草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
200711<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200801
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
J終了
本当にこれがあの浦和レッズなのか?
これが前半戦の感想。間延びして繋げなくて、守備対応出来て無くて、全くといっていい程良いところが無かった。
そんなズタボロの中でカズのプレーが際だってた。あの突破とアシストは素晴らしいの一言。

で後半前に出るしかないレッズが選手交代などを経て徐々にペースをつかむも、シュートはことごとく枠外。もしくは菅野の手の中へ。
そしてそのまま試合終了。アジアの頂点にまで上り詰めたクラブが、Jの首位天王山を落とし、J2下位クラブに敗れ、半年も勝ち星のない最下位クラブに沈んだ。
なんちゅ~か、サッカーってすげぇわ。

鹿島アントラーズは、世代交代してからどれくらい経ったんですかねぇ。
一時期の栄光から再建を始め、再び頂点に。素晴らしいと思う。

それにしても近年のJは劇的な優勝決定が多くてたまらんですね。
欧州から比べたらレベル落ちるのは確かだけど、それでもサッカー好きにはたまらんですね。

鹿島アントラーズ、10冠おめでとう。
スポンサーサイト
とばっちり
昨日の話。

ぼくはTVでレッズvs横浜FC戦を見てました。
試合終了の瞬間。ぼくのケータイがなりました。
相手はぼくの大学の友人、さいたま市在住の熱狂的レッズサポでした。
内容は、あ~ショック。超ショック。立ち直れん。えとせとらえとせとら。
そんな彼を慰めるべく、急遽「忘J1会」を開くことに。

大宮まで車で2時間かけて向かう俺の身にもなってくれ~いと思いつつも、彼らは俺にとって貴重な存在なのです。
地元の友人はサッカーに疎い人ばかり。そんな俺がサッカーに対して思いの丈を語れるのは、遠くにお住まいの大学時代の友人達のみなのです。

そんなわけで居酒屋で4~5時間語り明かし、午前様で帰宅。
気がつけば財布の中身が非常にオサムイ。
だってね、ちょっと前にレッズACL制覇の会をやって、ウイイレ買って、そして残念会もやって、車で長いこと走ったからガソリンもアレで。
こりゃあ今月どれくらいWCCFできるだろう。

浦和レッズさま。どうか勝利を重ねてください。俺の友人のために、そして俺の財布のためにも。
バロンドールとEURO
今年のバロンドールが正式に決まりましたとさ。
大方の予想通り、ACミランのカカーが選ばれましたとさ。

確かに昨季UCLでの暴れっぷりは素晴らしかったですが、国内ではさほど結果出せてないのよね。今季も不調だし。
バロンドールの選出対象も欧州クラブ所属選手から全世界に変更になっちゃったし、何かEUROやW杯、UCLのMVPと変わりなくなっちゃうんじゃないかなぁ。FIFA年間最優秀との差別化もした方が良いと思うんだけど。

あとはWCCF的に見たときに、MVPカカーは出るのか不安。今世間をにぎわせているあの噂が本当なら、07-08シーズンが飛ばされる可能性も否定出来ないわけで。
ま、噂の段階なんで過敏に反応するのはやめましょ。別に延びても俺は文句ないし。文句ある67過剰はプチ引退すると良いと思うよ。むしろそのまま居なくなってくれて良いよ。



そしてEURO、一次リーグ組み合わせ抽選が決まりました。

グループA:スイス、チェコ、ポルトガル、トルコ

グループB:オーストリア、クロアチア、ドイツ、ポーランド

グループC:オランダ、イタリア、ルーマニア、フランス

グループD:ギリシャ、スウェーデン、スペイン、ロシア


…なにこれ?

我が愛するオランダの嫌な予感は悲しくも的中。ここまで酷いリーグは過去探しても早々無いんじゃなかろうか。
いや、もちろん他のグループも全て厳しそうですけども(開催国って馬鹿にできないしね)…、それにしてもこれは…

W杯王者イタリア、力あるベテランと若手が揃うフランス、予選ではオランダより上位につけたルーマニア。
サッカーファンとしては、トーナメント前から大当たりのカードが多いのはすんばらしい事だをは思うんですが、いちオランダファンとしては今から心労でブっ倒れそうな勢いですよ。

とりあえず、EUROが今から楽しみですね。
…心配だしんぱいだシン・パイダー。
ド忘れ
はいはい前回と同じように。

クラブレジェンドCPUチーム…強いなぁと感じるのは?

