草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05-06 白黒
 No.001 GK イェンス・レーマン (9・19・7・18・10・10=73)
飛び出しはすごく遅いが、シュートへの反応はなかなかのもの。ビッグセーバー。
ただ、ゆる~いFKを決められたりもする。安定感は今ひとつか。

 No.002 DF ソル・キャンベル (11・18・12・19・11・13=84)
 KP戦術:全員攻撃

空中戦での存在感が若干薄くなった感があり、カバーリングのセンスはそれなりに劣る。
ストッパー色がより強くなり、時に持ち上がることも。それらも踏まえスタミナは更に不安が出てきた。
積極的なストッパーとして優秀なタックルは健在なので、相方選びを慎重に。

 No.004 DF ローレン (11・13・14・15・15・15=83)
04-05からOFEが下がったが、それが逆に守備への集中を高めたようだ。
オーバーラップの頻度が減り、タックルの失敗も少なくなった印象。
それでもたまに棒立ち、仕掛けのミスはあるので過信は出来ない。

 No.005 DF フィリップ・センデロス (8・17・11・18・13・14=81)
 KP戦術:ハードマーク

基本的に自ら当たりに行くストッパーながら、出るときと引いて守るときのメリハリがしっかりしている。
カバーリングもストッパーとしては巧く、パートナーを選ばず重宝する優秀なセンターバック。

 No.006 DF コロ・トゥーレ (10・17・13・15・17・15=87)
白に比べ、相手をよく見るようになった感じ。タックルよりウェイトが増え、安定感が増した印象。
ただ、経験が貯まるまでが辛い。貯まるまでは白を使った方がよさそう。

 No.007 MF フランセスク・ファブレガス (14・10・18・13・15・15=85)
守備の意識が格段に向上。当たりは弱いが割り込む守備でボールを奪う。
パスセンスは変わらず高く、オフザボールの飛び出しで前線に顔を出すようにもなった。
お膳立てとフィニッシュを両立させるが、スタミナに若干の不安。

 No.009 MF アレクサンドル・フレブ (13・10・18・13・18・15=87)
 KP戦術:バイタルエリアドリブル

06-07白に比べ球離れが格段に良く、パスによるチャンスメイクを好む感がある。
縦への推進力も十分に備えており、速巧兼備のドリブルは健在。サイドを深々とえぐってのクロスや決定力も十分。

 No.010 MF フレドリク・リュングベリ (15・11・16・14・17・18=91)
 KP戦術:ムービングパスワーク

非常に高い能力でまとまったオールラウンドなMF。両サイドのウィングからサイドバック、センターハーフまで安定してこなせる。
最大の魅力はドリブル突破ながら、フリーランでエリア内に飛び込む動き、献身的な守備もこなす。パスやクロスも上々。
自分の決定力も問題ないがシュートレンジは並か。スタミナも充分で、常に攻撃を牽引してくれる。

 No.014 FW クインシー・オウスアベイエ (13・4・16・13・19・13=78)
 KP戦術:ボールキープ

両サイドで遜色ない動きをこなす。豊かなスピードと高いテクニックはスキル通りのステップを見せる天才ダンサー。
元々ドリブルは一級品だが若干一本調子。だが経験が貯まればスタミナやパスに確かな成長も見られる。
シュート力は無いが意外にも正確に枠を捉える。1試合は持たないが、動いている間は文句のない働き。

 No.015 FW ホセ・アントニオ・レジェス (17・8・16・12・19・15=87)
左サイドで見せるドリブルは、とても白が見せる技ではない。確かな技術に驚異的なスピードで敵陣を切り裂く。
主に中に切れ込む動きを好む。決定力も相応で、角度のない位置からでも枠に飛ばす力を持つ。
開いてのクロスも鋭いがほんの少し精度を欠くか。意外なチェイスも効果的。スタミナも1試合もつ。

 No.016 FW ロビン・ファン・ペルシー (18・6・15・14・18・13=84)
 KP戦術:ムービングパスワーク

吸い付くようなドリブルは高い突破力を誇り、裏への反応も優れる点取り屋。決定力も高い。
それに加えてサイドをえぐるウィンガーとしても非常に優秀。パスセンスも優れ、アシスト源としても優秀。
CF、両WGと幅広い活躍は見込めるが、全体的なスタミナ不足は否めない。



 No.018 DF リカルド・カルバーリョ (9・19・13・14・15・16=86)
柔軟なストッパーからカバーリングの専門家へ変身。
抜かれた味方のフォローは迅速。周囲との連動で奪うタイプ。
代わりに1対1やインターセプト能力がダウン。04-05の方が使いやすいか。

 No.019 DF アシエル・デル・オルノ (13・12・14・13・17・16=85)
 KP戦術:オーバーラップ

攻守に渡り幅広く貢献する左サイドバック。攻撃面でも守備面でも抜群の存在感を発揮。
守備では1対1に強く、揺さぶりにも柔軟に対応。中央に絞るカバーリングも非常に的確で優秀。
単独突破は望めないが高速フリーランで前線に追いつき決定的なクロスも出せる。スタミナも問題ない。

 No.020 DF パウロ・フェレイラ (13・11・15・11・16・15=81)
 KP戦術:ロングパス重視

サイドバックとしては守備対応が軽く、競り合いに不安があるのは相変わらず。白としてハイレベルなクロスも健在。
前線でボールを受けた際の球離れが良く、持ち上がりが少ない。味方にボールを預けてのフリーランで攻撃に参加。
スタミナ-1は実感あり、上下動の激しいタイプなので連戦には不安がある。

 No.021 DF ウィリアム・ガラ (10・18・12・17・15・15=87)
どちらかと言えば積極的なタイプだが、インターセプトやカバーもこなす柔軟なストッパー。
空中戦にも強さを誇り、フィジカル面に不安もない。トップレベルには一歩劣るが競れて足も速い。
表記は両サイドバックながら、若干ぎこちなさが見られる。センターバックが本職。

 No.023 MF ジョー・コール (16・9・18・10・16・14=83)
大げさなフェイントを仕掛ける事が減り、増したスピードとコース取りでシンプルに右サイドをえぐる。
突破力は増した感があるものの、左サイドでは内へ切れ込む傾向が強くなり左右同等にこなせなくなった。
トップ下としては機能する。決定力は若干落ちたかも。アシスト能力は高い。

 No.024 MF ダミアン・ダフ (15・9・15・14・17・16=86)
高いレベルのドリブル突破と、意外なパスセンスでサイドからチャンスメイク出来るウィンガー。
右足にやや不安があるが決定力も上々。特に右で起用時は積極的に切れ込んでゴールを狙う。
左では開きと切れ込みを使い分ける幅の広さがある。スキルの守備技術はそれほどではない。

 No.025 MF ミカエル・エシアン (13・12・13・15・16・19=88)
中盤のダイナモとして攻守に奮闘する猛牛。とにかく献身的に動く。
行動範囲が広大で奪取力はかなり高い。時にFWの位置まで駆け上がりゴールも決める。
欠点は経験が貯まるまでの動きが非常に悪いこと。

 No.029 MF ショーン・ライトフィリップス (14・8・13・9・19・14=77)
やや芸がないものの、スピード全開のドリブルで守備陣を突破出来る。
スペースにドリブルする傾向があり、DFが揃っている状態ではあまり仕掛けにいかない。
クロスも精度があり決定力もある。がサイドの選手としてはスタミナ不足。

 No.032 FW エイドゥル・グジョンセン (14・11・15・16・16・16=88)
優秀なストライカーは攻撃的なユーティリティプレーヤーへと変貌。
球離れが良くなり、センターハーフ、サイド、トップ下と攻撃的なポジション全てを平均以上にこなす。
守備時に動きが堅いことがあるが献身性は高い。ドリブル能力が落ちた感があるが決定力は健在。飛び出す意識は高い。



 No.033 GK ホセ・レイナ (9・17・13・16・12・10=77)
 KP戦術:GKゲームメイク

経験が貯まるまでやや物足りないが、白として鋭い出足で相手FWに食らいつく優秀なキーパー。
後のカードに比べるとPK戦の絶大な強さは無いが、平均は超えている感じ。
低く鋭いフィードは高精度で味方に通り、スキルの通り攻撃の起点となる。

 No.034 DF ジェイミー・キャラガー (10・18・13・15・14・16=86)
白とは別の選手と考えて良い。
最終ラインでウェイトとアタック、状況に応じた守備を繰り出す。フィジカル的にも成長し、全体的に安定感が増した。
スタミナがありサイドバックもこなせる。故障などのアクシデントにも対応できる万能DF。

 No.035 DF スティーブ・フィナン (12・11・13・12・16・16=80)
 KP戦術:サイドアップダウン

後のフィナンに比べると守備時の存在感がやや減少。中央への絞りが少なく、サイドエリアを専門に守ることが多い。
攻撃時には非常に球離れが良く、無鉄砲なドリブルが少なくなり安定感が増した。動きの変化によりスタミナも安心。

 No.037 DF ヨン・アルネ・リーセ (13・11・13・17・17・16=87)
 KP戦術:ドリブリングビルド

04-05黒に比べると攻撃参加の頻度が減少。攻撃時の存在感はやや下がった。それでも他のサイドバックに比べれば多い。
高い積極性は攻守に表れ、チェックが軽率なこともあるが、自慢のフィジカルで何とかする。
強烈な左足は相変わらずで、高速クロスと強烈なシュートをチームのオプションに。スタミナは04-05より好印象。

 No.038 DF スティーブン・ウォーノック (11・13・13・13・15・15=80)
 KP戦術:アンチスピードスター

04-05に比べ数値の通りスピードを武器に守備を行う。相変わらず両サイドで機能できるのも強み。
オーバーラップの意識は格段にアップ。それでも基本的には守備的で、決定的な仕事は少ない。
スタミナはやや厳しくなったものの、優秀な部類。やや競り負けが見られるようになったのは残念。

 No.041 MF ディトマール・ハマン (11・14・14・18・12・15=84)
タックルは絶品だが、インターセプトは苦手。FKは黒より遙かに劣る。
動きの面でそれほど劣化は無いが、若干スタミナ不足が目につく。

 No.042 MF ハリー・キューウェル (15・8・18・14・18・15=88)
 KP戦術:シャドーストライク
04-05に比べ球離れが悪く、自由奔放に動いている印象が強い。
パスセンス、決定力は相変わらず高い。ドリブルのキレに関してはやや増している感もあるが、使いこなすのが難しいか。

 No.043 MF モモ・シッソコ (13・13・14・17・15・15=87)
 KP戦術:ミックスパスワーク

壊し屋の一面も持つが、パス能力に長けたプレイメーカーが本性。万能性に長け、中盤であればどこでもこなす。
中央では少ないタッチで広く的確にボールを散らし、サイドでは意外性のあるドリブルも。
高い位置でもそれなりに守備をするが、低い位置ではきちんとクラッシャーとして機能。

 No.044 シャビ・アロンソ (15・10・17・16・14・15=87)
 KP戦術:ロングパス重視

04-05に比べ、自身のオーバーラップが格段に増加。それに伴いスタミナ不足が目立つように。
高い決定力を披露する場面も増えたが、低い位置からの展開力も健在。ロングレンジのパス&ゴーを披露。
奪取力がやや落ちた印象で、攻め上がりも多いため守備力は期待薄。

 No.046 FW ピーター・クラウチ (15・6・15・17・11・12=76)
簡単に言うと裏の紹介文まんま。巧いハイタワー。
意外にもドリブルに冴えを見せ、単独突破も可能。意外とトラップが巧み。
ヘッドはもちろん、脚でのシュートも強力。スタミナが持てばトップクラスの白FW。

 No.047 FW フェルナンド・モリエンテス (17・6・14・17・13・12=79)
 KP戦術:ダイレクトシュート重視

さすがに身体面の衰えは隠せず。数値上変化はないがドリブルスピードが落ちた印象。スタミナも不足気味。
周囲を使う動きも落ちたが、決定力は変わらず高いレベルを保っている感じ。お膳立てさえ整えれば黒と遜色ない。



 No.049 GK エドウィン・ファン・デル・サール (10・18・15・16・11・10=80)
LEに比べキャッチングの技術が若干劣り、飛び出しの際にボールをこぼす率が増えた。
飛び出しスピードやシュート反応もやや劣る。が並の白GKに比べれば高いレベルにある。
フィードセンスはLEとほぼ変わらず。

 No.050 DF ウェズ・ブラウン (8・16・11・16・14・14=79)
 KP戦術:ディフェンス・スピリッツ

数値に似合わず?カバーリングを得意とするDF。
積極的な相棒やサイドバックの上がったスペースを柔軟にケア。1対1もそれなりに対処。
サイドバック起用時にはオーバーラップは控えめで相手のサイド攻撃に対処。

 No.052 DF ガリー・ネビル (11・14・14・15・15・16=85)
 KP戦術:マンマーク

06-07に比べOFEは下がったが、タイミングのよい攻撃参加を多く繰り出し、劣化している印象は無い。
守備の面でも落ち着いた対応でミスが少なく、個人技で負けるとき以外には殆ど止めてくれる。
スタミナはこちらのほうが好印象で、ある程度の連戦にも耐えうる。

 No.053 DF ジョン・オシェイ (10・15・13・15・14・15=82)
センターバックとしてアタックやカバーを無難にこなす。
サイドバックとしてはオーバーラップが少なく、広い守備範囲で中央への対応も上手い名手。
ボランチとしても上がりを抑え、攻撃を止めては味方に繋げるリンクマン。
チームに一人いると非常に助かる、マルチで堅実な守備的選手。オススメ。

 No.054 DF ミカエル・シルベストル (11・15・12・17・15・16=86)
 KP戦術:ワイドカバーリング

高い身体能力を活かした1対1はそのままに、スキルの通りカバーリング能力も会得。
幅広くスペースをケアする動きは素晴らしいが、柔軟性に欠け、パスを回されたりすると若干脆い。
サイドバック時の攻め上がりは旧カードより控えめ。

 No.055 MF ダレン・フレッチャー (12・12・14・14・14・16=82)
 KP戦術:キープレイヤーアタック

中盤を攻守に動き回る運動量でチームを活性化させるダイナモ。守備時に身体的な不安はあるが巧みなタックルで信頼を置ける。
攻撃時には多角的な飛び出しを繰り出すが、ボールを受ければシンプルな繋ぎが多い。意外とCK時には主役を張る。
スタミナは標準的といった印象で、連戦するとやや辛さが見えてくる。

 No.057 MF パク・チソン (14・12・15・13・15・19=88)
スピードがやや物足りないが直線的なドリブルは一流DFにも十分通用。
浅い位置から中央へのパス、えぐってのクロス、切れ込んでのシュートはもちろん、守備もこなす。
十分なスタミナでバテることもない。万能サイドハーフ。

 No.058 MF キーラン・リチャードソン (13・9・14・9・18・16=79)
 KP戦術:ボールキープ

左サイドのスペシャリストとして、サイドを深くえぐるドリブルを武器としたドリブラー。
技巧的な面はあまり見られず、時折フェイクもみせるが、特徴はスピード。
スタミナはほぼ問題ないが、紹介文通り守備面で不安あり。決定力もやや疑問符。接触にも弱い。

