草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07-08 白黒
 No.002 DF フリオ・カセレス (9・17・11・15・12・12=76)
 KP戦術:マンツーマンディフェンス

基本的にストッパー気質ながら、カバーリングのセンスも高い万能性に富んだ守備のリーダー。
奪いに行くタイミングを見極め、不用意に飛び込まない。フィジカル勝負になると脆いときもあるが、揺さぶりには強い。
スタミナは数値程度の印象しかないが、相方を選ばず安定した守備を見せる。

 No.003 DF ウーゴ・イバーラ (13・11・13・14・16・16=83)
 KP戦術:オーバーラップ

迅速果敢なドリブルは06-07と変わらず、より攻撃意欲が旺盛に。ほぼ100%とも思える積極果敢な攻撃参加が魅力。
守備時にも積極的なタックルが目立つようになったが、やや安易に飛び込みやすくなった印象。狙いが外れると脆さが目立つ。
スタミナは数値的に変わりないはずだが、やや劣化した印象。

 No.004 DF ホナタン・マイダナ (8・15・10・14・16・12=75)
 KP戦術:バイタルエリアブロック

守備対応にやや粗さを感じるが、ストッパーとしては高い走力でそれを補う。空振りタックルの後の迅速な戻りでリカバリー。
積極的に飛び込むことを好むので冷静な相棒を据えたい。守備的ながらしっかりオーバーラップするサイドバックとしても機能。
ただし、スタミナの不安と、イージーなパスも時折ミスするビルドアップ能力には注意。

 No.006 DF モレル・ロドリゲス (11・14・13・15・15・14=82)
 KP戦術:ロングパス重視

06-07同様、積極的なチェックでドリブラーを封殺するサイドのストッパー。
攻撃時のドリブルの鋭さが増し、時に決定的な仕事をするときも。スタミナはやはりやや不安。

 No.007 MF セバスティアン・バタグリア (11・14・14・13・14・16=82)
 KP戦術:ダイレクトパスワーク

同選手の中では攻撃意識が高く、フリーランで前線に飛び出す動きを頻繁に敢行。
堅実なパスは健在ながら、高い位置で実行できれば決定機に繋がる。ショートレンジなら自らの決定力も充分。
守備技術も健在だが、攻め上がる分カウンターには注意。スタミナも上下動の増加で少しだけ不安に。

 No.014 FW ヘスス・ダトロ (16・5・13・9・16・14=73)
 KP戦術:ウィンガードリブル

深い切り替えしと加速に優れたドリブルを武器に、執拗な突破意識でサイドからチャレンジし続けるドリブラー。
球離れはやや悪いが致命的ではなく、時折前線にラストパスを通すが、基本的には自ら深くまで切れ込みクロスやシュートに持ち込もうとする。
味方が後方から持ち上がれば、ダイアゴナルランからエリア内に飛び込む。スタミナは数値程度。

 No.015 FW ロドリゴ・パラシオ (16・6・16・13・17・16=84)
 KP戦術:ドリブル突破

06-07同様、速さと巧さを織り交ぜた高い突破力が魅力のドリブラー。球離れもそこそこでアシスト役としても機能。
ドリブルはカットインが比較的多く、決定力もそのスタイルに見合って不安はないが、空中戦は苦手気味。
仕掛けるタイプとしてはスタミナも持つ方で、前線ならば幅広くこなしてくれる。

 No.016 FW マルティン・パレルモ (18・3・15・18・9・11=74)
 KP戦術:ハイタワー

LE等のように、強引なトラップや縦への突進は少なくなったが、ツボにハマると意外な突破をみせることも。
前線でのシンプルなポストプレーが増え、ダイレクトシュートの精度も健在。ターゲットマンとして前線に構える。
守備に動くことも少なく、真の意味で不動のFW。その分スタミナは数値より好印象で、1試合はどうにか持つことも。



 No.017 GK ファン・パブロ・カリッソ (7・17・12・17・13・11=77)
 KP戦術:リベロキーパー

WGKに比べると飛び出しのスピードこそ速いものの、クロス処理やグランダー処理は若干不安定。
ただ、飛び出し型の白GKとしてはセービングは高めで、飛び出しの使いどころを間違わなければ優秀。

 No.022 DF エドゥアルド・トゥッシオ (8・16・11・17・12・13=77)
 KP戦術:ハードマーク

06-07に輪をかけて冷静になった印象。やや守備範囲が狭いとも取れるが、その分ポジショニングのミスは皆無。
安定した1対1守備、ロングボールの処理能力は健在。守備範囲の影響か、スタミナも若干好印象か。
紹介文の通り時折持ち上がりも見られるが、あまり効果的ではない。ビルドアップの雑さも残念ながら健在。

 No.028 MF レオナルド・ポンシオ (12・12・14・15・13・18=84)
 KP戦術:マンマーク

黒に比べ守備能力が若干下がった感はあるが、低い位置で相手を削りに走り回る姿は健在。
攻撃時の動きはあまり変化なく、やや持ち上がってのパスが目立つ。前線へ飛び出す意識もそれなりに高い。
スタミナの不安も無く、後方から攻守に参加する意識が目立つ。

 No.029 MF アレクシス・サンチェス (15・8・16・11・18・16=84)
 KP戦術:バイタルエリアドリブル

「オルテガ2世」の特殊実況を持つ、アタッカーとして非常に高いレベルでまとまった能力の持ち主。
ドリブルは速さと強さを兼ね備え、単独で状況を打破する力を持ちながら、ラストパスの出し手としても優秀。
サイドからのクロスもそれなりに良く、紹介文の通り守備の意識も高い。ハーフライン付近まで戻ってボールを追うことも。
ドリブラーとしてはスタミナも優秀な部類で、自身の決定力も問題ない。

 No.030 FW セバスティアン・アブレウ (16・5・14・18・11・10=74)
 KP戦術:キープレイヤーアタック

スタミナは数値程度のものしか無く、フル出場は厳しい。それでも他の選手と比べスタミナ依存は低い方。
ボールを受けると左足にスイッチしたがり、ドリブルは大きく随時突破を期待できるほどではない。
トラップ後の鋭い反転と左足のシュートが最大の武器。ターゲットとしても優れ、万能性は無いが抜けた特徴でゴールを狙う。

 No.031 FW ラダメル・ファルカオ・ガルシア (16・4・15・14・18・13=80)
 KP戦術:ダイレクトシュート重視

軽快なボールタッチを駆使した高速ドリブルが最大の武器。単独突破も可能な個人技を誇る。
球離れはさほど良くないが精度は高く、不意に見せるキラーパスも魅力のチャンスメーカー。
白として決定力は高くはないが低くもなく及第点。スタミナは数値の通り若干不安。



 No.034 DF ファビオ・ルシアーノ (6・16・9・17・11・11=70)
 KP戦術:ディフェンススピリッツ

最終ラインできめ細かいポジション修正を繰り返しながら、自陣前のあらゆる危機に対処する冷静な壁。
背走するにはスピード不足ながら、一瞬のレスポンスは充分。ハイボールにも自慢の高さで対応。
奪ったボールは安全第一に大きく蹴りだす。スタミナは不安で、1試合フル出場も厳しい。スーパーサブ。

 No.043 MF クレベウソン (13・10・16・10・14・16=79)
 KP戦術:ゲームメイク

テクニカルで攻撃的な中盤選手として、トップ下やセンターハーフで活発に仕事をする。
高いテクニックは確実なパスを通しながら決定的なスルーパスの切れ味も抜群。飛び出しはそれなりにある。
守備もそれなりにこなす。スタミナも問題はなく、決定力もそこそこ。パスが最大の売りか。

 No.046 FW オビーナ (17・3・14・17・16・12=79)
 KP戦術:パワードリブル突破

同選手の中ではドリブルテクニックが高く感じる。パワーとスピードに加え、加速力に秀でて中央から切り裂く。
反面決定力が低下。枠外シュートがやや目立ち、ダイレクトシュートもやや苦手、クロスに対してまずトラップする傾向が強い。
スタミナ+1の恩恵はやや感じるが、やはり問題。蓄積疲労も多いが、スーパーサブ適正あり。



 No.053 DF ファボン (10・18・13・17・11・11=80)
 KP戦術:ロングパス重視

積極的に相手を止めにいくスタイルは荒っぽく見えるが、飛び込むタイミングを見極め無駄に穴を開けないクレバーさが光る。
高い奪取力や安定したロングボールの対応に加え、スキルの通り白としてハイレベルなロングフィードでカウンターの起点になる。
スタミナは数値程度で、辛うじて1試合フル出場できるレベル。連戦なんてもってのほか。

 No.054 DF クレーベル (13・12・13・17・13・15=83)
 KP戦術:アーリークロス重視

06-07に比べると守備面で多様に対応する能力がやや劣ったように感じる。オーバーラップ後の帰陣の遅さも相変わらず。
パワフルなドリブルも健在。KPが加わり、浅い位置から中々のクロスで不意に決定機を演出することも。

 No.058 MF マウリシオ・モリーナ (14・10・15・13・15・15=82)
 KP戦術:ダイレクトシュート重視

アタッカーとして一芸に秀でた感のある選手。紹介文等の通り決定力は非常に高く、強烈なミドルはレアクラス。
反面ドリブル能力は平均的。球離れは並ながら不意に見せるパスの精度は高く感じる。
スタミナは平均的。飛び出す動きを頻繁に行うセカンドアタッカータイプ。守備の意識はそれなりに高い。

 No.059 MF ロドリゴ・ソウト (12・12・13・14・13・15=79)
 KP戦術:ショートカウンター

奪取力や展開力など個人技は際立っていないが、クレバーに動きながらチームに常に数的優位をもたらすバランサー。
シンプルな組み立てとCHらしからぬ上下動で選択肢となり時に足元へのパスで決定機を演出。
守備力は単独では不安はあるが、ユニットとしては充分計算できる。スタミナは数値程度で連戦すると辛い。

 No.063 FW クレーベル・ペレイラ (16・5・11・15・16・12=75)
 KP戦術:シュート重視

不器用ながらパワーとスピードを全面に活かしたプレーが特徴の特攻アタッカー。ゴール前では身を投げ出しての泥臭いシュートも身上。
テクニカルとは無縁ながら時に強引にこじ開けるドリブルと、やや精度は荒いがパワフルなシュートで敵陣に迫る。
豪胆な突破はサイドでも活きるが、やや球離れは悪くクロス精度も悪い。それでも成長と共にあらゆるプレー精度の安定感は増す。
突破を多用する割にスタミナは数値より好印象だが、それでも連戦フル出場は辛い。スーパーサブ適正あり。

 No.064 FW レナチーニョ (14・6・16・9・16・13=74)
 KP戦術:ドリブル突破

不調が長引く傾向にあり、プレーにムラがある。接触に弱く、スタミナは数値程度。球離れも悪く、欠点はなかなか目立つ。
それらを補うべく、白屈指とも思えるドリブルで時に一流DFすら簡単に抜き去る。速さと巧さをハイレベルに備えている。
加えてカットインからの決定力も充分。クロスも良いが球離れは悪いので、ウィンガーというよりアタッカーか。



 No.067 DF アンドレ・ジアス (6・17・9・17・11・12=72)
 KP戦術:セーフティディフェンス

高いパワーを武器に豪快なタックルで次々と相手を潰しにかかるストッパー。
積極的に前に出てボールを奪いに行くが、球離れは良くすぐに味方に繋ぐため上がっていくことはない。パスはあまり良くない。
よく動くためスタミナは大きく不安ながら、1、2試合ならフル出場出来る。