1位 グランデ・ビアンコ・ネロ

2位 ロッソ・ネロ・90s

3位 キング・マドリード



まずLEユーヴェは、ラヴァネッリへの非難囂々が多いようです。
そして彼にパスを供給するバッジョやジダンもケアしなければなりません。
反面サイド突破は少ないので、手勢を中央に集中させれば何とかなることもあります。
ただ、希に2トップがサイドに流れたときはガッタガタになりますけど。

攻め方は、3バックなので3トップ…にすると意外と抜ききれないことがある。
個人的には、ウィングよりサイドハーフから攻撃を作った方が良い印象。なにせ相手は全体的にサイドプレーヤーがいないのだから、キモはサイド。


LEミランがこの位置なのは少し驚き。というのも俺はあまり負けた記憶がないのです。
ウェアを中心とした3トップは確かに強力ながら、サヴィチェもレオ様も中に入ってくる意識の方が高く、これまた中央に寄せることでどうにかなる。
レオ様はなるべく中盤でケアすること。

そして攻撃時のポイントはただ一転。相手右サイドを集中砲火。特にレオ様からボールを奪った後がチャンス。
オーバーラップしたパヌッチの裏をつき、何故か黒のコスタクルタを振り切ればオッケー。
バレーシを上手く引きつけられれば、中央突破も可能。


そしてキング・マドリード。なぜDFラインがITスターズなんだ?卑怯だぞ。
ラインが滅法高いので、裏をついた方がよい。サイド突破も不可能ではないが、カンナヴァロのカバーはなかなか厳しい。

守る方は1トップながら万能FWサモラノをいかに封じるか。まずセードルフを自由にさせてはいけない。
加えてフィーゴの突破、パスも地味にやっかい。最終ラインはあえて3バックにするなど手薄にし、早い段階で攻撃の芽を摘むが吉か。


前回はホワイトライオンズ、今回はアムステルダムジュエルを項目に入れるのを忘れてました。
早めに気づいた方すんませんがツッコんでくださいOTZ
あいま~い
第3だ~ん。

コンセプトCPUチーム…強いなぁと感じるのは?

今回タイトルがやや曖昧ですが、要はまぁ何かしらの共通点があって強そ~なチームですかね。

前回同様、期間はだいたい10日で、複数に投票して良いです。同じチームに2回入れるのはご遠慮をば。

この中だったら本文中にもちょいちょい言ってますが、スーペル・スダメリカが大嫌い。てゆ~かピサーロが。

クラブワールドカップ1
セパハンvsワイタケレ

な~んか今回のクラブW杯の負の部分が密集しちゃいませんか?
プロとアマチュアの差、個々の技術や繋ぎの意識、試合に入る集中力の違いをまざまざと見せつける一方的な試合。後半はそこそこマシになったけど。

んでもってトンチンカンな実況。セパハンはACL準優勝を受けて出場したんじゃない。開催国枠なんてアホみたいなもんの穴埋めで出場してんだ。
ポゼッションが高いとかトラップが世界屈指とか無理矢理で過剰な評価も止めなさい馬鹿らしい。
実況がアホみたいな話の振り方するから解説があわせてるな~って感じだけど、パワープレーにそんな騒がなくていいんでない?
普段野球の実況してる人がサッカーの実況するとダラダラに感じるし、逆だとうるさく感じるのよね。専属とか作れば良いんに。

で、これでACLの再現ですか。
じゃああの決勝は一体なんだったんですか。なんでクラブW杯という舞台でアジア同士の対戦なんかしなきゃいけないのか。
これでレッズ負けたら本当に馬鹿みたいじゃん。あのとき俺の中で沸いてきた感動をどうしようというんですかね。
日本の協会も「何で開催国作ったかな~」ってなるよね。気づくん遅すぎるけど。
もし負けたら、「次回から日本チームがACL優勝した場合、開催国枠は無効とする」なんてルールが出来そうだな。
もしそんなことになったらテロでも起こしてやろうかと思うよ。(例えですよ^^;