 No.060 MF ルイ・サハ (18・6・15・16・16・14=85)
 KP戦術:シュート重視

06-07に比べドリブルの技術、意識ともに低くなっている。
代わりにシンプルなパスと飛び出しで最前線でゴールを牽引する存在。
アプローチは苦手ながら、フィニッシュを任せれば問題ない。スタミナはやはり微妙。

 No.062 MF アラン・スミス (16・10・13・15・16・17=87)
意外にも献身的な動きで中盤で奮闘。時折動きにキレが見られないのは元FW故か。
決定的パスは期待できないが、中盤の底から積極的な飛び出しで前線に顔を出し攻撃にも絡む。



 No.066 DF セレスティン・ババヤロ (11・11・13・10・17・17=79)
攻守に意欲旺盛なサイドバック。時折ゴール前にも顔を出す。
俊足を活かしてまとわりつきボールを奪う。奪取力やポジショニングはイマイチで危なっかしいが何とかする。
上下動に耐えうるスタミナもあり、クロスや突破力もなかなか。守から攻への切り替えが若干鈍い。

 No.067 DF ジャン・アラン・ブムソン (7・16・12・20・14・14=83)
 KP戦術:パワーディフェンス

パワーを全面に押し出す強引タックルでFWを潰す。空中戦にも強く、カラダで止める守備が信条。
最終ラインでドンと構え、1対1に強い。空中戦も非常に強い。07-08白に比べればカバーリングも巧い。。
人には強いがボールにはやや甘さを感じる。若干ビルドアップも雑だが07-08に比べれば…

 No.068 DF タイタス・ブランブル (6・15・9・19・12・13=74)
 KP戦術:パワーディフェンス

パワーに目がいくもののスピードもそれなりに備えており、人やハイボールに滅法強いストッパー。
ストッピング能力は高いもののやや一本調子で、意表を突かれるとあっさりと抜かれることも。
積極性はそれなりながらスタミナは終盤不安。ビルドアップの雑さもやや気になる。

 No.069 DF スティーブン・カー (12・11・14・13・15・14=79)
ドリブル突破やロングパス、クロスと言った攻撃能力はサイドバックとしてはかなり高い。
守備に問題あり。技術は高いのだが攻撃意欲旺盛のためかラインにいない事が多々ある。
高めで使うにもスタミナにやや不安有り。ウィングバックが妥当な起用法だと思われる。

 No.070 DF スティーブン・テイラー (8・16・10・17・13・13=77)
クリアボールがいとも簡単にタッチを割るのは苦しい。1対1に少し物足りなさを感じる。
スキルのカバーリングは迅速で信頼を置ける。ポジションを崩すことも少なく、ラインに穴は空けない。

 No.071 MF リー・ボウヤー (13・12・14・12・15・17=83)
サイドアタッカーとしては柔軟性があり、曲線的なドリブルで突破力がありながらほどよく球離れが良い。
決定力はMFとしては高い方だと思う。時折見せるチェイスも効果的。スタミナもあり、バランスは非常に良い。
守備を一手に任せるのは不安ながら、センターハーフとしても機能する。

 No.072 MF キーロン・ダイアー (13・10・14・11・18・15=81)
センターハーフとしてパスセンスは高く感じるが、やや不安な守備時の献身性。
紹介文のサイドでは、どちらのサイドでも若干切れ込む意識が高くやや使い難いが、突破力は高い。
トップ下が最も安定している気がする。パスを送り前線に顔を出しフィニッシュもなかなか。

 No.073 MF エムレ・ベロゾグル (14・10・17・12・16・16=85)
04-05に比べ、守備の意識が高くなった感がある。センターではこちらの方が使いやすい。
突破力、球離れがやや悪くなった感はあるが、前線へ的確に散らすゴールの起点。
自身が前線に飛び出す事もある。縦横無尽のテクニシャン。

 No.075 MF スコット・パーカー (12・13・14・12・14・16=81)
DF前で横に動き守備に奮闘するも、他の守備専MFに比べ奪取力は1ランク落ちる。特にインターセプト。
しかしスキル通りの展開力あるミドルパスはクラッシャーには無いもの。
基本はパサーながら時折FW付近まで飛び出す。攻守に貢献出来る汗かきレジスタ。

 No.076 MF ノルベルト・ソラーノ (14・9・16・11・16・15=81)
 KP戦術:クロス重視

精確無比な右足で様々なチャンスを生み出す、サイドのゴールメーカー。シュート精度は高いが威力は並。
クロスは鋭く曲がるものからチップキックの様なものまで多種多様で、受け手のシュートを効果的にサポート。
突破力はそれほど無いが、高度なテクニックで時にDFをあざ笑うように抜く。球離れが良いのでスタミナも数値より好印象。

 No.077 FW ショラ・アメオビ (16・5・12・17・14・13=77)
意外な突破力でゴールを築く万能センターフォワード。ポストを選択肢に入れつつ直線一気にDFを突き破る。
序盤は決定力に少し物足りなさがあるが、成長するにつれポジショニングの質と共に改善。
スタミナがやや物足りないものの、数値以上に頼れるエース候補。

 No.078 FW アルベルト・ルケ (17・7・15・16・16・14=85)
04-05黒に比べドリブルが一本調子になった印象。数値上の違いはないがドリブルスピードもやや劣ったか。
左足でのクロス、決定力はさほど変わらないが、右足でのシュートは若干疑問符が。スタミナ-1は数値以上の痛手。

 No.079 FW マイケル・オーウェン (18・5・15・12・19・12=81)
脚力が最大の武器。トップクラスのドリブル突破力を誇り、裏への意識も高いエース。
裏表記のサイドとして起用すると、その突破力ではなく正確無比なアーリークロスでチャンスメイク。
数値の割に競り合いにも強く非常に頼れる。スタミナがないのが悔やまれる。数値よりは持つように見えるが。



 No.082 DF エリック・アビダル (11・14・12・16・17・15=85)
目立ったオーバーラップはほぼ皆無。スキルの通り、カバー意識は希薄ながら積極的に寄せるサイドストッパー。
穴のない身体能力から繰り出すタックルは強烈且つ正確。一度抜かれても追いかけ再度食らいつくねばり強さも好印象。
ポジショニングに不安があり、攻撃参加してないのに若干高めに居る事があるが、身体能力で何とかする。中央への対処も迅速。

 No.083 DF クラウディオ・カサッパ (10・18・14・15・12・12=81)
センターバックながら、絶妙にコンタクトを避けたタックルが売り。カバーリングにも秀でたオールラウンドDF。
数値の割に機敏で、攻め手の変化にも柔軟に対応できる実力者。地味ながら的確なビルドアップも好感。
反面ガチンコ競り合いには不安がある。経験依存もやや高く、怪我に弱いのも難点。

 No.084 DF クリス (9・18・12・18・13・14=84)
カバーリングは上質。だが積極的に前に出ることも。が、タックルは数値から比べると物足りない。
前に出たときのウリはパスコースに入る動き。決定的パスに対して、通る前に奪うことを好む。
カバーとパスカット、異なる2つの武器を使うため、良く言えば万能、悪く言えば扱い難い。

 No.085 DF パトリック・ミュラー (10・16・14・14・13・14=81)
極めて冷静、クレバーなセンターバック。不用意に動くことを良しとせず、間合いを見計らっての技巧的タックルが武器。
やや守備範囲に問題を感じるが、自身の範囲のカバーリングも無難にこなす。
奪った後のボールの収まりも良く、繋ぎやフィードも良好。パワー勝負になると辛い。

 No.086 DF アンソニー・ルベイエール (10・15・12・14・16・16=83)
紹介文の通り高い守備対応能力で右サイドを守るサイドバック。
奪った後のボールの収まりが若干悪いが、縦の突破に対しても中央のカバーも柔軟にこなす。
上下動はそこそこあるが、ドリブル、キック精度は平均レベル。サポート程度なら十分。

 No.087 MF ママドゥ・ディアッラ (11・15・13・15・15・18=87)
 KP戦術:セーフティパスワーク

積極的に当たるというよりは、スペースを埋めるような動きを好むアンカー。そのスタイルと豊富なスタミナで疲れ知らず。
数値の割にパワーに不安を感じ、若干競り負けることもあるが高いパスカット能力で中盤に安定感をもたらす。
ビルドアップがやや不安で、不用意に持ち上がり奪われる場面があるのは残念。連携が高ければ評価は変わるか。

 No.089 MF フロラン・マルーダ (14・8・15・13・16・16=82)
超一流のサイドアタッカーに比べるとややスピード不足。代わりにテクニカルな揺さぶりが武器のドリブラー。
他の技巧派に比べると突破は直線的ながら、鋭い切り返しでサイド突破を狙う。決定力はやや高いレベル。
紹介文に比べスタミナ云々はあまり実感できず。クロスは制度十分。

 No.090 MF ベノワ・ペドレッティ (13・12・14・11・14・17=81)
競り合いの不安は数値程ではなく、献身的で幅広い動きでしっかり中盤で守備をする。
攻撃面では基本的に繋ぎに徹するが、時折低い位置からでも裏のスペースに的確にボールを出す意外な攻撃センスも。
スタミナに若干不安を感じるのは幅広く動いている証。経験の溜まりは若干遅い。

 No.091 MF チアゴ (13・11・16・13・14・16=83)
非常に優れたパスセンスは、展開力はもちろん低い位置からアシストを記録する事も出来る。
そして低い位置を任せられる守備力、当らないタックルと献身性も備えている。
時には自ら前線に顔を出しフィニッシュも決める。万能センターハーフ。

 No.092 FW カリム・ベンゼマ (15・6・14・15・15・11=76)
紹介文の通り、パワフルな突破と強烈なシュート力が持ち味。コース取りなどオツムは弱いが身体能力と技術が武器。
単独で状況打開出来るドリブルを持ち、ふかすこともあるが枠内に飛べば決定力は十分。
難点はハイボールに対してダイレクトシュートが撃てないことと、数値通りのスタミナ、突破を封じられたときの柔軟性か。

 No.093 FW ヨン・カリュー (17・6・15・18・13・15=84)
 KP戦術:パワーボールキープ

ハイタワーらしいパワーと、らしからぬテクニックで前線に張る大型FW。
スキル通り懐の深いドリブルはスピードに欠けるが、ツボにはまれば単独で局面打開出来る。
周囲を使うポストプレーも得意。成長依存がやや高く序盤は低調なパフォーマンスに終始する。決定力は並。

 No.094 FW フレッジ (18・4・17・16・17・13=85)
経験依存度が非常に高く、貯まるまでは恐ろしく見かけ倒しなヤツだった。
しかし成長するにつれ、持ち前のテクニックとフィジカルの強さを遺憾なく発揮。
突破力も備えるが紹介文「大柄なロマーリオ」の通り、フリーでのパス受けや飛び出しも武器の万能ストライカー。

 No.095 FW シドニー・ゴブ (15・8・14・11・18・16=82)
縦への突破に執念を燃やす強烈なウィンガー。球離れは悪くクロスも並。
が、最高峰とも言えるドリブル能力で右サイドをえぐる。スピードはもちろんタックルに対してねばり強さが光る。
成長すれば決定力も期待でき、スタミナも1試合は何とか持つ。ユーティリティ性は皆無の一芸プレイヤー。

 No.096 FW シルバン・ビルトール (18・8・15・14・17・15=87)
攻撃的ポジションを殆どそつなくこなす万能性を持ちながら、どこに置いても輝きを放つ驚異の選手。
角度のあるスキルフルな切り返しとスペースを突くドリブルが最大の武器。クロスも精度十分で、両サイドでムラもない。
トップでは裏に抜ける動きも見せ、クロスの落下点を探る動きも合格。決定力も非常に良い。



 No.097 GK ファビアン・バルテズ (8・17・14・13・14・9=75)
キャッチングはやや不正確なものの、シュートへの反応はなかなか。
飛び出しも正確且つ迅速なので、GKボタン使用に自信があるならオススメな一枚。

 No.100 DF ボストヤン・セサール (8・17・8・19・9・12=73)
紹介文に「理想的なディフェンダー」とあるが、あながち間違いでもない気がする。
1対1のストッピングは抜群に優秀で、周辺のカバーリングも迅速で的確。空中戦もお手の物。
クリアはおおざっぱで若干ファウルが多い気もするが、数値に比べ動きは機敏。

 No.101 DF フレドリク・デウー (11・16・14・16・9・11=77)
他の「リベロ」スキルの選手に比べ攻め上がりはやや少なく、最終ラインで積極的ながら冷静に攻撃を止めるセンターバック。
ポジショニングが良いのかそれほど足の遅さは気にならず。危険察知という意味ではリベロらしい。
テクニックが高いせいかインターセプトも巧み。真っ向からのパワー勝負はやや苦手。

 No.102 DF デメトリウス・フェレイラ (11・10・14・12・15・15=77)
 KP戦術:サイドアップダウン

サイドバックらしからぬ、切れ味鋭い切り替えしと高速ドリブルを武器にサイドを仕掛けるスキルフルなサイドバック。
やや球離れの悪さが気になるが、高い打開力で守備を切り崩す。深い位置からのクロスも高精度。
上下動が激しいとスタミナに不安があり、守備力は標準をやや下回るのが残念だが、存在感は高い。

 No.103 DF タエ・タイオ (13・9・13・16・18・16=85)
守備力はDFとしてはやや不安。それを補ってあまりある攻撃力。
ドリブルは直線的だがフィジカルが強いので強引な突破は可能。
位置問わずキック精度も高い。シュートも威力はないが正確。ゴールパフォーマンスはアクロバティック。

 No.105 MF ジョゼ・デウフィム (11・11・12・16・10・14=74)
スタミナとスピードが低いためか、あまり動き回らず自身の周囲を守るタックラー。
パワーを活かした寄せは破壊力充分だが、足が遅いので抜かれると脆い。攻撃参加もほぼ無し。

 No.107 MF サミル・ナスリ (12・8・17・11・16・15=79)
 KP戦術:ボールキープ

YGSに比べると単独での突破力は劣るが、自ら仕掛けながらの機を見た決定的なパスは健在。やや球離れが悪くなったか。
守備貢献、スタミナもやや落ちたが、極端に酷使しなければフル出場は問題ない。

 No.108 MF ウィルソン・オルマ (12・8・14・12・15・16=77)
 KP戦術:パワーボールキープ

攻撃的な選手としてパス能力は並。守備もそれなりにはこなすが底を任せられる程ではない。
魅力はボールを受けて前を向く強引さと、意外な強烈シュートを持つ決定力。印象ではシャドーストライカー。
センターハーフとして安定した繋ぎをこなしつつ、勝負所では善戦に配置すると面白い。

 No.109 MF フランク・リベリー (16・7・18・11・17・15=84)
非常に高いテクニックから繰り出す大きな切り返しとトリッキーなフェイント、充分なスピードを活かしたドリブルが武器。
パスセンスも高く、若干中に切れ込んでのアシストやシュートが主なスタイル。
競り合いに弱く、左足のシュートはやや苦手。ウィンガーというよりアタッカーの雰囲気。