 No.070 DF ネルセイ・レアスコ (10・14・12・14・14・18=82)
 KP戦術:ハードマーク

豊富なスタミナを存分に活かした抜群の運動量で多くの危機を救うサイドのダイナモ。
仕掛けてきた相手には即座にチェックに行く。ストッピング能力は並ながら抜かれても追いすがり絡みつく。
中央の危機にも迅速にフォローに行く行動範囲の広さも魅力。攻撃時は目立ったドリブルは少なく地味に繋ぐ。

 No.074 MF ジョルジ・ワグネル (13・10・15・13・15・13=79)
 KP戦術:ミドルシュート重視

ウィングからサイドバックまで、左サイド全域をこなすドリブラー。速さは並ながら、粘り強さと意外な巧さで強引に抜き去る。
精度の高いクロスに加えて、左足限定で強烈なシュートも保持。プレースキッカーとしてもそこそこ優秀。
守備にはやや難があり、スタミナも数値程度で突破を繰り返すと交代は必至。

 No.076 MF リシャルリソン (12・11・14・12・15・17=81)
 KP戦術:マンマーク

ドリブルがやや間延びするようになったが、ツボにハマれば技巧的な突破を披露。ややスピードに欠けるが。
守備対応がやや巧くなった印象で、サイドバックやボランチ起用時に的確なアタックを披露。リカバリー能力も加味された。
パスも平均以上で、スタミナ面でも全く問題なく、幅広いポジションをこなせる守備的な選手として重宝。



 No.081 GK マヌエル・アルムニア (7・17・10・16・10・12=72)
 KP戦術:シュートセービング

WGKなどに比べ、飛び出しのスピードが格段に速い。クロスの落下点に入るのも早く、ハイボール処理の安定感もある。
反面セービングはやや劣る印象で、不意を突いたシュートには特に弱く感じる。

 No.086 DF コロ・トゥーレ (11・18・13・16・16・15=89)
 KP戦術:カバーリング

既存のカードと比べスピードが下がったが、寄せに行く速さは殆ど劣っていない。
むしろカバーリングに行く判断が増し、より素早くタックルに行っているようにも感じる。
自ら前に出ることは殆ど無くなり、高度な判断と位置取りでチャレンジとカバーを使い分ける優秀なDFに。

 No.087 MF アブー・ディアビー (12・10・13・16・14・12=77)
 KP戦術:ディフェンシブセントラル

数値の割に身のこなしが重く感じる。高いパワーを活かしたタックルは奪取力が高いものの、タイミングや判断にやや不満。
その後の展開には安定感があり、的確に広角にパスを散らせる。ゆったりした持ち上がりにもキープ力がある。
前線への飛び出しもそれなりに行う。それ故スタミナには若干の不安。

 No.089 MF マシュー・フラミニ (11・15・14・14・15・18=87)
 KP戦術:カバーリング

中盤底で非常に高い守備センスを発揮。空いたスペースを迅速に補いに行くカバーリングで広範囲にフィルターを敷く。
反面攻撃面での目立った貢献は少なく、自身の攻め上がりは殆どない。それでも素早く堅実に繋げてくれる。
スタミナも問題なく、フルタイム機敏な動きで味方のサポートに徹するいぶし銀の選手。

 No.093 FW 二クラス・ベントナー (15・5・13・17・13・14=77)
 KP戦術:ハイタワー

後のベントナーに比べるとパワー一辺倒な感は否めない。ドリブルは大きく遅く、ポストも少ない。
ただし、対処しようのないヘディングシュートなど強烈なストロングポイントは生きている。
ターゲットマンに徹すればフル出場も可能なスタミナと、成長が早いのも特徴。



 No.110 FW ニコラ・アネルカ (18・4・17・17・15・14=85)
 KP戦術:ゴールハンティング

WFWに比べるとプレースタイルの変化は殆ど見られない。
ただ、フィジカルを押し出している感のあるWFWに対し、こちらはテクニカルな面を重視している。
スタミナはこちらの方が好印象ながら、若干調子依存が大きいか。

 No.112 FW サロモン・カルー (17・7・14・15・17・14=84)
 KP戦術:バイタルエリアドリブル

スピードに目が行きがちながら、確かなテクニックと強さも兼ね備えた万能なストライカー。
ドリブルは速さの中に巧さを織り交ぜ、割り込まれても突き進む粘り強さも持っている。
決定力も十分で、空中戦にも意外な強さを発揮。無理しすぎずパスを選ぶクレバーさも持ち合わせるがスタミナは微妙。



 No.114 DF アルバロ・アルベロア (11・15・15・13・13・14=81)
 KP戦術:ディフェンシブサイド

オーバーラップが少なく、自陣サイドに不用意なスペースを与えない守備的なサイドバック。
キックセンスは高いが、あまり披露する機会が無いのは残念。守備センスは高いが、時折フィジカルで負ける。
スタミナは数値に比べれば好印象ながら、連戦や運動量が増えると辛くなる。

 No.116 DF スティーブ・フィナン (10・13・13・13・16・16=81)
 KP戦術:サイドエリアプレス

KPの通り、サイドを狙う相手に積極的かつしつこい寄せでエリアを死守するウィングエリアのガードマン。
前に出る傾向が強く人数をかけられると脆いときもあるが、守備能力は安定して高い。
攻撃時のドリブルは揺さぶり等は無くシンプルかつ直線的に攻めあがる。スタミナは標準よりやや高い。

 No.117 DF サミ・ヒーピア (10・18・12・19・10・11=80)
 KP戦術:パワープレイ

ストッピングとカバーリングどちらかに偏らず、状況に応じて臨機応変な対応を見せる名手。ややカバーよりか。
空中戦の巧みさも相変わらずで、その対応の広さから来る信頼度は黒を超えているかもしれない。
ただ、当然の如くスタミナは不安でフル出場はほぼ不可能。KPも手伝い、守備固め要員か、最後のパワープレイ要員か。

 No.118 DF マルティン・シュクルテル (9・16・11・18・15・13=82)
 KP戦術:ハードマーク

08-09に比べると若干積極性が下がったように感じるが、積極果敢なストッパー像は相変わらず。
やや冷静になった分、08-09よりも相方選びに幅は広がる。スタミナはやはり連戦で辛さが出る。

 No.119 MF ヨッシ・ベナユン (16・6・18・11・17・14=82)
 KP戦術:ボールキープ

サイドを基本に高いテクニックを随所に攻撃に活かす「イスラエルのダイヤモンド」
ドリブルは速さと巧さを兼ね備え高い突破力を誇るが、その最中に見せる柔らかなパスとクロスでゴールを演出。
守備貢献は低くスタミナも微妙ながら決定力も十分で、強引さに欠けるものの期待できる。

 No.121 MF ルーカス (11・13・14・14・15・15=82)
 KP戦術:バランサーポジショニング

守備意識は高いが、守備範囲はそれなりに感じる。奪取力は充分で奪った後はショートパスで攻守を切り替える。
序盤はやや動きが固いが、成長は早い。成長後は積極的な飛び出しでゴール前にも顔を出す。
攻撃参加が増えてくるとスタミナがやや辛くなる。

 No.122 MF ハビエル・マスチェラーノ (10・16・13・15・15・18=87)
 KP戦術:ショートカウンター

献身性は高いが中盤底の選手としてはプレーが全体的にスマート。横からでも後ろからでも技巧的なタックルで中盤を封鎖。
序盤はビルドアップが若干雑ながら、成長後はドリブルの中に巧くパスを織り交ぜて後方から攻撃を押し上げる。
ミドルも合格点。若干守備範囲が狭く感じるときもあるが、高い運動量で中盤を支える「スモールリーダー」

 No.123 MF ジャーメイン・ペナント (14・7・15・14・17・14=81)
 KP戦術:クロス重視

ムラはまだ残るものの、相変わらず切り返しとスピードで勝負するドリブルは高い突破力。
カットインが減ったように感じ、代わりにクロスのバリエーションが増えた印象。ハイボールやグランダーを使い分ける。
スタミナは相変わらず酷使すると厳しいものの、サイドアタッカーとして高い個人技を備えている。

 No.125 FW ライアン・バベル (16・6・15・15・18・15=85)
 KP戦術:パワーボールキープ

高いボールキープ力と競り合いの強さを活かし、単独で状況を打破できるだけのドリブル能力を持つ。
加えて突破一辺倒にならず、味方へパスを通す意識も高く、あらゆる状況に対応。決定力も問題ない。
守備貢献は殆どないが、それ故かスタミナは数値より高く感じる。実況は変わらず「ネクスト・アンリ」

 No.126 FW ピーター・クラウチ (17・6・15・17・11・12=78)
 KP戦術:ダイレクトシュート重視

黒に比べるとキープ力やポストプレーの質が低下。ゴールから遠い位置では安易にボールを失う場面も目立つ。
圧倒的な高さは健在で、GKよりも高い位置でボールを捕らえることもしばしば。ファンブルを多発させる。
決定力は問題なく、スタミナは数値よりは良いがフル出場は厳しい。エリア内でこそ存在感を発揮する。



 No.130 DF ウェズ・ブラウン (10・16・11・16・14・15=82)
 KP戦術:ディフェンススピリッツ

08-09に比べ、センターバック時の冷静さをやや感じるが、基本的には同じスタイル。
サイドでもタイミングを見て駆け上がる様もほぼ同印象。

 No.131 DF パトリス・エブラ (13・14・12・14・18・16=87)
 KP戦術:アンチスピードスター

高速ドリブルを活かした攻撃参加でサイドを切り裂く攻撃的サイドバック。やや球離れは悪いが、自らクロスに持ち込める。
半面守備は軽率な対応が目立つ。1対1自体は悪くないが、あっさり仕掛けてかわされることも。
果敢なオーバーラップを繰り返すゆえ、スタミナは数値よりやや不安。

 No.132 DF リオ・ファーディナンド (11・19・15・18・11・15=89)
 KP戦術:オーガナイズドディフェンス

06-07同様時折軽い対応も見られるものの、技巧的なタックルはそれほど見劣りしない。
決定的なロングパスは少なく無難な繋ぎが多くなった。積極性もやや低くなり、カバーリング型に寄った感じ。
スタイルの変化とスタミナ+1は予想以上に大きく、1試合通じて活躍。KPを使えばよりクレバーに。

 No.133 DF ジェラール・ピケ (10・16・13・15・15・13=82)
 KP戦術:アザーサイドアタック

バランスのとれたフィジカルと確かな技術を兼ね備えたマルチなDF。あらゆるタイプのアタッカーを苦にせず止める。
基本的に前に出るストッパー気質ながらカバーリングも悪くない。サイドバック起用時には堅実な攻め上りと確実なパスで貢献。
スタミナは数値より好印象ながら連戦は辛い。KPはサイド起用時に発動。

 No.134 DF ネマニャ・ビディッチ (9・18・11・19・13・14=84)
 KP戦術:パワーディフェンス

大柄な身体を無駄に動かすことなく、最高峰からポジションを埋める動きで尽くボールを奪う防波堤。
的確なカバーリングと守備技術、ロングボールへの好対処で信頼感は非常に高い。
繋ぎは地味で時折ミスもある。スタミナは連戦すると辛さが出る。

 No.135 MF アンデルソン (13・12・17・13・15・16=86)
 KP戦術:ショートカウンター

YGSに比べると奪取力はやや低下した印象ながら、守備範囲が広くなったようにも感じる。
ボール保有時には繋ぎや展開をこなしながら決定的なパスを狙うが、オフザボールで前線に飛び出す頻度画増加。
運動量が増えたせいかスタミナはYGSよりやや不安。

 No.136 MF マイケル・キャリック (13・13・16・15・13・16=86)
 KP戦術:ワイドゲームメイク

06-07に比べ守備の意識が高くなり、低い位置での積極的なタックルが光る。
幅広く柔らかいミドルパスも健在ながら、より自身のポジションを守るように。攻守を抜群の安定感で繋ぐ。