ワイタケレのゴールはオウンゴールじゃないのか?
観客がワイタケレ寄りになったのは、レッズとやるのがセパハンでほぼ決定になったからじゃない?って思っちゃダメ?
で実況解説がその空気に乗っかったらイカンのでない?
蒼白
ここ最近てんでWCCF出来てない。にもかかわらずネタ不足というわけでもない。
というわけでインテル終了と同時に立ち上げたチームを今更紹介。

ちなみに引き継いだ監督Lvは

200711291332000_20071208193918.jpg

一体なぜレジェンドではないのか。ぼくにはさっぱり分かりません。インテルが5Rだったから?
クラブワールドカップ2
北中米vsアフリカはキックオフ時刻を勘違いし、見事に見逃したKAZです。

OTZ

というわけで

浦和レッズvsセパハン

うん。前半は良かったよ。一回ヒヤっとするシーンあったけど。
後半は押されてたけど加点したし、リードしてるチームの戦い方としては良かったと思うよ。3点差になってからは集中力欠いてみえたけど。
でもテンション上がんないんだよね。ACL見てるから。
TVだからアレだけどスタジアムの雰囲気も断然ACLの方が凄かったし、何か空席あるし、この試合の意味ってなんじゃろう?
実況は相変わらずアンポンタンだし。手に当たった~ハンドを取りませんでした→腰に当たっています。なんじゃそら。アンチョレッティって誰だ。

テレビや新聞などで再三レッズとミランの対戦を煽ってたのを見て「なんでセパハン無視する」と思ってましたが、無事実現して良かったね。
ここからは盛り上がって行こう…ってのはニワカなサッカーファンですか?
心労
01-02の032シニョーリ
02-03の032シニョーリ追加



スーパースターKAZです。

…監督Lvがねw

ひっさしぶりにWCCFしに行きました。
スタンプサービス(1日1クレ無料)の日付を見ると、アピナでのプレイは20日ぶりだとか。それ以外の場所でチロっとやった記憶はあるけど、あんま覚えてないなぁ。

スケジュールはチャントロ中。あぁもう少し早ければラツィオで狙えたのに…と無念を噛みしめつつ立ち上げたばかりのデポルを育成。

CPUとのFMを数試合こなす。う~んオモロい。久々にやると何かもう凄くオモロい。しかし初戦を勝利した直後に事件が…

1クレ消化すると後続客が。でも後ろの席だったのでさほど気にせずプレイ。数十秒後。なんかクサい。クサい。
チラ見すると、その来た人がタバコ吸うてはる。斜め後ろの席なのに副流煙が強烈。あんさんそれ相当強いやつでおまんがな~?
知ってる人は知ってるが俺は持病で喘息もちである。タバコの煙は天敵。昔に比べれば随分平気にはなったが、今回の敵はモンスターだ。強烈すぎて辛抱たまらん。
その煙で精彩を欠いたのか、その後1敗3分。デポルで出たEPCもPK負け。
続けようか迷ったが、自身の生命の危険を察知(おおげさ)。ここは泣く泣く退散。
まぁ禁煙席じゃないからねぇ。席も遠いし文句言えんしねぇ…;;

でもせっかく久しぶりのWCCFだったので珍しくハシゴすることにする。
で別の店に着くと完闇+コンチ直前というラツィオ願ったり叶ったりな状況。
ただ…この開始直後の記憶がやや曖昧。というのも最後の最後にデッカイ山があったもので…

ラツィオでコンチ~タイトルホルダーまでを総なめにする。
そしてこの3つの決勝のウチ2つがPK戦。ほんっと、タイトルのかかったPKはキッツいですね。
ただ、バロッタでPKに負けた記憶はない。でもマニンガーやデュデクのように2本3本当たり前に止めるという感じでもなく、ギリギリ勝利が多い感じ。よけいハラハラドキドキ。