 No.117 DF ダビド・ロゼフナル (8・17・12・18・10・14=79)
 DKP:個人守備重視

成長するまではその鈍足ぶりに悩まされるが、徐々に欠けるもののない万能センターバックへと成長。
基本的に積極的なタイプだが柔軟性も兼ねており、パワフルなタックルとスペースを埋める動きでゴール前を死守。
奪った後は大きくクリア。セットプレー時のシュートも今ひとつ迫力に欠けるが、守備専門の選手として非常に優秀。

 No.118 DF マリオ・ジェペス (9・18・12・18・13・15=85)
 KP戦術:マリーシア

狡猾なタックルでドリブラーの懐に飛び込みボールを奪う術に長けた、クレバーなストッパー。
不用意な飛び込みが少なく、奪うタイミングを計っている印象。ストッパータイプとしてはカバーリングも的確。
切り替えも精確で、ミスの少ない選手。スタミナは数値に比べると若干不安。

 No.120 MF ビカシュ・ドラソー (14・11・16・11・15・17=84)
 KP戦術:カバーリング

軽やかな動きで中盤を駆け回り、起点のパスを散らすレジスタ。パスの精度、視野ともに充分信頼出来る。
数値以上に守備が非常に上手く、インターセプトや割り込む守備でボールを奪い攻撃に繋げる。
時には前線にも顔を出すが、スタミナに不安はない。チームの心臓になりうる存在。

 No.121 MF クリストフ・ランドラン (11・12・12・9・16・17=77)
 KP戦術:ハードマーク

紹介文にサイドの選手とあるが、増えるにつれ本職顔負けのプレッシングで中盤に安定をもたらす。
そして元がサイドの選手らしく、深い切り返しのドリブルでアタッカーとしても機能。
左右のムラもなく、中盤全域と両サイドならどこでもこなすユーティリティプレイヤー。

 No.122 MF モデステ・エンバミ (12・12・12・10・17・18=81)
 KP戦術:カバーリング

守備的中盤としてはパワーの数値に不安を感じるが、そんな不安を微塵も感じさせない中盤のスイーパー。
最大の魅力は横の行動範囲と、空いたスペースを迅速に埋めるスピード。まるで二人で守っているかのよう。
パスは地味ながら時折自ら攻めあがる。それでも攻撃面は地味。それを補って余りある守備の名手。

 No.123 MF クリスティアン・ロドリゲス (13・9・15・11・14・15=77)
 KP戦術:ムービングパスワーク

攻撃的な選手として飛び抜けた武器ではなく、万能な能力でゴールチャンスを作り出す選手。
ドリブルはスピードこそ物足りないが、細かいタッチを駆使して敵陣を翻弄。球離れも良く、ドリブルとパスの判断も良い。
プレーの幅広さ故にサイドでもセンターでも問題なくこなせ、守備も多くは期待できないが数値からすれば充分。

 No.124 MF ジェローム・ロテン (13・8・18・13・14・16=82)
サイドハーフとしてはかなりスピードに乏しく、切り返しは大きいが突破力は今ひとつ。決定力も並。
武器は左足から正確に振り分けるロングパス。抜群の精度で受け手に優しいボールを前線に届ける。
守備能力は低め。唯一にして最大の武器を存分に活かす起用法を探すべし。

 No.125 FW ボナベントル・カルー (15・6・16・16・15・12=80)
 KP戦術:チャンスメイク

FWながら基本的にパスを好む。が、球離れは抜群に良いわけではない。
速さは並ながらふらふらとしたリズムでドリブルを刻み、決定的なパスでのアシストを好む。
自身の決定力は高いが、ボールを持ってからの方が動きは良い。スタミナは数値よりは良い印象だが過信は禁物。

 No.127 FW ペドロ・ミゲル・パウレタ (19・4・18・13・14・13=81)
 KP戦術:キープレイヤーアタック

ファーストタッチでDFを出し抜くテクニックに長けた技巧派。目立った飛び出しは少ないが、ギャップでパスを呼び込む。
エリア内での決定力はパワフルではないが精度は最高峰。単純な高さでは見劣りするが、ダイレクトシュートのセンスも高い。
浅い位置でボールを受けるとチャンスメイクの能力も発揮するが、スタミナは数値程度で交代は必至。

 No.128 FW セルゲイ・セマク (13・9・15・12・16・15=80)
 KP戦術:フォアザチーム

スキルの通りユーティリティ性に優れ、中盤より前であればどこでもそつなくこなす便利屋。全てにおいて平均点を持つ。
数値の割に守備の意識も高く。どの位置でも守備能力を発揮。決定力もFWとして及第点。
ボールを持てばシンプルに繋ぐかドリブルを仕掛ける。突破はやや光るものがある。スタミナは微妙。



 No.130 DF アンドレアス・ゲルリッツ (12・9・12・15・16・14=78)
攻撃的サイドバックとして攻守に積極的に動く。攻撃参加は特に頻繁で積極的にラインを駆け上がる。
若干球離れが悪くドリブルはストレートだが、フィジカル面で穴が無くスキル通りのサイド突破をはかる。
守備は多少荒いが献身性は評価出来る。オーバーラップ時のスペースのケアをできる相棒を。

 No.131 DF バレリアン・イスマエル (7・17・10・18・14・13=79)
経験依存が高く、序盤はやや苦戦。成長後は積極的なストッパー。
紹介文の通りやや対人プレーに荒さがあるが、強靱さと俊敏さで強烈なタックルは優秀。
積極的な割にカバーリングもそこそここなすが、ビルドアップ、クリアボールは相当ヘタ。

 No.132 DF フィリップ・ラーム (13・13・14・8・18・16=82)
両足を武器に両サイドを遜色なくこなし、激しい上下動が売りの攻撃的サイドバック。
パワー値はかなり低いが守備時にそれほどの不安はなく、対峙すればまず問題なく止める。
果敢な攻め上がりはもちろんフィードセンスも非常に高く、低い位置から一気に前線に通すアシストも魅力。当然クロスも巧い。
ラインにいるときのポジショニングに不安はないが、上がった裏を取られると怖い。相方にはカバーリングを。

 No.134 DF ウィリー・サニョル (12・14・15・15・15・15=86)
基本的にポジションに穴を空けず、全てを備えた守備対応でしっかりサイドを封鎖するサイドバック。
若干しつこさに欠けるが、対峙してのボール奪取はかなりのもの。奪ったボールをしっかりキープ出来るのも好印象。
時折攻撃参加するがドリブルは少ない。スキルの通りパスで貢献。ビルドアップも安定感あり。

 No.135 MF セバスチャン・ダイスラー (15・7・18・14・17・13=84)
スキルの通り、サイドからの決定的なパスを得意とするテクニシャン。ドリブルは競り合いこそ脆いものの、突破力はある。
トップ下では抜群の球離れでFWへ次々アシストを送るパサーに変貌。飛び出しての決定力も備えている。
弱点は数値通りのスタミナ不足。怪我に弱く、長引く傾向にあるのもやや不安。

 No.136 MF マルティン・デミチェリス (12・15・15・15・13・16=86)
冷静なストッパー。当たりに行くタイミングを見ての盗むようなタックルで奪取力抜群。
スキルの通りテクニックにも優れるが、パスは決定的なものより散らしが多い。反面ドリブルが意外と技巧的。
登録は中盤だが、ボランチとしては若干行動範囲が限定的で相棒を選ぶ。

 No.137 MF オーウェン・ハーグリーブス (12・12・13・13・15・16=81)
高い献身性と広大な行動範囲を武器に、所狭しと動き回り攻守に幅広く貢献するマルチローラー。
若干競り負けもあるがねちっこい守備でボールを奪い、確実な繋ぎから前線に飛び出して自らゴールも奪う。
センターハーフが本職ながら中盤であればそつなくこなす。強烈な個性はないが欠けているものもない。

 No.138 MF ハサン・サリハミジッチ (13・10・14・14・15・17=83)
両サイドの最前線から最終ラインまでこなす。低めでの献身的な守備は信頼十分で、センターハーフとしても合格。
ドリブルは単独突破できるほどではないが横からの割り込みに強く、ギャップがあれば決定機を作る。
決定力はサイドの選手としては相当高く、シャドーとしても機能。数多くのポジションをこなすユーティリティプレーヤー。

 No.139 MF メーメット・ショル (16・8・18・9・15・9=75)
大げさなフェイントは少なく、細かいタッチとコース取りを主にした突破が武器。これほど緩急に特化したドリブルは珍しい。
ドリブラーとしては球離れも良く、抜群の精度を誇るラストパスも大きな武器。自らのシュート力は低いが精度は○。
スタミナは見た目より持つ感はあるが競り合いは期待出来ず。それでも仕掛ける姿勢はファウルを呼ぶが怪我には弱い。

 No.141 FW ホセ・パオロ・ゲレーロ (17・5・13・16・17・12=80)
紹介文にもある通り、器用に何でもこなすタイプではないが、ひたむきにゴールに向かう姿勢が驚異のストライカー。
パスへの反応は鋭く、自らの突破は技巧的ではないものの穴のないフィジカルで強引にこじ開ける。
決定力は経験に依存する感はあるが優秀。スタミナは無いので最前線に張らせてゴールにこだわらせるべし。

 No.142 FW ロイ・マカーイ (18・6・15・17・16・15=87)
動きだしや呼吸でゴールを生むストライカー。基本的にはパスに合わせる動きを得意とする。
加えて穴のないフィジカルで水準以上の突破力も要し、スペースをシンプルに突くドリブルも優秀な武器。周りを使うセンスも光る。
シュートは基本精度重視ながらキャノンも備え、ボタン反応も良い。ただ角度がある場所でのシュートは苦手。

 No.143 FW クラウディオ・ピサーロ (18・7・15・15・15・15=85)
 KP戦術:ダイレクトパスワーク

個で打開する力こそ無いものの、一瞬の鋭さや周囲の調和でゴールを奪う技巧派ストライカー。
長いドリブルは苦手だが、ワンタッチのトラップやコントロールでシュートを狙う。ポジショニングも良い。
序盤の決定力は黒としては若干物足りないが成長後は安心。ダイレクトボレーは高いセンスを感じる。
スペースを使う意識もありアシストセンスも高く、球離れも良いためスタミナも数値よりは信頼できる。

 No.144 FW ロケ・サンタクルス (16・6・16・17・15・13=83)
テクニカルなドリブルとアシストを備えた技巧派ストライカー。技巧派にしては身体能力も優秀で突破力は高い。
動きに幅があり、時にパサーになり時にドリブラーになり、裏を取る動きも巧み。一本調子になりにくく多芸。
決定力はややムラがある感はあるが優秀。スタミナは若干不安。



 No.146 DF ウルビー・エマニュエルソン (12・8・13・9・16・16=74)
積極果敢な超攻撃的サイドバック。数値通り、頻繁にラインを駆け上がり攻撃をサポート。
一度上がれば対面を除く攻撃のあらゆる局面に顔を出す。ゴール前に進出し自ら叩き込むことも。
守備力はスピードとしつこさで数値よりは高く感じるがパワー不足は補えず。それでも戻りの意識は高く、抜かれても追いつくことも。

 No.147 DF ズデネク・グリゲラ (12・13・14・13・17・16=85)
 KP戦術:アンチスピードスター

DEF数値に不安を感じてしまうが、センターでの起用にも耐えうる守備能力を持ったマルチDF。
万が一抜かれても追いつき奪い返すしつこさも備える。俊足は味方のフォローにも活かされる。
サイドバックとしてもほぼ穴のない守備対応。攻撃参加も見せ、時に決定的な仕事もする。

 No.149 DF ファンフラン (12・10・12・16・15・14=79)
 KP戦術:オーバーラップ

直線一気のオーバーラップが持ち味の攻撃的サイドバックながら、守備対応は数値以上のものを感じる。
引いていれば強引な突破にも技巧的な突破にも強く、状況に応じた内への絞りも効果的。走りながらの守備はやや辛い。
攻め上がり時もスピード不足は感じるが、サイドの選手らしからぬ力強さとそこそこのクロスで好機を演出。
機会は少ないが強烈なシュートも持っている。スタミナは数値に比べれば好印象。

 No.150 DF トマス・ベルマエレン (10・15・13・13・14・13=78)
 KP戦術:セーフティパスワーク

機敏な身のこなしで果敢なチェックに行く積極的なストッパー。★の付きが早いのも特徴。
動きが空回りしてスペースを空ける事や競り負けもあり、柔軟な相方と組ませることで長所を発揮できる。
堅実なビルドアップに安定感があり時折一気のフィードも見せるが、終盤スタミナが辛い。

 No.151 MF オラフ・リンデンベルフ(12・9・15・10・12・16=74)
 KP戦術:ミックスパスワーク

数値の通りフィジカル全般に難があり、競り合いで勝てることは皆無。ボールコントロールは巧みだが突破力は並。
だが献身的かつ巧く足を伸ばしてボールを奪う技巧的な守備、的確なボールの振り分けでリンクマンとして非常に優秀。
運動量豊富ながらスタミナ面でも不安はなく、中盤なら左右問わずドコでもこなせるのも強み。

 No.152 MF ヘドビゲス・マドゥーロ (12・15・14・16・14・13=84)
 KP戦術:マンマーク

リベロ、ボランチで活躍が見込めるセンターの番人。紹介分通りのタックルで1対1の勝率は高い。
起点の散らしも可能で、時には自ら攻め上がり好機を作る。空中戦も強い。
積極的に当たりに行くことを好み、どちらかというと中盤が本職に感じるがスタミナもやや不安。

 No.153 MF エドガー・マヌカリアン (13・5・14・8・17・11=68)
若さとスタミナの無さが相成って経験の貯まりが非常に遅いが、それほど依存するタイプではない。
高めのテクニックと充分なスピードで刻むドリブルは突破力に優れるが、それ以上の武器は前線への飛び出し。
シュート力は数値に似合わず非常に強力。精度も充分。

 No.154 MF ニコラエ・ミテア (14・5・15・9・18・13=74)
スピードスターであると当時にトリックスターでもあり、2種類のドリブルを使い分ける変わり種。
スペースがあれば直線的でシンプル、DFと対峙すると多彩なフェイントを繰り出している印象。
いずれにしても突破力は非常に高く、クロスもそこそこ巧いが切れ込んでフィニッシュに持ち込む方が好きか。
スタミナは心許なく成長速度もかなり遅いが、開花させる価値はある「ルーマニアの神童」

 No.156 FW ライアン・バベル (15・5・14・15・16・13=78)
同級生のオウスアベイエと違い、力強いドリブルでDFを切り裂く。
右ではやや開く傾向もあるが基本的に切れ込んでのシュートを好み、それ相応の高い決定力も持つ。
裏への反応も良く、センターでも機能する。一気に持ち込みゴールにねじ込むウィンガーストライカー。

 No.157 FW アンゲロス・ハリステアス (15・7・12・18・12・13=77)
スキルや紹介文が示すとおり、高いキープ力を活かしたポストプレーが最大の特徴。
が紹介文に反し単独での打開力も意外と良いものがある。シンプルながらパワフルな突破。
シュートコースは甘いが威力はかなりのもの。周囲を活かし自分も活きる「ユーロの英雄」