 No.137 MF ダレン・フレッチャー (12・12・14・14・14・14=80)
 KP戦術:プレッシング

守備面で激しく動き回る事が多く、奪取力はそれなりにあるが無駄に走ってしまい奪えない場面も目立つ。
反面攻撃時には積極的な縦のフリーランで高い存在感を示す。的確にパスを散らしながら自らエリア内で決定機をものにする。
スタミナは連戦するとやや辛い。守備的な選手と組み合わせるとより存在感が高まる。

 No.139 MF オーウェン・ハーグリーブス (10・15・14・15・14・18=86)
 KP戦術:ディフェンスダイナモ

数値から守備特化の印象を受けるものの、攻守に活発な動きでチームを活性化中盤ではカバーより自ら当たる事を好む。
攻撃時にも果敢に攻め上がり、繋ぎがベースながらドリブルも目立つ。フルタイム活発に動けるスタミナも魅力。

 No.140 MF ナニ (14・8・15・14・18・14=83)
 KP戦術:サイドチャンスメイク

速く上手いドリブルでサイドを切り裂く能力は相変わらず、07-08に比べ球離れの良い印象。浅い位置から前線を狙うことも。
カットインは変わらず多いが、自ら撃つまで持ち込むことは少なく、お膳立てに秀でたスタイル。
スタミナは数値に比べるとやや好印象だが、連戦フル出場は辛い。

 No.141 MF パク・チソン (14・11・14・14・15・18=86)
 KP戦術:オフェンスダイナモ

05-06に比べ若干守備の意識、並びに低い位置での適性が落ちている印象。とはいえ守備意識が高い事に変わりは無い。
攻撃面ではやや球離れが悪くなった感はあるがシンプルなパスと積極的なフリーランでチームに貢献。

 No.144 FW カルロス・テベス (18・7・18・16・16・16=91)
 KP戦術:ダイレクトパスワーク

CRAと比べると個での打開力は若干落ちた感がある。スピードも数値どおりの実感。決定力も若干落ちたか。
反面ガムシャラにゴールを狙う動きが低くなり、低い位置ではより柔軟にボールを捌くように。



 No.146 DF ジャン・アラン・ブムソン (8・17・11・18・13・14=81)
 KP戦術:アンチファンタジスタ

ストッピング能力に優れ、パワーを駆使したタックルで強引にねじ伏せる能力が持ち味。
反面ポジショニングがあまりよろしくなく、引いていればカバーもこなすが基本的にとにかく前に出る。
繋ぎのパスも雑で、相手の攻撃を止めた矢先に再びピンチになることも。スタミナもやや不安。

 No.147 DF フランシオス・クレルク (12・14・13・13・14・15=81)
 KP戦術:カバーリング

攻守に堅実な動きが光るクレバーなサイドバック。タイミングを見極めた落ち着いた守備でムラを見せない。
攻撃参加は頻繁ではなく、上がった先でも堅実なパスで仲間の攻撃を促す程度。
中央の危機にもスキル通りのカバーリングで対応。スタミナも問題なし。

 No.149 DF ファビオ・グロッソ (13・12・13・16・15・15=84)
 KP戦術:ダウンザライン

ダイナミックな動きが持ち味のサイドバック。強烈な上下動で攻守に存在感を示す。
強引なドリブルと強烈なキックで攻撃をもり立て、守備でもパワーを活かしたタックルで相手を封鎖。
その運動量からスタミナの不安は付きまとうものの、縦横無尽の動きでチームに活を入れる。

 No.152 MF セサル・デルガド (16・5・13・14・17・13=78)
 KP戦術:ラインブレイク

ウィンガーの色が濃かった09-10に比べ、登録はMFになったがセカンドストライカーの資質を感じる。
裏へ飛び出す意識が高く、紹介文通りルーズボールに食らいつく意識も高い。
ドリブル能力も変わらず高いが、スタミナも相変わらず不安。

 No.154 MF キム・シェルストレーム (14・10・17・16・14・14=85)
 KP戦術:ミドルシュート重視

的確なボール捌きでボールを散らすゲームメーカー。数値の割に守備も献身的。
08-09に比べ、自ら攻め上がる意識がかなり高い。KPも加わり決定機に絡む「スウェーデンのジダン」
スタミナはやや不安で、連戦するとフル出場は厳しい。

 No.160 FW カデル・ケイタ (15・8・16・15・17・13=84)
 KP戦術:ウィンガードリブル

06-07に比べ、よりスピード感が増したように感じる。テクニックよりもスピードを重視したサイド向けのドリブル。
パスを選ぶ柔軟性は増した感がある反面決定力は下がった印象で、スタミナも更に不足気味。蓄積疲労も多く感じる。



 No.164 DF クリスティアン・レル (11・11・12・14・15・14=77)
 KP戦術:バランサーポジショニング

攻撃参加は少なく、自陣サイドを空けずに防衛する守備的サイドバック。攻めあがってもそこそこの位置で帰還。
数値の割に奪取力は高く、攻め手に変化が起きたときの対応にやや不安があるものの、中への絞りも無難にこなす。
動きが少ないためスタミナは数値の割に不安は無い。存在感は薄いが、地味にチームを支えている。成長は早い。

 No.166 DF ダニエル・バン・ブイテン (11・18・12・19・10・14=84)
 KP戦術:ダイレクトプレイ

スタイルは黒と大差なく、しっかりリトリートしながら的確なタックルでボールを奪う。
カバーリングがややぎこちなくなり、時折無茶な守備をしにポジションを空けてしまうこともやや目立つ。
空中戦の強さは相変わらずながらつなぎの質はやや落ちたか。スタミナはあまり劣化の印象なし。

 No.167 MF ハミト・アルティントップ (14・9・13・16・16・16=84)
 KP戦術:ミドルシュート重視

破壊的な右足のシュートは威力精度共に最高峰で、多少の距離をものともせずGKに襲い掛かる。左足は精度に欠ける。
サイドの選手として全体的に特化したものがなく、爆発力はないが守備を含め安定感は高い。万能な突破と適度な球離れ。
スタミナは数値に比べるとやや好印象で、ある程度の連戦は問題なくこなす。

 No.168 MF トニ・クロース (15・6・16・15・14・12=78)
 KP戦術:シュート重視

強烈な右足のシュートを誇り、2列目からの飛び出しで決定機をものにするアタッカー。
パス精度はそれなりに高いが振り分けはあまり得意ではなく、突破力はそこそこあるがややムラがある。
フル出場は厳しいスタミナは難点ながら、若手故に成長の早い「ドイツの至宝」

 No.171 MF ホセ・エルネスト・ソサ (14・8・17・13・14・12=78)
 KP戦術:ミックスパスワーク

スタミナがかなり不安で換えの戦力を必須とするも、セカンドアタッカーとして存在感を示すテクニシャン。
スピード不足で長距離のドリブルは今ひとつながら、ゴール手前での仕掛けは決定機に繋がる。
球離れはよくないがパスも上手く、不意な守備も魅力。決定力も意外と良いがショートレンジ限定。

 No.172 MF マルク・ファン・ボメル (14・11・16・16・14・16=87)
 KP戦術:プレッシング

少々強引さが目立つが、高い献身性と積極性で繰り返すタックルで中盤から攻撃の芽を摘む。
パスも上手く、短い繋ぎから大きな展開まで難なくこなし、チャンスと見るやフリーランでゴール前にも侵出。ミドルも上手い。
スタミナ面も不安はなく、攻守両面で頼りになる存在。



 No.177 GK マールテン・ステケレンブルグ (8・17・13・17・11・10=76)
 KP戦術:クロスセービング

08-09黒、10-11白に比べ、数値上の変化はないが飛び出しスピードが速く感じる。クロスキャッチの安定感は高い。
反面、グランダーに対しての挙動は滑らかでなく、エリア外のボール処理もややぎこちない。
セーブ能力も後のカードに比べやや見劣りする。

 No.178 DF ユルゲン・コリン (9・14・11・15・14・14=77)
 KP戦術:ディフェンススピリッツ

基本的に相手を待つことをせず、積極果敢に止めに行く攻撃的なストッパー。
行動範囲が非常に広く、中盤まで顔を出すこともしばしば。サイドバックでは攻撃参加も多いが、効果はそれなり。
積極性が長所であり短所でもある。安易にチェックに行ってかわされることも目立つ。スタミナはやや不安。

 No.179 DF ウルビー・エマニュエルソン (13・10・13・11・17・16=80)
 KP戦術:クロス重視

軽い守備は不安材料ながら、サイドバックとは思えない切れ味鋭いドリブルで敵陣を切り裂く攻撃的サイドバック。
高い位置での起用も問題なし。スピードに乗ったカットインからのアシストやクロスで存在感抜群。
08-09に比べスタミナ-1は感じる。動きながらのトラップにやや難があり、決定力もやや低下。

 No.180 DF ヨン・ヘイティンガ (11・17・14・15・13・15=85)
 KP戦術:ロングパス重視

04-05に比べ自ら積極的にタックルを仕掛けに行く場面が増え、ストッパー色が増した印象。
よく動くようにはなったものの、スタミナ+1の恩恵はしっかり感じる。攻撃への意識も変わらず高め。

 No.181 DF ブルーノ・シルバ (10・16・11・16・13・16=82)
 KP戦術:マンマーク

攻守に積極的で、迂闊に相手の懐に飛び込みかわされる場面も目立つが、高い身体能力を活かしたタックルは奪取力抜群。
攻撃時にはドリブルもするがやや一本調子。パスセンスも高いとは言えないが、強引な突破は意外性がある。
スタミナは十分。高い個性を上手く組み込めれば強烈な駒になりうる

 No.182 MF ケネディ・バキルチョグル (12・8・14・15・15・15=79)
 KP戦術:アーリークロス重視

ドリブルはシンプルながら、総合的に優れたフィジカルで粘り強い突破をみせる。フリーランでの駆け上がりも頻繁。
KPのアーリークロスはそこそこの精度ながら、普通のクロスも速めの弾道でゴールの予感を感じさせる。
突破を繰り返すとスタミナが辛いが、アーリーメインならば充分持つ。守備貢献はあまり無い。

 No.184 MF シエム・デ・ヨング (12・12・15・14・14・15=82)
 KP戦術:フォアザチーム

数値から技巧派を連想させるも、紹介文の通り献身的なプレスで守備に貢献するダイナモ系。
奪ったボールを持ちすぎる感があるのは残念だが、中盤で身体を寄せる奪取力、インターセプト能力共に中々。
数値に比べるとややスタミナは残念。

 No.191 FW デニス・ロンメダール (13・8・14・13・16・14=78)
 KP戦術:ドリブル突破

スキルに反しドリブルは高速とは言えない。それでも標準以上の速さを粘り強さで抜きにかかるドリブラー。
球離れも良くはなく、貫徹するように突破を仕掛ける。自身の決定力は微妙ながらクロスもそれなりに良く、天性のウィンガー。
守備貢献もそれなりにするが1試合通じて突破を続ける持久力はなく、起用にはシステムを選ぶ。

 No.192 FW ルイス・スアレス (18・5・15・13・16・14=81)
 KP戦術:チャンスメイク

エリア内であれば距離、角度を問わず強烈なシュートを飛ばす。高い決定力を備えながら、チャンスメーカーとしても機能。
サイドからのカットインも鋭いが、開いてのクロスや中に絞ってのパスセンスも高いセンスを感じる。
スタミナは若干不安ながら、スキルフルなドリブルで違いを作るセカンドストライカー。



 No.195 DF ティム・デ・クレル (11・14・13・12・16・15=81)
 KP戦術:サイドゲームメイク

センターでもサイドでも活躍が見込める守備的サイドバック。競り合いは心許ないが機敏な動きで攻撃を遮断。
オーバーラップはさほど多くないが、攻撃時にもスピードは活きている。それでも決定的仕事は少なく堅実。
カバーリングに長けているためか、スタミナはやや不安。それでも1、2試合ならフル出場可能。

