草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02-03 白黒
 No.001 GK マッシモ・タイービ (6・16・8・16・9・10=65)
 KP戦術:GK攻撃参加

土壇場のビッグセーブは白としてそこそこ多いほうで、キャッチングこそ少ないものの体を張ったブロックが持ち味。
飛び出しはやや遅めで、時折ミスもあるが平均点といったところ。ハイボールは的確に処理する。

 No.004 DF パオロ・フォーリオ (9・13・13・12・14・14=75)
 KP戦術:フォアザチーム

特筆する長所は無いものの、守備的なサイドバックとして堅実なプレーが信条の黒子的選手。
対峙しての1対1は無理の効くタイプではないが、ミス無くチェックに行きサイドアタックを防ぐ。
状況に応じた中央のカバーも難なくこなす。攻撃時のドリブルやクロスは並ながら、不用意な攻撃参加は皆無。

 No.005 DF チェザーレ・ナターリ (8・14・11・17・12・14=76)
ディフェンス値の低さを感じさせない、高い守備対応能力を見せるストッパー。
前に出たがる傾向にあるが、横のカバーリングも柔軟にこなす。空中戦も紹介文スキル通りだが位置取りに若干不安。
ビルドアップはやや雑で前に繋げるのに時間がかかることも。

 No.006 DF ルイジ・サーラ (7・15・11・15・10・12=70)
 KP戦術:アンチハイタワー

特別に目立った長所は無いが、全ての能力をバランスよく備えた万能センターバック。
基本的にクレバーで自ら前に出ることはせず、落ち着いたカバーリングとクロス処理で守備に安定感をもたらす。
単体でのストッピングもまずまず上手く、不安なのはスタミナとやや雑な繋ぎか。

 No.007 MF ダニエレ・ベッレッタ (12・12・15・10・13・15=77)
 KP戦術:ワイドゲームメイク

スキルフルでありながら効果的なフリーランも備えたセンターハーフ。積極的な飛び出しで攻撃に厚みを加える。
球離れも良い部類で、低い位置からシンプルながらも成功率の高いパスを選択している感がある。
守備は標準レベルである程度の信頼は置ける。スタミナも問題なく、後方から攻撃を操る陰の司令塔兼アタッカー。

 No.012 MF ルチアーノ・ザウリ (13・13・15・12・14・15=82)
 KP戦術:フォアザチーム

01-02に比べドリブルの能力が若干下がり、ショートパスが主体のスタイルに変更。
代わりに守備の献身性が増し、中盤底なども安心して任せられるようになった。
スタミナは相変わらず若干不安ながら、チームの穴を確実に埋められる選手。

 No.014 FW ジャンニ・コマンディーニ (15・8・13・14・14・13=77)
 KP戦術:シュート重視

FWとしては決定力に不安があり、エリア付近での動きの単調さもやや問題。安易に仕掛けて失うことが多い。
反面ポストプレーに秀で、1タッチ2タッチで確実に味方に落とす。アシスト能力は武器として認識できる。
スタミナはやや不安だが、1トップよりは2トップで多様な能力を生かしたい。

 No.016 FW ファウスト・ロッシーニ (16・6・14・16・12・13=77)
 KP戦術:パワーボールキープ

高いパワーを活かした空中戦、シュート力、ボールキープでゴールを生み出すストライカー。シュート力はそこそこ良い。
ポストプレーも適度にこなし、一芸の武器を幅広く活かす。ドリブルもスピードは並ながら粘り腰は強い。
スタミナは数値よりは良い印象ながら後半に辛さが出てくる。



 No.017 GK ジャンルカ・パリゥーカ (5・18・7・17・8・8=63)
01-02から白にダウン。数値もダウンしたものの、劣化した印象はなく変わらず頼れる守護神。
経験が貯まるまで散漫なものの、成長スピードは早く我慢の期間は短い。

 No.018 DF マルセロ・カステッリーニ (7・17・11・16・11・12=74)
数値の割に機敏。タックル能力は高く、キッチリ対峙すれば相手が誰であれほぼ抑えられる。
ストッパーながら冷静で、カバーリングもこなす。ポジションを守りラインに穴を空けずに攻撃を止める。
数値以上の活躍が見込める、隠れ名手。

 No.019 DF ジュリオ・ファルコーネ (6・17・10・13・12・12=70)
01-02に比べPOWアップSTAダウン。しかしそれほど変化はない。
今スキルの的確なタックルと前スキルの幅広いカバーリングでフィジカル面をフォロー。クレバーなDF。
弱点も変わらず、フィジカル勝負になると辛い。間を空け、自分の間合いに引き込みたい。

 No.020 DF ミチェーレ・パラマッティ (10・15・10・15・14・14=78)
 KP戦術:パワーディフェンス

スキルの通り、欠点のない身体能力から繰り出す俊敏なタックルで相手の出足を封じるストッパー。サイドから中央へ絞る判断も良い。
カバーリングはそれなりながら、サイドでもセンターでも同じように機能する。スタミナは数値よりやや好印象。
SB時にはオーバーラップも見せるが、ドリブルや繋ぎのパスは平凡。空中戦にもやや脆さがある。

 No.021 DF パオロ・ヴァノーリ (11・13・12・14・14・13=77)
 KP戦術:オーバーラップ

01-02に比べ攻撃時の存在感が大幅アップ。ドリブルのキレが鋭くなり、ミドルパスも冴える。
あまりチャンスは無いが意外とシュート力もありミドルを狙っても良い。
反面スタミナ値は低下し攻撃的になったということで、スタミナはやはり不安。

 No.022 DF クリスティアン・ザッカルド (11・14・15・12・15・14=81)
守備的な右サイドバックとして非常に優れた逸材。高いスピードと技術で迅速に寄せてボールを絡め取る。
自らの攻め上がりは多くはないがスキルのフィードセンスは確かなもので低い位置から一気にワイドにボールを届ける。
中への絞りも巧いが、大きな不安は競り合いの弱さ。巧く守備をするのだが当たられると脆い。

 No.023 DF マルコ・ザンキ (8・17・11・15・14・14=79)
積極性の中に柔軟性を備えた、紹介文通りのリベロ。タックルもインターセプトも巧く、攻め手に柔軟に対応。
基本的に自ら当たりに行くスタイル。守備範囲はかなり広く、中盤に顔を出してボール奪取することも。
数値に似合わずフィードも上々。人にもボールにも強いが、よく動くため相方を選ぶ。

 No.025 MF レオナルド・コルッチ (13・14・14・14・13・13・14=81)
 KP戦術:パワーディフェンス

守備は範囲も広くチェックも的確。中盤の汗かき役として十分効果的な動きをしてくれる。
パスはショート主体で地味ながら堅実に繋ぎ役をこなすが、時に後方からドリブルでチャンスを作ることも。
その幅広い動きにスタミナがついてこない感があるが、攻守に欠けるもののない万能センターハーフ。

 No.026 MF トマス・ロカテッリ (16・8・19・7・13・11=74)
不調時と好調時で別人になる、調子依存度の非常に高い選手。
好調時には当らず曲線的なドリブルと正確無比な長短のパスでチャンスメイク。
決定力も充分備えている。トップ下だと若干球離れが悪いのでスペースを持たせるかサイドでの起用を勧める。
反面不調時には殆ど存在を感じられない。競り合いとスタミナは数値通りのものしか無く、プレイスキックも並。

 No.028 MF レナト・オリーヴェ (11・12・10・13・13・17=76)
 KP戦術:マリーシア

中盤を横に幅広くカバーする献身的な動きで中盤を引き締め、奪ったボールは素早く的確に味方に繋げる。
ベースは守備的ながら攻撃参加の頻度もそれなりにあり、果敢なオーバーラップで決定機に絡む事も。
時折守備時のフィジカル不足が目につくが、幅広い動きでチームに貢献する仕事人。

 No.031 FW フリオ・クルス (17・8・15・16・13・14=83)
確かな決定力を備えた柔軟性のあるFW。
突破は並ながら位置取りは良い。回りに落とす意識を持ちつつ、自ら持ち込む強引な面も。
05-06で総合値は強化されたが、こちらの方が自ら仕掛ける意識がある。

 No.032 FW ジュゼッペ・シニョーリ (18・6・18・14・15・11=82)
01-02がストライカーならこちらはセカンドトップ。球離れが良くなり、抜群の精度を誇るラストパスを供給。
自身の決定力も衰えてないが、欠点もさほど変わらず左足依存、逆足精度、スタミナ不足。



 No.034 DF ダリオ・ダイネッリ (7・15・10・15・13・15=75)
攻めてきた相手に躊躇無くチェックに行く典型的なストッパー。
自身のオーバーラップはなく、最終ラインに近づいてきた敵にもれなくタックルに行く。
奪取力はなかなかだが、動き回るタイプなので相棒はカバーリングを。

 No.035 DF ヒルベルト・マルティネス (9・16・12・13・17・15=82)
攻撃参加をしないサイドのストッパー、と思われがちだが本職はセンターバック。
カバーリングの範囲はトップクラスと言える。高い位置や逆サイドのスペースに顔を出すこともある。
1対1もそれなりに強く守備的サイドとしても優秀ながら、テクニカルな揺さぶりにやや弱いか。競り合う事も苦手。

 No.036 DF ファビオ・ペトルッツィ (7・16・10・14・13・14=74)
印象の薄い選手。裏返せばDFの仕事を地味ながら確実にこなす選手。
タイミングを見てタックルに行ったり抜かれた味方をフォローするのに長ける冷静なタイプ。
安定感という地味ながら信頼出来る武器で貢献出来る。

 No.037 DF マルクス・ショップ (13・10・16・13・15・13=80)
サイドバックとしての守備対応はやや軽い。
が、特殊実況「アルプスのベッカム」の示すとおり、その武器は展開を彩るロングパス。
前線のサイドへスルーパスを通し、センターの選手へアーリークロスを送る、最終ラインのレジスタ。高めでも機能する。

 No.038 DF アンソニー・シェリッチ (14・13・15・12・14・15=83)
サイドバックとしての守備対応はそつが無く、及第点を出せる守備力。
時折オーバーラップも仕掛け、直線的なドリブルとクロスで攻撃参加。
悪く言えば特徴無く普通、良く言えば攻守をよく見るバランサー。そんなサイドバック。

 No.040 MF ステファン・アッピア (14・12・14・16・15・17=88)
今更説明不要の超優良白。奪取力バツグンの激しいタックル、強力なシュート。文句のつけよう無し。
経験が貯まれば中盤ならどこでもそこそここなす便利屋でもある。
あえて欠点を上げるならパス出し時の視野が並。低めで起用時は展開力には期待できない。希に守備時にボーっとすることも。

 No.041 MF ヨナタン・バキーニ (14・11・14・10・17・15=81)
フィニッシュよりチャンスメイクが好きなサイドアタッカー。
当られると脆いものの、スピードある正確なドリブルからクロスを放てる。
スタメンもいける実力ながら、両サイドをこなせるのでベンチに置いても何かと便利。

 No.042 MF アントニオ・フィリッピーニ (13・12・12・12・15・16=80)
 KP戦術:オフェンスダイナモ

特筆する個人技があるわけではないものの、中盤の全てのポジションと両サイドバックをこなせるマルチな選手。
派手さはないが数値より粘り強いドリブルと堅実なパス、どこまでも追い回す守備意識で幅広く貢献。
スタミナも充分で、どんなチームにも居場所がある。意外な決定力もあるがシュートレンジは狭い。

 No.043 MF ロベルト・グァーナ (12・11・14・11・13・14=75)
 KP戦術:ワイドゲームメイク

驚きのパスが期待できるほどではないが、広角に散らすパスでチームの手綱を操るレジスタ。
フィジカル不足で守備力にはやや疑問符がつくが、動きは献身的でインターセプトなど当たらない守備でこなす。
スタミナは連戦するとやや辛いものの、数値に比べれば好印象。低い位置で影にチームを支える。

 No.044 MF フランセリノ・マツザレム (14・13・17・13・14・15=86)
 KP戦術:ロングスルーパス重視

パワーが心許ないものの、当らない守備で中盤の底を意外な献身性で動き回る。
攻撃時の攻め上がりも果敢で、高い位置でボールを持てば決定的なパスを狙う。低い位置では広い視野でボールを展開。
01-02に比べスタミナ値は上がったが、スタイルの変化故かむしろこちらのほうが辛く感じる。

 No.047 FW イリ・ターレ (15・6・9・19・11・11=71)
良くも悪くも、テクニックが無くパワー一辺倒なFW。
トラップが下手でなかなか懐に収められないが、パワーを全面に出した突破は時にキラDFも易々吹き飛ばす。
シュート力は全選手中でもトップクラス。上手く使えば大化けするFW。

 No.048 FW FW ルカ・トニ (16・7・14・17・12・12=78)
経験が貯まるまでは恐ろしく動きが悪い。貯まってからが本領発揮。
裏への飛び出しは少なく、懐に収めてからが勝負。なぎ倒すドリブルを披露。空中戦もめっぽう強い。
パワーはあるのでDFを吹っ飛ばす事もしばしば。ポストプレーもたまにこなす。スタミナが弱点。



 No.051 DF ロレンツォ・ダンナ (8・18・12・14・13・13=78)
フィジカルが低いが、上手く当ってスルリと奪うタックルはそれを補い有り余る。
カバー、奪取共に難なくこなし、スキル通りのラインコントロールも○。
さすがにトップクラスのFWと1対1では心許ないものの、白としては十二分。

 No.052 DF サルヴァトーレ・ランナ (12・13・12・11・16・15=79)
サイドバックとしての守備能力は高い。対峙しての守備に加え中央への対処も迅速。足が速いのが良い。
反面スキルの飛び出しはそれほど多くはなく、効果自体もそれほど高くは感じなかった。
逆を言えばリスクが少なくサポート出来るので安定感はある。

 No.053 DF ニコラ・レグロッターリエ (11・17・14・16・15・14=87)
 KP戦術:カバーリング

カバーリングに優れ、的確なポジション修正で味方のミスを消す動きが秀逸。
巧みなウェイトでゴール前に壁を敷くが、状況に応じた前に出てのタックルやパスカットも巧い。
ボールの繋ぎもミスが無く安定している。スタミナに若干の不安があるが弱点の少ない守護者。

 No.054 DF ファビオ・モーロ (10・15・12・13・14・14=78)
 KP戦術:バランサーポジショニング

堅実なサイドバック。無理の効くタイプではないが、技術的戦術的ミスは殆ど無い。
アタッカーに対しタイミングの良いタックルで奪取を試み、中央へ絞る柔軟性と判断も良い。
攻撃参加は数値に比べるとやや多く感じるが、上がった先でも確実に前線に繋げる。スタミナは数値より良い印象。

 No.055 MF ダニエル・アンデション (12・12・13・13・11・14=75)
守備範囲の広さと献身性は評価出来るものの、奪取力はやや疑問視。フィジカル不足が響き、競り負けが目立つ。
反面ビルドアップは好感触。地味な繋ぎと広角な散らしを基本に、時折見せる縦への一本も効果的。
テクニシャンとは言えないが、その分シンプルな捌きで攻撃の起点になるレジスタ。スタミナは微妙。

 No.056 MF エウジェニオ・コリーニ (15・13・17・12・13・15=85)
 KP戦術:ダイレクトプレイ

01-02白、AEに比べ守備範囲の狭さや献身性の低さが目立つよう感じる。中盤底を任せるにはやや心許ない。
パスセンスやプレイスキックなど攻撃面はAEとそれほど遜色ない。守備負担を減らし、上手くボールを預ければ仕事はしてくれる。

 No.059 MF ニコラ・ラゼティッチ (13・12・15・10・16・14=80)
 KP戦術:ボールキープ

スキルのトリッキードリブルは数値からは想像も付かないほど一級DFに通用する。
競り合いに非常に弱く、それほど速くもないが球離れは良く、単純な突破より一工夫したほうが輝きを増す。
クロスは速さこそ並ながら確実に味方に届く精度。DF手前でかき回させる浅めのサイドハーフか。

 No.060 MF シモーネ・ペロッタ (13・14・12・16・15・18=88)
05-06に比べ前線へ顔を出す機会が減り、担当は専らライン前でのハードタックル。
タックルは正確で強烈ながら、一発で取りに行くスタイルでしつこさに欠ける。高い位置でのプレスも苦手。
奪った後の繋ぎも地味で、決定力も05-06に比べ一歩劣る。やや攻撃的なクラッシャーという印象。

 No.061 FW オリヴァー・ビアホフ (17・5・14・19・9・10=74)
 KP戦術:ハイタワー

成長までは、走れない動けない決められないとかなり辛い存在ながら、最終的には強烈な存在感を示すスーパーサブ。
飛び出しなどは今ひとつながら、補って余りあるパワーを駆使した突進と粘り強さでゴール前に攻め入る。
細かいポジション修正と圧倒的な高さでターゲットマンとしても存在感抜群。ポストは意外と少ないが頼れる「ゴールデンボーイ」