 No.163 DF セルジーニョ・フレーネ (12・14・14・13・14・15=82)
サイドバックとして基本的に上がりすぎず、ポジションを守り高い守備力で安定感がある。
攻撃面ではドリブルよりも繋ぎを好むが、成長するにつれスキル通りの大きく蹴り出すロングパスも。
表記では右サイドだが左でもほぼ遜色はなく、中盤底でもこなせるユーティリティ性も武器。便利に使える。

 No.164 DF アレクサンドロ・エステルンド (8・13・10・17・15・16=79)
 KP戦術:カバーリング

オーバーラップは少なく、自陣を守る守備的サイドバック。希に持ち上がるが、決定機に絡むことは少ない。
フィジカル的に問題が無く、奪取力もある。抜かれても追いつくだけの足もある。
強引な突破には強いが、テクニック系のフェイントに弱さを感じる。スタミナは問題なし。成長依存がやや強いか。

 No.166 DF ロン・フラール (7・16・11・16・14・14=78)
 KP戦術:マンマーク

積極的にボール保有者を潰しに行くタックラー。迅速な寄せで時にハーフラインまでボールを奪いに行くことも。
カバーリングは苦手ではないのだが、基本的に取りに行くタイプなのでポジション的に間に合わないことも。
ストッピング能力、空中戦は強く、カバーリングタイプの相棒としては最適。

 No.167 MF パスカル・ボスハールト (10・14・11・16・13・15=79)
 KP戦術:ハードマーク

高いパワーを活かしたタックルでボールを奪う守備の要。大きな特徴はマンツーマンとインターセプトの巧みさ。
特定選手へのパスを切り、突破を許さないねちっこさは随一。しかし中盤を幅広くカバーする能力にも長ける。
攻撃貢献は少なくパスも地味。序盤は若干動きに物足りなさがあるが成長すれば信頼度の高いクラッシャー。

 No.168 MF ジョナサン・デ・グズマン (13・9・15・12・15・15=79)
見かけによらない守備力と、見かけ通りのパスセンスで魅せるレジスタ。
時折ゴール前にも顔を出すが、上がった先でもパスで才能を発揮。
選手紹介通り、サイドバックでも問題なくこなす。その場合若干球離れが悪くなるよう。

 No.169 MF ホッサム・ガリ (9・14・11・17・14・17=82)
 KP戦術:ディフェンスダイナモ

パワーとスタミナを生かし、圧倒的なプレスを90分持続するダイナモ。フィジカルに物を言わせた奪取力はハイレベル。
パステクニックは低いが、そのくせ高度なパスを狙ってロストするのはやや問題。球離れもいいとはいえない。
それを逆手にパワフルなドリブルで意外な中央突破を成功させることも。スタミナは連戦しても全く問題なし。

 No.170 MF ニッキー・ホフス (14・8・15・9・16・13=75)
 KP戦術:チャンスメイク

06-07に比べ長いパスやスペースへのパスは減ったものの、的確に足下に送る優しいパスは健在。
球離れも適度に良い。少ないタッチと小気味よいリズムでシンプルにチャンスを作る。スタミナ、守備面は変わらず不安。

 No.171 MF セバスティアン・パルド (12・10・14・12・14・14=76)
 KP戦術:ディフェンスサポート

細かいボールタッチを駆使したドリブルはスピードこそ並ながら、スペースを的確に突く。
球離れはそれなりに良く、一級のパスとまではいかないが攻撃を円滑に促す。スタミナは微妙。
守備意欲がそこそこ高く、自身の決定力は低め。低い位置で攻守にサポートする黒子的選手。

 No.172 FW アリ・ブサボーン (14・6・12・17・14・12=75)
 KP戦術:パワードリブル突破

ウィンガーとしてはスピードに難があり、サイドをドリブルしている際に追いつかれることがある。スタミナも不安。
しかし数値の通り力強さを押し出した突破は、時に単独で混戦を打破する爆発力がある。
決定力は数値より遙かに好印象で、角度のないところから弾丸のようなシュートを叩き込む。

 No.173 FW ロメオ・カステレン (14・7・15・15・17・15=83)
 KP戦術:ワイドシュート重視

04-05に比べOFEが下がったが、決定力はやや改善されている感がある。厳しい距離や角度では辛いが、簡単なシュートは問題なし。
カットインが増え、球離れも良くなった印象。クロスに衰えも見られないが、深くまで抉ることは減ったか。

 No.174 FW サロモン・カルー (17・4・14・15・17・13=80)
04-05から、更に決定力に磨きを掛けて帰ってきた。
ボールを受けてからの反転の早さが素晴らしい。
シュート精度、威力共に高く、裏への飛び出しも絶品だが、あまり走らせるとすぐバテる。

 No.175 FW ディルク・カイト (18・7・13・17・13・17=85)
 KP戦術:セカンドポスト

ややサイドでの存在感が薄まり、CF、STに特化された印象がある。ドリブルはスペースよりゴールに向かう傾向に。
紹介文の通り球離れは良く、周囲の味方へ絶好のポストプレーを披露。自身の決定力も相変わらず優秀。
運動量が減った印象でスタミナは殆ど心配なし。守備意識は白とキラの中間程度か。



 No.177 GK ゴメス (8・17・12・15・12・11=75)
 KP戦術:GKゲームメイク

07-08黒に比べ飛び出し速度はやや落ち、それ以上に飛び出しキャッチ率が落ちた。それでも高い部類ながら空振りも。
反面窮地でのセービングは飛び出し型にしては多い。バランスの良い守護神。

 No.178 DF アレックス (11・18・12・19・12・13=85)
白DFとしておおよそ欠けるもののないストッパー。強靱さと意外なクレバーさを武器にゴールに鍵をかける。
高い積極性から繰り出す強烈なタックルでどんな相手でもねじ伏せる。急な状況変化にもある程度耐性があり、カバーもそこそこ。
ロングキックも地味に効果があり、最高クラスとまでいかないがFKも上手い。弱点は異様なまでの経験依存度の高さ。

 No.179 DF マイケル・ボール (10・12・11・14・15・14=76)
バランスの良い身体能力で左サイドを防衛する、守備能力に長けたサイドバック。
守備の仕方が若干おおざっぱながら高い献身性としつこさを武器に、中へ絞っての対応や逆サイドからのクロスまで柔軟に対応。
攻撃参加も平均的に行うが、驚きのクロスは無く数的優位を作る程度のサポート。

 No.180 DF ミカエル・ラメイ (8・15・11・14・13・13=74)
 KP戦術:アンチファンタジスタ

サイド際での1対1では簡単に抜かれることは皆無。引きつけて出足を止めるタックルでウィンガーを封殺。
中に絞っての守備対応も柔軟で、時にボランチのカバーもこなす反面攻め上がりは殆ど見られず、繋ぎも並で時折精度を欠く。
典型的な守備的サイドバック。スタミナも十分持つ。フィジカル面でやや劣り無理は利かないが、無理を強いる場面は少ない。

 No.181 DF アンドレ・オーイエル (9・17・13・14・14・14=81)
 KP戦術:ワイドカバーリング

センターバックとして特筆した武器があるわけではないが、穴のない能力で柔軟な対応を見せるDF。
カバーリングに長けているタイプで、スタイルは基本クレバーだが自ら当たりに行くこともある。
単独での守備力は並といったところ。状況を見すぎる事もあるが上手く組み込めば安定感抜群。

 No.182 DF ミカエル・ライツェハー (10・15・13・14・15・14=81)
サイドバックとして攻撃参加は少ないがポジショニングが若干悪く、肝心なところにいなかったり。
対峙していれば守備能力は高い。絞っての守備もそこそこ。
ウィングバックとして起用すると攻撃参加も頻繁に、守備も献身的に。表記通りの配置が良いかも。

 No.183 MF イブラヒム・アフェライ (14・8・17・13・15・13=80)
センターハーフとして守備技術やしつこさに若干欠けるが、広い守備範囲と光るポジショニングでそれなりに対応。
最大の武器は位置場所問わず正確なボールを供給出来るパスセンス。ボディシェイプも巧みで球離れも良い。
ポジショニングは攻撃時にも活き、オーバーラップも見せるがスタミナはヤヤ不安。

 No.185 MF テオ・ルシウス (9・12・12・15・12・14=74)
スピードに欠ける。ポジショニングは良くインターセプトは優秀だが、タックルがやや安易でテクニック系に手を焼く。
サイドバック時はポジションを守り攻撃参加は殆ど無いが、ウィングバックとしては、中央の守備にも顔を出し、攻撃にも参加する。
クロスは意外と好感触ながらMF時はスタミナに若干の不安。経験依存度も高め。

 No.186 MF ティミー・シモンズ (9・15・12・16・13・17=82)
守備時のポジショニングが絶品で、少ない運動量から確実に仕留めるタックルを仕掛ける。インターセプトも非常に優秀。
守備スタイルがスマートでしつこさに欠ける部分はあるが、ポジショニングが良いので穴に感じることは少ない。
ビルドアップは地味ながら、FWへすらっと通すロングボールも見せる。

 No.187 MF ミカ・バイリネン (13・8・13・15・15・14=78)
センターハーフとしてはインターセプト能力に不安があるが、高いフィジカルを活かして当るタックルは好印象。
ボールを横に散らすより、とにかく前へ運ぶ意識が強く感じる。自ら持ち込む方が好き?
献身性が微妙に不安だが奪取力はある。展開力が乏しいが攻撃力はある。もう一つ何か欲しいところ。

 No.188 FW ダマーカス・ビーズリー (14・9・13・11・18・16=81)
 KP戦術:ムービングパスワーク

04-05に比べOFEダウン、DEFアップとなっているが、守備貢献が増えたという印象はない。
球離れがやや良くなったようで、無理な突破が少なくなりアシスト役に回る機会が増えた。
決定力は相変わらず状況を選ぶが、選択肢が増えたスピーディなアタッカーとして優秀。

 No.189 FW ジェイソン・クリナ (10・14・12・14・14・17=81)
FW登録なのにDEF値の方が高い希有な存在。ポジション表記も中盤。
中盤の底の選手としてはパスは並だが守備力、献身性は文句なし。自身が上がっての攻撃参加も。
サイドバックも見事にこなす。紹介文通り「どのポジションでも生きる」かもしれない。

 No.190 FW ジェファーソン・ファルファン (18・7・16・13・16・15=85)
 KP戦術:キープレイヤーアタック

06-07に比べ力強さはやや下がった感があるものの、スピードは変わらず高く、すばしっこいドリブルが武器。
決定力も変わらず高い。やや浮き球に弱くなった感はあるがストライカーとして致命傷になる程ではない。
球離れがやや悪くなったか、チャンスメイクには向かなくなった感もある。スタミナはこちらの方がやや良いか。

 No.191 FW アルーナ・コネ (16・6・16・14・17・13=82)
ボールタッチに優れ、スマートなトラップとテクニカルなタッチで抜群のドリブル突破を誇る。
フェイントは少ないが足の裏を使った急な切り返しを武器にスペースを突く。
裏への反応はそこそこながら俊足を活かして食らいつく。決定力はそこそこ高いレベル。スタミナは数値より持つ感はあるが微妙。

 No.192 FW ヤン・フェネホール・オフ・ヘッセリンク (17・6・14・19・10・14=80)
04-05に比べスピード値は下がったが、突破力に関してはやや増した印象。決定力も高まったか。
ボールを持ったときの動きがキープするような動きに変化。ポストプレーに重きを置くようになったか?



 No.193 GK ジュリオ・セーザル (8・18・12・15・13・11=77)
 KP戦術:クロスセービング

飛び出しの早さやクロスに食らいつく様は独自の輝き。非常に機敏で的確。
特にクロス対処はKPも手伝って素晴らしい安定感を誇る。よほどのプルバックで無い限り確実にキャッチ出来る。
シュートへの反応もそこそこ良いが、飛び出しながらのセーブは苦手。メリハリの効いた操作ができれば鉄壁。

 No.195 DF ジュゼッペ・ファバッリ (10・15・13・14・13・12=77)
若干スピード不足を感じるが、サイドバックとしては高い守備力と対応で攻撃を遮断。
中央に絞っての守備もこなす。センターバックとしても機能。
オーバーラップもするがスピード不足が災いしあまり効果的とは言えない。戻りも遅い。スタミナも心配。

 No.196 DF マルコ・マテラッツィ (10・17・12・19・12・13=83)
今までのマテラッツィとはうってかわって、非常に守備範囲が狭くなった印象。
逆を言えばポジションを守り、最終ラインにどっしり居座るハイタワー。クロスの対処はおまかせ。
反面地上戦がやや劣るように感じる。カバーも苦手な様子。

 No.197 DF ワルター・サムエル (9・19・13・18・14・15=88)
 KP戦術:リベロディフェンス

比較的冷静なISに比べ、前に出ることが多くなった感がある。
高い機動性を活かしたタックルで攻撃を早めに遮断。動くタイプだがポジショニングは良く、積極性と柔軟性を兼ねている。
控えていればカバーリングも上手い。ISに比べると若干繋ぎは雑か。

 No.199 MF エステバン・マティアス・カンビアッソ (12・14・14・14・14・18=86)
04-05と変わらず、堅実な守備と確実な繋ぎを武器とするチームの心臓。
若干オフザボールで前線へ飛び出す動きを覚えた様子。
攻守の貢献を期待するならこちら。守備だけで良いなら白。か?