 No.196 DF セルジーニョ・フレーネ (11・14・14・14・14・14=81)
 OKP:ロングパス重視

自ら攻め上がる事は殆どなく、安定したスキルで好守に貢献するサイドバック。
標準的ながらミスの少ない守備力と、的確なフィードで好守の切り替えを行う。
動きが少ないせいかスタミナに不安もなく、目立たないながらも安定感抜群。

 No.197 DF ケビン・ホフランド (8・17・12・15・12・13=77)
 KP戦術:ラインコントロール

競り合いやスタミナ不足など身体面での不足が若干目立つものの、質の高い動きをする万能ストッパー。
基本的には積極的に止めに行くが、局面でのカバーリングも上手く、数値以上のスピードを感じる。
攻撃面での貢献は目立たず、それでもフル出場は厳しい。

 No.198 MF ルイジ・ブラインス (14・8・16・11・14・16=79)
 KP戦術:チャンスメイク

08-09に比べ総合値は下がっているものの、個人の能力はさほど遜色が無い。
ただ、シャドー的な動きがやや減り、スペースを突いたドリブルが目立つように。球離れもやや良いか。

 No.199 MF ダニー・バイス (10・13・10・16・12・16=77)
 KP戦術:フォアザチーム

右サイドの守備的なポジションと中盤底で守備に走り回るダイナモ。
機敏さには欠けるものの、しつこく諦めずにボール保有者を追い回す献身性が最大の魅力。
攻撃参加もこなすが、ドリブルはスピードに欠け直線的。繋ぎのボールもやや精度に欠ける。

 No.202 MF デニー・ランツァート (12・13・14・14・14・17=84)
 KP戦術:ショートパスワーク

中盤で積極的に動くわけではなく、攻守にバランスを重視した動きでチームを操る知的なダイナモ。
卓越した能力があるわけではないが、堅実ながら広く散らす精確なパスで味方の攻撃を促す。
単体での守備能力も高いが、常に低い位置にいるわけではないので穴が開く事もあり、守備専任選手ではない。
決定力もそれなりにあるのだが披露する場面は少ない。良くも悪くも目立たず、チームを支える屋台骨。

 No.207 FW マイケル・モルス (16・7・13・12・16・13=77)
 KP戦術:ダイレクトシュート重視

スピードを活かしたシンプルなドリブルは武器だが、前線では無理に仕掛けずシンプルなポストプレーを多様。
単体での崩しは味方に任せ、決定機には数値以上の決定力でパスやクロスに合わせる。FWとしては守備意識も高い。
スタミナは数値よりやや好印象だが、運動量が多いためフル出場はやや厳しい。

 No.208 FW アンドウェレ・スロリー (15・8・13・12・17・17=82)
 KP戦術:チェイシング

派手なフェイントをすることは無く、速さとコース取りで勝負する快速ウィング。数値以上に粘り強さも感じる。
加えて守備意識も高く、高い位置から積極的なチェックで相手にプレッシャーをかけ続ける。
クロス精度は並ながら決定力は充分。高いスタミナが不安になるほど攻撃にも守備にも貢献してくれる。



 No.209 GK ゴメス (8・18・13・16・12・11=78)
 KP戦術:クロスセービング

飛び出しのスピードは並かやや速い程度。グランダーに対してはキャッチしきれない場面も目立つ。
反面クロス処理には安定感があり、ビッグセーブもそれなりに多い。鋭いフィードでカウンターの基点にも。

 No.211 DF ヤン・クロンカンプ (13・12・14・13・16・15=83)
 KP戦術:ダウンザライン

06-07に比べ守備がプラスされたものの、攻守両面でより積極的な動きが目立つようになった。
攻撃性能も変わらず高く、ドリブル時の粘りが強化された感もある。動きが増えた分スタミナはこちらの方が辛いか。

 No.212 DF ディルク・マルセリス (10・16・10・16・14・15=81)
 KP戦術:ハードプレッシング

パワーとスピードを兼ねたタックルで1対1に強さを見せるストッパー。その能力を活かし積極的にボールを奪いに行く。
カバーリングはやや不得手だがロングボールの跳ね返しは上手い。スタミナは数値に比べるとやや厳しく、連戦は辛い。
ビルドアップがやや難ありで、奪ったボールを上手く味方につなげないことがやや目立つ。

 No.213 DF スロボダン・ライコビッチ (11・15・13・16・12・15=82)
 KP戦術:インターセプト

相手の手前でパスを盗む技術に長けた技巧派ストッパー。仕掛けてきた相手にも巧くコンタクトを避けてボールを奪う。
とっさのカバーリングなどにややぎこちなさがあるが、標準以上のビルドアップ能力も備えている。
スタミナは数値に比べやや不安。無理の利くタイプではないが、特性を活かせれば充分相手の脅威になる。

 No.214 DF カルロス・サルシド (11・17・12・15・17・16=88)
 KP戦術:ディレイディフェンス

06-07に比べ守備の信頼性は格段に上がった。基本はやはり積極果敢なストッパーながら、抜かれ際のしつこさが増した。
反面攻撃時のドリブルも少なくなり、P表記通りセンターバックが本職になった感じ。スタミナは上がったが、実感はさほど無い。

 No.215 MF イブラヒム・アフェライ (15・8・17・13・15・15=83)
 KP戦術:ショートパスワーク

08-09に比べると自ら決めに行く意識が少なく、パサー色が強い。
相変わらず守備もそれなりにこなしてくれ、スタミナも充分。低い位置高い位置から攻撃を作るゲームメーカー。

 No.218 MF エディソン・メンデス (13・10・16・12・15・15=81)
 KP戦術:ダイレクトパスワーク

06-07に比べ、球離れは若干悪くなった。ただ、キープ力が大幅に強化。攻撃のリズムを作る選手に。
突破力も増し、スピードこそ欠けるもののDFの逆をとるドリブルはサイドでも猛威をふるう。
数値が増した守備はさほど強化された感はない。よりゴールに直結するチャンスメーカーに。

 No.219 MF ティミー・シモンズ (9・15・12・16・13・18=83)
 KP戦術:ディフェンスサポート

中盤を幅広くフォローし広域なフィルターを敷く献身的なアンカー。どちらかというとパスを奪う能力に長けている。
多くはないが前線への飛び出しも慣行。ただ、決定力は低く決定的なパスも無く、堅実に味方につなぐ。
プレイの多くに陽が当たることは無いが、運動量豊富ながらたるまずフルに貢献してくれる。

 No.220 MF ミケ・ゾンネフェルト (11・12・12・12・13・16=76)
 KP戦術:セーフティディフェンス

攻撃面での貢献は殆ど感じない。身体能力の不安もあるが、紹介文の通り集中力を切らさず与えられたポジションの守備を完遂する。
中盤底では広くカバーしながら的確に繋ぎ、両SBでも攻撃参加をあまり行わず冷静に突破に対処する。
時折のオーバーラップも無理をせず味方に繋ぎ、ややぎこちないがCBでもそこそこの守備を見せる。スタミナは問題なし。

 No.222 FW ジェファーソン・ファルファン (17・8・16・15・16・15=87)
 KP戦術:バイタルエリアドリブル

以前のファルファンに比べドリブルスピードは若干下がったが、代わりに多少の接触を抜ききる粘り強さを会得。
サイドへ流れてパスやクロスを放つチャンスメイク役としても機能するが、やはり武器はドリブル。
決定力は06-07にも負けていない。スタミナはあまり変化無く終盤に辛さが出る。

 No.223 FW ダニー・クーフェルマンス (17・6・14・16・15・13=81)
 KP戦術:パワードリブル突破

スピードとパワーを兼ねた強引なドリブル突破で敵陣をこじ開け、強烈なシュートを叩き込むストライカー。
技術的に特筆する点は無いものの、シンプルなポストプレーもそれなりにこなす。それでも仕掛ける意識が高い。
スタミナは数値に比べると好印象で、何とかフル出場できるかといったところ。



 No.225 GK ジェリコ・カラッチ (6・17・10・19・9・10=71)
 KP戦術:クロスセービング

飛び出しスピードは目に見えて遅い部類に入る。体制の立て直しや飛び出し後の位置取りにもやや難がある。
反面、近距離でのセービング能力は高く、引きつけて防ぐ典型的なビッグセーバー。パワーのおかげか弾ききれない事は少ない。
ハイボールは出足こそ遅いが落下点に入れば安定感抜群。遠目のシュートに一瞬反応が遅れるのがやや残念。

 No.226 DF ダニエレ・ボネーラ (9・16・11・16・14・14=80)
 KP戦術:リベロディフェンス

非常に積極的なストッパーで、機敏な動きで相手の出足を止める。センターでもサイドでも変わらぬスタイル。
人に対しては強いがボールに弱く、パスを回されると対応しきれない場面も目立つ。カバーリングも若干ぎこちない。
サイドバックとしての攻撃参加もするが、攻撃性能はさほど高くない。

 No.277 DF カハ・カラーゼ (11・17・13・17・12・15=85)
 KP戦術:ディフェンススピリッツ

パワーを活かしたタックルで高い奪取力を持つ。カバーリングもそれなりにこなす万能性も魅力。
昔はサイドバックだったが、サイドでは攻撃参加もぎこちなく動きも不満。
スタミナも充分で、ややスピード不足を感じる事以外に穴は感じない優秀なセンターバック。

 No.230 DF マッシモ・オッド (13・14・14・14・15・15=85)
 KP戦術:アーリークロス重視

06-07と比べて守備時の動きはさほど大差が無い。大きく違うのは攻撃面で、球離れが良く繋ぐことが多い。
ただ、パスの精度は変わらず高く、KPのアーリークロスは膠着した状況を打開できる強力な武器。

 No.231 MF マッシモ・アンブロジーニ (11・14・14・15・13・16=83)
 KP戦術:インターセプト

08-09に比べ、積極的にボール保有者へ飛び込む守備スタイルではなくなった。
代わりに状況を見極めた冷静な寄せとポジショニングでクレバーに中盤守備を安定させる。
攻め上がることも少なく、堅実な守備と繋ぎのパスで攻守を繋ぐ黒子。スタミナはスタイルに比べるとやや不満。

 No.235 FW アルベルト・ジラルディーノ (16・7・14・17・14・13=81)
 KP戦術:センターポスト

06-07に比べ数値は下がったが、決定力はむしろこちらの方が信頼できる気がする。
守備意識はやや下がったが、それでも奪うときは奪う。周囲を使う意識もあり、ポストマンとしても機能。
スタミナは数値よりは好印象。一人で打破は厳しいが、活かし活かされチームに貢献する「バイオリニスタ」

 No.238 FW アルベルト・パロスキ (16・6・15・14・15・12=78)
 KP戦術:ダイレクトシュート重視

ストライカーとして欠けるものは殆ど無い。シュートは精度威力共に高く、高さで負けてもダイレクトボレーは非常に巧い。
最前線でボールを待っている間のポジショニングも良く、短い距離であればDFを手玉に取るドリブルも完備。
パスセンスはショート、クロス共にやや不満。スタミナも1試合は持たない。典型的なCF。

 No.239 FW パト (18・4・17・13・18・13=83)
 KP戦術:ロングカウンター

スピードとテクニックを活かしたドリブルでゴールを狙うアタッカー。接触には弱いが、上手く掻き分ける。
パスセンスもあり、仕掛けの中からアシストを決めることも少なくない。決定力も充分だが、強引に決めるのは厳しい。
スタミナは数値に比べるとやや好印象ながら、終盤に辛さが出る。