 No.063 FW マッシモ・マラッツィーナ (17・6・15・14・14・13=79)
フィジカルはバランスが良いものの特筆する武器は無い。スタミナは微妙で、テクニックの割にプレーはシンプル。
代わりにポジショニングに非常に優れ、裏への飛び出しを得意とする。迅速なトラップで素早く前を向く。
決定力も高く確実に枠をとらえる。優秀なパサーと組み合わせると破壊力抜群。



 No.065 GK アレックス・ブルンネル (5・15・6・16・13・10=65)
 KP戦術:シュートセービング

ドリブルに対しての飛び出しが優秀なキーパー。機敏なフィールディングで相手の足元に飛び込みボールを掴んで放さない。
ハイボール処理もそこそこ安定感はあるが、セービングは無難なレベル。フィードも紹介文ほど酷くは無いが良くもない。

 No.066 DF オスカル・ブレーヴィ (6・14・9・14・12・11=66)
 KP戦術:マンツーマンディフェンス

積極的に前に出ることは殆ど無く、自陣に構える最後の砦としてクレバーに動く。
数値から見れば守備技術は信頼でき、ポジショニングを重視した動きと的確な寄せでボールを奪う。
スタミナはやや不安ながら1試合は何とか持つ。単体では心許ないが、ユニットとしては優秀。

 No.067 DF ジュアレス (8・15・12・14・12・13=74)
最高のDFではないが、間違い無く数値以上の仕事はする選手。
スキル通りのインターセプトで裏を狙ってくるパスをことごとくカット。
カード裏面を見るかぎり、守備的ポジションならどこでも出来そう。

 No.068 DF パスクァレ・パダリーノ (7・17・10・14・12・12=72)
スキル通り、カバーリング能力に関してはかなり高く、周囲のフォローに走り回る選手。
反面1対1やインターセプトなどの能力は一歩劣り、一芸に秀でた感じ。無策で起用すると惨事になる事も。

 No.071 DF ステファン・トマス (9・14・12・16・13・15=79)
 KP戦術:アンチハイタワー

ポジションを見るとサイドバックの様だが、選手紹介にも書いてあるようにウリは中盤の底でのボール奪取。
ひとたび近寄ろうものなら破壊的なタックルで確実にボールを奪う。表記のサイドバックでもそこそこの守備。
ドリブルは大きく繋ぎも雑。攻撃面では期待出来ないが、積極的なタックラーとして評価は高い。スタミナは微妙。

 No.072 MF リカルド・アッレグレッティ (13・9・15・9・13・13=72)
 KP戦術:プレースキック重視

守備能力は数値程度で、それなりに動いてくれるがフィジカル不足な感が否めない。
持ち味はテンポよく広角に味方へ繋げる高精度のパス。球離れ良く、時には少し持ち上がり決定的なパスを通すことも。
スキルの通りFK、CKでも精確なキックを魅せる。スタミナは中盤の選手としてはやや不安。

 No.075 MF ニコラ・コッレント (10・12・11・12・14・17=76)
 KP戦術:マンマーク

低い位置で積極的にボール奪取に奔走するクラッシャー。やや無鉄砲なところもあるが、手を抜かずに動いてくれる。
攻撃面での貢献は皆無で短いパスを確実に味方につなげようとする。
攻め上がることもなくスタミナも十分。機敏な動きで守備に専念する。

 No.076 MF ファビオ・ペッキア (14・12・15・11・13・16=81)
 KP戦術:ゲームメイク

01-02に比べると自ら仕掛ける意識は下がり、球離れが非常に良く、スキルの通りテンポ良くゲームを作るリズムメーカー。
やや攻撃に寄った感もあるが守備も充分にこなしてくれ、一人でフィルターを作るには辛いがユニットとしては信頼できる。
スタミナ面もほぼ問題なく、チャンスがあればゴールに直結するスルーパスも狙える技巧派。

 No.078 FW ササ・ブイェラノヴィッチ (15・6・14・16・12・13=76)
 KP戦術:キープレイヤーアタック

単独での突破力はやや乏しい。一瞬の突破は可能だがスピードがかなり不足しており、ドリブルは厳しい。
ターゲットマンとしては優秀でハイボールを収める力強さと、後方から援護に来た味方へ落とすポストも秀逸。
自身の決定力も意外と優秀。ジャンピングボレーで豪快にゴールすることも。足でも頭でも可能だが、後半にバテる。

 No.079 FW ベニート・カルボーネ (14・9・18・8・14・14=77)
 KP戦術:ボールキープ

パワー不足は否めない。足も速くはなく独力で突破を出来る力はないが、相手DFの逆を突くボールコントロールが光る。
パスセンスも高く、巧みなキープからゴールに直結する多様なパスが魅力。シュート精度は高く威力もそこそこ高い。
やや出来にムラがあり直にボールを触らないと良さが出ないが、不意な守備も魅力の「小さな巨人」



 No.083 DF マヌエル・ベッレーリ (10・13・14・13・13・14=77)
右サイドに網を張る守備的なサイドバック。非常にクレバーで少々の揺さぶりには動じない冷静さが最大の武器。
身体的な数値は頼りないが、盗み取るタックルで殆ど気にならない。ポジショニングも上々で、絞ったり背走しての守備も○。
紹介文の通りビルドアップも優秀で、的確に繋げるアシストのアシストが光る。時折上がるが深くまで行かず穴は空けない。

 No.084 DF エメルソン・クリバーリ (9・16・13・15・14・15=82)
抜群の安定感でDFラインを支えるストッパー。前に出ず、冷静に対処。
トップレベルの選手に当たられると吹っ飛ぶものの弱くはなく、スピードは充分でカバーリングもなかなか。
スキルのフィードも時折見られ、奪った直後に一気にFWに通すことも。白DFとして余裕で合格点を出せる。

 No.085 DF アンドレア・クーピ (9・14・11・11・16・15=76)
 KP戦術:ディフェンスダイナモ

攻撃参加の意識はあまり高くなく、ドリブル時にはスピードをさほど感じない。その分守備に存在感のあるサイドバック。
守備範囲が広く、前方中盤にも頻繁に顔を出す。スキル通りイーブンボールへの意識も高く、拾いに行くのも速い。
スピード対応も充分ながら、若干しつこさに欠ける感もある。スタミナは問題ない。

 No.086 DF ステファノ・ルッキーニ (7・15・10・14・15・13=74)
身体能力の高いサイドバックで、対峙しての守備能力は非常に高い。
積極的なスタイルながらオーバーラップはほぼ無く、ライン近辺で守備に走り回る。
センターバックとしても、スタイルが大きく変わるが機能する。冷静に見て、引きつけて奪う。

 No.087 MF アレッサンドロ・アゴスティーニ (12・9・13・10・17・13=74)
 KP戦術:ドリブル突破

調子の波が非常に激しく、不調が長引く傾向にある。加えて成長依存も高く、序盤は苦戦を強いられる。
成長後はスピードを活かしたドリブルと豊富なクロスパターンで左サイドからチャンスを演出するウィンガー。
スタミナは数値程度で辛いが意外な決定力も秘めており、途中投入で試合を決める能力はある。

 No.089 MF フラヴィオ・ジャンピエレッティ (8・13・8・14・15・18=76)
トータル値76は、ひたすらに守備に専念する姿勢の表れ。
素早いチェックと粘る守備意識は安心して中盤の底を任せられる。
攻撃面での貢献は少ないが、意外とコーナーでヘッド決めてた。

 No.090 MF ヴィンチェンツォ・グレッラ (12・13・13・13・14・16=81)
 KP戦術:マリーシア

広いスペースを埋める運動量と献身性、ねちっこいタックルで高い奪取力を誇るクラッシャー。
攻撃面は地味ながら、ミスの少ない安定したショートパスで攻撃に繋げる。攻め上がりは少ない。
行動範囲は広いがスタミナに不安はなく、1試合通じてチームに貢献する黒子。

 No.091 MF イグリ・ヴァンヌッキ (15・10・16・9・14・13=77)
全体的にフィジカルに難があるものの、高いテクニックを活かす術を知っているチャンスメーカー。
速さではなく巧さで抜くドリブルと正確なラストパスでゴールへの道筋を辿り華麗に開門。
サイド、トップ下どちらでも機能。自身の決定力は成長するまで酷いものだが、貯まればそこそこ。

 No.092 FW マッシミリアーノ・カッペッリーニ (13・7・14・11・13・11=69)
必中のパスでチャンスを作るセカンドトップ。玉離れは程々で短距離なら角度のあるドリブルも見せる。
前線に飛び出す意識も高く、決定力は非常に良い。精度と威力を兼ね備える。
高い位置で唐突に見せるタックルも武器。競り合いの弱さは技術でカバーしているが、スタミナはやや不安。

 No.093 FW アントニオ・ディ・ナターレ (17・7・15・13・18・15=85)
前線のあらゆるポジションをこなすスピードスター。チャンスメイクもフィニッシャーもこなす。
速功兼備のドリブルを刻み、キック精度も上々。サイドに開いてのクロス、中央からのアシストもお手の物。
切れ込んでのシュートも持ち味。FKはそこそこ巧く、CKは鋭い。スタミナは微妙に不安がある。

 No.094 FW トンマーゾ・ロッキ (16・7・14・14・15・15=81)
 KP戦術:ラインブレイク

KPの示すとおり裏への飛び出しなどポジショニング系統に優れているが、引いて足元にボールを受けることも。
ドリブルは抜群の突破があるわけではないものの、スペースへ逃げるように突き進む。柔軟にパスも出せる。
数値に比べ決定力は非常に高いが、スタミナは数値に比べると若干物足りなさを感じる。

 No.095 FW ルカ・サウダーティ (15・7・15・14・13・13=77)
 KP戦術:ワイドポスト

オールラウンドな能力を持ったFW。自身の決定力も数値から見れば充分高く、やや遠めでもゴールを狙える。
紹介文の通り精確なポストプレーを行いつつ裏への飛び出しもなかなか。直線的なドリブルも意外な突破力がある。
スタミナがやや不安なのが悔やまれるが、味方にパスを通す器用さも魅力。

 No.096 FW フランチェスコ・タヴァーノ (13・6・13・15・13・12=72)
 KP戦術:ゴールスピリッツ

数値を見る限り能力の不安を煽るが、数値以上の活躍は期待出来る真っ直ぐなストライカー。
最も高いのはパワーだが裏への意識が強く、機敏な飛び出しとフェイントの少ないドリブルでひたすらゴール前に突撃する。
ポジショニングも悪くなく、ゴールのみを狙わせれば充分及第点。決定力、スタミナ共に数値以上のものはあるが少し不安か。



 No.099 DF フランチェスコ・ココ (13・13・14・15・17・13=85)
 KP戦術:サイドアップダウン

高いフィジカルを活かした守備でサイドを防衛。中央への絞りやクロスカットも巧み。
攻撃参加は機を見計らった感があり、ドリブルはスピードに溢れ易々と相手DFを切り裂く。クロスも綺麗に通る。
スタミナが持てば非常に優秀なサイドバック。惜しい。その突破力は高めでも機能する。

 No.101 DF マルコ・マテラッツィ (12・17・12・19・12・14=86)
 KP戦術:アンチハイタワー

スタイルはAE寄りながらやや積極性が増し、強靭なタックルで相手をねじ伏せるパワフルなストッパー。
控えていればカバーに入る堅実さも備えており、空中戦の強さも健在。
攻撃性能は落ちたようで、味方セットプレーなどで出てくる場面は少なくなった。スタミナは数値程度。

 No.102 DF ネルソン・ヴィヴァス (9・17・12・12・16・15=81)
 KP戦術:アンチスピードスター

センターバック、サイドバック共に攻撃参加を見せず、最終ラインで鉄壁の守備を見せる。
基本的にタイミングを見てタックルに行くタイプで周囲のカバーリングも迅速で的確。1対1も柔軟に対応。
パワー勝負や空中戦は苦手ながら、守備のパーツとしては非常に優秀。

 No.103 MF マティアス・アルメイダ (11・16・14・15・12・20=88)
 KP戦術:ディフェンスダイナモ

抜群の運動量を全て守備に捧げる献身的MF。オーバーラップは殆ど無く、バテることは全くない。
若干無理が利かないところもあるが、横から背後からボールを絡め取るタックルもあるが、カバーリングの方が主か。
一人で中盤守備を預けるよりは、相棒をサポートする形の方が得意と感じる。

 No.104 MF セルジオ・コンセイソン (15・10・16・13・16・14=84)
 KP戦術:ボールキープ

01-02黒に比べ、全体的な能力低下が見られる。特にクロス精度と決定力は1ランク劣るように感じる。
ドリブル能力も低下が見られるものの、まだまだ十分通用する。スタミナも気持ち高くなったような。

 No.105 MF ステファン・ダルマ (15・11・17・14・14・14=85)
 KP戦術:キープレイヤーアタック

ドリブルとパスを織り交ぜて、ゴールに結びつく動きを得意とするチャンスメーカー。
低い位置からでもスペースを突くスルーパスなど、アシストセンスも非常に高い。テクニカルなドリブルも十分な武器。
やや調子にムラがあり守備もそれなりながら、リズムを変える力を持つ選手。

 No.108 MF ドメニコ・モルフェオ (16・8・18・8・14・11=75)
 KP戦術:ワイドゲームメイク

スタミナとパワーに一抹の不安を覚える数値。特にフル出場は厳しい。
競り合いの弱さは華麗なテクニックでフォロー。ドリブルに派手さはないが抜群のコース取りで守備陣を縫うように突破。
パスは種類、精度共に素晴らしく、次々に決定機を作る。気分屋で動きは安定しないが、時に自ら試合を決める「ディアボリック」

 No.109 MF ハヴィエル・サネッティ (14・13・16・15・18・18=94)
突破力に関してはISを上回っている印象。直線的ながら競り合いに強いスピーディなドリブル。
反面サイドバックではポジションを高く取る印象で、若干守備に不安がある。
左サイドでは切れ込む傾向が強く、左右を同等にこなせる器用さも無くなった。右サイドの専門家。

 No.110 FW エルナン・クレスポ (20・6・16・17・14・15=88)
 KP戦術:ダイレクトシュート重視

動き的にはBSに近い。ゴール前に突っ込む鋭いターンとスペースに飛び込む動きで貪欲にゴールを狙う。
ヘディングでの落としもそれなりに見られ、自ら仕掛けるときと周囲に頼るときのメリハリが利いている。
反面決定力はキラ2枚に比べると若干劣る。特殊実況が変わり「バルダニート」

 No.111 FW アルヴァロ・レコバ (18・7・19・15・17・15=91)
 KP戦術:ミドルシュート重視

FAに比べドリブルの破壊力がやや減った感はある。右足でのシュートも若干劣る。
反面プレー全体に安定感が出た感があり、衝撃は減ったものの適度なパスでアシスト役としても優秀。
スタミナ+1も地味に大きな違い。特殊実況が変わって「魔法の左足」



 No.114 DF チロ・フェラーラ (9・18・11・15・13・13=79)
 KP戦術:アンチコンビネーション

AEに比べると率先して相手を止めに行く意識が低く、ポジションを守って堅実に奪いに行く冷静なセンターバック。
カバーリングの技術はAEと比べても遜色なく、あらゆる状況に柔軟に対応。スタミナ面は更に辛くなったが、スーパーサブ適正もある。

 No.116 DF パオロ・モンテーロ (10・19・14・15・13・15=86)
 KP戦術:マリーシア

ISに比べると守備範囲が若干狭くなったか。特にカバーリングの意識が下がったように感じる。
ストッパーとして懐に飛び込むが、読みに頼りすぎている感がある。ドリブルで押し上げる動きは少なくなった。

 No.118 DF イゴール・トゥドール (11・16・12・19・13・14=85)
 KP戦術:パワーディフェンス

相変わらず積極的に当たるが、状況変化に対応する能力が下がったか。黒にあった意外な攻撃性能もなりを潜めた。
多くのポジションでボール捌きにぎこちなさを感じるようになった。スタミナも数値は下がったが攻撃参加の減少で差は感じず。

 No.120 MF アントニオ・コンテ (13・14・14・12・13・16=82)
 KP戦術:ファイティングスピリッツ

01-02に比べると守備範囲やタックルの確実性や攻撃参加の威力が減少。
パスは変わらず堅実で、決定的な仕事は減ったが繋ぎ役としては優秀。中盤ならポジションを選ばないのも強み。

 No.121 MF エドガー・ダヴィッツ (14・13・13・17・18・20=95)
BEに比べテクニック値が上がったものの、パス質はより荒々しくなった印象がある。
守備時の献身性もBEに比べほんの僅かながらムラを感じられる。
オーバーラップの頻度は多少落ちた気がするものの、強烈な左足は健在。