 No.200 MF ルイス・フィーゴ (17・7・19・14・13・14=84)
 KP戦術:バイタルエリアドリブル

LEに比べスピードは劣るが、その分相手の逆を突く熟練のドリブルが冴えているように感じる。
球離れはやや悪くドリブルに固執しているような気もする。スタミナもそれに伴いやや辛め。決定力、クロスは高精度。

 No.201 MF ダビド・マルセロ・ピサーロ (15・9・17・12・16・16=85)
 KP戦術:ボールキープ

後のピサーロに比べ守備の数値は低いが、俊足を活かした広い守備範囲と献身的な守備は健在。
反面攻撃意識が高めで、他のカードに比べ決定的なパスを狙う意識が強いように感じる。ドリブルもやや多め。

 No.202 MF サンティアゴ・ソラーリ (14・7・17・13・16・11=78)
 KP戦術:ボールキープ

サイドアタッカーとしては致命的なスタミナ不足。しかしスピードとテクニックを活かしたドリブルは並の白には出来ない突破力。
パスセンスも素晴らしく、ボールを預ければ何かやってくれる期待感がある。困難な状況を打破するスーパーサブか。

 No.203 MF デヤン・スタンコビッチ (16・12・17・14・16・16=91)
白の能力に加えテクニカルなドリブルを習得、サイドでの選択肢が増えた。
左右の足でパスを出す器用さも身につけ、ボールを扱うスピードが良くなった。
守備対応もやや向上しユーティリティ性も相変わらず。使いやすい選手。

 No.204 MF ファン・セバスティアン・ベーロン (15・10・19・17・12・15=88)
 KP戦術:バイタルエリアドリブル

攻撃面での性能はLEとほぼ遜色なし。むしろドリブルの技術と突破の意識はLEよりも高く、よりゴールに直結する。
反面守備の貢献はやはり心許ない。スタミナもやや不安だが1試合は持つ。キックセンスも相変わらず高い。

 No.206 FW フリオ・リカルド・クルス (17・8・15・18・12・15=85)
数値に比べ非常に地味なFW。枠外に飛ぶシュートは少ないが、威力とコースにやや不満。
打開力は低く、パサー次第な感がある。ポストプレイは他選手の得点率を引き上げる。
エゴイスティックな突破は皆無。仲間を活かし、仲間に活かされる。そんなFW。

 No.207 FW オバフェミ・アキン・ウンミ・マルティンス (16・5・13・14・20・14=82)
 KP戦術:ダイレクトシュート重視

04-05に比べOFEダウンPOWアップだが、決定力はさほど変わらず。やや右足が弱くなったか?
俊足を維持しつつパワーの強化は実感でき、球際の強さが良くなった印象。
ただ、そのせいなのかドリブル時にやや技巧的な面があり、速さ自体は下がったようにも感じる。

 No.208 FW アルバロ・レコバ (18・5・19・15・18・12=87)
 KP戦術:ドリブル突破

KPにもなったドリブルの破壊力はFAと肩を並べるかそれを超える勢い。抜群の切れ味で守備陣を切り裂く。
球離れは相変わらず気まぐれだが、パスの精度は全体的に落ちた印象。決定力は変わらず高い。
スタミナは突破を繰り返す割には持つほうだが、フルタイムとなるとさすがに厳しい。



 No.211 DF ジョルジョ・キエッリーニ (13・12・10・17・14・16=82)
 KP戦術:ミドルシュート重視

対峙した時の守備力はサイドバックとして信頼できるが、若干動きが雑で柔軟性に欠けることがある。
攻撃参加時は好戦的にサイドを駆け上がり、直線的でシンプルかつパワフルなドリブルからキック力を活かす。
上下動が多めなせいか若干スタミナには問題がある。

 No.212 DF ロベルト・コバチ (9・18・12・16・14・13=82)
 KP戦術:カバーリング

自ら当る守備をこなしつつ、スキル通りのカバーリングの達人。
DFの状況を把握し、次々と仲間をフォローする様は最後の番人に相応しい。個としても組織としても存在感抜群。
スタミナに不安があり、蓄積疲労も貯まりやすく感じる。常時出場が厳しいのが非常に悔やまれる名手。

 No.213 DF リリアン・テュラム (10・19・14・18・15・15=91)
 KP戦術:ペナルティエリアブロック

04-05に比べるとストッパーとしての意識が若干上がっている。それに加えスタミナ-1でスタミナに若干の不安。
BEらとの違いは奪った後の攻撃意識で、自ら持ち上がることは殆ど無く無難に味方に預ける。

 No.215 MF マヌエレ・ブラージ (11・14・13・14・14・15=81)
 KP戦術:ディフェンシブセントラル

過去のカードに比べると守備貢献が非常に大きく、また決定的なパスや効果的なドリブルが少なくなり、アンカー色が強くなった。
献身的かつ迅速な寄せで高い守備力を誇り、サイドバック適正も獲得。フリーランでの攻撃参加も無難にこなす。
スタミナは数値に比べれば信頼でき、ある程度の連戦にも耐えうる。複数のポジションをこなせるため、使い勝手は良い。

 No.216 MF マウロ・ヘルマン・カモラネージ (14・12・16・14・16・16=88)
 KP戦術:カットイン

04-05に比べ若干切れ込む意識が高くなった。KPも加えてシャドー的な動きを可能に。
絞ってのスルーパスや飛び出しての決定力は相手の意表を突ける。開いてのクロスも健在。
決定力は若干劣った感はあるが、スタミナの持ちは若干良くなった感がある。

 No.223 FW エィドリアン・ムトゥ (17・6・17・13・18・12=83)
スタミナ不足も手伝って経験の溜まりが遅い。がドリブル能力は序盤から高い。
切れ込む傾向が強く球離れが悪い。自らフィニッシュまでやろうとするエゴイスト。
とはいえ最深部まで行けば高精度クロスを入れてくれる。右利きながら左も蹴れて決定力は高い。
表記は無いが右では開く動きも出来るしCFでもSTでも機能する。だからよけいにスタミナが悲しい。

 No.224 FW ダビド・トレゼゲ (19・5・16・17・16・14=87)
 KP戦術;ダイレクトシュート重視

ドリブル、特にスペースを突くものが若干多くなり、ツボにハマれば単独での打開も可能。高い期待は出来ないが。
狙いを外さないバリエーション多彩なシュートは相変わらずだが、スタミナの不安も相変わらず。
むしろドリブルが増えたせいで不安が増しているか。




 No.227 DF マレク・ヤンクロフスキ (14・10・14・15・16・16=85)
02-03に比べスタミナ面では確かな成長が見られる。バテにくくなった。
反面ドリブル、守備面など全体的に一回り小さくなってしまった印象。
球離れが良く、決定的な仕事をするより繋ぎ役になった?

 No.231 MF マッシモ・アンブロジーニ (12・13・13・14・12・15=79)
攻守に積極性が減り、ポジションを崩さず自分の範囲で仕事をするように。
運動量が減りスタミナが上がったこともありバテることは殆ど無い。
反面攻撃時の存在感が薄くなり、安定した守備の選手といった印象。 

 No.232 MF ジェンナーロ・イバン・ガットゥーゾ (12・14・13・16・13・19=87)
白に比べて攻撃貢献が遙かに高い。自ら前に出てパスを出す意識が格段に向上。
守備面では無鉄砲さが減り、タイミングを見て奪うように。ファウルが大幅減少。
ただし上がっていくことがあるという意味では守備貢献は落ちた。攻守に働く「リンギオ」

 No.234 MF ルイ・コスタ (15・9・18・12・11・13=78)
旧に比べパススピードが落ちたが、その精度は相変わらず。ほんの僅かながら球離れが悪くなったか。
フィジカルの低下はドリブルに確かに表れ、前線を操るだけの旧時代の司令塔と言った感じ。
やや下がり目に起用すると意外な守備も見せるが過信は禁物。スタミナも微妙。

 No.236 FW アルベルト・ジラルディーノ (18・6・15・17・15・15=86)
 KP戦術:ダイレクトシュート重視

エゴイスティックなストライカーではなく、ポストプレーをこなしながらオフザボールで動くタイプの知的なFW。
スペースを意識しているためか、サイドへ流れる動きも多く、他の仲間のゴールチャンスに繋がることも。
決定力も上々で、泥臭いシュートもこなす。クロスターゲットとしても優秀。スタミナは標準的。



 No.241 GK ジャンルカ・クルチ (6・16・9・19・9・9=67)
飛び出しスピードはやや物足りないが、ハイボール、シュートへの反応はなかなか。
特にミドルシュートに対してのセービングは光る。ライン低めのチームのGKに。PKもなかなか。

 No.242 DF チェザーレ・ボボ (10・14・13・17・12・13=79)
 KP戦術:パワーデイフェンス

超重量級のサイドバック。高いパワーを活かしての奪取力はサイドバックの域ではない。サイドの防衛者。
振り切られればそれまでだが、立ちはだかればまず止める。高い守備能力はセンターでも通用する。
積極的に当たるスタイルであり、相方を選ぶ。サイドバックとしての攻撃性能は皆無。

 No.243 DF クリスティアン・キブ (11・18・15・15・15・14=88)
04-05に比べセンターバック時の攻撃性、積極性が若干抑えられた。機を見たタックルとカバーリングが武器。
奪ったボールを自ら持ち込むことも減り、的確なフィードをより見られるようになった。
サイドバックではさほど変化はなく、弱点も変わらず競り合いの弱さ。

 No.244 DF レアンドロ・ダミアン・クフレ (10・15・13・15・14・14=81)
 KP戦術:カバーリング

カバーリング能力に優れ、中央の危機にも迅速に対応。サイドチェンジの揺さぶりにも強い守備的サイドバック。
しかし1対1での守備対応も素晴らしく、特に苦手なタイプも存在しない。
攻撃参加は非常に少なく、上がったときもすぐに味方に繋ぐ。しかし幅広いカバー故かスタミナに若干不安。

 No.245 DF サミュエル・オセイ・クフォー (9・17・12・16・15・12=81)
典型的なストッパーで、積極的にタックルを仕掛ける。
時折ムキになってボールを追いかけるものの、ラインに穴を空けることは少ない。
むしろ抜かれた仲間のカバーもほどほどこなす柔軟性がある。競り合いも強く足も速い。

 No.246 DF フィリップ・メシェ (8・18・13・17・13・14=83)
 KP戦術:ワイドカバーリング

時折アッサリ抜かれるが最終ラインを縦横に動き、インターセプトとタックルで遮断。
WDFに比べ前に出る機会が減り、どちらかというとカバーリングタイプ。それでも守備を押し上げる機会はそれなりにある。
スタミナはWDFに比べ低いが、動きのせいかさほど低下した感は感じず。

 No.247 DF クリスティアン・パヌッチ (12・15・14・14・14・14=83)
過去最高のOFE値だが攻撃参加はほとんど無く、最終ラインの防衛者。
守備スタイルに反映されたのか素早く寄せて奪取を試みるスタイルに。希に軽い時もあるが信頼出来る守備力。
奪った後の繋ぎが的確で、時に一気にFWに通すパスも見られる。

 No.248 MF アルベルト・アクィラーニ (15・10・15・12・14・16=82)
スキル通りポジショニングは良い。攻撃をサポートする位置に陣取り起点のパスを散らす。
ただし中盤低めの選手としては献身性が薄く守備が気まぐれ。
攻撃センスは光るものがあるだけに惜しい。高めで起用し、より守備的な選手と組ませ攻撃を預けたい。

 No.249 MF ダニエレ・デ・ロッシ (14・13・16・15・16・15=89)
04-05白とは正反対、動き回らずDF前で攻撃を組み立てるレジスタ。
ポジションを崩さず上がることも少ない。代わりに横へ動き危機の芽を摘む。的確にタックルを仕掛け、インターセプトも巧い。
奪ったボールはその場で捌く。球離れは良く展開力も十分で視野も広い。忘れた頃に攻撃参加する。

 No.250 MF フサイン・ハーリヤ (9・12・11・15・15・16=78)
 KP戦術:パワーディフェンス

クラッシャーとしては守備範囲にやや難がありカバーリングは苦手。パスを切る動きもあまり見られない。
が、ドリブラーに食らいつく姿勢と穴の無いフィジカルから繰り出すタックルは奪取力抜群。
繋ぎのパスはいまいち安定感に欠けるがスタミナは問題ない。特定個人を潰すマンマーカーか。

 No,251 MF マンシーニ (16・9・15・14・16・16=86)
 KP戦術:ムービングパスワーク

ありとあらゆる攻撃的ポジションを非常に高いレベルでこなすオフェンスの便利屋。
高いテクニックとスピードを生かしたドリブルで敵を翻弄。左右で変化が少ないのも好印象。
アシスト、シュート共に問題はない。が動きの幅広さ故にスタミナに若干不安有り。

 No.252 MF シモーネ・ペロッタ (14・13・13・16・15・18=89)
 KP戦術:パワーディフェンス

黒に比べると守備の貢献は若干高い感がある。底でもトップ下でも強烈なチャージで相手を脅かす。
ただ、攻撃意識も高めで持ち上がりも多く見られ、再カウンターを喰らう恐れも。パスの精度なども若干落ち気味。

 No.253 MF ホドリゴ・タッデイ (14・8・15・11・16・17=81)
経験が貯まるまで存在感に欠けるが、数値通りのドリブルを左右で披露できるアタッカー。
動きの幅広さ故かスタミナ17の割にはややバテやすい気がする。
スキルの決定力は低くはないが別段優れているわけではない。基本的にチャンスメイクの選手。

 No.254 FW ビンチェンツォ・モンテッラ (18・5・16・13・16・12=80)
 KP戦術:シャドーストライク

オフザボールでの動きの質は若干低下、ITに比べ味方のパスにより精度を求められる。
それでも飛び出しやシュート精度は大差ないが、シュートレンジは狭くなった。
スタミナは大きく不安で、45分が目安。スーパーサブが適任か。

 No.255 FW シャバニ・ノンダ (17・5・13・16・14・11=76)
 KP戦術:パワードリブル突破

スキルや紹介文の通り、前を向いたときに繰り出すドリブル突破はツボにハマれば止める術がない程の強力な武器。
決定力もストライカーとしては十分で、ダイレクトシュートにも資質を感じる。
反面球離れは悪く、チャンスメイクの能力は低く感じる。スタミナも数値程度。時間限定の切り札か。



 No.257 GK モルガン・デ・サンクティス (7・17・10・18・13・10=75)
02-03に比べ至近距離でのセービングに強さを感じるが、プレー全体の安定感が一回り落ちたか。
ハイボールを弾いたり、ミドルに反応が遅れたりすることが若干目立った。PKはこちらの方が優秀か?

 No.259 DF フェリペ (8・16・13・14・15・14=80)
センターバックとしてはパワーが心許ないものの、スピードを生かしたカバーリングは幾度と無く失点を防ぐ。
左のストッパーとして起用したものの、右サイドにまで顔を出しスペースをカバー。
かといって中盤まで顔を出すことは少なく、最終ライン専門のダイナモとでも言おうか。

 No.260 DF チェザーレ・ナターリ (8・17・10・18・11・13=77)
02-03に比べ、より空中戦での安定感が増した。スタイルも変わり、ポジションを頑なに守るタイプに。
1対1には非常に強いが守備範囲は狭まりカバーリングも劣る。クリアはより雑になったか。テクニック系にも手を焼く。

 No.261 DF ロベルト・ネストル・センシーニ (8・18・14・13・8・11=72)
カバーリングの意識は変わらず高いものの、全体的な能力低下が深刻。
カバーに入る速さや奪った後のキープなどに不安が残る。奪取力の高い相棒を据えることを薦める。

 No.263 MF バンサン・カンデラ (11・12・14・13・15・15=80)
攻撃的サイドバックから守備的ウィングバックへ。センターもカバーしつつ的確なインターセプトが冴える。
旧に比べ右ではやや棒立ちが見られた。左右をこなす器用さは低下した模様。
オーバーラップは旧ほど効果的ではないもののサポートとしては充分。もちろんサイドバックでも機能。

 No.264 MF スレイ・ムンタリ (13・11・13・13・16・17=83)
縦の動きに優れ、攻守に頻繁に絡むダイナモ。左利きとあるが両足でボールを蹴れる。
献身性と寄せの速さで中盤をプロテクトし、仲間に預ける繋ぎは地味だがその俊足で前線に飛び出す。
決定力もそこそこ信頼を置ける。ボールより自らを動かし貢献する選手。

 No.265 MF クリスティアン・オボード (13・11・14・14・15・16=83)
縦横無尽の動きでピッチを走破するダイナモ。良く動く割にポジションに穴を空けることは少ない。
豊富な運動量と強烈なタックルで中盤を引き締める。繋ぎは縦に一本が多いが精度はそれなり。
経験の貯まりは02-03に比べ早いが、それでも若干遅め。

 No.266 MF ジャンピエロ・ピンツィ (11・13・13・13・14・16=80)
02-03に比べスタミナがアップし積極性が若干落ち、バテる心配がやや解消。
反面守備技術は若干落ち、競り負けがやや目立つ。繋ぎも若干荒くなった。