 No.242 DF マルコ・カッセッティ (12・12・12・15・15・16=82)
 KP戦術:サイドエリアプレス

豪胆なドリブル突破を持つサイドバック。力強い突破で後方から圧力をかけるが、パスの精度は並か。
守備も身体能力の高さを発揮し、対峙すればしっかりと封鎖。空中戦にも強く、逆サイドのクロスを絞ってクリアする。
スタミナは十分持ち、両サイドこなせるのも強み。

 No.246 DF マックス・トネット (13・13・13・12・17・17=85)
 KP戦術:サイドエリア支配

攻守に激しい動きを繰り返すサイドのダイナモ。個人技は並レベルながら、豊富な運動量でそれを補う。
サイドアタッカーとの守備は速さを活かした寄せと、抜かれても食らいつくしつこさでこなす。中央へも運動量で対処。
オーバーラップも頻繁だが、抜きにかかることは少ない。その献身的な動きは17あるスタミナが尽きる程。

 No.247 MF アルベルト・アクィラーニ (15・11・16・12・15・16=85)
 KP戦術:ミドルシュート重視

06-07に比べ自身のポジションを守るようになり、技術の増した守備対応で中盤を引き締める。
精確なキックで攻撃を導き、ロングパスで決定機も演出。イタリアのレジスタらしい選手。
動きの関係でミドルを撃つ機会は希ながら、その威力は合格。

 No.248 MF シシーニョ (14・10・14・13・16・16=83)
 KP戦術:アザーサイドアタック

サイドバックとしては守備がやや軽く、サイドの守備に全面の信頼は置けないが、それなりにこなす。
08-09に比べ球離れが悪く感じ、そのせいか技巧的なドリブルがより目立つように。
KPのサイドチェンジも魅力。主役には慣れないが、サイドなら左右高低問わずこなせる名脇役。

 No.250 MF ルドビク・ジュリ (15・8・17・13・17・14=84)
 KP戦術:シャドーストライク

今まで通り、サイドからでもゴールを狙うシャドーストライカーの意識は高いが、パスの意識も若干上がった様子。
状況に応じて仕掛けと繋ぎを使い分け、攻撃を牽引。個人の突破力はやや下がったが、総合的な貢献度は変わらず。

 No.251 MF シモーネ・ペロッタ (14・12・15・16・15・18=90)
 KP戦術:ショートカウンター

06-07同様、高い位置からの積極的な守備と素早い切り替えからの速攻が魅力の守備的トップ下。
06-07に比べ高まったのはパスの意識か状況判断か。高い位置で攻撃のつなぎ目となる意識が高くなった印象。
フリーランでFWを追い越しての強烈ミドルも健在。疲れ知らずも相変わらず。低い位置で存在感が落ちるのも変わらず。

 No.252 MF ダビド・ピサロ (14・11・17・12・16・16=86)
 KP戦術:セーフティパスワーク

低い位置での献身的な守備はさながらクラッシャーのよう。機敏で技巧的な寄せを武器に中盤を幅広く走り回る。
そしてトップ下顔負けのパス能力も所有。視野も素晴らしく、低い位置から広く精確な展開で攻撃をサポート。
チャンスにはゴール前に顔を出す意外性もあり、ドリブルで攻撃を押し上げる積極性もある。スタミナも問題なし。

 Np.253 MF ロドリゴ・タッデイ (14・9・15・12・16・17=83)
 KP戦術:キープレイヤーアタック

技巧的なドリブルと豊富なスタミナを兼ねた安定感抜群のアタッカー。90分仕掛け続けられるのが最大の魅力。
突破は速さこそやや○レベルながら、スペースを狙う狡猾さとフェイントで勝負。カットインか開きに偏らないのも好印象。
クロスも合格点が出せ、決定力もサイドの選手としては高い。合わせる側としても優秀で、豪快なダイレクトシュートも光る。

 No.256 FW ミルコ・ブチニッチ (17・7・16・15・15・14=84)
 KP戦術:スペースメイキング

プレーは全体的にシンプルながら、スペースを有効に使った行動を取りつつ攻撃を牽引するクレバーな選手。
ドリブルは特筆する長所はないものの全体的に高いバランスでまとまっており、的確なコース取りで穴を突く。
パスもそれなりによいが、決定力は数値に比べるとやや不安で枠外シュートもそれなりに目立つ。スタミナもやや不安。



 No.263 DF ワルター・サムエル (8・19・13・18・12・14=84)
 KP戦術:バイタルエリアブロック

白とは思えない単体での守備力と柔軟な判断力を備えたハイレベルなセンターバック。
どちらかといえばカバー派のようだが、前に出る時は迅速に出て自慢のタックルを披露。
スタミナも連戦は辛いが及第点は出せる。あとは若干ビルドアップが雑な気はするが、起用を敬遠するレベルではない。

 No.258 DF クリスティアン・キブ (11・18・16・16・15・15=91)
 KP戦術:アンチコンビネーション

WDFに比べると前に出る意識が若干下がり、どちらかというとカバーリングタイプになったか。
コースを切るポジショニングと、危機には真っ先に飛び込む隠れた積極性で最終ラインに穴を開けない。
テクニック故かファウルも少なく、繋ぎも的確。スタミナはスタイルの割にやや不安か。

 No.266 MF ルイス・ヒメネス (15・8・18・13・15・14=83)
 KP戦術:ファンタジーア

ドリブルは技巧的なタッチが冴えるものの若干スピード不足。突破に大きな期待はかけられない。
反面パスの意識が高めで、ドリブルの中にパスを織り交ぜるスタイルでゴールを生み出すチャンスメーカー。
自身の決定力は高く、ゴール前まで持ち込めればしっかり決めきる。スタミナは数値よりは良い印象ながら微妙。

 No.270 FW フリオ・クルス (17・9・15・18・12・16=87)
 KP戦術:チェイシング

スピードこそ不安を隠せないが、その他多くの長所で前線に君臨する献身的なストライカー。
浅い位置ではシンプルなポストプレーでゴールを導き、ゴール前では狡猾なポジション取りと出足の速さで裏を取る。
決定力も十分で空中戦にも強い。前線からの守備もそれなりにこなし、スタミナも充分。調和が彼を輝かせる。

 No.272 FW ダビド・スアソ (17・5・14・14・18・13=81)
 KP戦術:ラインブレイク

プレーの幅は狭いものの、一流どころにも負けない武器でゴールを射止める「ホンジュラスの黒豹」
期待通りのスピードと、数値以上に競り負けない粘り越しのドリブルで中央から風穴を開ける。裏への意識も高い。
球離れはいいほうではないが、味方のチャンスにボールを渡す事はよくある。しかしサイドでは何故か一辺倒になりがち。
稀に気の抜けたシュートもあるが決定力は総じて高く、スタミナも1試合はどうにか持つ。



 No.274 DF ジョルジョ・キエッリーニ (12・17・11・18・14・16=88)
 KP戦術:バイタルエリアプレス

成長までは若干無鉄砲さが目立ち空回りすることもあるが、徐々に身体能力をタイミングよく活かす様になる。
ストッピング能力も高いがカバーの動きも安定感が増し、パワーとスピードを兼ね合わせた守備は信頼感抜群。
スタミナは数値より若干不安があるが、空中戦も強くビルドアップもそれなりに安定感がある。

 No.275 DF ズデネク・グリゲラ (12・15・14・14・16・16=87)
 DKP:個人守備重視

攻守に存在感を示すことが出来る、完成度の高い万能型サイドバック。
スピードを活かしたチェックとカバーリングでサイドを封鎖。中央へ入る動きも巧く、センターバックとしても機能。
時折攻め上がり見せるドリブルはスピードの中に巧さもあり効果的なオプションになる。

 No.276 DF ニコラ・レグロッターリエ (10・17・13・17・14・15=86)
 KP戦術:バイタルエリアプレス

02-03に比べ積極的な動きも見られるがカバーリングセンスも高く、万能な能力で最終ラインを支える。
基本的には前に出るスタイルで、パワーが増したためかタックルは巧く、不用意に抜かれることは少ない。
奪ったボールは丁寧に繋げる。スタミナアップも心強く、全体的に安定感が増した印象。

 No.277 DF クリスティアン・モリナーロ (12・12・12・12・16・17=81)
 KP戦術:オーバーラップ

目立ったミスの少ない、堅実なプレーが売りの安定感ある万能サイドバック。
無理の効くタイプではなく逆サイドからのクロスに若干絞りきれてないこともあるが、スピードを武器に献身的に守る。
攻撃参加は頻繁ではないが、時折後方からドリブルを仕掛ける。それも持ちすぎることなく味方に繋ぐ。

 No.278 DF ヨナタン・ゼビナ (11・14・10・16・15・16=82)
 KP戦術:ドリブリングビルド

以前のカードに比べセンターバックとしての適正は下がった感がある。やや気の抜けた守備対応が目立つように。
反面サイドバックとしての存在感が大幅に上昇。元来の広く中央までフォローする守備面は相変わらず優秀。
加えて攻撃参加時にはオーバーラップの頻度が増し、フィジカルを全面に押し出したドリブルで相手にプレッシャーをかける。

 No.279 MF マウロ・カモラネージ (14・12・16・15・15・16=88)
 KP戦術:チャンスメイク

サイドで技巧的なドリブルを繰り返し繰り出しチャンスを作るアタッカー。速さは並だが突破力は高い。
カットインした勢いで放つシュートも高い決定力を誇り、高い位置からの不意な守備も魅力。
球離れはムラがある感があり、スタミナは数値より若干不安。

 No.281 MF アントニオ・ノチェリーノ (12・12・13・14・14・16=81)
 KP戦術:ディフェンスダイナモ

序盤は散漫な動きも垣間見られるが、成長後は献身的かつクレバーな動きで中盤を守るダイナモ。
タックルも積極的ながらポジショニングも良く、さりげなくパスコースに入り少ない動きで相手のパスを奪う。
攻撃時の攻め上がりは少なく、ボールは地味に味方に繋げる。主役にはならないが確実にチーム力を底上げする。

 No.282 MF ハサン・サリハミジッチ (12・11・14・15・14・18=84)
 KP戦術:ムードメイキング

全てにおいて特筆するべき武器は無いものの、逆にそれが長所となっている万能なユーティリティプレイーヤー。
サイドでのドリブルはややスピード不足で単独での突破は難しいが、ポジショニングとパスでこなす。
低い位置での献身的な動きも心得、中盤であれば左右問わず、サイドバックでも安定した守備を披露。

 No.283 MF モハメド・ラミン・シッソコ (11・13・14・17・15・16=86)
 KP戦術:オフェンスダイナモ

06-07黒に比べ、より守備的。パスはより確実なつなぎを軸にするように。
守備は変わらず幅広くピッチをフォローし、今まであまりなかった中盤からの飛び出しで攻撃に絡むように。
前後左右に幅広く動き回るが、スタミナ+1の恩恵もきっちり授かり疲れ知らず。

 No.284 MF クリスティアーノ・ザネッティ (9・15・12・15・13・19=83)
 KP戦術:プレッシング

非常に献身的に守備をこなす中盤のダイナモ。攻撃時の動きはパスを繋ぐことに徹するが、守備の存在感は非常に高い。
縦にも横にも広く動き回り、成功率の高いタックルと、たとえ外しても追い回す献身性で中盤守備を一手に引き受けられる。
稀に高い位置で受けたときのミドルもそれなりの威力。スタミナも問題なしの、チームを助ける選手。

 No.286 FW ビンチェンツォ・イアクィンタ (17・7・13・18・14・14=83)
 KP戦術:パワープレイ

05-06に比べ裏への飛び出しが減少。足元に貰い、強引なドリブルで状況を打破するパワーストライカーに。
突破力は意外と高く、それに加えてクロスをねじ込む高さも武器。ドリブルを多用するのでスタミナは後半辛い。