 No.123 MF アレッシオ・タッキナルディ (13・13・14・16・12・18=86)
 KP戦術:ショートカウンター

守備は若干スピード不足を感じるが、強く巧いタックルと幅広く動く守備範囲で中盤に広くフィルターを敷く。
攻撃時にはオーバーラップは少なく、正確に短いパスを繋ぐにとどまる。KP設定時には意外なロングパスも見せる。
攻撃時に攻め上がりが少ないのでカウンターに備える、チームに安定をもたらす存在。

 No.126 FW マルコ・ディ・ヴァイオ (17・7・15・15・16・15=85)
 KP戦術:シュート重視

01-02から一転。自ら果敢にドリブルを仕掛けゴールを陥れる獰猛なゴールゲッターに変貌。
引いてボールを受けることもあるが、その際にも仕掛けを意識した鋭い反転と初動の速いドリブルでDFをこじ開ける。
前線での不意なボール奪取も時折ある。スタミナは数値程度。決定力は変わらず問題なし。

 No.127 FW マルセロ・サラス (16・6・15・14・15・12=78)
01-02に比べ経験依存度が高く、シュート力、突破、スタミナなど多くの能力が低下。
しかしシュート精度自体はそれほど差はなく、突破力が落ちた故かポジショニングなど頭を使うようになった印象。
パスルートが整えばそれほど遜色なく使える。



 No.129 GK アンジェロ・ペルッツィ (7・18・11・16・8・10=70)
 KP戦術:降臨

スキルの通りキャッチング能力が非常に高い。ばかりか反応も鋭く至近距離からのシュートを平然とキャッチすることも。
遠目からのシュートや意表を突いたシュートにも強く、キャッチ出来ずともコーナーへ逃れる。
飛び出しの出足はやや遅いレベルで飛び出し先の判断もやや疑問符。上背のせいかハイボールもやや安定感を欠く。

 No.130 DF セーザル (13・14・15・11・15・15=83)
機を見たオーバーラップは少ないリスクで効果的に攻撃をサポート。頻度は少ないがタイミングは絶妙。頭脳派サイドバック。
最終ラインに残っていれば、なかなかの奪取力で安定した守備。優れたバランサー。
ただ、やや高めにポジションを取る傾向があるのでそれなりの対策は必要かも。

 No.131 DF フェルナンド・コウト (10・16・12・17・9・13=77)
 KP戦術:アンチハイタワー

01-02に比べ数値は下がったが、スタイルの変化で違った長所を武器にする。空中戦の強さは相変わらず。
前に出て止めるストッパー色は下がり、飛び込むタイミングを見極めてボールを奪うクレバーなセンターバック。
数値上スタミナは下がったが、スタイルの変化で逆にこちらのほうが持ちが良く感じる。ビルドアップも丁寧になった。

 No.132 DF シニサ・ミハイロヴィッチ (14・16・15・16・11・12=84)
やや怪我が多いが数値以上に守備が上手い。着実にスティールする能力を持ち、インターセプトも巧み。
スタミナスピードの数値が低いが、足の遅さはそれほど感じずバテるコトも少ない。
もちろんFKは驚異的な破壊力を誇る。クリアボールがそのままアシストになるフィードセンスは最高峰。

No.134 DF マッシモ・オッド (14・13・14・12・14・13=80)
サイドバックとして攻守に非常に積極的。サイドハーフ等高めでも機能するが運動量は落ち着く。
守備面ではとにかくチェックに行くことを好み、センターサークル付近に顔を出すことも。奪取力はそこそこ。
駆け上がる頻度も多く、DFとしてドリブル能力は高い方。キック精度は一級品。ただしスタミナが大きく不安。

 No.135 DF ファン・パブロ・ソリン (14・13・13・15・16・18=89)
 KP戦術:ムービングパスワーク

ソリンの中では攻撃時の積極性がやや低めで、時折上がらずに最終ラインで戦況を見守る事がある。
それに比例してか、攻撃参加時のドリブルなどは若干陰りを感じるが、パスやシュートはサイドバックとして高水準。
スタミナは低下したが、不安は全くない。サイドだけでなく、中央でも攻撃に絡む。

 No.137 MF ステファノ・フィオーレ (16・12・17・12・14・14=85)
 KP戦術:ダイレクトシュート重視

パス、クロスの精度が高く、チャンスメイクに長けた選手。自身の決定力も備え、トップ下でも機能。
ドリブルも速さは並ながら深い切り返しで突破力はある。高い位置からの献身的な守備も魅力。
スタミナはやや不安で、サイドでは特に疲れやすい。

 No.138 MF ファビオ・リヴェラーニ (15・12・16・12・13・14=82)
 KP戦術:ロングパス重視

01-02に比べるとやや守備にムラができ、若干自らの持ち上がりが増えた感もあるが、基本スタイルは相変わらず。
意外な奪取力と広い視野、高いキックセンスで中盤底からチームをオーガナイズし、チャンスの起点としてチームを操る。
数値上スタミナは下がったが、殆ど劣化は感じない。

 No.139 MF ディエゴ・パブロ・シメオネ (14・16・13・16・13・15=87)
献身性と競り合いの強さを活かした激しい守備と、時折魅せる縦パスはゴールを演出。
攻撃時にも頻繁に駆け上がり、前線の攻撃に絡む場面は多々見られる。決定力も兼ね備え、主役も脇役もこなす。
動きが幅広い割にスタミナもさほど不安ではない。強いて言えばポジションは良く空ける。相棒はクレバーに。

 No.141 FW エンリコ・キエーザ (17・6・15・15・15・12=80)
1試合まるまるは働けない。経験の貯まりも遅い。
それでも突破、シュート申し分なし。飛び出しも鋭く、小柄ながらヘッドも上手い。
黒に比べスピードは落ちたが競り合いに強くなり前線でボールを待てる。ポジショニングなど頭脳面もこちらが上。

 No.142 FW ベルナルド・コラーディ (17・9・14・18・13・16=86)
 KP戦術:センターポスト

最前線から安定したポストプレーで攻撃を引き上げる。競り合いを活かしたキープや突破にも意外性がある。
前線からの守備意識もそれなりで、下がった位置からのパスもまあまあ良い。献身的なプレーから精度重視のフィニッシュを見舞う。
縦によく動くがスタミナは充分で連戦にも耐えうる。パートナーの決定機を引き出し、自身の能力も高い優良株。

 No.143 FW シモーネ・インザーギ (17・7・12・13・16・12=77)
 KP戦術:ラインブレイク

兄同様、ポジショニングと飛び出しを最大の武器とし、ゴールへの最短距離を狙うハンター。
ドリブルはスピード任せの単調なものでアシスト等も期待出来ない。スタミナも45分を超えると危険。
多くのプレーは期待出来ない代わりに、スタイルがハマれば一級品の活躍が期待出来る。

 No.144 FW クラウディオ・ロペス (18・6・16・12・20・15=87)
 KP戦術:シャドーストライク

ISと数値上の変化は無いが、全体的にスピードが低下している気がする。
ゴールに直線的に向かう動きが増え、チャンスメイク能力はやや低下した印象。決定力もやや落ちたか。



 No.145 GK ヂダ (7・18・10・18・12・11=76)
飛び出しスピードもそこそこ速く、シュートへの反応は白としては一級品。キラより劣るがPK戦もそれなりにこなす。
ハイボール処理も上手い方ながら、飛び出してのキャッチングは弾くことが多いのが気になる。

 No.147 DF カハ・カラーゼ (12・15・12・17・12・17=86)
サイドバックとして脚力はないものの、競り合いの高さが魅力。
攻撃参加もするが足が遅いのが難点。戻りに時間が掛かるのも欠点。
それでも対峙している時は堅牢そのもの。敵ウィングをはじき飛ばす。

 No.150 DF ダリオ・シミッチ (11・17・12・13・14・14=81)
堅実なサイドバック。パワー不足をタイミングやポジショニングで補い、サイドでの守備は堅い。
希に見せるオーバーラップも魅力。ただサイドとしてはスタミナに若干不安。
激しさはないが中盤底としても地味に機能する。センターバックでも機能するが、ややフィジカル不足か。

 No.153 MF フェルナンド・レドンド (14・14・18・13・13・12=84)
中盤の底で攻撃を司るレジスタ。数値の割に機敏で、守備も問題なくこなす。
パスも素晴らしく、左右に散らす展開やゴールに直結するアシスト共に素晴らしい。希に自らゴールを決める。
パワー、スピードは数値ほど不足が気にならないものの、スタミナは不安がつきまとう。

 No.160 FW ヨン・ダール・トマソン (18・9・15・14・16・15=87)
 KP戦術:シュート重視

後の白に比べパサーとしての意識が下がったのか、球離れは若干悪くなった印象。
フェイントは少ないがスペースを狙うシンプルなドリブルは相変わらずで、決定力はこちらの方が大きく上回る。
シュート力も高く、GKを弾きゴールにねじ込んだりミドルも優秀。スタミナも充分で、頼れるエース。



 No.161 GK マルコ・バロッタ (6・17・11・14・10・9=67)
飛び出しは得意ではなく基本的には待ちのスタイルだが、驚きのセービングは無い。
ただ、甘いコースのシュートは何とか触ることが多く、自身の周りのシュート対応は非常に高いレベル。
PK戦では年の功か、そう簡単に負けるような事はない。

 No.162 DF ジャコポ・バレストリ (10・11・12・14・14・14=75)
 KP戦術:ロングスローイング

攻守に殆ど目立つことはないが、守備的なサイドバックとしてミスの少ないプレーが信条の裏方。
1対1は完全に信頼できるわけではないものの、ポジションを空けない動きと中央へのカバーで堅実な守備をする。
攻撃面での貢献は殆ど無く、ひたすら守備に徹する。その割りにスタミナに若干不安がある。

 No.163 DF ロベルト・チェヴォーリ (8・16・10・18・9・12=73)
良く言えば豪快、悪く言えばおおざっぱなストッパー。
パワーに任せたタックルは高い奪取力ながら、奪ったボールが足下に収まらない。速さも不足気味で細かな対応力にもやや疑問符。
若干しつこさに欠け、積極的なので相方は冷静に。クロスの対処は巧く、空中戦は得意。

 No.164 DF ステファーノ・マウリ (13・12・13・15・14・15=82)
 KP戦術:オーバーラップ

攻守に積極性が高く、サイドバックと中盤の低い位置をこなせるユーティリティ性に富んだ選手。
守備時には自ら当たりに行く意識が高く、技巧派に手を焼くこともあるがパワフルなチャージでしっかりこなす。
ドリブルは速さこそ並ながらパワフルで、低い位置から攻撃を押し上げる。スタミナは一般的か。

 No.166 DF シモーネ・パヴァン (5・14・8・13・12・12=64)
 KP戦術:ディフェンススピリッツ

非常に心許ない数値ながら、その不安を感じさせない迅速な守備対応を見せる選手。
特筆した武器はないがバランスが良く、コンタクトを避ける寄せと的確なカバーリングで危機を止める。
サイドバックとしても上がらずキッチリ守り通す。技術に難があり、トラップやビルドアップは非常に雑。

 No.167 DF ルカ・ウンガーリ (6・14・8・13・13・15=69)
奪った後のボールコントロールやクリア、フィードの雑さがやや気になる。
守備面では特筆する武器はないがバランスは取れている。
サイドバックでは上がりも少なく、高めのスタミナでバテることは皆無。

 No.168 MF マルチェロ・アルビーノ (12・10・14・9・13・12=70)
 KP戦術:アザーサイドアタック

数値に似合わず、攻守に貢献を見せるセンターハーフ。とりわけ攻撃面で存在感を発揮。
中盤からテンポの良いパスを発し、積極的な飛び出しで受け手にもなる。長いパスもそれなりに良く、中々の組み立てを見せる。
守備の動きは良いのだが奪取力はやや不安定。スタミナも不足気味で調子の波があり、怪我にもやや弱い。

 No.169 MF ジュゼッペ・コルッチ (13・12・13・12・14・15=79)
 KP戦術:ディフェンスダイナモ

守備は若干横の動きに物足りなさを感じるが、精力的な動きで献身的にこなす。
パスは決定的なものは期待できないが、しっかりと受け手の足元に送る縦パスでチャンスを作る。
ドリブルを選択する事も多く、速さこそ並ながら果敢にチャレンジ。決定力は数値からすれば十分高い。

 No.174 FW ディオマンシ・カマラ (14・7・14・13・15・13=76)
 KP戦術:キープレイヤーアタック

数値に比べボールタッチに優れ、キープ力にも懐の深さを感じる。突破は安定感を欠くがツボにハマると目を見張る。
周囲を使う意識もあり、ポストプレーもそれなりにこなすが基本的にはストライカー。決定力は白としては充分。
スタミナは数値程度のものでフル出場は辛い。時折みせる前線からの守備も魅力。

 No.175 FW ジュゼッペ・スクッリ (16・7・14・13・15・14=79)
特殊実況「イタリアのオーウェン」。当らずにスピード勝負のストライカー。
裏への飛び出しは絶品。俊足を飛ばして高精度のシュートを叩き込む。
ドリブルは並。競り合いは心許ないので、息の合うパサーが必須。

 No.176 FW カルロ・タルド (13・5・9・15・10・11=63)
テクニックやスピードは皆無ながら、その鈍足振りからパワフルな突破を試みる。突破力は数値から見たら充分。
ポストプレーも程々にこなすが、基本的に自ら撃ちたがる傾向にある。決定力は意外と高く、強烈なシュートを叩き込む。
スタミナ面での不安はぬぐえないが、イメージ以上の活躍は見込める。



 No.177 GK セバスティアン・フレイ (7・18・10・17・14・12=78)
01-02から全てに置いて一回り成長。特に飛び出しはさらに素早く。
PKに関してはそれほど強くなってない?

 No.178 DF アントニオ・ベナリーヴォ (10・15・11・13・15・13=77)
両サイドで変わりなく、攻撃参加をせずに忠実にポジションを守るサイドバック。
スピーディな対応はなかなかながら、競り合いの弱さをフォロー出来ず競り負けてピンチを招く場面が。
カバーリングのセンスをそこそこ感じるので、中央のスペースをケアさせるが吉か?