 No.267 MF ビジガウ (11・13・11・17・12・14=78)
 KP戦術:パワーディフェンス

高いパワーと献身性を武器に、強烈なタックルを次々と繰り出すクラッシャー。守備的中盤として高い奪取力は魅力。
パスセンスは低いが、パワフルなドリブルで攻撃を押し上げる。攻撃意欲はそこそこ高く、弾丸シュートも武器。
このポジションの選手としてはスタミナが低く、初戦ギリギリ、連戦フル出場はかなり厳しい。

 No.269 FW パウロ・ビトール・バレット (14・5・16・8・17・14=74)
加速の速さと切り返しの鋭さでインパクトのあるドリブルを見せるチャンスメーカー。
常に大きく動くため若干扱いにくいが、ツボにはまったときの突破は見事なもの。成長速度は遅いがさほど気にならない。
反面自信の決定力はややお粗末。この手の選手では球離れは良いので、ゴールへのアプローチを主に。

 No.270 FW アントニオ・ディ・ナターレ (15・6・16・13・17・15=82)
02-03に比べ、よりストライカー色が濃くなった印象。ドリブルスピードが落ち、サイドでは切れ込むことが多い。
オフェンスは下がったが決定力は増した印象。より技巧的なプレーも見られるようになったか。

 No.271 FW ビンチェンツォ・イアクィンタ (17・6・14・17・14・14=82)
 KP戦術:ファイティングスピリッツ

競り合いの強さと意外な機敏さでゴールを挙げる純ストライカー。
大柄ながら裏への反応が鋭く、ドリブルも水準以上の突破力を要する。こぼれ球への詰めも速い万能型。
ポストはしないこともないが基本的に自ら攻める。希にふかすが決定力は白として上々。

 No.272 FW ファウスト・ロッシーニ (14・5・13・17・11・13=73)
 KP戦術:センターポスト

02-03のカードに比べ、ポストプレイヤーとしての性質がより濃く出ている。
ヘディングなどワンタッチで仲間へ落とすプレーが多くなり、自身のドリブル突破は少なくなった。
決定力はさほど下がった印象はない。スタイルの変化のせいかスタミナはやや持ちが良くなったか。



 No.273 GK ビクトル・バルデス・アリバス (8・18・13・16・14・12=81)
04-05WGKに比べ、ポジショニングが良くなったような…
ミドルを手前に落とす術を身につけたが、大きく弾む事が多いのはパワー不足故?

 No.274 DF ベレッチ (12・13・14・16・16・15=86)
04-05に比べ、僅かながら全体的に積極性が失われた感がある。オーバーラップや守備の激しさがやや和らいだ。
ポジションをそれほど空けないようになった感はあるものの、DEF値の低下からか中央へ絞っての守備を殆どしなくなった。
対峙しての1対1の対応は変わらず高い。が、オーバーラップ後の戻りの意識も若干薄くなったか。

 No.275 DF ラファエル・マルケス (12・17・15・14・14・16=88)
 KP戦術:ディフェンシブセントラル

最終ラインでは積極性の中に冷静さを備え、絶妙のタイミングでボールを奪う技巧的なタックルが武器のストッパー。
中盤底では守備範囲をより広くし、スキルの通りアンカーマンとして機能。
低い位置からのパスの振り分けもDFとしてはトップクラス。中盤ではドリブルで攻撃を押し上げることも。

 No.276 DF オレゲール・プレサス・レノム (11・16・12・15・14・14=82)
自ら当たりに行くストッパーながら積極性はほどよく、数値の割に力強いタックルで高い阻止率を誇る。
カバーリングも苦手ではないが時折動きが荒くフォロー出来ないことも。クレバーな相棒と組ませれば鉄壁。
サイドでも上がりを抑え変わらず強烈なタックルでサイドを防衛するが、やや動きがぎこちなくリカバリー能力は低い。

 No.278 DF ジオバンニ・ファン・ブロンクホルスト (14・13・16・12・16・15=86)
 KP戦術:フォアザチーム

サイドバックとして多くの要素を高いレベルで完備した、穴のないバランス型の好手。
高いテクニックは1対1での守備やドリブル、パスセンスに好影響としてみられる。オーバーラップも行うがスタミナは十分。
中盤底でもそこそこ機能し、トップクラスには及ばないが攻撃的サイドもこなすマルチワーカー。序盤は若干動きが雑。

 No.280 MF エジミウソン (11・16・14・16・14・14=85)
センターバックとしては若干積極性が増し、中盤に顔を出す事も。その分ポジションを空ける危険も。
ただ、カバーリングや中盤でのスタイルはそれほど変わらず。若干繋ぎのパスが雑な印象がある。

 No.281 MF アンドレス・イニエスタ・ルジャン (15・10・18・11・15・16=85)
時折球離れが悪く自ら持ち込もうとするクセがあるが、ボールを的確に前線フリーの味方に繋げる。裏へ出すことは少ない。
経験が貯まると紹介文の守備力も開花。競り合うと脆いものの献身的な動きと素早い寄せで次々ボールを奪える。
前線への飛び出しも心得、時に決定的な仕事もする。ボランチとセンターハーフとして幅広く機能。オススメ。

 No.282 MF マルク・ファン・ボメル (13・11・15・16・14・16=85)
 KP戦術:ミックスパスワーク

黒に比べ守備貢献は遙かに劣る。低めを任せるには心許ない。
が、的確なパスワークと飛び出しは健在。高い位置であれば問題なくこなせるが、やはり黒に比べるとインパクトに欠ける。

 No.283 MF シャビ・エルナンデス・クレウス (16・11・18・12・15・16=88)
守備技術は競り合いの弱さが目立ち、献身性もほどほど。配置によっては全く守備をせず、それほど期待は出来ない。
代わりに、パススピードは並ながら受け手の足下にピタリと通す展開力は秀逸。裏へは少ないが受け手に優しく突破を誘発。
自ら飛び出し決定機に絡む意識もある。決定力は中盤としては充分。CKは正確ながら緩い。

 No.285 FW ルドビク・ジュリ (17・8・17・13・18・15=88)
 KP戦術:ダイレクトパスワーク

04-05に比べ、よりゴールに直結する動きを得意とするサイドのシャドーストライカー。
開いてのクロスも武器ながら、基本的に中央へ高く意識を持ち、ドリブルやキラーパスでゴールに向かう。
裏を取る飛び出しで突如ゴール前を急襲する動きも得意な「スペール・スリー」

 No.286 FW ヘンリク・ラーション (19・7・16・16・15・14=87)
裏へのボールの反応に鋭さを見せる生粋の点取り屋。突破力もある。
数値の割に競り合いに強く、最前線でプレスに屈せずボールを待つことが出来る。
何度も裏を狙わせるとスタミナ面で不安あり。決定力は高いがスタミナが半分になるとシュート力が落ちる。
LEとの比較はこちら

 No.288 FW ロナウジーニョ (18・8・20・14・18・18=96)
切れ込むドリブルでチャンスメイク。さすがにMVPに比べると劣る感はあるが、それでも並の選手には出来ない突破力を誇る。
キック力もやや劣る感はあるが、パス、プレイスキック、シュート共に精度の問題は殆ど無い。
若干エゴイスティックで持ち過ぎと感じることもあるが、アシスト能力も完備。困った時に決定的な仕事をしてくれる選手。



 No.289 GK アントニオ・ドブラス (8・17・10・16・13・10=74)
シュート反応は並だが、飛び出しスピードは白としてはかなり速いほう。
裏に抜けてきたボールに対しての反応は特筆すべき。GKボタン使いが上手い人ならオススメ。

 No.290 DF ファニート・グティエレス (8・17・12・16・14・15=82)
 KP戦術:マンマーク

機敏で力強いタックルが売りの優秀なセンターバック。揺さぶりに対しても冷静に対処。
スタイルはストッパーながら周囲のフォローにも優れ、迅速なカバーリングも心得ている。パスを切る動きも巧み。
懸念点は奪ったボールを大きく蹴り出すクセと、序盤は動きが固いこと。

 No.291 DF オスカル・ロペス (11・12・14・12・14・14=77)
両サイド遜色なくこなせるサイドバック。数値に似合わず攻守に献身性がある。
サイドバックとしての守備は合格点が出せ、守備をおろそかにしない程度の攻撃参加も魅力。
中に絞る事も攻守共に多く、積極的にボールに絡む。ややスタミナ不足。

 No.292 DF メッリ (9・15・12・14・15・14=79)
 KP戦術:バランサーポジショニング

状況対応力に優れた最終ラインのユーティリティプレーヤー。両サイドバックとセンターバックを柔軟にこなす。
サイドバックでは目立った上がりを見せず、相手サイドアタックを封殺する動きがメイン。中央に対しての絞りも○。
センターでも通用する1対1の守備とカバーリングで優秀。ビルドアップは地味だが繋ぎは的確。

 No.293 DF ダビド・リバス (9・16・11・17・10・13=76)
経験が貯まるまでは動き回りツメが甘い、非常に使いづらいDFだが、成長につれ安定する。
やはり自ら止めに行く典型的なストッパーながら、高いパワーと意外な脚力で奪取力はハイレベル。
動き回るもののツボを押さえ、サイドのカバーもこなす。クロスカットも上々。活躍度は数値以上。

 No.294 MF ミゲル・アンヘル・ロサーノ (12・10・12・16・12・14=76)
 KP戦術:ミドルシュート重視

走り回る献身性と力強いタックルが持ち味のクラッシャー。広い行動範囲でボール保有者を追い回し仕掛ける。
パスはやや精度を欠き展開も単調。だがフリーで攻め上がっての攻撃参加やドリブルは意外と良い。
スキルのミドルシュートは確かな威力を持つが、スタミナが若干不安。

 No.295 MF アルス・ガルシア (10・14・12・15・14・17=82)
 KP戦術:プレッシング

スキルやKPの示すとおり、積極果敢な守備が持ち味のクラッシャー。
中盤と最終ラインを幅広く動き回り、穴のないフィジカルから繰り出す強烈なタックルで攻撃を寸断。
球離れは若干悪くパスも並。時折ゴール前に飛び出すがシュートも良いとは言えない。良くも悪くも天性の壊し屋。

 No.296 MF マルコス・アスンソン (13・13・14・15・12・16=83)
01-02に比べ若干献身性が落ちた印象があるが、それなりに中盤での守備をこなす。
最大の違いは展開力で、左右への散らしの質が良い。自身の上がりは少ない舵取り役。
FKは相変わらず巧み。速度は普通ながらカーブと精度はピカイチ。

 No.299 MF フェルナンド・フェルナンデス (14・7・14・12・14・15=76)
 KP戦術:フリーロール

スピーディでテクニカルなドリブルを持ったアタッカー。中央やサイド目掛けて繰り出すドリブルは数値以上の突破力。
球離れは悪いがパスセンスは悪くはなく、絞ってのパスやクロス精度は及第点を出せる。
ドライブシュートを放つなど決定力は十分。スタミナも何とか1試合もつ。

 No.302 MFフェルナンド・バレラ (12・10・15・14・16・14=81)
 KP戦術:バイタルエリアドリブル

サイドバックの守備能力とサイドハーフの突破力をバランス良く備えた選手。
いずれもトップクラスとはいかないが、右サイドであれば位置を問わない働きは便利に使える。
スタミナには若干不安あり。

 No.303 FW リカルド・オリベイラ (18・4・16・16・16・12=82)
スキル通り、ダイレクトシュートの精度威力は地上空中共にトップクラス。
ポジショニングも良く、一瞬で仕事をさせるには最適な反面スタミナは数値程度しか無く、多く絡ませるとすぐバテる。
突破は並でドリブルシュートはダイレクトに比べ劣るが枠を外すことは少ない。

 No.304 FW シスコ・ムニョス (15・5・15・9・17・12=73)
左のウィンガーの様だが切れ込む事を好む、ストライカー色の濃いサイドアタッカー。
ドリブルは武器になるがクロス精度も高く、浅い位置からFWへ通すアーリークロスは素晴らしい。
スキルのスーパーサブ故か、後半途中投入の方が足が速い?



 No.305 GK ホセ・サンティアゴ・カニサレス・ルイス (8・19・13・16・13・12=81)
04-05WGKに比べ飛び出しの反応が格段に良い。速いだけでなく、ブロックやキャッチも信頼十分。
それ以外の能力もWGKに比べ目立った劣化部分はなく、優秀な守護神。

 No.309 DF ルイス・ミゲウ (12・13・13・15・17・15=85)
果敢なオーバーラップはしばしばウィングをサポートする。
守備もほどほどこなすが時折切り替えが遅いことがある。若干たるむこともある。
フィジカルが高く、敵のサイドアタックはもちろん中央の崩しにも反応。守備に反応してくれれば、だが。

 No.310 DF エミリアーノ・モレッティ (11・15・13・15・15・14=83)
数値やスキルに反して攻撃意識が高く、頻繁に駆け上がる。
しかしその殆どが効果的で、攻撃の押し上げを促す。
守備は数値通りでたるみも少なく、守備技術も高い。センターでも機能する万能サイドバック。

 No.311 MF ダビド・アルベルダ・アリケス (11・16・14・16・14・18=89)
中盤守備の名手。動き回るタイプではなく、配置されたポジションを崩さない。
自身の回りの守備対応はもちろん、攻撃参加した味方のスペースを埋めることにも優れている。
前のカバーだけでなくDFラインのカバーまでこなす。攻撃貢献は目立たない。

 No.312 MF ラウール・アルビオル (10・16・13・16・15・15=85)
MF登録だが、ポジション表記通りDFが本職に感じる。
どちらでもスタイルは変わらず。動き回らずに自身の回りに網を張るストッパー。
タイミングを間違えないタックルで安定感抜群。MF、DFどちらでも堅実な守備的選手として計算できる。

 No.315 MF フランシスコ・ルフェテ (13・8・15・13・15・14=78)
スピードばかりがサイド突破ではない、と言わんばかりの変わり種サイドアタッカー。
滑らかなトラップで即座にドリブルを仕掛ける。横からのチャージにめっぽう強く、逃げるように抜く。
クロスはもちろん絞ってのスルーパスも正確。スタミナと決定力にやや不満。

 No.317 FW パブロ・セサル・アイマール (17・8・19・12・17・15=88)
 KP戦術:コンビネーションプレイ

CRAに比べドリブルが多くなった印象。球離れは若干悪くなった感はある。
それでもパス精度は高水準だが、若干視野が狭くなったようにも感じる。展開よりゴールに直結するパスを好む。
スタミナは上がったが仕掛けられるようになった分消費するらしく、さほど差は感じない。

 No.318 FW パトリック・クライフェルト (17・4・16・18・13・12=80)
 KP戦術:降臨

LEに比べ流れるように前を向くトラップが増え、センターフォワード向けになった。
反面1対1、スピード、スタミナといった能力はLEに大きく劣る。特にスタミナ不足は深刻。

 No.319 FW ミゲル・アンヘル・フェレル・ミスタ (17・6・14・16・13・14=80)
 KP戦術:ファイティングスピリッツ

04-05黒に比べ、若干パス意識が増したように感じる。シャドーに配置した場合アシストを決めることが多い。
反面突破の意識は若干下がったが、決定力はさほど劣化した感じはせず。地味なチェイシングも変わらず。