 No.287 FW ラッファエーレ・パッラディーノ (16・8・15・15・15・14=83)
 KP戦術:ムービングパスワーク

特筆する武器は無いものの、FWとしての能力は高いレベルでまとまっている。
ドリブルは速さ強さ巧さをバランスよく備えており、球離れも悪くなく効果的なパスでゴールを引き出す。
自身の決定力も白としては十分。スタミナは不安だが万能の「パッラジーニョ」

 No.288 FW ダビド・トレゼゲ (19・4・16・17・15・14=85)
 KP戦術:ゴールスピリッツ

以前のトレゼゲに比べスピード不足が若干実感でき、スペースへ潜り込むドリブルは少なくなった。
変わりにシンプルに味方へ叩くポストプレーが増え、前線での柔軟性が増した模様。
決定力は変わらず地上空中共に信頼できる。スタミナも相変わらず不安だがハイレベルなストライカー。



 No.292 DF ガブリエル・ミリート (9・18・13・15・16・16=87)
 KP戦術:ディレイディフェンス

1対1での守備能力は素晴らしく高い。トップクラスの寄せの速さでドリブルの出足を止める。
基本的に自ら飛び込むがカバーリング能力も高く、俊足を飛ばして味方のフォローにも走る。競り合いの弱さも感じない。
縦パスをカットするセンスも良いが、積極的にボールを奪いに行った際に横パスに翻弄される場面も。
奪ったボールを無駄にロストすることも少なく、スタミナも全く問題ない。万能なストッパー。

 No.296 MF ジオバンニ・ドス・サントス (15・5・18・11・18・12=79)
 KP戦術:ボールキープ

守備貢献は少なく、スタミナは1試合まず持たない。それでもボールを持てば一人で何とかできる逸材。
スピーディ且つテクニカルなドリブルはトップスピードに乗ったとき真に脅威。相手守備陣をズタズタに切り裂ける。
アシストのセンスも高く、自らのシュートも問題なし。膠着した試合を打破するジョーカー。

 No.298 MF ヤヤ・トゥーレ (12・14・15・16・14・17=88)
 KP戦術:マンマーク

中盤底の選手としては行動範囲が限定的。無理の利くフォローなどは期待できない。
が、受け持った場所を空けないだけではないポジション修正と、しつこさは微妙だが的確なタックルで中盤に穴は空けない。
球離れは非常に良く、即座に正確に味方に繋ぐが大きな展開も好む。高い位置で受ければ決定的なパスを狙う。



 No.307 DF マルセロ (12・10・14・12・17・17=82)
 KP戦術:サイドアップダウン

スピードを活かしたオーバーラップとドリブルで存在感を示す攻撃的サイドバック。高い突破力は高めでも機能する。
攻め上がる事が多く、無理な体勢からの守備にパワー不足が目立つが、守備にも俊足が活きる。
カットインから強烈なシュートを決める事もある。激しい上下動の割にスタミナは優秀。

 No.308 DF ミゲル・トーレス (11・14・14・14・16・14=83)
 KP戦術:クロス重視

06-07での最終ライン全てをこなせる万能性、冷静な守備対応はそのまま。スピードをタックルやカバーに活かす。
加えて攻撃性能が上昇。オーバーラップは少ないが、意外な持ち上がりで攻撃のアクセントになる。
スピードを活かしたドリブルと堅実なクロスで好機を作れるようになったが、スタミナが若干不安に。

 No.311 MF マハマドゥ・ディアッラ (10・16・12・15・15・18=86)
 KP戦術:ワイドカバーリング

守備面は05-06とあまり変わらず、数値の割にパワー不足を感じるが、高いインターセプトセンスで中盤にフィルターを築く。
やや当たりに行く守備も増え、ビルドアップの不用意な持ち上がりが減った印象。強烈な攻撃貢献は出来ないがシンプルに繋ぐ。
守備範囲もKPで横に広く動けるようになり、よりアンカーとしての資質が増した印象。

 No.313 MF グティ (15・9・17・12・15・16=84)
 KP戦術:ロングスルーパス重視

08-09に比べると守備貢献は落ちているが、攻撃面での積極性や選択肢が増した印象。
本質的にはパサーながら、ドリブルで仕掛ける場面も目立ち、自ら決定機を沈める場面も増えた。
攻撃的なユーティリティ性が増しサイドでのドリブルも増えたが、低い位置では起用を躊躇う。

 No.314 MF ジュリオ・バチスタ (15・10・15・17・13・15=85)
 KP戦術:キープレイヤーアタック

数値の割に守備意識が高く、パワーを活かしたコンタクトでボールを奪取。身の運びも意外と軽い。
球離れはそれなりながらキープ力があり、中盤から時にフェイントを織り交ぜて攻撃を押し上げる。パスセンスもそこそこ。
空中戦にも強くCKを沈める事も多いが、足での決定力は他のカードに譲るか。CHからSTまでこなす「ラ・ベスティア」



 No.322 DF ラウール・アルビオル (10・17・13・17・15・15=87)
 KP戦術:リトリート

積極的なストッパーの色が強い。前に出る意識が強く、果敢にボールを奪いに行く。
カバーリングは下手ではないが、するよりされる機会の方が多い。ボールを奪えば一気に前線を狙うフィードが多い。
スタミナは標準的で連戦すると辛さが出る。守備機会によっては最初から辛い。

 No.323 DF イバン・エルゲラ (9・16・13・15・12・14=79)
 KP戦術:リトリート

カバーリング気質なのは相変わらずながら、期を見て積極的に飛び出すストッパーとしての面も増え、万能型に。
ビルドアップにも変化が見られ、低い位置からドリブルで持ち上がる場面も目立った。
数値に比べ速さの衰えは感じないが、前に出る機会が増えたためスタミナは更に不安になった。

 No.325 DF ミゲウ (12・14・13・15・17・16=87)
 KP戦術:ディフェンススピリッツ

数値に反し、攻守に存在感を発揮する積極果敢なサイドバック。フィジカルを活かした守備はファウルのリスクもあるがハイレベル。
攻撃時にもパワーとスピードを活かしたドリブルでサイドを抉る。クロスはそれなり。
スタミナは数値程度だが、上下動の激しい選手なので時に不安が出る。

 No.327 MF エベル・バネガ (13・12・15・13・15・17=85)
 KP戦術:ハードプレッシング

活動的に中盤を動き回り、中盤での相手のボール保有を許さないダイナモ。広い守備範囲と確かな奪取力が魅力。
加えてこの手の白選手としてはビルドアップも標準以上。決定的パスは望めないが的確に繋いでくれる。
チャンスがあれば前線で決定機に絡む動きも見せ、スタミナも問題なし。

 No.332 FW ハビエル・アリスメンディ (15・8・15・15・15・16=84)
 KP戦術:サイドチャンスメイク

ダイアゴナルに走りながらボールを受ける異色のカットインも武器。持ち込んでのカットインも得意。
中に入る方が好きなようだが、粘り強いボールコントロールと力強さでサイドを切り裂くことも可能。
元々CFという決定力も上々。クロスの質もそこそこ良く、サイドの選手としてはスタミナも豊富。

 No.334 FW フェルナンド・モリエンテス (17・7・14・17・12・14=81)
 KP戦術:センターポスト

自身の決定力は若干疑問符。シュート力は十分ながら精度にやや難があり、枠外シュートがチラホラ目立つ。
空中戦の強さとKP時の積極的なポストプレーを主体に、味方の決定機を作る意欲は高い。落としの精度はそれなり。
裏への意識なども低く、足下にほしがる生粋のポストマン。スタミナは後半に辛さが出る。

 No.335 FW ダビド・ビージャ (19・7・17・13・18・16=90)
 KP戦術:ロングカウンター

キラに比べると若干スピードの低下は感じる。トラップがややぎこちなく、しかkり足元に納めたがる印象。
高い決定力、周囲を活かすパスセンスは健在。
数値上低い部類に入るが何故か競り合いに強さを感じ、数値上高いはずのスタミナは不思議と減りが早い印象。



 EXTRA DF エマニュエル・エブエ (13・11・13・14・19・16=86)
 KP戦術:カットイン

他のカードと大差なく、高速ドリブルを武器に暴れまわるサイドアタッカー。
若干守備貢献が低く球離れは悪く感じるが、突破力は上向いている印象。スタミナも好印象。

 EXTRA MF ジョン・オビ・ミケル (14・11・17・14・14・15=85)
 KP戦術:ワイドゲームメイク

数値の通り、06-07とスタイルの相違は殆どないが、若干守備に荒さが目立つようになったか。
反面高い位置で受けたときのアグレッシブさも僅かながら高まり、パスだけでなく自らドリブルを仕掛ける場面も。
前線に飛び出した際の決定力も十分。攻撃性を増した「恐るべき才能」

 EXTRA DF マレク・ヤンクロフスキ (13・12・14・15・16・15=85)
 KP戦術:サイドエリア支配

攻撃参加に積極的で、細かい上手さを織り交ぜたドリブルでサイドを切り裂く。クロスの精度も充分。
チャンスがあればカットインから自ら撃つ機会もある程だが、本職の守備もそつなくこなす。
オーバーラップが増えるとスタミナは不安ながら、攻守に存在感を発揮する左サイドバック。

 EXTRA FW マウロ・エスポージト (14・7・14・12・18・13=78)
 KP戦術:ラインブレイク

派手なフェイントはないが、抜群のスピードを全面に押し出した高速ドリブルと鋭利な切り替えしで相手を抜き去るスピードスター。
球離れの悪さは気になるが、時に不可解なほどの突破力でそれを帳消しに。クロスの質自体は悪くなく、カットインからの決定力も充分。
両サイドであまり遜色が無いのも強みだが、プレーが一本調子なのは気になる。守備意識は低くスタミナは数値より好印象。

 EXTRA DF ニコラス・ブルディッソ (9・17・11・17・14・13=81)
 KP戦術:マンマーク

あらゆる組み合わせでも相方を選ばず、センターでもサイドでも状況に応じた守備を見せる、最終ラインのマルチプレーヤー。
センターでは積極的なチェックと柔軟なカバーリングを織り交ぜた万能な対応を見せ、サイドではそれに加え直線的なドリブルを多様。
序盤は不安なスタミナも成長後は改善されるが、攻撃参加を多用するとやはり不安。ややファウルが多いか。

 EXTRA DF ネルソン・リバス (8・16・11・15・16・14=80)
 KP戦術:アンチスピードスター

俊足を活かして相手の懐に飛び込む意識の高い快足ストッパー。競り合いも強く、ストッピング能力は高い。
基本的に前に出る意識が強くカバーリングは上手くはないが、持ち前の身体能力で強引にこなしてしまう。
その守備スタイル故スタミナはやや不安ながら、特徴のハッキリした選手。

 EXTRA DF クリストフ・メッツェルダー (11・18・12・18・12・15=86)
 KP戦術:リベロディフェンス

スキルの示すとおり、状況に応じた柔軟な守備対応が光る万能センターバック。
相手に飛び込むタックルとカバーリングを的確に使い分ける。奪取力は高いが、時々スピード不足が目に付く。
自身の攻め上がりは多くないが、フィードセンスは感じる。スタミナも問題なく、守備のリーダーとして申し分なし。



 EXTRA DF ツネヤス・ミヤモト (9・17・12・12・13・15=78)
 KP戦術:ワイドカバーリング

カバーリング能力に特化したセンターバック。単体でのチェックは心許なく、競り負けも目立つ。
反面周囲をフォローする能力は屈指で、絶妙な身の運びと的確にボールだけを奪う守備で際立った存在感を示す。
パスに対する対応も上手く、丁寧なビルドアップも魅力。スタミナは数値よりやや不安ながら連戦に耐えうる。