 No.179 DF ダニエレ・ボネーラ (9・17・10・15・13・15=79)
クレバーなセンターバックでクレバーなサイドバック。
常にラインに構え、冷静なタックルで攻撃を止める。紹介文通りインターセプトも巧い。カバーリングの意識も高い。
サイドでもスタイルはほぼ変わらず。攻撃面での貢献は皆無。

 No.181 MF ジュニオール (14・10・16・8・15・14=77)
直線的なドリブルでサイドをえぐるドリブラー。
競り合いには弱いものの上手く当らず抜ける。とはいえトップレベルには及ばない。
クロスも正確。守備技術もそれなり。ウィングより一つ手前の方が輝く。

 No.182 MF シモーネ・バローネ (13・13・13・14・14・16=83)
 KP戦術:ディフェンシブセントラル

中盤底の選手としては若干行動範囲に不安があるが、ポイントを抑えた位置取りとタックルで貢献する。
時折持ち上がることもあるが基本的には地味に堅実に繋ぐパスで攻守のつなぎ目をこなす。
バテることはほぼ無く、目立たないながら地味に貢献し続けるボランチ。

 No.183 MF マッテオ・ブリーギ (14・12・16・13・14・15=84)
ボランチとしての能力はさすがにAEより劣る。が、センターハーフ、サイドハーフ、トップ下ではこちらの方が適している。
前めに配置すればパワフルなドリブルに正確なラストパス。後ろ目に配置すれば献身的な守備にワイドな展開。オススメ。
数値を見る限り問題なさそうだが、サイドに配置するとキレすぎてスタミナが持たない。

 No.184 MF マッシモ・ドナーティ (12・13・14・14・13・14=80)
 KP戦術:ショートパスワーク

特徴の無い能力数値ながら、中盤底で広く正確にスペースを埋める動きで存在感がある。
単独での奪取力も充分でパスカットも上々。特筆する武器は無いが致命的な欠点も無い。
奪ったボールは基本的に堅実に味方につなげる。スタミナの割にバテることも少なく、安定感の鑑。

 No.185 MF エマヌエレ・フィリッピーニ (12・12・13・13・15・15=80)
 KP戦術:ドリブル突破

双子のアントニオに比べるとオフザボールでの激しさは少ない。それでも献身的な守備でSB、CH、SHをこなす。
数値の割に小回りのきくドリブルで中盤をかき回し、堅実なパスをゴール前に届ける。
スタミナはやや不安があるが、それも攻守に働いている証拠。地味ながら確実な働きが出来る選手。

 No.186 MF サブリ・ラムーシ (15・12・17・12・13・15=84)
 KP戦術:トライアングルパスワーク

02-03に比べ自ら動く意識が高くなったように感じる。守備時の献身性もやや高くなったか。
ビルドアップもその場で捌くより少しタメる事がある。パスセンスは変わらず高いが動く分スタミナがやや不安か。

 No.187 MF マルコ・マルキオンニ (13・8・13・9・17・12=72)
 KP戦術:ドリブル突破

数値の通り、一芸に秀でたドリブラー。やや一本調子な所もあるが、スピードに乗ったときの突破は威力十分。
反面それ以外の能力は平凡。クロスの質も普通。中に入っての決定力も微妙。
スタミナもハーフで不安が出るときがあるので、一か八かのスーパーサブが無難か。

 No.191 FW アルベルト・ジラルディーノ (15・6・13・14・14・13=75)
経験依存というより連携依存という感じ。線が出だすと動きが格段に良くなる。
動きに幅があり、機敏。飛び出し、決定力はもちろんパスも○。
白とは思えない活躍を見せるものの、スタミナが弱点。

 No.192 FW エイドリアン・ムトゥ (18・5・17・12・18・14=84)
ウィングエリアでのチャンスメイクもこなせるようになり、01-02から幅が広がった感。
ややムラはあるものの、ハマったときのドリブルは圧巻。もちろんセンターでも実力十分。
角度のある位置からのシュートは苦手。ウィングで使うならチャンスメイクに徹しさせたほうが良いかもしれない。



 No.193 GK セバスティアーノ・ロッシ (6・17・10・18・10・8=69)
 KP戦術:ファイティングスピリッツ

飛び出しスピードはかなり遅いが、飛び出した先でのキャッチングはハイボール、グランダー共に安定している。
セービングも驚異的な守備範囲があるわけではないが、自身のテリトリー内に来たシュートはまずブロックしてくれる。
スキル「精神的強さ」の為か、PKにはかなりの強さを発揮する。

 No.194 DF マルコ・ディ・ロレート (8・17・10・16・11・12=74)
 KP戦術:バイタルエリアブロック

非常にクレバーで、一歩引いたポジショニングと、空いたスペースや抜かれた味方のフォローに長けている。
身体的な無理は利かないものの、しっかり対峙すればまずボールは奪える。ミスらしいミスはまず犯さない。
難点はスタミナで、1試合ギリギリ持つかどうかというところ。連戦はもちろん辛い。

 No.195 DF マウロ・ミラネーゼ (11・15・11・15・12・14=78)
 KP戦術:ハードマーク

01-02と大きく異なり非常に積極性が高く、中盤の守備にも顔を出すほど攻撃的なストッパー。
パワーを活かしたボール奪取は魅力ながら繋ぎが雑。ただ、時折意表を突いた後方からのドリブルでアクセントを加える。
積極的な割にスタミナは持つが、その奔放なスタイル故に無策での起用は危険。

 No.196 DF レザイー (7・17・9・16・13・14=76)
 KP戦術:パワーディフェンス

1対1に強さを発揮し、ストッパーとしての技術は高い。不用意に飛び込まずに、確実に奪えるタイミングを見極める。
カバーリングはそれなりながらこなし、クロスボールへの対処も安定感がある。スタミナは平均的だがやや不安。
ビルドアップ時に一気に前線へ繋げようとする意識が高いが、精度はあまり高いとは言えない。

 No.197 DF セアン・ソリアーノ (6・15・10・13・12・13=69)
 KP戦術:ディフェンススピリッツ

01-02に比べややカバーリングに寄った印象で、ストッピングとカバーリングを使い分ける万能センターバックに。
身体能力不足が露呈する事もあるものの、局面で最善の守備対応を取っている印象。
スタミナは数値の割に良い方ながら、やはり連戦は辛い。出場している間の安定感は高い。

 No.199 DF ゼ・マリア (14・11・17・9・14・15=80)
 KP戦術:クロス重視

SBとして献身的ではあるのだがやや危なっかしい守備対応。テクニックの割にドリブルもシンプルで速さも物足りない。
ただ、白屈指のクロス精度を持ち、果敢なオーバーラップで自ら最大の武器を引き出す動きをする。
上下動が激しくなるとスタミナは厳しい。

 No.201 MF マヌエレ・ブラージ (12・12・13・11・14・16=78)
 KP戦術:シュート重視

01-02に比べ球離れが良くなり、テンポ良く精確にボールを繋ぐ攻守の連結役として機能するボランチ。
数値に似合わず献身的な守備意欲があり、精力的に走っては奪取力十分のタックルとパスカットを披露。
チャンスがあればゴールに直結するパスも狙える。スタミナは数値よりやや不安を感じるが、献身的に動いている証でもある。

 No.202 MF ファビオ・グロッソ (12・11・12・14・14・14=77)
W杯ではパワフルなドリブルが目を引いたが、コッチの世界での注目は守備とアシスト。
サイドバックとして泥臭い守備を披露。サイドハーフとしてFWへのラストパス、アーリークロスを披露。
突破力もそこそこある。両足でボールを扱え、攻守に目を引く働きはするものの、弱点はスタミナ。CKは速く鋭く非常に優秀。

 No.203 MF クリスティアン・オボード (11・11・13・13・16・14=78)
経験の貯まりは恐ろしく遅い。貯まれば中盤を動き回るダイナモ。
パスやタックルなど動きに荒さは見られるが、それを補う献身性と積極性で幅広く動く。
横には動くが縦には今ひとつ。スタミナもやや不安。

 No.204 MF MF ジョヴァンニ・テデスコ (12・12・11・12・13・19=79)
 KP戦術:バランサーポジショニング

攻守に献身的に動き回る中盤のダイナモ。フィジカルに難があり当り負けも多いが、積極的に動き回る。
それに留まらず前線にも頻繁に顔を出し攻撃にも絡む。ボールを受ければすぐ味方に繋ぎ、再び走りだす。
ゴール前に飛び出して殊勲のシュートを決める事もある。幅広い動きを支えるスタミナも注目。

 No.205 FW ニコラ・アモルーゾ (17・6・12・16・13・12=76)
 KP戦術:ゴールハンティング

ポジショニングに優れ、トラップも地味ながら巧い。DFを巧みに避けつつゴール前でボールを待つ。
ドリブルは地味ながらスペースをシンプルに突く突破は意外性がある。オフザボールでも裏への飛び出しに光るものが。
決定力は高く、枠外へ飛ぶことはほぼ無い。スタミナは数値程度しかないが短い時間でも仕事が出来る。

 No.206 FW アンドレア・カラッチョロ (13・5・13・14・12・11=68)
妙な工夫をせずシンプルなプレーで勝負する典型的なストライカー。
飛び出しやポストをそつなくこなし、数値から見れば上々の決定力でゴールを狙う。空中戦も強め。
スタミナはやはり不安ながら、プレーの幅が狭いのが功を奏している。

 No.207 FW ファブリツィオ・ミッコリ (17・6・17・12・19・14=85)
スピードとテクニックを駆使した突破でDF陣をすり抜ける。サイドで起用すると、とにかく中へ切れ込む。
DF前では足下に納めてから仕掛けるが、裏へ抜けた時はトラップから流れる動作でドリブルへ移行。
決定力は素晴らしく、やや遠目でも枠内へ飛ばす。球離れは良くなく、最前線を任せたい。

 No.208 FW ジシス・ヴリーザス (16・6・13・15・14・13=77)
ポジショニングに優れ、突破や飛び出しもなかなか。
決定力もあるのだがどうも安定感に欠け、なんでもないシュートを外したりもする。
逆にキラをも凌ぐ驚異的なシュートを放つことも。当たりはずれの大きいFW。



 No.209 GK マッテオ・グァルダルベン (6・17・9・19・9・10=70)
 KP戦術:クロスセービング

長いリーチが最大の武器。シュート反応は並ながら粘り強いセービングでボールを掻き出す。
ハイボールもしっかりキャッチするが、飛び出しが全体的に遅い。
クロスの落下点に入るのも危なっかしいが、グランダーのセービングは不安。ビッグセーブ型。 

 No.210 DF ニコラ・ボセッリ (6・15・13・14・10・11=69)
スキル通り、当たらずに奪う鮮やかなインターセプトが光るストッパー。
積極性はそれほど無く、自分の間合いに来た相手からボールを盗み取る。カバーの意識も低くない。
サイドバックとしても地味に攻撃参加する。難点はタックルのタイミングを誤った時のリカバリーの低さ、スピード不足。

 No.211 DF ジュゼッペ・カルドーネ (9・14・10・15・13・14=75)
 KP戦術:インターセプト

01-02から順調に強化されたようで、スタミナの強化などありがたい。
攻撃の意識、総じて積極性が下がったようで、オーバーラップの少ないカバーリング系の選手に。紹介文の通りパスに強い。
サイドとセンターをこなせる凡庸性は相変わらずで、地味ながら重宝する選手。

 No.212 DF セルゲイ・グレンコ (12・9・15・10・14・13=73)
積極果敢に攻撃に絡むサイドバック。意外と角度のあるドリブルと、精度の高いロングボールが武器。
上下動が激しくスタミナ面で不安。献身性は高いが守備技術や競り合いも不安を感じる。
ポジションも高く取る傾向にある。最終ラインよりウィングバック辺りの方が攻撃センスが活きるか。

 No.214 DF アメデオ・マンゴーネ (7・14・11・14・13・13=72) 
 KP戦術:カバーリング

カバーリングに秀でたセンターバック。1対1ではやや不安はあるが、クレバーな動きで守備に安定をもたらす。
セーフティなクリアを心がけるため繋ぎに不安があり、スタミナも数値程度。

 No.216 DF パオロ・トラメッツァーニ (12・9・14・13・10・13=71)
 KP戦術:ゲームメイク

DFとしては献身性や泥臭さに欠けるが、技巧的なタックルと鋭いインターセプトを武器にサイドを守る。
スピードは数値に比べれば機敏ながら速いサイドアタッカー相手には手を焼く。中央へのカバーもそれなり。
攻撃時には強烈なドリブルは無いものの、正確なタッチでリズミカルに味方に繋げる。スタミナは不安。

 No.217 MF フィリッポ・クリスタンテ (12・14・12・14・15・14=81)
右ウィングバック、サイドバックとして攻守に貢献出来る選手。
機敏さとしつこさを備えた寄せでサイドアタックを的確に遮断。インターセプトも巧く、裏へのパスを簡単には通さない。
スキル通り攻撃参加は積極的で、水準以上のクロスを持つ。上がった先でもしつこい守備が活きている。
頻繁にオーバーラップさせるとスタミナが持たないが、絞っての守備もこなせる万能サイドバック。

 No.218 MF エウゼビオ・ディ・フランチェスコ (14・12・13・13・14・14=80)
 KP戦術:ミドルシュート重視

01-02に比べ、数値の通り攻撃面に秀でる。ドリブルに技巧的な面が目立ち、狭いスペースでも揺さぶることの出来る武器に。
パスは中盤選手として標準的だが、スキルの通り決定力は充分。飛び出しの意識も高く、後方からも攻撃をサポート。
反面守備は時折手を抜く場面が目立つようになってしまった。スタミナもやや不安。

 No.219 MF ダリオ・マルコリン (12・10・13・13・11・13=72)
献身性とポジショニングで勝負する、いぶし銀センターハーフ。
ライン手前を拠点に、サイドのカバーや前線への飛び出しでゲームに幅広く絡む。ビルドアップは地味で堅実。
守備時の競り負けがやや多く、スタミナにも不安がある。

 No.220 MF エンツォ・マレスカ (13・13・15・13・13・16=83)
汗かきゲームメーカー。中盤を走り回る運動量と献身性。超一流とはいかないが、なかなかの奪取力。
散らせる視野とパスの質も良い。オーバーラップしてゴール近くでのアシストも武器。
ゴールやアシストは少ないが、多くボールに絡む中心になれる存在。

 No.221 MF ルイージ・リッチョ (11・12・12・12・15・15=77)
 KP戦術:ハードマーク

守備範囲はさほど広くないが、目立たないながらポジショニングに優れ高いボール奪取能力を実現。
攻撃時の繋ぎも安定感があり、時折ロングキックで広く展開したりドリブルで持ち上がり、攻撃に意外性を加える。
連戦するとスタミナにやや辛さは出るが、低い位置で高い存在感を示すボランチ。

 No.223 FW ダリオ・ヒュブナー (17・6・15・15・14・13=80)
 KP戦術:シュート重視

01-02各種に比べると、巧さや力強さなど単独でのスキルは見劣りする。一人でゴール前をこじ開ける場面は少ない。
反面、低い位置での横の動きで作るタメとパス、飛び出しやルーズボールでの反応など、集中力や狡猾さでゴールを狙う。
エリア内での決定力は相変わらず優秀で、仕掛けが減った分スタミナもややマシになったか。スーパーサブでもある。

 No.224 FW ホニエル・モンターニョ (15・6・16・10・17・12=76)
総合値76は一部の能力が特化したスペシャリストの証。ドリブル、飛び出し共にハイレベル。
やや球離れが悪いのでセカンドトップよりトップ、もしくはウィングがベターか。
ただ、ウィングとしては圧倒的にスタミナがない。



 No.227 DF イヴァン・フランチェスキーニ (4・13・7・18・10・13=65)
 KP戦術:ハードマーク

圧倒的なパワーから繰り出すタックルは確かな奪取力を伴う。空中戦も強く、セットプレーでの存在感もある。
積極的にタックルに行くが、縦のボール、放り込みにも滅法強く、ロングボールは楽々跳ね返す。
反面横の揺さぶりには強くない。ボールの扱いも雑で、長所と短所がはっきりしている選手。起用法を選ぶ。

 No.228 DF マルティン・イラネク (6・14・10・17・13・15=75)
 DKP:個人守備重視

最終ラインのセンターとサイド、中盤底のクラッシャーを兼任できるマルチなDF。
最大の魅力は積極的かつパワフルなチャージだが、成長後は冷静な見極めも体得。カバーもそれなりにこなす。
サイドバックや中盤での攻撃面の期待は出来ないが、数値より優秀なスタミナで守備を支える。

 No.229 DF ジョバンニ・モラービト (7・12・11・13・14・17=74)
 KP戦術:リトリート

ただひたすら地味に堅実に。派手な攻撃参加や積極的なチェックは見られないが、状況に応じた柔軟な守備が魅力。
攻撃参加はほぼ見られず、ポジションに穴を開けず対峙する相手を確実に止める。中央のカバーは非常に優秀。
数少ない攻撃参加も、そこそこの位置で味方に預ける。運動量は感じないのだが数値に比べるとバテやすい。

 No.231 DF ホルヘ・パラシオス・ヴァルカス (6・16・12・16・13・14=77)
スキル通り、迅速なカバーリングが持ち味。抜かれた仲間を素早くフォロー。
機敏でありながら競り合いも弱くはなく、1対1もそこそこ。頼れるDF。
たまにポカするが、数値以上の活躍はしてくれる。

 No.232 MF フランチェスコ・コッツァ (14・8・16・10・16・16=80)
 KP戦術:ムービングパスワーク

サイドアタッカーとして幅広い要素を高水準で併せ持つ、質と量をかねた選手。スタミナも問題ない。
シンプルにえぐるドリブルを軸にしながら、そこからのカットイン、浅い位置からのパス、フリーダイアゴナルランと引き出しは数多い。
パスやクロスの質も高く、非常時にはやや守備は軽いがサイドバックもこなせる。決定力もそれなりで、頼れる選手。

 No.233 MF ジョゼ・マメーデ (8・13・10・15・14・18=78)
ポルトガル人としては珍しい汗かき屋。
奪取力はなかなかのもの。加えて守備範囲も広く、サイドバックの裏までカバーする事も。
時折攻め上がり、ポンとはたくパスでアシストしたりもする。センターで縦横無尽に動かせたい。

 No.234 MF モザルト (10・13・13・11・13・15=75)
競れないように見えるが、高い守備技術で当たらずに奪う。献身性も備え、非常に良い。
攻撃面では意外と攻め上がったりパスしたり。チャンスを作れ、得点にも絡める。
スタミナが持たないこともあるが、幅広く効いている証拠でもある。オススメ。

 No.235 MF シュンスケ・ナカムラ (14・8・18・10・13・15=78)
 KP戦術:ロングパス重視

スタイル的には付録カードに近い。球離れが抜群に良いわけではなく、軽くキープしてから次の行動へ移る。
が、やはりボールタッチやドリブルはIS、付録に比べると数レベル劣り、単独での打開は厳しい。
スタミナ面では変わらず優秀だが、KPも低い位置に配置しないと発動せず、使い勝手はあまり良くない。

