5 ゴンサロ・イグアイン (16・7・17・12・17・14=83)
 KP戦術:キープレイヤーアタック

競り合いの弱さは否めないものの、俊足とテクニックを活かしたドリブルを最大の武器とする「エル・ピピータ」
ドリブラーとしては周囲がよく見えており球離れも良く、突破とみせかけFWへ通す絶妙なパスも抜群。
シュート力は最高峰とは言えないが高く、しっかり枠内へ飛ばす。パスに反応したりスペースへ飛び込むシャドーの資質も備える。
スタミナは終盤不安を感じるが、チャンスメイクからフィニッシュまで決定的仕事をする能力は頼もしい。



 BAN 1/5 ロジェリオ・セニ (12・18・15・18・9・9=81)
 KP戦術:プレースキック重視

数値上スピードに不安を感じるが、ポイントを抑えて最短距離で危険なゾーンを押さえる飛び出しは好印象。
ビッグセーブもそれなりに多く、かけるものの無い万能な守護神としてゴール前に降臨。パントキックも鋭い。
高精度のフリーキックでゴールも記録する異色のキーパー。

 BAN 2/5 パオロ・マルディーニ (9・20・13・16・12・13=83)
 KP戦術:フォアザチーム

さすがに身体面での衰えは隠せず、接触によろけてしまうことも増えた。スタミナもフル出場は厳しい。
しかし、冷静かつ精確なポジション修正力と的確な判断力を駆使し、周囲のミスを帳消しにするカバーリングの達人。
状況によっては積極的なストッパーとしても動け、あらゆる危機に対応出来る能力は頼もしい。

 BAN 3/5 ハビエル・サネッティ (13・16・16・15・16・17=93)
 KP戦術:フォアザチーム

黒でのマルチな仕事ぶりはそのままに、数値の上では守備がアップ。実際に奪取率は若干上がっている感はある。
しかし攻撃面でも違いが見られ、堅実な繋ぎに加えてIS以上に鋭い切り返しのドリブルを見せる。速さは劣るが。
ポジショニングも良く、普段は出過ぎず引きすぎずの位置取りでバランスを司り、期を見てゴールを陥れる飛び出しも武器。
17あるスタミナが若干不安に感じる程、攻守に幅広く貢献する。

 BAN 4/5 フェルナンド・トーレス (18・5・17・17・17・15=89)
 KP戦術:降臨

後のトーレスに比べるとスピードの鋭さは無いが、代わりに力強さを感じる。技巧的な面を含んだパワードリブラー。
柔軟なトラップから強引に仕掛け、強烈なエリア内シュートに持ち込む。裏への抜けだしも鋭い。
パス意識はやや低めで、ミドルもやや苦手。ドリブルが多いのでフル出場も厳しめ。

 BAN 5/5 ラウール・ゴンザレス (18・10・17・13・15・16=89)
 KP戦術:ファイティングスピリッツ

07-08に比べパサーの色が強く、チャンスメーカーとしての動きが色濃く出ている感がある。
ポジショニングは優れているが、飛び出すよりも足下に欲しがることが多いように感じ、パスセンスはそれ相応に高い。
決定力はやや落ち、角度がある位置では無理に狙えない。前線守備は良くなったか。スタミナは数値通り落ちた印象。



 LE ロベルト・カルロス (15・11・12・18・20・20=96)
 KP戦術:キープレイヤーアタック

恐らく、最も攻撃的なサイドバックの一人。サイド攻撃時にはほぼ100%ライン際を駆け上がる。
テクニックの割にフェイントを織り交ぜる事もあるが、フィジカルを全面に押し出したドリブルでサイドを射抜く。
クロスの精度は並ながら、左足のシュートは規格外。特徴的なフリーキックはかなりの長距離でもゴールを狙えるが精度はそれなり。
単体守備はやや不安。守備も積極的で、中盤に顔を出すこともしばしば。カバー対策は必須。スタミナは無尽蔵。

 LE ミヒャエル・バラック (17・9・18・19・12・16=91)
 KP戦術:アタッキングセントラル

足はかなり遅い。ゴールから遠い位置では素早くも正確に、広く散らすパスでチャンスを広げる。決定的なパスも期待出来る。
フリーランで前線に駆け上がり、伸び上がる超強烈ミドルはGKを弾き飛ばす。浮き球のシュートも上手い。
時折見せるドリブルはスピードこそ遅いが、力強く懐の深いキープ力でツボにハマると高い突破力となる。
守備は決して上手い部類ではないが、トップ下としては高い部類。高い位置で奪い自慢のミドルを放つ「新たなる皇帝」