 EXTRA MF マコト・ハセベ (13・11・15・13・15・16=83)
 KP戦術:ムービングパスワーク

後のカードに比べるとやや守備能力が低下している感はある。SB起用時もタックルの空振りが目立ち、適正は低いか。
反面、前に出てのパス出しや飛び出しに冴えを見せ、決定的なアシストを決めることも。
スタミナは若干不安もあるが、まだまだ優秀な部類。攻守にアグレッシブに動きチームを活性化させる。

 EXTRA MF ケイスケ・ホンダ (13・9・16・14・13・14=79)
 KP戦術:プレースキック重視

JTに比べフリーキック能力が抜けて高いわけではない。身体能力の低下は確実にあり、キープ力が大幅に低下。
軽やかなボールコントロールで相手をいなし、決定的なパスを狙うテクニシャン色が強い。
スタミナはこちらの方が良い印象。決定力も数値に比べれば充分の「ニュー・レフティモンスター」

 EXTRA FW タカユキ・モリモト (15・6・15・13・17・13=79)
 KP戦術:ダイレクトシュート重視

非常に成長依存度の高い選手。序盤は無謀に仕掛けすぐに競り負けシュートも精度を欠くが成長速度は速い。
成長後はスピードとテクニックを活かした突破と、裏へぬける動きに磨きをかけてゴールを陥れる「マレモート」。
球離れ、シュート精度も改善されるがそこそこ。スタミナは数値よりやや好印象ながらやはりフル出場は辛い。
スポンサーサイト
07-08 キラ
 WGK 1/5 ロジェリオ・セニ (13・18・14・17・9・10=81)
 KP戦術:GKゲームメイク

BANに比べると飛び出しの万能性がやや劣り、ビッグセーバー寄りになった印象。
FKもやや精度が落ちたのか、ポスト直撃が目立つ。GKなのでかなりの恐怖。
反面、フィードキックへ移行する速度、精度には向上が見られ、ピンチを一気にチャンスに変える変り種GK。

 WGK 2/5 エドウィン・ファン・デル・サール (10・19・15・17・12・11=84)
 KP戦術:GKファストフィード

スピードが過去最高タイながら、飛び出しはさほど機敏には感じない。それでも出先での挙動は上手い。
その他の能力高いレベルで安定している。またPK戦にも強さを発揮。

 WGK 3/5 ドニ (7・19・11・18・12・12=79)
 KP戦術:シュートセービング

キーパーとして特別際だった長所はないものの、シュートの反応は平均点よりは高い。
飛び出しの出足も速く、ハイボールでもグランダーでも的確に処理。
PK戦も鉄壁ではないが及第点は上回る。全てに置いて欠けることなくハイレベルで保った守護神。

 WGK 5/5 イケル・カシージャス (8・20・12・15・16・13=84)
 KP戦術:降臨

迅速な飛び出しと強烈なビッグセーブを連発する守護神。特にノっている時には全てのシュートを防ぐ勢い。PK戦にも強い。
やや調子にムラがある感があるのと、ハイボールグランダー問わずクロスの処理に若干の難がある。



 WDF 1/5 ウィリアム・ガラ (11・18・12・19・15・16=91)
 KP戦術:ディレイディフェンス

柔軟さも持ち合わせているが、基本的には積極的に相手の懐に飛び込むストッパー。
相手の目の前に立ちはだかってのシュートブロックは非常に成功率が高く、GKの出番を確実に減らす。
時に後方からドリブルで攻め上がる怒涛の攻撃参加をすることも。DFとしては動く方ながらスタミナは不安なし。

 WDF 2/5 フィリップ・メシェ (10・19・14・18・14・15=90)
 KP戦術:バイタルエリアプレス

積極的なコンタクトの中に冷静さを兼ね備え、時には味方のカバーリングも完璧にこなす万能なセンターバック。
時に積極性が裏目に出ることもあるが、懐に飛び込みボールのみを奪うタックルは絶品。
抜かれた相手にも食らいつきファウルを犯す事もあるが基本的にはクリーン。
ポジション修正も秀逸。パスコースに入るタイミングにも長け、繋ぎも的確。スタミナも取り立てた不安はない。

 WDF 3/5 クリスティアン・キブ (12・18・16・16・15・15=92)
 KP戦術:ロングパス重視

高い積極性で相手の懐に飛び込み、ファウルすることなくボールを奪う技巧的なタックルが魅力。
前に出たがるがカバーの意識もそれなりに高く、センターバックとしては高い機動性で攻撃を遮断。
KP設定時には自陣ゴール前から相手ゴール前へ届く精確なロングフィードもあり、FKからのゴールも期待出来る。
サイドバックでも高精度のキックは活きる。中盤底でも守備とパスで大いに活躍するが、全体的にスタミナが不安。

 WDF 5/5 セルヒオ・ラモス (12・16・12・18・16・18=92)
 KP戦術:ディフェンスダイナモ

高いフィジカルを活かしたコンタクトと運動量を武器に攻守に多大な貢献をするバトルディフェンダー。
SBでもCBでも、やや積極的ながらボールを奪いに出るタイミングは良い。戻りながらの守備も抜群。
サイドでのオーバーラップはやや機を見ているが、パワフルなドリブルで相手サイドを突き破る。
カバーリングが上手いわけではないが、運動量と強引なボール奪取で広大な守備範囲のフォローを可能にしている。



 WMF 1/5 フランセスク・ファブレガス (16・11・19・13・15・16=90)
 KP戦術:ムービングパスワーク

CRAに比べオフザボールの動きが非常に激しく、パスの出し手と受け手の役割を常に入れ替えて動く。
その分自ら決定機に絡む事は増えたが、守備面ではポジションを開けてしまう事が目立つ。
運動量が増えスタミナ面での不安は増えた。守備の負担を減らし攻撃面で多大な貢献をさせたい。

 WMF 3/5 スティーブン・ジェラード (17・12・16・18・15・17=95)
 KP戦術:ダイレクトプレイ

球離れの良さで中盤から攻撃を加速させるプレーメーカーの印象。ジェラードの中では守備の信頼度が高く感じる。
反面、持ち込んだり攻め上がる機会は減り、自ら決定的な仕事をこなすことは少ない。決定力もやや下がったか。
その分時に広く、時に決定的にボールを届けるパスセンスと、90分チームに貢献できるスタミナは頼もしい。

 WMF 4/5 ダニエレ・デ・ロッシ (13・15・15・16・16・17=92)
 DKP:個人守備重視

守備範囲広く中盤を走り回り、献身的に相手を追いかける。強烈なタックルに加えパスカットのセンスも高い。
ゲームメーカーとしての意識も高く、低い位置から持ち上がってのパスで攻撃陣を操る能力も備えている。
フィジカル的に穴は何もなく、チームの心臓として常に鼓動を続ける。

 WMF 5/5 シャビ (16・11・19・13・15・17=91)
 KP戦術:ワイドゲームメイク

数値ほどのスピードを感じないが、低い位置でのボールキープに長けている。敵のプレスをいなし味方のポジション取りを待つ。
そこから広い視野で味方を探し、距離を苦にしない高精度のパスで攻撃の手綱を操る「チームの潤滑油」
数値に比べ守備も献身的。スタミナも問題なく、後方から攻撃に高い存在感を示す。



 WWF 1/5 ジョー・コール (16・9・18・12・18・16=89)
 KP戦術:ウィンガードリブル

サイドの選手としては異例とも言える多彩さでさまざまな局面に絡んでくるチャンスメーカー。
ドリブルは速く巧いだけでなく、相手DFが仕掛けた逆を取る狡猾なコース取りで守備陣を手玉に取る。
ドリブルの中で繰り出す絶妙なアシストを出す判断、パス精度共に素晴らしく、開いてのクロスも絶妙。
中央にスペースがあればスピードを上げながら中に切れ込み精度の高いフィニッシュを見舞う。

 WWF 2/5 ディルク・カイト (17・9・14・17・14・19=90)
 KP戦術:チェイシング

HOSに比べるとドリブルが増え、時折シザースフェイントなども見られるように。それでも基本はチームプレイ。
ドリブルは無理せずサイド等スペースを突き、それでも突破に固執せずショートパスを絶好のポジションの味方に通す。
相変わらず自身の決定力も数値に比べ遥かに優秀。ドリブルが増えスタミナも少し減りやすくなったが、全く問題なし。

 WWF 4/5 マンシーニ (16・9・17・15・18・17=92)
 KP戦術:カットイン

多彩なフェイントと急激な加速でDFを手玉に取り、KP未設定時もゴールを目指す意識の強いサイドのストライカー。
少々の接触なら強引にドリブルを続ける粘り強さも備え、球離れは悪いが浅い位置からのショートクロスも高精度。
決定力は序盤こそ枠外が目立つも、徐々に解消。開く事は少ないがクロスもそれなりに良い。
スタミナは数値に比べるとやや不安ながら、ドリブラーとしては優秀。CF時には鋭い飛び出しも。



 WFW 1/5 エマニュエル・アデバヨール (19・6・14・17・17・15=88)
 KP戦術:ペナルティエリア支配

非常に成長依存度が高く、序盤は散漫なトラップと無謀な突進が目立つ。しかし成長後はボックスストライカーとして活躍。
パスに対して豪快にエリア内に飛び込みダイレクトで沈める。クロスターゲットとしても優秀。
突破力はそれなりでポストは少ないが、気まぐれに周囲を活かす動きも。スタミナは標準的か。

 WFW 2/5 フェルナンド・トーレス (19・4・17・17・19・15=91)
 KP戦術:ゴールハンティング

後のトーレスに比べドリブルに力強さを感じ、加えて速さと巧さも加わり、一人でこじ開ける突破力を持っている。
が、前を向けばパスの意識もそれなりにあり、決定的なパスを通す事も。裏へ抜けるより足元へ欲する事が多い。
クロスなどに対するポジショニングはやや見劣る感がある。ドリブルが増えるためスタミナも若干不安。

 WFW 3/5 クリスティアーノ・ロナウド (20・4・19・17・19・15=94)
 KP戦術:降臨

WMVPに比べ最前線にポジションを取りたがる傾向にある。よりゴールに近い位置でのプレイを好むか。
球離れが少し悪くなり、スペースを意識している感はあるがゴールへ直行したがる傾向も感じる。
最高峰のドリブルと決定力、無回転FKは健在。スタミナはほぼ変わらず。

 WFW 5/5 クラス・ヤン・フンテラール (19・5・16・18・15・16=89)
 KP戦術:ペナルティエリア支配

身体的な強さと狡猾さ、状況を選ばない決定力の高さでゴールを積み上げる「オランダの若き大砲」
ドリブルは直線的でポストの意識もさほど高くないが、ポジショニングの良さでボールを呼び込み一撃で仕留める。
空中戦にも強くダイレクトボレーもお手の物。パワフルな突破も望めなくはないが待った方が怖さが出る。
動きに幅は無いが、その分スタミナの問題は無く、90分常にゴールチャンスをうかがう。



 CRA 1/5 カルロス・テベス (19・6・18・16・17・16=92)
 KP戦術:ゴールスピリッツ

ドリブルは速さ、強引さ、巧さを兼ね備えており、独力で状況を打開することも少なくない。
基本的に動いてボールを受けたがるが裏への飛び出しも鋭く、ルーズボールに喰らいつく貪欲さも持っている。
浅い位置では味方へのアシストを送る器用さと寛大さも備え、自身も高い決定力でパスに答える。
スタミナは数値に比べると若干不安を感じるが広く貢献している証拠。頼れる「ニュー・カントナ」