 No.236 MF カルロス・バレーデス (10・13・15・14・14・15=81)
広く行動し的確に攻撃を止める献身性と守備能力、加えて横に広げる起点のパスも巧い。
縦へのパスは少ないものの希にドリブルやフリーランで駆け上がり決定的な仕事をする事も。
動きは良いのだがスタミナ面で不安があり、1試合もたない事が多い。

 No.237 FW エルヨン・ボグダニ (14・5・9・16・12・11=67)
 KP戦術:ハイタワー

スタミナは数値程度。テクニックも高いとは言えずドリブルもやや雑。ポストプレーも少ない。
ただ、唯一にして最大の長所であるパワーを活かした突破はツボにハマればどんな相手も突破出来る。
決定力にもムラがあるが、ミドルレンジでも打ち込める威力はある。調子依存も大きく、意外性という特徴をどう活かせるか。

 No.238 FW ダヴィド・ディ・ミケーレ (15・7・14・12・14・14=76)
 KP戦術:シャドーストライク

★がいくつか付くまでは物足りないパフォーマンスに終始するが、成長後は攻撃陣を牽引する存在感。
自ら仕掛ける意識を持ちながら回りも良く見えており、チャンスに応じて細かいドリブルと決定的なパスを使い分ける。
自身の決定力も高く、ゴールゲッターとしてもチャンスメーカーとしても優秀。スタミナは微妙。

 No.239 FW セサル・レオン (14・10・14・10・14・14=76)
 KP戦術:ダイレクトパスワーク

FWとしては決定力に若干ムラがある。特に左足でのシュートはあまり期待出来ない。
ドリブラーとしてもスピード、特に初速に欠けるが、細かいタッチを駆使して狭いスペースで勝負する。
パスやクロスの能力は数値に比べれば好印象ながらスタミナはやや不安。

 No.240 FW ジャンルカ・サヴォルディ (13・8・12・15・12・13=73)
数値だけでは計り知れない実力を持つ選手の典型。
力強い突進とこぼれ球への反応でゴール前にポイントを作れる。ワンタッチで正確に落とすポストも巧み。
トラップや反転などの小技も地味に上手い。下手な80台白より活躍する。が決定力は並の白。



 No.241 GK フランチェスコ・アントニオーリ (6・17・7・14・10・9=63)
特筆する武器はないが苦手なプレーのない選手。プレーにムラが無く、スキル通りの安定した立ち回りが信条。
ビッグセーブは少ないものの、飛び出しを空振ることも少ない。ハイボールもそれなりに優秀。
PK戦も平均は上回る印象。

 No.242 DF アウダイール (6・16・12・14・10・10=68)
01-02に比べやや冷静に、守備範囲も狭まった。それでも基本スタイルは自ら奪いにいくストッパー。
数値ダウンがそのまま影響し、若干競り負けも目立つように。カバーリングも得意ではなく、やや扱いにくい。

 No.243 DF カフー (16・13・16・13・18・18=94)
 KP戦術:サイドアップダウン

ISに比べるとドリブル能力に劣化を感じる。フェイントが少なくスピードも若干遅く感じる。
攻守に積極的なアップダウンは健在で、右サイドの攻防全域にかかわる。スタミナはISより若干良いか。

 No.245 DF クリスティアン・パヌッチ (11・16・13・14・14・14=82)
本職はサイドバック。このパヌッチはセンターも任せられる。
カバーリングは素晴らしい。取りに行くDFと組み合わせると最適。
サイドでも上がりの少ない堅実な守備で貢献する。

 No.250 MF フランシスコ・リマ (13・12・13・13・15・17=83)
素早くスペースを埋める動きと盗むタックルが武器だが、競り負けも目立ち激しさに欠ける。
行動範囲は横に広いが自ら上がることも。驚くような展開は少なく、ショート主体の繋ぎ。
パスは左足に依存する傾向にあり。決定力はこの手の選手としてはそこそこ。

 No.254 FW マルコ・デルヴェッキオ (16・11・14・15・15・15=86)
 KP戦術:チェイシング

シュート力はかなり強力。角度が無いところでは辛いが距離は苦にせずしっかり枠へ飛ばす「スーペル・マルコ」。
常に期待出来るわけではないが時に見せる前線からのチェックも魅力。
パスセンスはそこそこ感じるがドリブルはやや一本調子で常に突破を狙える程ではない。



 No.258 DF パオロ・カステッリーニ (12・14・12・15・14・15=82)
01-02に比べ中盤まで顔を出して守備することが無くなったが、状況に応じてゴール前へ絞ることは忘れていない。
攻撃面では相変わらず頻繁に駆け上がる。貢献度もほぼそのまま。
サイドバックとしての守備対応やスタミナ面で確かな成長を感じる。攻守に優秀な左サイドバック。

 No.259 DF ジャンルカ・コモット (11・14・13・11・14・16=79)
 KP戦術:サイドエリアブロック

守備的なサイドバックとして、攻撃面での貢献は少ないもののしっかりと自陣サイドを封鎖する。
スピードを武器にした寄せとリカバリーでしつこくウィングに食い下がる。奪取力は並ながらミスは少ない。
スタミナも問題なく、時折の攻撃参加時は早めに味方に繋ぐ。

 No.261 DF ステファノ・ファットーリ (8・16・12・14・11・13=74)
 KP戦術:リベロディフェンス

スキルはリベロながら、目立った攻撃面での貢献は無い。そのスキル名の由来は恐らくバランスを見る能力。
ストッパータイプであり、カバーリングタイプでもある。状況によってチェックとカバーを使い分け、どんな状況でも的確に対応。
単独での守備は平均的ながら、相方を選ばずに機能する。スタミナは若干不安。

 No.262 DF ファビオ・ガランテ (7・17・9・16・12・13=74)
 KP戦術:オーガナイズドディフェンス

紹介文にはストッパーとあるが、状況判断に優れ相手の攻め手に応じてアタックとリトリートを使い分ける名手。
相手の切り返しにもしっかり対応し、周囲のカバーリングに入る判断も優れている。
セーフティなクリアが多く攻撃に繋がらないこともありスタミナもややだが、一人で数多くの決定的危機を救うだけの力がある。

 No.263 DF ルカ・メッツァーノ (8・15・12・11・15・14=75)
 KP戦術:ディレイディフェンス

DFとしてはパワー不足が若干目に付き、ハイボールの対処や1対1でのストッピング能力は並。
それを補うカバーリング能力が魅力。スペースを埋める動きに優れ、黒子としてゴールを死守。
動きは地味ながらスタミナは若干の不安。強引さには欠けるがサポート役として優秀。

 No.264 MF アレッサンドロ・コンティッキオ (11・13・13・12・13・14=76)
 KP戦術:ディフェンスサポート

01-02に比べ数値は下がったが、守備の専門家として一皮向けた印象。積極的なチェックや、中盤から後方へのサポートもこなす。
単体での奪取力も向上しており、アンカー色が強くなった反面、ビルドアップ能力は劣った。
数値上低下したスタミナは気持ち不安が増えた程度。

 No.265 MF ディエゴ・デ・アシェンティス (11・12・12・12・12・14=73)
 KP戦術:プレッシング

01-02より数値は全体的に下がったが、単なる劣化ではないように感じる。
以前より持ち上がりが少なく、奪ったボールを早めに味方に繋ぐようになった。センターハーフとしての適性もこちらが高いか。
献身的な守備、不安なスタミナはそのまま。中盤底で攻守をつなぐ存在。

 No.271 FW フェデリコ・マガジャネス (15・8・15・13・15・14=80)
 KP戦術:ゴールスピリッツ

01-02に比べドリブルの威力が低下。単独で勝負をできる選手ではなくなった。
反面決定力は変わらず、よりゴールへの意識が高くなったのかポジショニングが良くなった印象。
球離れは別段変化はないように感じ、最前線よりになったか?

 No.272 FW イクセル・オスマノフスキ (14・6・13・9・15・12=69)
 KP戦術:キープレイヤーアタック

数値的には非常に心許ないが、自身の武器を活かす術を心得た一芸ストライカー。
最大の武器であるスピードを活かした飛び出し、シンプルなドリブルでDFをかいくぐり、数値以上の決定力でパスに応える。
ポジショニングも比較的良い。パスセンスは乏しくスタミナも不安だが、ボールを集められるKPも相成って優秀なサブ。



 No.273 GK モルガン・デ・サンクティス (8・17・10・18・13・10=76)
 KP戦術:リベロキーパー

飛び出し能力に全般的に優れた守護神。ボールに対して素早く飛びつき、ドリブルに対してもコースを消す。
ハイボールに対しても素早く落下点に入りキャッチする場面を多く見られる。
地上でのセービングも平均を超え、飛び出し型の白GKとしては非常に信頼出来る。

 No.274 DF アウベルト (13・10・15・13・16・14=81)
ドリブルはスキルほどトリッキーではなく、直線的で意外な突破力はある。
守備能力もそれなりにあるが、全体的に高めに位置取ることが多くやや不安定。
紹介文通り決定力はサイドバックとしては高いので、サイドハーフが無難か。

 No.275 DF ヴァレーリオ・ベルトット (8・17・12・14・13・15=79)
01-02に比べスタミナ1アップ。にもかかわらずスタイルは消極的に。
スキル通りカバーリングに特化したようで、1対1は不安。
なのにカバーの範囲に問題。前方への範囲は広いものの、横や後ろへのフォロー苦手気味。スイーパーか。

 No.277 DF ペル・クロルドルップ (8・16・13・14・14・14=79)
パっと見、特徴がないようなパラ。スキルも地味。その実態はオールラウンドDF。
やや競り合いに不安を見せるが身のこなしは軽く、守備での軽率なミスは少ない。
クロスの対処も秀逸。ハイクロス、グランダー共に通れば一点のパスを幾度と無くクリアしてくれる、クセのない優良DF。

 No.278 DF トーマス・マンフレディーニ (9・14・12・12・14・14=75)
守備専門のサイドバック。オーバーラップは殆どしない。
抜かれたときの脚力に問題はあるが、あらゆるタイプの突破に柔軟に対応。パスを防ぐ動きも良し。
攻撃貢献は殆ど無い。その分優秀な防波堤。

 No.279 DF ロベルト・センシーニ (11・18・14・14・10・14=81)
スキルが示すとおり、DFが動き回って出来たスペースを縦横に埋めるカバーリングの達人。
奪ったボールをしっかり懐に収め、正確に味方に繋ぐ。単独での奪取はやや心許ない。空中戦もやや苦手。
他に不満は…だいダイ大ベテランなのにキャプテンを任せるとヘコむところ。

 No.280 MF マレク・ヤンクロフスキ (14・11・14・15・18・14=86)
 OKP:ミドルシュート重視

スタミナに大きな不安があるものの、ユーティリティ性に富んだサイドプレーヤー。
ドリブル突破も上手いが適度に球離れは良い。アシスト能力も高く決定力もスキル通りのものを備える。
低い位置で見せる意外な守備力も○。左足のキュートは強烈で、プレイスキックもそれなりに上手い。

 No.281 MF マルティン・ヨルゲンセン (16・9・18・13・14・14=84)
 KP戦術:サイドチャンスメイク

両サイドを遜色なくこなし、トップ下でも機能する「北欧のファンタジスタ」
ドリブルスピードに特筆するところはないが、懐の深い切り返しでDFの逆を取り次々とチャンスを生み出す。
球離れも程良く、ドリブルに固執しすぎない柔軟性も魅力。スタミナは数値より良い印象ながら、連戦すると辛さが出る。

 No.282 MF ミルコ・ピエーリ (14・12・12・15・15・15=83)
シンプルで直線的なドリブルを武器とするサイドプレーヤー。割り込みに強く、ギャップを突く突破。
クロスは平均レベルながら、早めに出せる球離れも持ち味。
サイドバックとしても機能し、積極的な守備と果敢な攻め上がりをみせる。

 No.283 MF ジャンピエロ・ピンツィ (13・14・14・12・14・14=81)
幅広い守備範囲と、競り合いの弱さを補う技巧的なタックルでボールを奪う優秀な守備的中盤。
機敏な動きでポジションを取り、パスカットも秀逸。繋ぎは地味ながら守備で攻撃を押し上げる。
中盤底の選手としてはスタミナに不安がある。パワー不足で強引な奪取は苦手。

 No.284 MF ダヴィド・ピサーロ (16・8・17・11・16・14=82)
攻撃面に関しては裏の選手紹介通り。小回りのきいたスピーディなドリブルから正確にボールを散らせるレジスタ。
そのスピードは守備面でも生かされる。当たりは弱いが結構ボール奪取力はある。

 No.285 MF ファビオ・ロッシット (11・13・11・14・12・13=74)
横の動きが幅広く的確に危険の芽をつみ取る守備的な選手。
守備範囲、献身性は大いに信頼出来るが、競り合いの弱さがやや目につく。
あとは動きの幅広さ故にスタミナが若干不安。奪ったボールは地味に繋げる。

 No.287 FW カルステン・ヤンカー (17・6・13・20・13・14=83)
 KP戦術;パワープレイ

ボールコントロールは並で突破力は低いがコンタクトが発生すれば相手DFを吹き飛ばせる。
ポストプレイはそこそこで、その他の能力も特筆する所はない。ただ、圧倒的なパワーは一級品の戦力。
決定力もエリア内なら問題なく、地上でも空中でも豪快に決める。スタミナは終盤辛さが出る。

 No.288 FW ロベルト・ムッツィ (17・6・13・16・14・14=80)
 KP戦術:ゴールスピリッツ

ドリブルは長距離狙えるほどではないが、細かいタッチで決定機を作る器用さはある。
シュートは若干ムラを感じるものの、基本的にはしっかり枠へ飛ばす。若干ダイレクトシュートが苦手か。
一番の不安はスタミナへの依存度で、少し減っただけで全体的なパフォーマンスが低下。短時間なら決定的な仕事が出来る。



 No.A01 セバスティアーノ・シヴィーリア (9・16・11・13・14・14=77)
 KP戦術:サイドエリアブロック

攻撃参加には威力を感じないが、最終ラインに構えて柔軟に攻撃を抑える、スキル通りのサイドのストッパー。
センターでも問題なくこなせる守備は基本的にクレバーに相手を待つスタイル。自分のエリアに来た相手は逃さない。
センターでもサイドでもカバーリングの意識は高く、積極的なDFのフォローをさせると光る。

 No.A03 GK マッテオ・セレーニ (7・17・9・16・11・10=70)
飛び出しスピード、飛び出しキャッチに問題を抱える。
セービングはそこそこ良く、ハイボールに食らいつく様もなかなか良い。

 No.A04 DF ビリカ (10・17・14・16・12・13=82)
DFラインであればセンター、サイド問わない。どちらでも高い守備能力を見せる。
特筆すべきはクロスの対処。競り合いも強く、クリアが上手い。
地上戦でも1対1に強く、積極的な動きの中でカバーリングもこなせる。非常に使いやすい万能DF。

 No.A05 DF マルコ・ピサーノ (11・15・14・12・16・14=82)
紹介文にある攻撃参加はあまり見られない。
代わりに、スピードを生かした迅速な守備対応は非常に優秀。計算できる戦力。
最終ラインでウィングを封じ、中央のカバーも優れる守備的サイドバック。

 No.A07 MF ルシアーノ (14・11・15・11・18・14)
抜群の突破は白のレベルではない。速さと巧さを兼ね備え、時にキラDFすら軽々と抜き去る。
クロスの精度も高いが、サイドの選手としてはスタミナ不足。1試合持たせるにはかなり工夫が必要。

 No.A08 MF ヴェディン・ムシッチ (13・11・16・9・17・17=83)
競り合いに弱さがあるものの、振れ幅の大きなドリブルでサイド突破を仕掛ける。単独での突破力はそこそこ。
紹介文の通り守備力も水準以上に備えており、サイドバックとしても機能。しつこい動きでウィンガーにまとわりつく。
最終ラインからスキルのフリーランで駆け上がり、正確なクロスで決定機を演出。左サイドの万能選手。

 No.A09 FW マルコ・ボッリエッロ (15・6・14・14・14・12=75)
スタミナが低いものの無駄な動きが少なく、常にゴールを狙えるストライカー。
浅い位置では素早く叩き、高い位置ではゴール一目散。突破は並ながら、反転や位置取りはなかなか。
スキル通りエリア内での決定力は高く、ほぼ確実に枠を捉える。

 No.A10 DF カルロス・ガマーラ (9・19・13・15・14・13=83)
 KP戦術:バイタルエリアブロック

センターバックとして高度な冷静さとポジション修正能力を備え、最終ラインに越えられない壁を築く名手。
ドリブルに対しては飛び込むタイミングを見極め絶妙にボールを絡め取る。空中戦には位置取りで競り勝つ。
周囲をフォローするカバーリング能力も素晴らしく、スタミナの問題さえ解決すれば鉄壁。
紹介文にリベロとあるように、チャンスがあればドリブルで高い位置へ侵出もする。決定力は意外に高い。

 No.A11 DF ジョヴァンニ・パスクァレ (12・13・13・11・16・16)
 KP戦術:サイドアップダウン

攻守に献身性を持つ安定感のあるサイドバック。パワー負けもあるが奪取力としつこさを備え、一度抜かれても食らいつく。
スピードを活かした守備は中央の危機にも迅速に対応。的確なカバーリングで守備に奮闘。パスを切る動きも巧み。
攻撃参加はやや多めながらそれほど深くまでは行かず、上がった勢いで守備もする。スタミナも問題なし。

 No.A12 MF クリスティアーノ・ザネッティ (10・15・12・13・13・18=81)
さすがにITに比べると堅さを感じるものの、それほど守備能力に差はなく使える。
強いて言うなら横の守備範囲が狭い?