 No.320 FW ダビド・ビージャ (19・6・16・13・18・15=87)
引き出しの多い優秀なFW。
裏への飛び出しは鋭く、DFを抜き去るドリブルも持つ。
ポストも巧みで、自分を追い越す選手へのアシストもこなす。
唯一の弱点はヘディングシュート。ボレーが巧いのでさほど気にはならないが。



 No.321 GK セバスティアン・ビエラ (8・16・11・16・11・11=73)
 KP戦術:ディフェンススピリッツ

後方に構え、シュートにタイミングを合わせてボールを弾きだすビッグセーバー。トリッキーなシュートにも柔軟に対応。
飛び出しはグランダー、クロス共に巧いとは言えず、下手に飛び出すなら控えて構えた方が懸命。

 No.322 DF キケ・アルバレス (8・17・13・14・14・16=82)
紹介文通り、高い位置で相手に寄せる守備は上手い。
だが守備範囲が狭く、後方への守備意識が低いのは問題。一度抜かれるともはやそれまで。
競り合いにも不安があり、いっそ中盤で使った方が安定する気がする。

 No.323 DF ロドルフォ・アルアバレーナ (12・13・14・12・15・16=82)
オーバーラップは控えめに、スピードを活かしてしっかり寄せて奪う守備的サイドバック。
揺さぶり系にも耐性を見せ、簡単に突破は許さない。
攻撃参加は少し顔を出してすぐに戻る。ポロっと競り負けるのが玉にきず。

 No.324 DF ファン・マヌエル・ペーニャ (7・16・11・15・14・16=79)
 KP戦術:パワーディフェンス

センターバックとして豊富なスタミナで疲れ知らず。積極的なチャージを1試合通じて繰り返す。
前に出る意識がやや強く、カバーリングはあまり見られない。それでもポジションを大きく空けることはない。
横に広い守備範囲と献身性で守備に奔走する最終ラインのダイナモ。攻撃貢献はさほど多くない。

 No.325 DF ゴンサロ・ロドリゲス (9・18・11・16・15・14=83)
 KP戦術:ディフェンススピリッツ

後の同選手に比べると比較的前への守備範囲が狭く、与えられたポジションをしっかりと守るストッパー。
ある程度の敏捷性も備えカバーリングのセンスもそこそこ感じる。反面スタミナはなかなか辛い。

 No.326 DF ハビ・ベンタ (11・14・11・14・15・16=81)
オーバーラップが少なく、スキル通りのライン際の番人。
フィジカルに穴が無く、対峙しての守備能力は高い。中に絞っての守備も上々。
コレと言って欠点も見あたらない優秀な守備的サイドバック。

 No.327 MF サンティアゴ・ゴンサレス (12・8・17・7・16・14=74)
 KP戦術:ロングスルーパス重視

さすがにWWFに比べるとあらゆる面で劣化は隠せないが、ドリブルスキルは白として高い水準にある。
ただ、クロスの質はやや劣り、決定力も不安。競り合いの弱さも目立ち、強引に打破できることは減った。
スタミナは目に見えて低く、連戦するにはやや厳しい。

 No.328 MF ホシコ (10・14・13・13・13・18=81)
攻撃貢献は少ないが、DF前で動き回り守備に走り回るダイナモ。
広い守備範囲と高い献身性、豊富なスタミナで休むことなくタックルを繰り返す。
守備専門の選手にしては競り負けが多いのが気になる。

 No.330 MF マルコス・セナ (13・13・14・13・15・18=86)
 KP戦術:セーフティパスワーク

WMFに比べると単純な奪取力は低下したが、その分敏捷性がアップ。背走しての守備対応はこちらのほうが上手い。
反面競り合いの低下はキープ力の低下にも現れ、攻撃に回ったときに奪われることも。
むやみに攻めあがらずにバランスをとる動きは好印象で、それゆえにスタミナも全く問題なし。

 No.331 MF ファン・パブロ・ソリン (14・13・13・15・16・19=90)
 KP戦術:オフェンスダイナモ

WWFに比べ、攻守切り替え能力に若干の不安を感じる。前線からの帰還、守備対応が一瞬遅れることも。
攻守の積極性は失われておらず、最終ラインより中盤向けか。

 No.332 MF アレッシオ・タッキナルディ (12・14・14・16・12・16=84)
 KP戦術:ワイドゲームメイク

高い競り合いと献身性で中盤の芽を摘むクラッシャー。成長前は献身性や守備範囲に不満があるが、貯まってからは優秀。
02-03黒に比べると攻撃面での貢献が若干下がった感はあるが、存在感は変わらず。

 No.333 FW ディエゴ・フォルラン (18・7・15・14・17・17=88)
 KP戦術:ロングカウンター

裏への反応が鋭く、ラインブレイクから決定機を作る動きが武器のストライカー。
加えてスピードと粘り強さを武器とした突破力も十分。スペースを突くドリブルなのでギャップがあればより強烈。
スタミナも十分で疲れ知らず。唯一、浮き球のシュート精度だけ若干不安。

 No.334 FW ギシェルモ・フランコ (17・5・15・15・14・13=79)
スタミナに難があるものの、巧みなトラップと強引なドリブルでゴールを狙う点取り屋。
突破力は数値以上のものを感じさせ、決定力も上々でムラも少ない。
飛び出すタイミングなど頭脳面も上々。

 No.335 FW アントニオ・グアイレ (13・8・14・11・16・15=77)
 KP戦術:ラインブレイク

そこそこのドリブルで揺さぶりをかけることも可能だが、真骨頂はパスやクロスを感じ取る嗅覚。
小柄ながらラストパスを呼び込み、点で合わせるフィニッシュに長けたワンタッチゴーラー。
FWとしては守備意識もそこそこで、スタミナも問題なし。左足でのシュートがとことんダメなのが残念。
スポンサーサイト
05-06 キラ
 WGK 1/5 ペトル・ツェホ (9・20・12・19・12・12=84)
 SKP:GKロングフィード

飛び出しのスピードはキラとしては物足りない部類に入るが、土壇場でのビックセーブを何度も繰り出す守護神。
遠目のシュートはまず弾き飛ばす。至近距離のシュート反応にも優れる。PKもかなり強い部類。
落下点に入るのがやや遅いがハイボールもそつなく処理。スキルのフィードは別段記憶にない。

 WGK 2/5 シェイ・ギブン (7・19・11・18・12・11=78)
キラGKとしては飛び出しにかなり不満ながら、シュートへの反応はさすがキラといったところ。
ハイボールも難なく処理するが、落下点へ入るのが遅いのが気になる。
スキルのキャッチング能力は別段高くは感じない。PKはなかなか。

 WGK 3/5 グレゴリー・クペ (7・19・12・16・13・11=78)
機敏な飛び出しでゴール前のエリアを防ぐ選手。紹介文の通り、身体を翻してのシュートブロックが最大のウリ。
セービング範囲はさほど広くはないが、近辺への反応は秀逸で、角度のない位置でのセービングはかなりのもの。
ハイボールに対してもきっちり対処するが、上背が無いせいか若干不安定に感じる。

 WGK 4/5 ジャンルイジ・ブッフォン (8・20・13・18・14・11=84)
 KP戦術:セーフティディフェンス

KP以外、04-05との差は殆ど見受けられない。

 WGK 5/5 ジダ (8・19・11・18・13・10=79)
飛び出しがやや下手になったものの反応は相変わらず鋭い。
クロス等ハイボールの対処にも疑問符がつき、前に出るよりどんと構えるタイプの守護神。
PK戦では安定して数本止めるだけの力はある。



 WDF 1/5 アシュリー・コール (14・13・14・10・19・17=87)
 KP戦術:ドリブリングビルド

圧倒的な走力を武器に上下動を繰り返す攻撃的サイドバック。サイド攻撃時には確実に攻め上がる。
スピードを活かしたドリブルとパス、クロスでチャンスを作る。攻撃センスは高いレベルでまとまっている。
守備にも手を抜かず中央へも絞るが、競り負けがなかなか多いのが不安材料。上下動が過ぎると終盤バテることも。

 WDF 2/5 ルシオ (14・17・13・19・12・17=92)
 SKP:オーバーラップ

強烈なパワーを活かしたタックルとヘディングで相手を押しつぶすパワフルなセンターバック。
成長すれば柔軟な対応も見につけ、守備対応は数値以上に丁寧に感じる。
時折KP未設定時にも敵陣へフリーランで駆け上がる。設定時には顕著にあがりまくる。
ヘディングシュートは強烈ながら、足でのシュートは標準的。攻め上がりを自重させればスタミナは充分。

 WDF 3/5 ファビオ・カンナバロ (8・20・12・18・16・15=89)
 KP戦術:マンマーク

他のキラに比べカバーリングに特化した感があり、冷静でクレバーなディフェンスリーダーに。
取りに行くタイミング、位置取りを見極め、冷静に奪う。特にポジション修正力は高く感じる。
前に出ての守備は他のキラに比べるとやや劣るが、カバーリングタイプとしては優秀なほう。

 WDF 4/5 アレッサンドロ・ネスタ (10・20・12・18・15・16=91)
04-05WDFに比べ若干冷静に。とはいえその能力は殆ど変わりなし。
やや守備範囲が狭くなったように感じたが、逆を言えばポジションに穴を空ける危険が減ったと言うこと。
巧みな1対1、迅速なカバーリングも健在。若干カバー寄りになったか。

 WDF 5/5 ロベルト・ファビアン・アジャラ (9・20・12・17・14・13=85)
 KP戦術:バイタルエリアプレス

非常にクレバーに最終ラインに控え、状況に応じて様々な守備対応を見せる最終ラインの番人的存在。
基本的にカバーリングに秀で味方のフォローに長けているが、いざ1対1の場面では迅速な寄せと抜群のタックルで封鎖。
CDFながらスタミナに難があり、蓄積疲労も貯まりやすく感じる。怪我にもやや弱く、やや問題。



 WMF 1/5 フランク・ランパード (17・12・16・16・15・18=94)
 KP戦術:キング・オブ・フットボール

パスセンスも備えているが基本的に自ら持ち込むことが増え、豪快なドリブルから強烈なミドルで仕留める。
守備貢献もWCNに比べれば高く、低い位置でもそれなりに機能する。低い位置では無難に繋げることも多い。
スタミナも問題なく、1試合通じて色んな局面でチームを助ける「ロンドンの貴公子」

 WMF 2/5 エメルソン (14・16・15・15・14・18=92)
 KP戦術:バランサーポジショニング

ポジション移動を繰り返し、攻撃と守備、豊富な運動量で偏ることなくチームに貢献する「ピューマ」。
守備は若干激しさに欠け、攻撃参加もする分カウンターに対して守備がおろそかになることもある。
しかしカバーリング能力に長け、冷静な位置取りで周囲のスペースをフォローする。
攻撃的MFを任せられるテクニックで繋ぎから決定的なパスまでこなし、しっかり枠を捕らえるミドルも秀逸。

 WMF 3/5 パトリック・ビエラ (13・17・14・19・15・17=95)
WCNに比べ、若干前に出る意識が薄れた感があるものの…
正直、あまり大きな違いは感じられず。

 WMF 4/5 アンドレア・ピルロ (14・12・20・12・12・15=85)
 KP戦術:ワイドゲームメイク

06-07WMFに比べると守備時の動きに若干ムラがあるが、当たらない守備とパスカットで大穴は開けずにこなす。
加えて若干ながら前に出る意識が高く、パスでのチャンスメイクに加えて自ら決めにかかる機会も増える。
スタミナの低下はやはりやや実感でき、連戦は辛い。コーナーキックの精度は天下一品。

 WMF 5/5 デコ (16・13・18・14・16・17=94)
中盤の選手として必要な技術を全て備えたパーフェクト・フットボーラー。
素早い寄せでチェックに行き、前線に的確にパスを通し、自らも攻め上がる。
守備力はあるが献身性、パワーが少し不安。より精力的な守備的選手と組ませ、なるべく攻撃に絡ませたい選手。
スキルのドリブルはスピーディなフェイクを駆使しセンターハーフとしては異例の突破力。決定力も充分。



 WWF 1/5 アリエン・ロッベン (17・10・17・15・18・16=93)
 KP戦術:ドリブル突破

WSAに比べ力強さが無くなった分、軽やかな切り返しとフェイントを織り交ぜ技で抜くサイドアタッカー。
WSA同様右では突破の傾向が強く、左ではパスの意識が高く見られる感がある。
決定力はこちらの方が高く感じ、ドリブルも若干左右共に切れ込む意識が高くなったか。

 WWF 2/5 ルイス・ガルシア (17・7・18・12・16・15=85)
スキル通り、多彩なフェイントで勝負する見た目に楽しいドリブラー。カクカクドリブルで打開力はある。
だが最大の特徴は選択肢の多さ。中央へのスルーパス、開いてのクロス、切れ込んでシュートと、局面に応じて使い分ける。
意外な守備意欲の高さも備え、高いポジションでボールをかっさらう一面も。
当られると脆く、右では切れ込む傾向にあるのがやや難点。04-05白に比べ球離れ、決定力、競り合い、守備が良い。

 WWF 3/5 クリスチアーノ・ロナウド (16・6・19・13・19・14=87)
 KP戦術:ウィンガードリブル

弱点はスタミナ。それ以外の能力は非常に高い。
両サイドを変わりなくこなし、サイドでの踊るようなドリブル、正確なクロスで決定機を演出。
決定力も前verに比べ高く、状況に応じてパスに切り替える判断の良さも目立つ。

 WWF 4/5 ホアキン・サンチェス (16・8・17・14・19・15=89)
スキル通り、スピーディ且つジグザグと刻むドリブルはDFを幻惑する。
クロスも正確でアシスト役として非常に優れる。チャンスメイカーとして優秀。
決定力は低くはないものの、やや疑問符は付くので開かせておくのが良い。スタミナもやや微妙。

 WWF 5/5 ファン・パブロ・ソリン (14・13・13・15・16・20=91)
 KP戦術:サイドアップダウン

抜群の運動量で左サイドを全域に動き回り、攻守に多大な貢献をするウィングバック。
最終ラインまで戻り、中央にも顔を出しボール奪取。ドリブルはやや速いレベルだが、フリーランニングが真骨頂。
味方に繋げた後のオーバーラップでパスの選択肢を増やし、常に数的優位を作れる存在。決定力も十分。
クラッシャーでありクロッサーでありシャドーストライカーでもある。チーム貢献度は随一。



 WFW 1/5 ディディエ・ドログバ (18・8・14・20・15・17=92)
 KP戦術:ワイドポスト

06-07に比べOFE以外数値差はないのだが、ドリブルのキレはこちらのほうが高く感じる。
シュート力もこちらのほうが高く感じ、独力でねじ込むストライカー色が濃いか。
KPで周囲を生かす動きも期待できるが、06-07より若干バテやすい印象。

 WFW 2/5 ルート・ファン・ニステルローイ (20・7・16・19・14・16=92)
決定力はそのまま、WSTが身体能力を活かした突進を武器にするのに対しこちらは技術と頭脳を駆使するタイプ。
ゴールに一直線に向かうよりスペースに走ることを好み、時折テクニカルなフェイクも繰り出す。
若干だがルーズボールの反応もこちらの方が良い印象。息の合うパサーがいる場合はWFW。なのか?