 LE デイビッド・ベッカム (16・9・19・13・15・17=89)
 KP戦術:降臨

他のベッカムに比べドリブルの切れが増し、単独での打開力が大幅に増した。一人で得意のクロスへ持って行ける。
中央でのチャンスメイクも積極的で決定的なパスも目立つ。チャンスがあればアーリークロスも放ち、FK、CKも素晴らしい。
守備面での低下は否めず、仕掛けが増えバテやすくなったが、全体的な攻撃力をアップ。窮地に決定的な仕事もしてくれる「神の右足」

 LE クロード・マケレレ (10・18・14・15・16・20=93)
 KP戦術:ディフェンスサポート

自陣全エリアを守備範囲とする献身性を備えた究極の守備的中盤選手。味方のDFラインまで戻ってくることもしばしば。
カバーリングというよりはひたすらボール保有者を追いかけている感はあるが、無鉄砲な長距離プレスは見られずクレバー。
長いパスは好まず、パスしようとする味方にドリブルで近づくのはやや難点。持ち上がりがやや目立つ。

 LE ファン・ロマン・リケルメ (18・2・20・18・12・15=85)
 KP戦術:ボールキープ

パスに対するこだわりを強く感じる。パスコースがあればすかさず、厳しければ横に流れるドリブルで自ら作り上げる。
ボール捌きはシンプルながらキープ力はあり、寄せに来たDFをものともせず決定的なパスを送り続ける。
自身の決定力も備えているが、披露する機会は少ない。その分スタミナに不安も少ない。

 LE メーメット・ショル (16・8・18・10・19・13=84)
 KP戦術:ショートカウンター

サイド、トップ下やシャドーをこなせる幅広さで前線の核となれる存在感を発揮する「ガラスの天才」
速く小回りの利くドリブルを持ちながら球離れが非常に良く、DFを翻弄した後に決定的なパスを通す。
低い位置からのロングスルーパスも得意。守備意欲も意外と高い。決定力も十分。
スタミナ的にフル出場は厳しいが、チームの中核を担えるファンタジスタ。

 LE フィリッポ・インザーギ (20・4・14・11・18・16=83)
 KP戦術:ゴールハンティング

自身の能力全てをゴールに捧げるハンター。常にマークを外したポジションに構えており、じっとボールを待つ。
裏への飛び出しも完璧で、ボールに対する反応も鋭い。ルーズボールを拾うスピードも驚異的。
決定力は最高峰で枠外は皆無。ダイレクトでも豪快に叩き込む。
ポジションが浅いときにはパスを出す柔軟性もある。中盤に下がってこないためスタミナも問題ない。

 LE マルティン・パレルモ (19・4・15・19・15・14=86)
 KP戦術:ゴールスピリッツ

ゴールに直結する動きで相手に脅威を与え、エリア内では状況を問わず驚異の決定力を発揮する「エル・ロコ」
オフザボールの動きは標準的ながら、強引かつ的確にボールを収めるトラップで前を向き、割り込みを無視するドリブルで直進。
シュートは両足問わず、打点の非常に高いヘディングも完備。あらゆるボールに応じて最適のフィニッシュで答える。
無駄な動きが少なく、スタミナは数値より好印象ながら連戦するとやや辛い。



 EMVP ファビオ・カンナバロ (8・20・12・19・15・17=91)
 KP戦術:ハードマーク

驚異的なボール奪取率を誇るガーディアン。不利な体勢や状況からでも強引なタックルでもみ消すリカバリー能力は驚愕。
基本的にストッパー気質で時にハーフライン辺りまでボールを奪いに来るが、引いているときはしっかり引いている。
その際のカバーリングは判断、速さ共に素晴らしく、味方のミスもあっさり帳消しにしてしまう。
切り替えも早く、奪ったボールはすぐに捌く。数値に比べスタミナが減りやすい感はあるが、それだけの仕事をしてくれる。

 WMVP ファビオ・カンナバロ (8・20・12・19・16・17=92)
 KP戦術:ペナルティエリアブロック

EMVPに比べ、より自身が前に出る意識が高くなり、アグレッシブなストッパーとして敵の攻撃を未然に防ぐ。
攻から守への切り替えは抜群に早く、一度奪取に失敗しても即座に再チャレンジしてミスを帳消しに。
空振りが怖いが、遠い位置でボールを受けた相手に、そこから間に合うのかという高速タックルは他の誰も出来ない芸当。
単体で多くを備えるEに対し、相棒や連携を選ぶことでゲーム中ナンバーワンの守備を発揮するWか。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。