 No.A14 FW オバフェミ・マルティンス (16・5・12・13・20・13=79)
 KP戦術:ラインブレイク

後のマルティンスに比べて球離れがよい。ドリブルも非常にスピーディでDFをキリキリマイにさせる。
反面決定力はやや疑問符が付く。スタミナもやや不安。後半にかき回すチャンスメーカーか。

 No.A15 GK ルカ・マルケジャーニ (6・18・10・16・10・8=68)
白GKとしては十分合格点。
セービングも白として優秀でポカも少ない。飛び出しの出足も悪くない。PKも結構強いかも?

 No.A16 DF ジュゼッペ・ファバッリ (11・15・13・14・14・14=81)
センターバックをこなす守備対応力を持つサイドバック。
フィジカルにやや難があるが積極的にボール奪取を試みる。技巧的タックルで守備技術は高い。
白に比べ攻撃参加に積極的。ややスピード不足なものの、的確な繋ぎでサポート。

 No.A17 MF ジュリアーノ・ジャンニケッダ (11・14・13・15・14・18=85)
 KP戦術:パワーディフェンス

パワフルなタックルでボールを刈り取るクラッシャー。タイミングを見てパスを奪う意外な冷静さも持っている。
繋ぎのパスは平均的だが、若干決定的なパスを狙って失敗することがある。シュートはかなり下手。
攻撃貢献が少ないのでスタミナの心配は全くない。フルタイムをチームの安定に捧げる。

 No.A18 MF マッシモ・アンブロジーニ (13・14・13・14・12・14=80)
中盤を走り回り攻撃の芽を摘む。展開もそこそこいけるレジスタ兼ダイナモ。
時にはスキル通りキレのあるアシストもこなし、自ら攻め上がり攻撃をサポートすることも。
その幅広さ故スタミナに若干の不安あり。致命的ではないが守備時に希にたるむことも。

 No.A19 MF アントニオ・マラスコ (13・12・15・14・13・14=81)
 KP戦術:バランサーポジショニング

守備は範囲こそ並ながら献身的にこなし、迅速なチェックで中盤を引き締める。
攻撃時には基本堅実な繋ぎに徹するが、時折見せるドリブルはテクニックが地味に光る。
ミドルシュートも意外な破壊力を持つ。若干スタミナが不安だが万能なセンターハーフ。

 No.A20 FW ファビオ・ヴィニャローリ (14・7・13・15・14・16=79)
 KP戦術:スペースメイキング

FWとして決定力はかなり不安で、フリーで枠を外すことも少なくない。球離れも悪く、パス、クロス共に精度は望めない。
基本的に突破を仕掛けるタイプながらドリブルの技術も並。しかしスペース目掛けて突っ込む動きでギャップを突く。
KP時には献身的なフリーランでDFを引き連れて味方の攻撃を促す、スペースを使う専門家の選手。

 No.A22 MF ダヴィド・バイオッコ (13・11・13・13・15・18=83)
巧みな守備と積極的な飛び出しで攻守に貢献するムービング・センターハーフ。
決定的なパスは少なく、奪っては地味に繋ぎ。売りは自らの飛び出し。アシストやシュートもこなす。
紹介文通り機動力に優れ、バテないのも強み。時折守備時に棒立ちするのが惜しい。

 No.A21 GK ジェリコ・カラッチ (7・16・8・19・9・10=69)
GKとして異例の成長速度の遅さ。依存度も若干高め。
我慢の時期を乗り切ると、紹介文通りのハイボール処理とセービングで、どっしりタイプとしては白トップクラスの活躍。
飛び出しは若干遅めだが、致命的にヘタではない。オススメ。

 No.A24 GK エマヌエレ・ベラルディ (5・16・8・14・13・12=68)
シュートへの反応、飛び出しの速度はいずれも白として水準以上。
だがキャッチングの技術が総じて低く、シュートを弾くにしても手前に大きく跳ね返るのが気になる。
飛び出しの際も弾くことが多いがハイボールはそれなりに処理。DFとの連携が高ければ活きるか?

 No.A26 DF ジャンルカ・ファルシーニ (12・14・13・12・15・16=82)
効果的なオーバーラップとはどういうものか、彼が教えてくれる。
守るべき時に守り、気を見てのオーバーラップは幾度と無くウィングをサポート。
センターバックをサイドに置くのを悪いとは言わんが、彼のようなプレイヤーを生かすのも面白いと思うよ。

 No.A27 DF ステファノ・トリージ (8・17・10・16・12・13=76)
 KP戦術:オーガナイズドディフェンス

自ら率先して奪いに行くよりも、周囲のギャップを埋めつつクレバーなカバーリングが巧みな頭脳派DF。
特に積極的なストッパーとの相性は抜群で、空いたスペースを迅速且つ的確にフォロー。
反面自ら奪いに行くのはやや苦手気味。スタミナも終盤辛い。

 No.A28 FW エミリアーノ・ボナッツォーリ (17・7・14・17・14・13=82)
経験依存度が高く序盤は苦戦。代わりに成長後は素晴らしい大器晩成型。
トラップが上手く懐が深い。非常に高いキープ力からのポストプレーは裏の紹介文通り。
さほど足は速くないが、裏へ抜けるタイミングは巨漢としてはかなり優秀。プルアウェイやラインポジショニングも優れる。
決定力はややムラがあるものの、ハマれば強烈ミドルを叩き込む力はある。スタミナに不安があるのが非常に惜しい。

 No.A29 GK イヴァン・ペリッツォーリ (6・18・10・17・12・11=74)
飛び出しスピードに難があるものの、ビッグセーブの多いどっしりタイプの守護神。
ハイボール処理にも強さを見せ、クロスをそのままキャッチするのが上手い。

 No.A30 MF オリヴィエ・ダクール (14・13・16・13・15・15=86)
クラッシャーとプレイメーカー、二つの顔を持つボランチ。
中盤で激しくボールを奪い、正確にパスを出し、動き回り攻守にフォローする。
守備時に若干棒立ちすることがある。アンリと特殊連携で全く繋がらないらしい。



 CALCIO付録 カズヨシ・ミウラ (17・7・17・14・15・15=85)
LEに比べプレーがややスマートに。ドリブルもさほど曲線的では無くなり、位置取りや動き出しで勝負するCFといった印象。
決定力はこちらの方が若干高く感じる。シュートの威力が増したかな。球離れは若干こちらの方が良く、ポストやアシストも巧み。
スタミナ面ではこちらが大きく劣るが、さほど持ちすぎないスタイルなので、LEと違う風に起用すれば持たせることは出来る。
あとはゴールパフォーマンスの頻度がLEに比べ格段に低い。カズダンスを見られる率は体感でLEの1/4程だと思う。
スポンサーサイト
02-03 キラ
 IT 01/16 フランチェスコ・トルド (7・20・11・19・11・10=78)
飛び出しの速度、飛び出しキャッチは酷いもので、グランダーに対してはまず飛び出してはいけない。
ハイボールに対しては抜群の安定感を披露。素早く落下点に入りクロスを的確に遮断する。
セービングは驚異的な部類で、近距離で超反応を見せる。PK戦にも相当強い。ミドル対応はムラがあり、やや経験に依存する。

 IT 02/16 ジャンルイジ・ブッフォン (8・20・12・18・15・11=84)
 KP戦術:降臨

後のブッフォンに比べ、SPE+1は僅かながら実感できる。最高レベルの飛び出しでゴール前を広くカバー。
KP設定時のスーパーセーブも抜群。稀にクロスの対応を誤ることもあるが、安心してゴールマウスを任せられる。

 IT 03/16 ファビオ・カンナヴァロ (9・20・11・18・16・16=90)
 KP戦術:アンチコンビネーション

EMVPに比べるとカバーリング時のポジショニングに衰えを感じる。
それでも前に出たときの迅速なストッピングと、素早くパスコースに入ってのインターセプトはトップクラス。
数値に比べスタミナも優秀な感があり、カバーリングが巧みな相棒と使えば鉄壁。

 IT 04/16 パオロ・マルディーニ (11・19・14・17・14・15=90)
積極的ながらツボを押さえたアタックでラインに穴を空けずボールを奪うクレバーな選手。
キラとしては競り合いに若干の不安を抱えるものの、カバー能力にも長けた万能DF。
サイドバックでも冷静ながら、バランスを見て希に攻撃参加も見せる。何となくサイドが本職と感じる。

 IT 05/16 アレッサンドロ・ネスタ (10・20・12・18・15・16=91)
恐らく最もクレバーで冷静なスタイルのネスタ。
それほど積極的に前に出る場面が減り、引きつけて奪う事が多い。カバーリングも上手い。
反面1対1ではやや劣る印象。それでも並のDFより優秀であることは間違いない。

 IT 06/16 クリスチャン・パヌッチ (11・16・13・14・14・14=82)
積極性が増し、守備時もタックルが増え、オーバーラップでも攻め上がる頻度が増えた。
センターに配置しても果敢に懐に飛び込む守備を見せる。機敏な動きで動き回る。
ただ、サイドバックとしての守備は合格ながらキラCDFとしてはやはり守備不足な感はあり。

 IT 07/16 クリスティアーノ・ドニ (15・12・16・17・14・16=90)
攻守共に合格点を出せる、左サイドの万能戦士。左のMF、ウィングバック的配置で献身的な守備をみせる。
高めでは前線に顔を出しパワフルなドリブルと意外なパス。高い決定力で得点機に絡む。
AEに比べると突破力が劣り球離れが良くなった感じ。守備貢献もやや落ちた感はあるが、非常に使い勝手が良い。

 IT 08/16 クリスティアーノ・ザネッティ (10・15・12・13・13・18=81)
 KP戦術:ワイドカバーリング

KPの通り、07-08に比べると非常にクレバーで、冷静なポジショニングと寄せでボールを奪うスタイル。
裏のカバーには若干の物足りなさを感じ、奪取への執着心も多少劣るが、DFの前を幅広くプロテクトする。
ビルドアップは地味で玉離れは良く、攻撃貢献は薄い。他の中盤選手の攻撃を促す中盤のスイーパー。

 IT 09/16 ルイジ・ディ・ビアッジョ (13・14・12・15・13・17=84)
技術的なところはAEと殆ど変わりないが、動きの面で若干の変化。
印象では前線への飛び出しが多くなった感じ。守備の献身性はほぼ変わらずも、ややシンプルになったか。

 IT 13/16 クリスティアン・ヴィエリ (20・6・14・20・15・14=89)
 KP戦術:キープレイヤーアタック

TSに比べドリブルが鋭く、単独で状況を打開する意識が高い。前線でのポジショニングというよりとにかく足下にほしがる。
パワフルな突破は少しでもギャップに入れば止める術はない。強引に入ってくるDFをフルパワーで吹き飛ばす。
決定力は地上空中、精度威力共に申し分ないが若干右足は苦手か。スタミナはやはり不安で数値通りの感じ。

 IT 14/16 アレッサンドロ・デル・ピエロ (18・8・19・13・15・15=88)
 KP戦術:ファンタジーア

タックルを上手くすり抜けるテクニカルなドリブルが信条の軽業師。狭いスペースでも技巧的に突き抜ける。
味方を活かす術も心得、足下へスペースへ決定的なパスを送り込む。球足は遅いが実に正確。
右足での決定力は高いがCRAに比べシュートは単調。1試合通じて勝負出来るスタミナはないが、優秀なファンタジスタ。

 IT 15/16 フィリッポ・インザーギ (19・6・14・11・18・14=82)
彼を輝かせるのならば、単独での起用は禁物。
息のあうパサー、良質なストライカーと組ませることで真価を発揮する。パスへの反応、飛び出しは他の選手と一線を画す。
シュート力は並のレベルを出ないが精度は非常に高く、こぼれ球への反応も鋭い。最高のごっつぁんゴーラー。

 IT 16/16 ヴィンチェンツォ・モンテッラ (17・6・15・13・16・13=80)
 KP戦術:ゴールハンティング

潰されることもあるが位置取りと動き出しで勝負し、パサーと共に決定機を作り出す「アエロプラニーノ」
あらゆる動きの一歩目に鋭さを感じる。ボールを受けた際も長いドリブルは苦手ながら1タッチでDFを置き去りにする。
前線に張るタイプながら周りも見えており意外とパスセンスもある。スタミナは数値より持ちそうだが若干不安。



 IS 01/16 セバスティアン・フレイ (7・18・10・17・14・12=78)
白、黒、と順調に強化を重ねてきた印象。
飛び出しのスピードはトップクラス。加えてシュート反応も高いレベルにあると思う。ハイボール処理もなかなか。
紹介文でPKに期待するも、別段強くは感じなかった。

 IS 02/16 イヴァン・コルドバ (10・17・12・14・18・15=86)
高さが無く空中戦はやや苦手ながら、スピード18は全てのセンターバックの中でベスト1。
抜かれることは希だが、抜かれてもそのスピードで追いつき死守。仲間が抜かれても圧倒的なスピードでフォロー。
1にも2にもスピード。奪取後のビルドアップに難があるが、個人的にはイチオシのDFの一人。

 IS 03/16 ハヴィエル・サネッティ (14・13・16・15・18・18=94)
 KP戦術:サイドエリア支配

両サイドのサイドバックからウィングまでムラ無くこなすサイド職人。SB、WBとして的確な守備と攻撃参加で攻守に存在感がある。
高めで見せるドリブルはサイドバックの域ではなく単独突破も可能。特筆すべきは正確無比なクロス。
決定力もサイド選手としては十分。低めで起用時はオーバーラップの裏を注意。

 IS 04/16 パオロ・モンテーロ (10・19・14・15・13・15=86)
 KP戦術:マリーシア

別段優れた点を持たないような数値ながら、抜群のストッピング能力を要する万能型ストッパー。
ドリブル、特に技巧的な揺さぶりに滅法強く、対峙すれば惑わされることなく鮮やかにボールを奪う。
攻撃意欲も旺盛で、奪った勢いで前線に運ぶドリブルをすることもある。ビルドアップも的確。
カバーリングもヘタではないが基本的に自ら前に出る。スタミナは連戦が辛いが1試合は問題ない。

 IS 05/16 ヤープ・スタム (11・19・13・20・13・14=90)
一風変わった守備対応を見せるセンターバック。まず自身のポジションを調整し、そこからタックルを繰り出すスタイル。
位置取りを優先させるので急な変化に対して脆さを見せることはあるが、単調な突破に対しては鉄壁の守備を見せる。
フィードセンスも上々で空中戦は言わずもがな。サイドバックでは時折攻撃参加も披露。

 IS 06/16 ワルター・サムエル (11・19・14・18・13・15=90)
 KP戦術:リトリート

冷静沈着なストッパーで、タイミングをギリギリまで見極めてのボール奪取が武器のセンターバック。
見た目には危なっかしいが、技巧的な切り返しにも我慢して奪う様は信頼に値する。カバーリングはそこそこ。
安定したビルドアップも魅力。一発のロングフィードも持ち合わせた名手。

 IS 07/16 カフー (16・13・16・13・18・18=94)
 KP戦術:アーリークロス重視

激しい上下動で攻守に頻繁に顔を出し、右サイドを我が物顔に支配することの出来る「ペンドリーノ」
積極的なフリーランに加え速く巧いドリブルも備えている。深くまで突破も可能だが手前から放たれるクロスも高精度。
時にエリア内まで進出する。決定力はサイドバックとしては高いがさほど期待は出来ないか。
オーバーラップの裏を取られることもあるが、引いているときの守備能力も高い。高い位置でも機能するサイド職人。

 IS 08/16 ジュゼップ・グァルディオラ (14・13・18・14・11・14=84)
フィールド全体、至る所に正確なパスを出せる驚異の視野とセンス持つプレイメーカー。
たまに固まるが守備も献身的。時には攻め上がり強烈なミドルを見舞う。
惜しむらくは全体的なフィジカル不足。守備時の競り負けや、スタミナ切れが無ければ…