 WFW 3/5 アドリアーノ (20・5・15・20・16・14=90)
 KP戦術:コンビネーションプレイ

左右の足での決定力のムラが多少改善され、よりトータル能力に秀でた感がある。
KPも手伝い周囲を活かす技術やパスに合わせる動きにも改善が見られ、独力でもチームでも輝ける。
突破の意識は多少下がったが破壊力は健在。

 WFW 4/5 アンドリー・シェフチェンコ (20・7・16・17・19・16=95)
 KP戦術:ラインブレイク

速さは勿論力強さをも全面に活かし、角度のある切り返しでゴール前をこじ開けるドリブルが長所。
単独での突破力を要しながら、パスに反応して抜け出す術も持った、状況を選ばない万能ストライカー。
決定力も高く、地上空中共に枠内へ強烈な弾丸を飛ばす。ミドルも強烈。やはりスタミナは若干微妙。

 WFW 5/5 サミュエル・エトー・フィルズ (20・9・15・14・20・17=95)
ドリブルは無駄にこねたり派手なフェイントをすることなく、スピードとコース取りで高い突破力。寄せられた際の粘りもある。
シュートは威力こそ並ながら精度はピカイチで枠外に飛ばすことは殆ど無い。ヘディングも強く、ダイレクトシュートも上手い。
前線から引いてボールを受け味方の突破を促す動きをしたと思えば、自ら裏へ飛び出す場面も。
時折見せるチェイシングも効果的。テクニックは裏を取るトラップに活きている。バテる事も少ない。万能で合理的なFW。



 CRA 1/5 ティエリ・アンリ (20・7・18・14・20・17=96)
LEとは全く別物と化し、ボールをこねにこねる技巧的な選手に変貌。パスでチャンスを作るプレーも増えた。
ドリブルもスピードを武器にするのではなく細かな切り返しで翻弄するスタイルに。
また守備意識も向上し、不意に前線でボールを奪う事も多くなった。決定力はややクセがある感じに。
LE、WSTとの比較はこちら

 CRA 2/5 ジュニーニョ・ペルナンブカーノ (17・9・19・14・14・15=88)
最大の特徴はゴールを狙えば入るフリーキック。CKは速度こそトップクラスに若干及ばないが良いボールは蹴れる。
流れの中では高いテクニックを活かしたキープやアシスト、飛び出しての強烈ミドルでチャンスを演出。
インターセプトもそこそここなすが、当たっての守備や献身性はやや低め。突破力もほどほどで球離れも良いとは言えない。

 CRA 3/5 ズラタン・イブラヒモビッチ (16・6・19・19・14・14=88)
数値上WSTよりスピードが上がっているが、ドリブルスピードはむしろ落ちているように感じる。
そう思わせるほどボールをこねる、テクニックを全面に出したドリブルをするようになった。幅広いパスも魅力。
競り合いに強くルーズボールを強引に懐に収める狡猾さもある。前線にいると非常に頼もしい。
決定力ではWSTよりやや劣り、完璧に抜け出しての1対1が苦手な様子。それでも懸念を抱くほどではない。

 CRA 4/5 カカ (18・8・19・14・19・16=94)
スピードとテクニックを駆使したドリブルで敵陣を翻弄するドリブラー。
その突破を急停止し、パートナーに送るラストパスも絶品。
オフザボールで決定機に顔を出し自らの決定力にも問題はない。主役も脇役もこなせるアタッカー。

 CRA 5/5 ファン・ロマン・リケルメ (18・4・20・17・10・14=83)
 KP戦術:キングオブフットボール

ボールを保有することを好み攻撃の全権を司る典型的司令塔。
高いテクニックを活かしたキープは球離れの悪さにも繋がるが、刹那に見せる絶妙なアシストで数多くチャンスを創造。
足は遅いが意外な突破力も秘め、強烈なミドルも備えている。プレイスキックも絶品。
数値の割に意外と守備貢献も高く、高い位置から不意にボールを奪うことも。スタミナはやや不安。



 YGS 1/5 フランセスク・ファブレガス (15・10・18・13・15・15=86)
当っての守備は苦手だが、インターセプトの技術は高い。そこから展開するパス、ラストパスを配球する。
コースがないときはキープし様子見。その間に当られることもあるが、パス成功率を上げる。
前線のスペースへ走り込む動きが黒に比べ頻繁。攻撃的なセンターハーフ。

 YGS 2/5 ウェイン・ルーニー (18・7・18・17・16・14=90)
 KP戦術:ドリブル突破

高い技術と身体能力でゴールをこじ開けるパワフルドリブラー。抜群のラインポジショニングで飛び出す頭脳も持つ。
後のカードに比べると球離れが悪く、果敢に仕掛ける姿勢が裏目に出ることも。
シュート力は高いが意外と1対1を外すことも。あとはスタミナが無いのが悔やまれる。

 YGS 3/5 バスチャン・シュバインシュタイガー (15・9・16・15・17・15=87)
ドリブル能力は高いのだが内へ切り込む傾向が非常に強く、チャンスメーカーとしては扱いづらい。
ポジション表記は左が濃いが右利きのため、左からのクロスは一瞬時間が掛かる。
球離れは良くはないが酷くもなく、単独突破よりFWのフォローをさせた方が使いやすい。
決定力は低くはないが角度があると難あり。ウィンガーではなくアタッカー。

 YGS 4/5 クラス・ヤン・フンテラール (19・5・15・17・15・14=85)
 KP戦術:ゴールスピリッツ

泥臭くゴールを挙げるスタイルが信条。クロスに合わせるセンスは非常に高く、スライディングシュートやダイビングヘッドも見せる。
数値ほど足は速く感じないが、ポジション取りや飛び出しのタイミング、裏を取るトラップで地上での決定力もトップクラス。
ドリブルは速さは並ながら豪胆で、スピードに乗れば単独で打開する力はある。スタミナは終盤不安。

 YGS 5/5 リオネル・メッシ (17・8・18・11・19・15=88)
マラドーナの再来を冠しているだけあるドリブルの達人。スピーディ且つテクニカル。
アシスト役もこなし、時折見せるチェイシングも相手の驚異。
小柄ながらクロスに合わせるのが上手く、落下点にいち早く潜り込み殊勲のゴールを上げる。
経験が貯まれば地上での決定力やクロスの質も向上。右足は全てに置いて逆足レベル。



 BAN 1/5 ジョン・テリー (11・19・13・18・13・16=90)
クレバーで冷静。ゴール前にどっしり構えるスタイルで鉄壁の守備を見せる。
カバーリングに優れ、抜かれた味方をフォローすると共に圧倒的なパワーでボールを刈り取る。
数値の割に足も速く、クロス処理も上手い。若干インターセプトがヘタだが致命的な弱点ではない。

 BAN 2/5 スティーブン・ジェラード (16・13・16・18・14・17=94)
 KP戦術:全員攻撃

非常に球離れが良く、ボールを持てば即座に堅実な繋ぎ、大きな展開、決定的なスルーパスを狙う。
オフザボールの動きも激しく、積極的に前線に飛び出す、サイドでのフリーランはコーナーに向かう感じ。
決定力は後のカードに比べるとやや劣った感はある。KPが珍しい。

 BAN 3/5 アレッサンドロ・デル・ピエロ (19・7・19・13・14・14=86)
 KP戦術:ファンタジーア

07-08CRAに比べるとドリブルのキレは多少劣るが、ポジショニングや裏への飛び出しでそれをフォロー。
突破力は多少劣るが一瞬のキレは鋭く、位置取りも合わせて最前線向けという感じ。
ボールを持つ時間は減ったがスタミナはやはりやや不安。それでも仕掛けと呼び込みを使い分け鮮やかにゴールを呼び込む。

 BAN 4/5 フランチェスコ・トッティ (19・8・18・18・16・16=95)
MVPに比べ競り合いの強さは確かに実感でき、強く巧いドリブルで単独打破が可能。
基本的に足下へのボールを好み、下がって受けて周囲へはたくパスセンスも絶品。味方を使う意識は高い。
強烈ミドルにドライブやループ等バリエーション豊富な決定力は高いが、簡単なシュートはやや苦手?
プレイスキックも強度と精度を兼ね備え、攻撃的選手として全てを高次元で備えた「エル・プレンジベ」

 BAN 5/5 カルレス・プジョル・サフォルカダ (10・18・13・17・17・18=93)
他の選手に比べ攻守切り替えの速さは尋常でない。奪った後は即座に繋げるか、蹴り出すか、希に自ら攻め上がるか。
守備スタイルは積極的。迅速なタックルと裏を取られた時のスピーディな逆走での危機回避。
サイドバックとしても攻守に積極的。恐らくライン統率も巧みで、オフサイドを取る率は高く感じる。
相手の一歩前へ飛び出してのパスカットも好きながら、リーチの短さが若干気になる。空中戦もやや苦手。



 LE オリバー・カーン (9・20・10・20・13・12=84)
飛び出しスピードはそこそこ速いが、ドリブルに対しての飛び出しはかなり下手。クロスの対処も上手くはない。
それを補ってあまりあるセービング技術は驚異。確実に決まるような至近距離でのセービングは奇跡的ですらある。
不用意に飛び出すよりもゴール前で壁の如く立ちはだからせる方が安全。PKもそこそこ強い。

 LE アレッサンドロ・コスタクルタ (8・20・11・17・15・16=87)
 KP戦術:ラインコントロール

既存のカードと比べ、フィジカルが大幅に強化されたものの、数値ほど当たりの強くなった印象はない。
しかしカバーリングの質、スピードは素晴らしく、インターセプト技術も高い。状況に応じて前に出る積極性もみせる。
時に激しいタックルもかますが、基本的にクリーンなチェックが多い。スタミナも数試合は不安無く使える。

 LE パオロ・マルディーニ (14・18・14・17・16・17=96)
 KP戦術:ファイティングスピリッツ

攻守両面で攻撃性、積極性が全面に押し出された「クォレ・ディ・ドラーゴ」。
SBでもCBでも、相手が仕掛けてくれば積極果敢にタックルに行く。奪取力は高いがカバーに長けた味方が欲しい。
ポジショニングも常に高い位置を意識しており、チャンスと見るや一気に前線に駆け上がる。
ドリブルもDFとしては強烈でクロスの精度は非常に高い。スタミナも充分で存在感充分。

 LE フィリップ・コク (15・15・15・15・15・18=93)
 KP戦術:ショートパスワーク

中盤底に配置すれば、迅速な寄せと起点のパス、前線への飛び出しで幅広くプレーに絡む名ボランチ。
それに加えてクレバーなセンターバック、攻守に貢献するサイドバック、スキルフルなサイドハーフ等多面性は随一。
決定力も上々で、CKを押し込むなどクロスの落下点を探る力などゴール嗅覚が高く感じる。
戦術に柔軟性をもたらす希有な存在。序盤は活躍が限られるが、成長後はどこでも一級品の働き。

 LE ルイス・フィーゴ (18・8・19・15・17・15=92)
 KP戦術:サイドエリア支配

サイド選手としてはトップクラスのテクニックを武器に、多彩なフェイントでサイドを彩る技巧派ドリブラー。
スピードにやや難はあるが、DFの逆を突くドリブルで突破力は非常に高い。クロスも高精度でバリエーションも豊富。
決定力も充分。スタミナはやや不安だが、左右遜色ないプレーで攻撃を牽引する。

 LE ライアン・ギグス (18・10・17・13・20・15=93)
 KP:サイドエリア支配

スピード溢れるドリブルと鋭角な切り返しを駆使し、相手守備陣をズタズタに切り裂く「天使の左」
深くえぐってのクロスはもちろん中に入ってのチャンスメイクにも積極的。やや球離れが悪い感もあるが実力は確か。
自信の決定力も充分で、スタミナも酷使しなければ問題ない。

 LE ポール・スコールズ (17・13・15・15・16・18=94)
 KP戦術:アタッキングセントラル

センターハーフとして殆ど全ての仕事をハイレベルにこなす。
積極果敢なタックルでボールを奪い、味方に繋いで自ら駆け上がる。決定的なパスは少ないが横の展開は○。
強烈なミドルシュートも完備し、その動きを90分支えるスタミナで常に画面に現れる存在。
上がった先での守備も魅力だが最大の武器は攻め上がり。裏をケアできる相棒と合わせると効果絶大。

 LE デニス・ベルカンプ (19・5・20・16・16・14=90)
 KP戦術:ペナルティエリア支配

圧倒的なテクニックはFWへのスルーパス、圧倒的なボールコントロールで活かされる。
ポジショニングも良く、フリーでボールを受けパーフェクトトラップで前を向き、最高のショーを見せてくれる。
長い距離をドリブルする力は低いが、細かいタッチで狭いスペースをすり抜ける突破は圧巻。
シュートは威力はないがタイミングが独特で枠は外さない。スタミナ以外、他に彼に求めるものはない。

 LE ヘンリク・ラーション (20・6・16・15・18・17=92)
 KP戦術:ワイドポスト

圧倒的な個人技があるわけではないが、幅広い動きで攻撃を牽引し圧倒的なフィニッシュで締めるストライカー。
ドリブルはシンプルながらスピードに長け、スペースを突いた動きでセンターでもサイドでも存在感を放つ。
ポジショニング、飛び出しは非常に優れており、高さはないがポジショニングでクロスも鮮やかに沈める。
KPの幅広いポストプレーも魅力。過去の検証はこちら

 LE アラン・シアラー (20・6・14・18・17・15=90)
高い能力を全てゴールのためだけに注ぎ込む生粋のセンターフォワード。
最大の武器は頭の良さ。ポジショニングは絶品。クロスボールの落下点もいち早く見極める。
裏への意識も高く、スペースが空いたらすかさず走り込む。こぼれ球への反応も早い。
もちろんシュートは威力、精度、ダイレクト全て問題なし。裏を狙わせすぎてのスタミナ切れに注意。



 EMVP ロナウジーニョ (19・8・20・14・18・18=97)
強烈なテクニックとスピードを活かしたドリブルは、時にサイドからのクロス、時に自ら切れ込んで決定機を作る。
浅い位置からの決定的なスルーパス、逆サイドへピタリと通すサイドチェンジとパスセンスも超一級品。
決定力も非常に高く、カーブをかけたファーへのシュート、ニアを打ち抜く強烈なシュート等バラエティも多種多様。
WMVPに比べ指示に素直で、周囲と調和する動きが出来る。黒子に徹することも可能。使い手の手に染めやすい。

 WMVP ロナウジーニョ (19・8・20・14・19・18=98)
 KP戦術:フィールド支配

奔放な天才で、使用者をも惑わす切れ味鋭いドリブルと変幻自在のパスでゴールに迫る「ブラジルの真珠」
ダイレクトシュートは非常に上手いのだが、自ら仕掛ける際には若干トラップが固い時がある。
それでもボールを持ち前を向いたときの破壊力は驚異。決定力も最高峰で、カーブをかけて隅を射抜くことも。
昔試した起用法はこちら
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。