 CRA 2/5 フランチェスコ・トッティ (18・7・19・18・15・15=92)
 KP戦術:セカンドポスト

既存のトッティに比べ、突破力、決定力は若干下がった。とはいえまだまだ一流の部類。
球離れが良くなり、広い視野も手伝ってワイドに精確なパスを供給。トップ下のパサーといった感じか。
反面スタミナの不安は拭えないが、パサーとしてならあまり気にすることもないか。

 CRA 3/4 ズラタン・イブラヒモビッチ (18・6・19・20・15・16=94)
 KP戦術:パワーボールキープ

パワー20故か、キープ力が非常に高い。特に背後からタックルに来た相手には滅法強く、易々とボールに触らせない。
スピードは落ちたが懐の深いドリブルで攻撃を牽引。パスセンスも高く意外な長距離砲も持っている。スタミナは最も好印象。
ただ、クロスに合わせるセンスは若干落ちている感がある。前線で待つよりも、ボールを持ってこそ真価を発揮するカード。

 CRA 4/5 アレッサンドロ・デル・ピエロ (20・7・19・13・14・15=88)
 KP戦術:ファンタジーア

スタイル的にはITに近いが、ドリブルがITに比べスピードが遅くなり、テクニック色がより強くなった。
基本的なシュート力は従来のデル・ピエロと大差は無いものの、状況に応じて両足からパスのような多彩なシュートを放つ。
絶妙なアシストも健在で、遠目からのシュートは威力と精度を兼ねている。スタミナはITに比べ若干持つように感じる。

 CRA 5/5 ロビーニョ (17・7・19・11・18・15=87)
 KP戦術:ファンタジーア

WWFの弱点をかなり克服。特にスタミナ面は顕著で、蓄積疲労の貯まりもかなり軽減された。
ドリブルフェイントはより多彩に強烈に。球離れもかなり改善され、時折無謀な突破はあるがタイミング良く決めるアシストも目立つ。
周囲を活かす動きを覚えつつ最高峰のドリブルショーで敵陣を切り裂く。自身の決定力も上々。



 YGS 1/5 アンデルソン (12・14・17・13・15・16=87)
 KP戦術:ディフェンシブセントラル

競り合いの弱さはたまに気になるが、献身的かつ積極的な動きと上手く足を伸ばすタックルで中盤を走破するアンカー。
「ロナウジーニョ2世」の実況が示すとおり、他の汗かき屋に比べ攻撃センスが非常に高いのが特徴。
小気味良い繋ぎもあるが、スペースがあれば迅速な持ち上がりから決定的なパスを通すこともしばしば。
テクニックの高さがキープ力に活きており、攻守両面で中盤を支配できる。連戦するとスタミナがやや不安なのが残念。

 YGS 3/5 パト (18・4・17・13・19・13=83)
 KP戦術:ラインブレイク

白に比べスピードは上がったが、ドリブルのスピードはむしろ下がったように感じる。パスの意識もやや下がったか。
反面ストライカーとしての意識は高まり、前線に張り付きながらフリーになる動きで裏を狙う。
オフザボールの動きが増えたせいか、スタミナはこちらの方がやや不安か。

 YGS 5/5 エベル・バネガ (14・12・15・13・15・17=86)
 KP戦術:ムービングパスワーク

白に比べ、時折守備時に散漫な動きがみられる。一人で中盤守備を任せるには心もとない。
それを補い攻撃センスが大きく上昇。キープ力を活かした持ち上がりから決定的なパスを狙える。
低い位置からの繋ぎにも成長がみられ、大きく展開するロングパスも装備。前線への飛び出しも増し、強烈なシュートを見舞える。
前への貢献度が大きく増加したが、スタミナは相変わらず優秀。カバーできる相棒を据えれば、攻守に多大な貢献が期待できる。



 BAN 1/5 ファン・ロマン・リケルメ (18・2・20・17・11・14=82)
 KP戦術:ゲームメイク

比較的自ら前に仕掛ける意識の高いリケルメ。ルーレットなど華のあるフェイントで、自らラストパスのコースを開拓。
抜群のキープ力は健在で、DFが前に出てきた隙を見逃さず「後は決めるだけ」というアシストを量産する。
数値の割に守備貢献もそこそこあるが、スタミナはやや不安で連戦すると辛い。

 BAN 2/5 ライアン・ギグス (16・10・18・13・16・15=88)
 KP戦術:ファイティングスピリッツ

今までのギグスに比べスピードの低下は否めないが、その分切り返しで逆を突く熟練のドリブルを見せる。
また中央に入ってパスを送り込むなどサイドからのゲームメイクをこなすようになり、豊富なパターンを持つアタッカーに。
守備意欲も高まり、センターハーフとしても充分。決定力も高く、実況は以前のキラと違い「ジャックナイフ」

 BAN 4/5 オリバー・カーン (7・19・10・19・10・9=74)
 KP戦術:オーガナイズドディフェンス

LEに比べるとやや劣る感はあるが、まだまだビッグセーバーとして高い能力を維持。
PKはこちらの方がよりストップ率が高いように感じる。KP設定してなくとも、コーチングスキルをやや実感できる。

 BAN 5/5 ラウール・ゴンザレス (19・10・17・13・15・17=91)
 KP戦術:フォアザチーム

速さはそこそこながら技巧的なドリブルと、味方の決定機を見逃さないパスに確かなテクニックを感じる。パスの視野も広い。
前線からの守備貢献も充分だが、献身的に動く中でチャンス時には絶好のポジショニングも魅せる。飛び出しもハイレベル。
シュート力はやや低いが精度はトップクラス。十分なはずのスタミナがやや不安に感じる程、前線を動き回る「スペインの至宝」



 ATLE ディノ・ゾフ
 KP戦術:フォアザチーム

飛び出しの速さは並ながら、的確にコースを切る寄せ方をし、間に合わずともオーラを放っているかのようにシュートが枠外に逸れることが多い。
引いてのビッグセーブも素晴らしく、厳しいコースのシュートもギリギリで弾き出す技術は圧巻。
フィードキックは特筆するところを感じないが、PK戦にもなかなかの強さを発揮。

 ATLE アンドレアス・ブレーメ
 KP戦術:クロス重視

「精密機械」の特殊実況が示すとおり、状況に応じて多様、且つ高精度のクロスを使い分けるサイドバック。
非常に攻撃的で、サイドアタック時にはまず攻め上がる。突破力もあるが、切れ込んでの決定力も高い。
中に絞っての決定的なパスも出せ、両足を遜色なく使い分け両サイドをこなせる。現実ではPKキッカーとして有名。
自身の守備力はあまり高くなく、攻め上がる事も多いため隣を預ける選手は重要。上下動が増えると終盤バテる。

 ATLE ダニエル・パサレラ
 KP戦術:パワーディフェンス

小柄ながら素晴らしい身体能力を要し、積極的なチャージで縦横無尽に攻撃をシャットアウトする果敢なストッパー。
抜かれても素早く追いつきファウルを取られにくいタックルをするが、窮地にはカードを貰うスライディングも辞さない。
空中戦も身長に比べれば安定しており、カバーに入ることは少ないが下手ではない。スタミナも問題なく連戦をこなせる。
攻撃意欲も高くドリブルで上がるなどもあり、中盤底でも的確な繋ぎを披露。クレバーな相棒を据えるとまさに鉄壁。

 ATLE ピエール・リトバルスキー
 KP戦術:ドリブル突破

構えた相手はフェイントで、追いすがる相手はスピードで、抜群の突破力で敵陣を切り裂く「ドリブラルスキー」
パス能力も高く、サイドから多様で高精度のクロスと、中に絞っての決定的なパスも得意。
90分突破を繰り返せるスタミナも魅力で、よほど酷使しなければバテない。守備意欲も高く、前線からのプレスも効果的。
ミドルレンジの決定力は今ひとつながら、エリア内に入り込めば確実に仕留める。

 ATLE ローター・マテウス
 KP戦術:ファイティングスピリッツ

激しい動きでボールを奪い取るタックラーと、パスを幅広く散らすプレイメーカーとして低い位置でチームを支配。
攻め上がる意識も高く、CHとしては高いドリブル能力で前線を揺らし、マークがずれた味方に通すラストパスも上々。
強烈なミドルも持っており、スタミナも問題ない。高い守備力で最終ラインでも機能する「ドイツの闘将」

 ATLE ドラカン・ストイコビッチ
 KP戦術:ファンタジーア

FWの足元に送るパスが基本だが、スペースへのグランダーやフライスルー等、バリエーションと精度は素晴らしい。
その精度はシュートにも表れ、自身で持ち込むだけでなくクロス等の浮き球も確実にゴールに叩き込む。
フィジカル不足でドリブルは長距離を望めるものではないが、ふとしたターンや切り替えしでキープ力は抜群。
強さ、速さは並程度でスタミナも微妙だが、球離れの良いスタイルで前線を支配する「東欧のマラドーナ」

 ATLE マルコ・タルデッリ
 KP戦術:ファイティングスピリッツ

攻撃も守備も超積極的。自陣バイタルエリアから相手バイタルエリアまで顔を出すスーパーダイナモ。
果敢なプレッシングでことごとくボールを刈り取る。奪った後はドリブルがやや多く、パスは平均を超えるレベル。
フリーで駆け上がる事も多く、相手DFに奪われたボールを奪い返すこともしばしば。ミドルシュートも合格点。
攻撃の質は平均的ながら、それも一流に見せる抜群の運動量は終盤衰えることもなく、常にチームを活性化させてくれる存在。

 ATLE クニシゲ・カマモト
 KP戦術:シュート重視

位置、左右問わず抜群の決定力が魅力。上背以上空中戦にも強く、多彩なパターンに対応する「日本最高のストライカー」
パワーを駆使した豪胆な突破で敵陣をこじ開けることもあるが、巧みなポジショニングでボールを待つ方が得意。
周囲を使う意識もそこそこあるが、やはり決めてナンボ。スタミナは心許なく連戦フル出場は厳しい。

 ATLE ヤスヒコ・オクデラ
 KP戦術:フォアザチーム

登録はFWながら、攻守にマルチな才能を発揮。最前線から最終ラインまでこなす「東洋のコンピューター」
個の能力としてはテクニック、スピードが目立つ。技巧的なドリブルで攻撃に加わる。決定力も不満はない。
献身的な守備も見逃せず、サイドバックでもボランチでも本職さながらにこなす。スタミナは長期連戦すると辛い。

 ATLE パオロ・ロッシ
 KP戦術:ゴールハンティング

FWとしては非常にひ弱。スタミナも微妙だが、その他多くの長所でその欠点を感じさせない「黄金の子」
スピードはパワーに比べればマシだがやはり並。しかし高いのテクニックとスペースを盗むドリブルで果敢に突破。
低い位置では高いパスセンスを発揮し、多種類のスルーパスで決定期を生む力もある。
決定力は非常に高く、持ち込んでも待ってもそのシュート精度は落ちない。ポジショニング、飛び出しも優秀。



 WMVP カカ (20・8・19・15・19・17=98)
 KP戦術:フィールド支配

テクニックは高いが大げさなフェイントは少ない。しかし鋭利な切り返しと完璧なコース取りで強烈なドリブル突破を披露。
その強烈な武器を繰り出しながら球離れが非常に良く、必中のアシストを味方に送り届ける。前線守備も献身的。
自身の決定力も最高峰で強烈なミドルも持っている。それでいてスタミナに殆ど不安を感じない。



 KING OF LEGENDS ボビー・チャールトン
 KP戦術:ミドルシュート重視

驚異的な左足のシュートは距離を苦にしない。DFを抜かずともゴールを生み出す強烈な武器。右足もそれなりに強力。
ドリブル能力はそれなりだがチャンスメイク能力は高く、高精度のパスを次々に送り込む。決定的なパスも得意。
飛び出し等は並でセカンドトップやトップ下がベストか。スタミナは並以上ながら連戦すると若干辛い。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。