 IS 09/16 マヌエル・ルイ・コスタ (16・10・19・14・14・15=88)
 KP戦術:スルーパス重視

FAでの技巧的なドリブルは健在ながら球離れが非常に早く、少ないタッチで高精度のボールを振り分けるハイテンポのパサー。
前線への飛び出し意識もやや向上したようで、チャンスがあればFWを追い越すフィニッシュも決める。
フリーランは増えたがボールキープが少なくなり、スタミナはやや向上傾向。

 IS 11/16 クラレンス・セードルフ (14・14・16・15・15・18=92)
低い位置では手を抜かず強く激しい守備でボールを奪うクラッシャー。
奪ったボールはスキル通りのキープ力で保持し決定的な仕事をやってのける。
オフザボールで前線に飛び出す動きも持ち、ミドルを含む決定力は非常に高いオールラウンダー。

 IS 12/16 ヒデトシ・ナカタ (16・12・17・16・13・17=91)
 KP戦術:トライアングルパスワーク

FAとはスタイルが異なり、球離れがやや悪くなった。言い方を変えればボールキープから揺さぶってパスを出すように。
サイドを抜くドリブルも積極的で、パスを選択肢に入れながら敵陣に迫る。決定力も相変わらず優秀。
サイドからの守備意識、ボール奪取能力は非常に高い。反面中盤底では行動範囲に欠ける。
スタミナはFAに比べアップしているが、スタイル故か逆に辛くなったようにも感じる。

 IS 13/16 シュンスケ・ナカムラ (14・8・18・10・13・15=78)
 KP戦術:ファンタジーア

付録カードに比べ球離れが非常に良く、少ないタッチで正確に、且つ決定的なパスを連発する。
KP設定時のドリブルも切れ味鋭く、速さではなく駆け引きと技術でDFを手玉に取る。
また、設定時には大きなサイドチェンジも見られ、自由にテクニックを披露している感じ。

 IS 14/16 クラウディオ・ロペス (18・6・16・12・20・15=87)
 KP戦術:シャドーストライク

最高峰のスピードはドリブルにも活きるが、真骨頂はオフザボール。裏への抜けだし、スペースでボールを呼ぶ動きの速さは異端。
そこから相手のギャップ目掛けて機敏にボールを運べば、あとはDFを振り切り決めるだけ。だが右足のシュートは不安。
浅い位置ではゴールに固執せずスペースを目指す。パスセンスも高く、クロス精度はムラがあるが、どちらかといえば好印象。
左足の高い決定力と、意外と献身的な守備、数値以上に好印象のスタミナでゴールを陥れる「ピオホ」

 IS 15/16 リヴァウド (20・6・19・16・17・15=93)
 KP戦術:ボールキープ
動きにムラがあるのは残念だが、絶頂時にはあらゆる守備を無力化するほどの個人技を発揮するファンタジスタ。
動き出しは鈍いが、前を向き加速すれば華麗なフェイントとフィジカルの強さで高度な局面高威力を披露する。
高精度のパスセンスも備え、揺さぶりから柔らかいアシストも供給。左足のシュートは距離や角度を全く苦にしない。
スタミナは標準的で右足のシュートはエリア内でもかなり不安。安定感には欠けるが魅力溢れる選手。



 LE イェンス・レーマン (9・18・5・18・13・12=75)
飛び出しスピードは改善されたが、キラとしては並。
逆にセービング能力は高いレベルにあり、シュートへの反応は鋭い。
反面キャッチングは疑問符。でも安定感はあると思う。PKはかなり強い。

 LE エドウィン・ファン・デル・サール (11・19・15・16・12・10=83)
 KP戦術:リベロ・キーパー

飛び出しは最高峰までいかないもののそれに準ずる速さ。それ以上にボールを的確に抑える上手さがある。
長いリーチを活かしてのセービング範囲も広くキャッチも上々、フィードは飛距離こそ並ながら精度は高い。
地上戦において安定感抜群ながら、サイドからのクロスに対してポジショニングを誤ることが多い。
クロスキャッチ自体は巧いので、クロスを上げられそうになったら思い切って飛び出すが吉か。

 LE ロベルト・アジャラ (10・20・13・17・15・15=90)
 KP戦術:パワーディフェンス

高い積極性で相手の懐に飛び込み、足を伸ばしてでもボールを絡め取るタックルの達人。ややファウルが多いのは気になる。
中盤辺りまで無鉄砲と思えるほどのタックルを慣行するが、成長後はしっかりウェイトとチャレンジを使い分ける印象。
引いていれば機敏なカバーリングもこなし、確実に攻撃に繋げるビルドアップ能力もある。
非常に良く動くDFで、スタミナは数値の割にやや不安ながら、個としての守備能力は最高峰の「ラトーン」

 LE マルセロ・デサイー (11・19・13・20・15・17=95)
 KP戦術:フォアリベロディフェンス

積極果敢な守備でピッチに君臨するストッパー。中盤と最終ラインで微妙にスタイルが異なる。
最終ラインではポジションを守りつつ基本的に相手の懐に飛び込む。空中戦にも強く、非常に堅牢。
中盤ではとにかく積極的にボール保有者に飛び込む。空中戦の強さも相変わらずでイーブンボールに滅法強い。
スタミナも全く問題ないが、若干攻撃時のパス精度やパス出しの判断などは疑問が残る。

 LE ミカエル・シルヴェストル (12・16・12・17・15・16=88)
 KP戦術:パワーディフェンス

欠けるもののない身体能力を活かした守備でチームを助ける。基本的にストッパーながらカバーリング能力も高い。
白に比べるとファウルも少なく、こぼれ球への反応も鋭い。ポジショニングがやや拙いが持ち前の能力でカバー。
サイドバックではより位置取りの拙さが目立ち、積極的な攻撃参加は少ないが積極的なロングフィードが光る。
スタミナは十分で、状況でサイドもセンターもこなせる才能はチームを助けるが、どちらかというとセンターの方が得意か。

 LE タリボ・ヴェスト (10・16・9・18・17・16=86)
 KP戦術:ハードマーク

高い身体能力を全面に押し出したハードな当たりと、超攻撃的にタックルを仕掛ける積極性が魅力のストッパー。
強く速い寄せは抜群の奪取力。カバーの意識は低いがその高い積極性が結果的に味方のフォローになることも。
が、やはり基本的には自身の裏をケアしてくれる相方と組ませるのがベスト。
繋ぎの意識も低いが、パーツとしてはトップクラス。スタミナ値は高いが、そのスタイル故に数値ほど信頼は出来ない。

 LE ヨルグ・ハインリッヒ (12・14・14・15・15・18=88)
両足でボールを蹴れる器用さで守備的な両サイドをムラ無くこなす。動きは攻守に積極的。
上下動の運動量は多く、攻撃時は果敢に攻め上がり守備時は迅速に戻る。ポジションに大穴は空けない。
身体能力になると辛いが守備能力は十分。紹介文通り攻守切り替えは優秀で、奪ったボールはすぐにカウンターの起点に。
クロスの精度も合格点ながら若干バリエーションに欠ける。単独突破は苦手。味のあるサポート役。

 LE イヴァン・エルゲラ (14・17・15・14・15・16=91)
中盤の選手としては激しさが無く、スマートなタックルでボール奪取。インターセプトも上々。
スキルの急襲はフリーランでもドリブルでも見られ、エリア付近までボールを運び決定的パスを出せる。
展開力も十分で、広い視野から的確なミドルパスでゲームをコントロール。
最終ラインに入ると積極的に寄せるスタイルに。パワー不足ながら技術と速さでカバー。

 LE ユーリ・ジョルカエフ (17・6・18・12・16・14=83)
パスは正確だが球離れが若干悪く、アシスト役としては物足りない。ドリブルは巧いが、単独突破できるほどではない。
そんな中で特筆すべきは前線に顔を出す動き。中盤に配置しても頻繁にFWを追い越す。
前線が膠着したときにフリーで飛び出す動きは彼独特の持ち味。決定力も上々の「ナイン・アンド・ハーフ」

 LE ウラジミール・ユーゴヴィッチ (13・13・16・14・15・19=90)
ディフェンシブハーフとして広範囲を高い献身性で守備をそつなくこなし、前線の攻撃に繋げるリンクマン。
守備技術に穴はなく、DF前で動き回りタックル、インターセプト両面で守備を引き締める。
繋ぎや展開のパスも巧いが前線に飛び出す動きも頻繁で、ゴールシーンにも絡む「ハーフオブザチーム」。

 LE ヒロシ・ナナミ (13・10・17・9・11・13=73)
 KP戦術:ミックスパスワーク

守備に献身性がありよく動く。コンタクトを避けるタックルで意外にも守備貢献度は高い。
もちろんパスは正確で視野も抜群。サイドに開いた選手へも楽々通す。
FWを追い越す動きは無いが、高い位置でボールを受ければ素晴らしいラストパスでゴールを演出。
序盤はスタミナ不足に悩まされるが成長後は1試合なんとか持つ。プレイスキックも魅力の「ナナ色の左足」

 LE サンディ・オリセー (11・14・13・15・16・18=87)
 KP戦術:オフェンスダイナモ

攻守に非常に積極的なスタイルが持ち味。スキルの通りダイナミックにピッチを行き来する疲れ知らずのダイナモ。
中盤での守備能力は申し分なく、奪取力抜群のタックルと広い行動範囲を持つが、若干横よりも縦に動きたがる。
攻撃意識も数値以上で、ドリブルはそこそこだが地味ながら的確なパスで基点となり、フリーで駆け上がる。
右足でのシュートは破格で、GKがキャッチすることはほぼ不可能。ゴールか、最悪でもCKを取れる。

 LE アリエル・オルテガ (16・5・18・8・17・15=79)
 KP戦術:ドリブル突破

パスセンスは高いが球離れが非常に悪く、ただただドリブル突破に執念を燃やす「エル・ブリート」
スピードで振り切るドリブルもあるが、相手を前にしてのテクニックを活かしたふらふらのドリブルが真骨頂。
プレーが単調になりがちで行き詰まると足を引っ張るが、右足での決定力も備えたドリブラー。ボールを集めすぎるとバテる。

 LE セバスチャン・ヴェロン (15・11・19・18・14・17=94)
 KP戦術:ロングパス重視

スキル通り、非常に正確なロングパスで好機を演出する「ブルヒータ」。細かな繋ぎも精確無比。
前を向き何度も決定的なパスを狙う姿勢も良い競り合いの強さを活かしたキープ、ドリブルもなかなか。
強烈なキック力で決定力、プレイスキックも抜群。序盤は守備に不安があるが成長後は充分及第点を出せる。

 LE ジネディーヌ・ジダン (18・10・20・18・15・16=97)
 KP戦術:フィールド支配

MFとして全てをハイレベルで兼ね備えた「新たなる将軍」。高い技術と競り合いを駆使したドリブルは圧巻。
パスセンスもトップクラスで、足下へもスペースへも出せる。自ら攻め上がっての得点能力も高い。
トップ下として守備対応も十分。スタミナは連戦するとやや厳しくなるが、攻撃面で欠けるものは一つもない。

 LE クリスティアン・ツィーゲ (14・14・13・16・16・15=88)
若干大味ながら献身的な動きと穴のないフィジカルから繰り出すタックルでサイドを防衛。中央に絞る動きも心得る。
パワフルなドリブルや低弾道高速クロス、強烈なシュートはサイドバックとしては破格で自ら試合を決める動きも出来る。
その攻撃力hウィング起用にも耐えうる。コーナーキックも低く鋭いボールを供給。
攻守に幅広く動くためスタミナ面に不安。基本的に右足は使わず。

 LE マルセロ・アモローゾ (19・5・17・12・18・14=85)
横の動きとボールキープの動きに優れた、チャンスメーカーでありストライカー。
ドリブルはギャップを突くタイプ。スペースがない場合はライン手前でのキープで味方へのアシストも備える。
自信の決定力もエリア外ミドルを狙える程優秀だが、競り合いには弱くスタミナもやや不安か。

 LE ファウスティーノ・アスプリージャ (18・5・16・14・20・15=88)
 KP戦術:ドリブル突破

やはり武器はそのスピードを駆使したドリブル。トップスピードに乗れば、その突破を止められることは皆無。
反面裏への飛び出しなどの意識は薄く、基本的に足元に欲しがる。決定力はキラとしては並レベルか。
パスを選ぶ判断、その精度もそこそこ良い。スタミナは終盤辛いが、一人で試合を決められる「オクトパス」

 LE アレン・ボクシッチ (19・6・16・17・18・15=91)
ドリブルはスキル通り一網打尽。競り合いの強さにスピードに加えタッチの細かさも備え、狭いスペースでも突破出来る。
決定力がやや独特で、威力か精度かに偏る場面が多く感じる。豪快に蹴ると枠に行かないことが時折ある。
「暴走機関車」のごとく強烈なドリブル突破はスタミナを多く消費する。細かい怪我も少し多い。

 LE パオロ・ディ・カーニオ (17・8・17・14・15・15=86)
 KP戦術:ダイレクトシュート重視

数値に物足りなさを感じてしまうが、高い実力を持つ「さすらいのマジシャン」。
テクニック系統としては高めのフィジカルを生かし、状況に応じて加速とフェイントを使い分ける。
球離れはやや気まぐれな面もあるが、パスの精度も上々。エリア内での決定力も充分だが、ミドルはやや不安。

 LE ティエリ・アンリ (20・6・17・14・20・17=94)
ストライカーとしての意識が色濃いアンリ。シュートは威力精度共にトップクラス。
パスを出すことを良しとせず、直線的な素晴らしいドリブルで敵陣を切り裂く。
クロスに合わせる技術も高く、意外にもヘッドに強さを見せる。
WST、CRAとの比較はこちら

 LE ヌワンコ・カヌ (18・6・18・16・13・13=84)
スタミナが若干不安だが、高いトラップ技術やキープ力、テクニカルなボールタッチでDFを手玉に取る「パビリオン」
スキルは駆け引き能力を表しているのか、タックルに来た相手が自分の間合いに来た瞬間にワンタッチでかわす突破が冴え渡る。
パワー、スピードは数値以上に感じ、左右の足はもとより頭でも正確で強烈なシュートを放つ事が出来る。
セカンドトップ、トップ下でもキープ力やパスセンスで多くのチャンスを演出。膠着時に何かしてくれる期待感のある選手。

 LE イヴァン・カヴィエデス (15・6・15・14・15・13=79)
 KP戦術:ゴールハンティング

時折技巧的な突破を見せるが安定感はなく、暫くボールを持てばパスを出せるがポストプレーは少ない。
エリア内での決定力は素晴らしく、パスやクロスに点で合わせるセンスは秀逸。ゴール嗅覚が高く感じる。
ミドルは乏しく、エリア外で出来る事は少ない。それ故かスタミナは数値より好印象。

 LE ダルコ・コヴァチェヴィッチ (18・7・15・18・14・15=87)
圧倒的な高さ。それに加え位置取りが非常に良い。
高さとポジショニングを駆使し、フリーでたたき込むヘッドは強力。
足下の技術もあり、意外な単独突破も威力充分。ポストプレーも良し。実は万能ストライカー。

 LE パトリック・クライフェルト (19・8・17・19・15・15=93)
どんなボールも懐に収め、技術とパワー全開の突破でゴールへの道をこじ開ける。
ダイレクトシュートやミドルも非常に強力。味方へのアシストセンスも抜群。
トラップは一度ボールを止めるクセがあり、最前線向けではないが持ち前の能力で何とかする。
アシストを活かすならセカンドトップ。難点は1対1のシュートとPKの異様なまでの下手さ。

 LE パトリック・エムボマ (17・7・13・18・16・14=85)
 KP戦術:ダイレクトシュート重視

全体的なプレイに安定感を欠くが、ツボにハマった時には全てを凌駕する能力を発揮する「黒豹」
ドリブルは技巧的とは言いがたいものの、そのパワーでトップスピードに乗れば抜けないことは稀。
左足のシュートはエリア外からでも難なくネットに突き刺さるが、右足は威力精度ともに物足りない。
KPの示すとおり、浮き球を叩き込む能力は非常に高い。打開させても合わさせても良し。球離れはやや悪い。

 LE カズヨシ・ミウラ (17・9・18・13・16・16=89)
 KP戦術:キングオブフットボール

シュートは威力こそJ-LEに比べ物足りなさを感じるが、枠外へ飛ばすような失態は少ない。
ドリブルはややスピード不足な感はあるが、角度のある切り返しとコース取りで突破力はかなりのもの。
スタミナも優秀ながら守備貢献は数値に反しやや低く感じる。サイドからのクロスにも精度があり、サイド適性が増したか。

 LE ミラン・ラパイッチ (16・5・15・16・17・14=83)
 KP戦術:ウィンガードリブル

「左サイドの仕掛け人」の実況の通り、速さと力強さを備えたドリブルで、割り込んでくるDFを無きもののように抜く。
突破力は素晴らしいが、クロス精度はそこそこ。加えて自身の決定力はかなり低く、左足でも枠外にいくことも。
オプションは少ないがサイドを抉らせる事に絞れば問題なし。スタミナは数値程度。

 LE ジャンフランコ・ゾラ (18・6・18・10・16・15=83)
 KP戦術:プレースキック重視

シンプルながらテクニックを活かしたキープ力で高い突破力を誇り、突破一辺倒にならずフリーの味方に絶好のパスを送る。
自らの決定力も素晴らしく、右足ならロングレンジでも狙える。恐らく最高峰のフリーキックは直接でも間接でも相手の脅威。
守備の意識も意外と高く、不意のボール奪取でカウンターを発動。スタミナは数値より遥かに好印象の「リトル・ジーニアス」



 ATLE ミヒャエル・コンセル 
飛び出しスピードはさほど速くはないが、詰め寄る途中で撃たれても対応出来るように前に出ている印象。
土壇場でのビッグセーブもなかなか。クロスの対処は並。

 ATLE フランコ・バレージ 
 KP戦術:フォアザチーム

若干高さ不足。それ以外を全て兼ね備えた伝説。
インターセプト、タックル、ラインコントロールは最高峰。周囲をフォローする力も秀逸。
加えて機を見たドリブルでの攻撃参加とフィードで起点やアシストもこなす。オーバーラップの隙を突かれる事もあるが。
基本は自ら当るがカバーも上手いので、どんな相手とも調和できる。ATLEゆえ連携問題があるが。

 ATLE ジュゼッペ・ベルゴミ 
競り合いの強さと機動力を兼ね備えた、積極果敢なタックラー。
若干動きすぎな感はあるものの奪取力は非常に高い。サイドバックとしてオーバーラップも見せる。
よく動く方なのでクレバーな相棒を据えるのがベスト。

 ATLE ローラン・ブラン 
 KP戦術:カバーリング

スキルが語るとおりカバーリングの達人。広範囲にわたって迅速に味方をフォローする。
正面きっての1対1では競り合いに負けたり多少弱さが出るが、走り込んだ相手に割って入るボール奪取は抜群に上手い。
スタミナは連戦すると多少不安が出るが、積極的なDFの相方としては理想的。

 ATLE ニコラ・ベルティ 
激しい上下動で攻守に貢献するオフザボールの達人。両サイドこなせる器用さも武器。
手を抜かない守備とフリーランでの攻撃参加で精力的に動き回る。サイドの選手の割にフィジカルも穴がない。
単独での突破力は期待出来ないが攻撃的サイドバック、ウィングバックとしては屈指の存在。
守備的中盤でも機能するものの、横の行動範囲は広くない。スキル通りサイドを預けるのが無難。

 ATLE ズボニミール・ボバン 
 KP戦術:バイタルエリア支配

突破力もあるが球離れが良く、決定的なパスを送るアシストの名手。加えてエリア外からミドルを叩き込む力も持つ。
MFとしてあらゆる能力を備えているが、一辺倒にならず状況に応じたプレイで攻撃パターンに変化を加え続ける。
やや軽いが守備力もあり、センターハーフとしても機能する。トップ下でもほどほど守る。
スタミナが連戦するとやや不安ながら充分信頼できる。前線の手綱を預けるには最適な「バルカンの猛虎」

 ATLE トニーニョ・セレーゾ 
守備技術は高いが献身性はそれなりで、中盤を一手に任せるには心許ない。
その武器は紹介文通りの、精度、スピード共にトップクラスのミドルパス&ロングパス。
球離れも良く、最高峰のパスで低い位置からでも数多くのアシストをこなす。鋭いプレイスキックも非常に魅力的。

 ATLE ディディエ・デシャン 
 KP戦術:ファイティングスピリッツ

豊富な運動量とボール保有者にまとわりつく動き、身体を入れるタックルで中盤の守備を一手に引き受けられる。
パスは地味で無理をせず短く繋ぐ。長いパスを出すと雑になることも。
希に前線へと駆け上がり強烈なミドルを放てるが、とにかく守備に奔走する様はまさに「マラソンマン」

 ATLE ドゥンガ 
激しいチャージと広い散らしが武器のパワー系レジスタ。逆サイドへのパスも難なくこなす。
やや範囲の狭さと足の遅さが気になるが、守備時に競り負けることは殆どない。
たるむことは少ないが、何故かたまに居ないことがあるのが悩みの種。

 ATLE レオナルド 
 KP戦術:キープレイヤーアタック

スキルの通り、流れるようなボール捌きを様々な局面で的確に披露する万能なテクニシャン。
基本的に非常に球離れが良く、前線へ向けてバリエーション豊富で精確なパスを供給するが、単独突破も技巧的で武器になる。
サイドでも中央でも幅広くプレイできるだけでなく、献身的な守備も心得ており前線だけでなく中盤底、サイドバックでも機能する。
スタミナは標準的かやや高い程度。どんなチームでも調和し、遺憾なく能力を発揮出来る使いやすい選手。

 ATLE パウロ・ソウザ
 KP戦術:ミックスパスワーク

経験依存度がかなり高く、序盤は守備に動かない。成長後も一人でこなすには心もとないが、ある程度の献身性を備える。
紹介文の通り高いパスセンスを有し、適度なキープから広く精確に前線に繋げる。スペースへのパスより足元へのパスを好む。
スタミナは標準レベルで、連戦するとやや辛さが見える。より守備的な選手と組ませ、攻撃のリズムを作らせたい選手。

 ATLE ステファン・シュヴァルツ 
攻守に奮闘するレジスタ。やや左足に依存するが、ピッチを掌握する視野と正確なミドルパスで展開を彩る。
フリーの仲間を狙っての散らしは攻撃の起点。パスも素晴らしいがフリーランで決定機に絡む一面も。
経験が貯まるまで守備は散漫。貯まるまではセンターハーフがベスト。
成長後は高い敏捷性と横から割り込む技巧的な守備でボランチでも機能するようになる。

 ATLE ソクラテス 
テクニックはトップクラスながら、基本的にシンプルなプレーでチャンスメイクに徹する選手。
球離れは非常に良く、前線選手の足下やスペースに次々ボールを放り込むパサー。
フリーランでの飛び出しも積極的で、トップ下でゴールに多く絡む司令塔。ただ、スタミナは数値以上に不安。

 ATLE アーロン・ヴィンター
 KP戦術:ムービングパスワーク

行動範囲が広く献身的、豊富な運動量で攻守に多大な貢献を見せる中盤の核。最終ラインのフォローから前線への飛び出しまで。
ボールは即座に繋いではオフザボールで動く事が多い。右足での強烈なシュートはミドルレンジからでも突き刺さる。
フィジカル面で穴もなく高い奪取力を誇り、ある程度の連戦に耐えうるスタミナも魅力。

 ATLE ジーコ 
足下へのパスや裏へのパス、サイドからのクロスとアシストに関しての能力は素晴らしく高い。連携線無関係にキラーパスを通す。
ボールを持たずに前線へ顔を出しフィニッシュに絡むシャドー的な動きも好み、頻繁に飛び出しを行う。決定力は非常に高い。
球離れは基本的に良いが希に突破も試みる。ドリブルは非常にテクニカル。しかし突破やキープ中に問題なのが競り合いのひ弱さ。
スタミナも1試合フル出場は厳しく不安。CKはややスピードに欠けるがFKは素晴らしい。

 ATLE ケネット・アンデション 
圧倒的なパワーで前線を制圧する驚異のハイタワー。
意外な器用さを見せ、動きながら受けるトラップやポストプレーなど細かいテクニックが光る。
DF手前でスっとボールを受け、速さはないがパワー全開でなぎ倒すドリブルも武器。
決定力も問題はなく、体を投げ出す泥臭いシュートも放つ。クロスに合わせるのも上手いが何故かボレーが多い。

 ATLE アベル・バルボ 
両足で正確かつ強烈なシュートを放つ点取り屋。特に精度は驚異的で、枠外へ飛ぶシュートは全く無いと言える程。
中距離遠距離だろうが角度が無かろうが確実に枠へ飛ばす決定力は最高峰にある。撃つタイミングも絶妙。
高さの割に空中戦も力強く、的確なポジション取りはヘッドや飛び出しで活かされる。意外とFKが上手い。
ドリブルは直線的ながら競り合いは数値以上で、割り込むタックルにはめっぽう強い。希にシザースもみせる。

 ATLE ピエルルイジ・カジラギ 
パワー特化の究極系とも言える程の強さを誇る競り合いを武器に、ゴールをこじ開ける「ダイ・ハード」。
パワフルな突破はそう簡単に止まる事はない。飛び出しは並ながら抜群のキープ力を活かしたトラップから1対1を作ることも。
周囲を活かす術も承知しており、ワンタッチのヘッドやキープしてのポストプレーも秀逸。走力、技術も数値以上に感じる。
シュートは角度があると決まらないこともあるが、コースの甘さは驚異的なキック力で帳消し。上背はさほど無いが空中戦も強い。

 ATLE ダニエル・フォンセカ 
別段スピードやテクニックに優れているわけではないが、コンタクトの瞬間切り返すドリブルが得意。
競り合いの強さは突破力に表れ、力強さと巧さで縦への突破力は魅力的な武器。味方を使うプレーも出来る。
左足のシュートは威力精度ともに抜群ながら、右足はかなり苦手。パスは必ず左で出す。

 ATLE ユルゲン・クリンスマン 
 KP戦術:ダイレクトシュート重視

直線的ながらパワーとスピードを兼ね備えた強靭なドリブルを持ち、割り込みや後方からのチャージには滅法強い。
ミドルレンジの決定力はさほどではないが、エリア内ではどんなボールをどんな体勢でも力強く叩き込む。
味方を使うプレーはそこそこだが、裏へ抜ける動きやこぼれ球への反応も鋭い。スタミナも殆ど不安はない。
やや調子依存が高く、不調時は決定機をモノに出来ないことも。簡単なシュートより難しいシュートを好む「ゴールデンファルコン」

 ATLE ロベルト・マンチーニ 
高いテクニックはするりと抜けるドリブルと絶妙なアシストで自他の得点機を作る。
パスの受け方も抜群で、引いて受けてのアシスト、前線に飛び出し裏を取る動きも上手い。
変にこねることが少なく、セカンドトップとして非常に優秀。主役も脇役もこなす「フィールドのアーティスト」

 ATLE ミューレル 
スピードのみを武器としたFW。軽やかなドリブルや飛び出しでチャンスを作るがパワーが無さ過ぎる。当られるとそれまで。
右足での決定力は信頼できるが左はやや劣る。ヘディング、ダイレクトシュートも苦手。
ウィングとしてのクロスも劣るがスルーパスはなかなか。飛び出しや裏への反応を駆使したCF、STがオススメ。

 ATLE ジャン・ピエール・パパン
 KP戦術:ダイレクトシュート重視

競り合いとスタミナに不安があるが、パスを呼ぶ動き、パスに合わせる動きが抜群に上手く、瞬間芸で点を取る事に長けた「高性能爆撃機」。
アクロバティックなボレーが非常に上手く、クロスの落下点に素早く入り、届かなくても身を投げ出して芸術的ゴールを叩き込む
基本使われるタイプだが、空いている所を迅速かつ巧みに突くドリブル、味方のチャンスに決定的パスを出すセンスも高い。。

 ATLE フローリン・ラドチョウ 
 KP戦術:シュート重視

抜群のスピードが魅力の快速ストライカー。ただ速いだけでなく裏へ抜けるタイミングやパスへの反応も鋭い。
ドリブルもその恩恵を受け、振り切れば追いつかれることは稀。対峙しての突破力も高い。
決定力も十分高いが、ヘディングは若干苦手か。スタミナは若干不安だがアシストセンスも光る。

 ATLE デヤン・サヴィチェヴィッチ 
 KP戦術:フリーロール

「ジェニオ」の実況が示すとおり天才肌の選手で、プレー全体に安定感がない。だが絶頂時にはどんな相手も魔法で翻弄する。
パワー、スピード共に並ながら圧倒的なテクニックで七色のフェイントを織り交ぜ敵陣を翻弄。パスの種類、精度共に素晴らしい。
決定力は序盤こそムラがあるが成長後は意外性のあるシュートでゴールを量産。フリーキックの精度、威力も素晴らしい。
スタミナはやや不安で連戦すると厳しい。使い手も翻弄されるときもあるが、存在感は抜群。

 ATLE イヴァン・サモラノ 
「ザ・テリブル」恐怖の男の由来はボールが来れば必ず仕留めるその仕事ぶりから。
素早い飛び出し、すり抜けるドリブル、高さの割に的確に合わせるピンポイントヘッド。
確かな身体能力と確かな技術に加え、明晰な頭脳でポイントを探るポジショニングも秀逸。
パス供給ルートが整えば、より威圧感を増す。絶対的なエースストライカー。

 ATLE サルバトーレ・スキラッチ 
速くなく、強くない。単独での突破は期待出来ない。調子によって出来が違う、ムラのある選手。
ポジショニングや飛び出し等、頭脳とタイミングで勝負する選手。アシスト源必須。
ダイレクトシュートの能力は高く、落下点を素早く探る。高さで負けてもヘッドを叩き込む「ラッキーボーイ」
後半投入時の方が動きが良い気がする。しかしATLEを控えに回すのは…

 ATLE ルーベン・ソサ 
 KP戦術:ペナルティエリア支配

テクニックを全面に押し出したスタイルで華麗にゴールを導き出す、スキル通りの「ゴールの詩人」
ドリブルは速いだけでなく的確なコントロールが冴え、DFの逆を突くドリブルで状況を打破。
パスは意外と球足が速く、スペースを確実に射抜くスルーパスで幾多の決定機を演出。序盤は決定力が不安ながら徐々に解消。
スタミナはやや不安でフルの活躍は見込めないが、サイドでもトップ下でも輝ける使い勝手の良いファンタジスタ。

 ATLE ジャンルカ・ヴィアッリ 
高い決定力を武器に、左右の足で時に豪快に、時に正確にゴールを奪う「ゴール製造器」
経験が貯まるまで辛いが、競り合いの強さと裏への意識、背後からのチャージへの耐性で多くの1対1を作る。
ダイレクトでのシュートも上手い。紹介文の通り、シュートモーションがやや大きいのが気になる。

 ATLE ジョージ・ウェア 
 KP戦術:バイタルエリアドリブル

速さ、強さ、巧さ、全てを兼ね備えた破壊的なドリブルで守備陣を粉砕する「リベリアの怪人」。
序盤はやや一本調子な面もあるものの、徐々にパスを上手く織り交ぜるようにもなる。精度はそこそこ。
決定力もややムラがあるが成長後はミドルも狙えるシュートを放てるように。意外と裏への反応も俊敏。
ドリブルを多用する割にスタミナはそこそこ良く、数試合なら終盤までのハイパフォーマンスが見込める。



 TS クリスティアン・ヴィエリ (20・6・15・20・15・14=90)
 KP戦術:ペナルティエリア支配

巨体の割にポジショニングに非常に優れ、裏へ抜ける意識、動きの質共に一級品。
割り込んだDFを破格のパワーで吹き飛ばす。成長後は強引なドリブルにも冴えを見せ、一人でも調和でもゴールを狙える。
左右の足でのムラも減り、空中戦も強力。スタミナがやや不安ながらTSの名に恥じない「テレモート」

 MVP 1/2 パヴェル・ネドヴェド (18・12・16・16・16・19=97)
 SKP:オーバーラップ

両サイドとトップ下、低い位置でも高いレベルのパフォーマンスを発揮する、便利屋を超えた便利屋。
力強いドリブルでサイドを切り裂き速く正確なクロス。トップ下から繰り出すスルーパス、FWを追い越す飛び出し。
前線を縦横無尽に駆けまわる。更に強力なシュートは少々の距離をものともせずゴールに突き刺さる。
守備にも積極的で、低い位置で起用時はライン付近まで戻る献身性も備える。その上スタミナは無尽蔵。脅威の「ロケット」

 MVP 2/2 フランチェスコ・トッティ (19・9・18・17・16・17=96)
 KP戦術:フィールド支配

突破力もあるが、他のトッティに比べ優れるのがボールを持っていないときのポジショニング。
セカンドトップに陣取り、DF手前で受けてパスやドリブルで勝負することもあれば、ライン裏を狙う動きも見せる。
決定力はトッティの中では最高峰。滅多に枠をはずさない強烈なシュートで確信のゴールを奪う。
不意に見せる守備意識も上々。バテることも少ない。プレイスキックも素晴らしい「イル・プロディージョ」
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。