そしてホルダー後にICCがあったのでそのままラツィオで殴り込み。
一次リーグは2連勝で突破を決めるも、ベガルタシンキチに破れ2位通過。
準決勝はリアル@サーチ。な~んで2チームも歴代優勝チームがおるOTZ。
デルヴェッキオに強烈ミドル→自らつめ~るをやられて先制を許すも、カジラギが中央をこじ開けて同点。
そのままPK。この日3回目。いきなりどっちも外し、バロッタがもう一回止めて辛勝。ホント勘弁してください。心ヘトヘトです。

そして決勝は一次の再現ベガルタシンキチ。
ネドヴェドとカジラギのコンビで左を崩すもブッフォンに阻まれ、以降防戦一方。
ラヴァの突進を辛うじてケアし、どうにか90分凌ぎきる。
ということはまたしてもPK。もうね、限界で画面みれませんでした。配置だけ確認して、寝不足の学生のように机に伏せてましたよ。
結果、バロッタが1本止めたらしくPK4連勝。おじーちゃん最高です!

というわけで気がつけばラツィオはチャントロコンボで全冠らしい。
さて年内に終わるかな?
クラブワールドカップ3
いよいよ準決勝、まずは南米ボカの登場。

ボカ・ジュニアーズvsエトワール・サヘル

戦前は結構良い試合になるんじゃないかな~なんて思いましたが、やはり狡猾と言うか、レベルの違いは感じますなぁ。
連戦の影響もあるだろうけど、パス回しとかを見ててもボカのが上手いね。一人退場したのに、それを全く感じさせない試合運び。
でもアフリカ勢のスピードを生かしたカウンターも随所に見れて、良かったんじゃないかな。良い試合だと思うよ。

さていよいよ明日はレッズとミランの対決。一体どんな試合になるのか楽しみですね。



あと全然関係ないんですが、「WCCFに魅せられて」というブログから相互リンクの誘いを受けました。
こ~ゆ~事は初めてだったのですが、相手方の内容を見てとりあえず過剰守備な人では無いようなので受理しました。
細かな使用感やら初心者講座などをやられているようなので、興味のある人は見てみてはいかがでしょ?
クラブワールドカップ4
レッズvsミラン

やはりミランは強かった。
個々の技術うんぬんはもとより、試合巧者というか勝ち方、勝つ試合を知っているって感じでしたかね。
レッズもゴールの2,3歩前までは行くけど、最後のところはキチっとしてるね。ワシントンも欧州レベルではそう簡単には通用しませんでしたとさ。
立ち上がりこそ希望を感じたものの、終わってみればスコア以上にレッズ完敗ですわ。
一つ悔いがあるならば、ポンテや伸二、試合中のトゥーリオなど故障者が万全だったら違ったかなぁ~?
それを言うとミランもロナウドやマルディーニがアレなんですが。

ともあれレッズは3位決定戦も頑張ってほしい。
そして決勝ではアツい試合を期待したいです。
クラブワールドカップ5
クラブワールドカップもついに最終日。決勝です。

う~ん、そんなに差がつくような試合でも無かったと思うけどなぁ。
でも振り返ってみるとミランの総合力の高さがはっきりと見えた試合でしたかね。
カカーはバロンドールの名に恥じない活躍、セードルフも攻守に奔走して共に前回トヨタカップの無念を晴らした格好。
ピッポも持ち味を存分に発揮したタップインで存在感を示したし、まさかネスタがゴールするなんて思いもしなかったけど。
まぁゴールが多い試合は云々抜きにおもしろいですね。

浦和レッズもPKまでもつれたものの3位。うん。今季はレッズに感謝しなきゃいかん。開催国枠をぶっ壊しての3位は大いに意味のあるモノでしょう。

サンキュー&グッバイ、ワシントン。
あなたの名前はきっとJの歴史に刻まれます。
苦手なんです
02-03の012ザウリ、103アルメイダ、104コンセイソン、139シメオネ、161バロッタ、A01シヴィーリア
LEボクシッチ、ATLEカジラギ追加。


結果&考察。

コンセプトCPUチーム…強いなぁと感じるのは?

1位 アフリカン・イーグルス

2位 オーロラ・バイキングス

3位 スーペル・スダメリカ、FCドラゴン04


まずアフリカはあの3トップが驚異。ただしサイドに流れる動きはそれほど多くないので、中央をケアするように守る。
あとはある程度人数をかける。2人に対して3人で守るような配置を心がけると良いと思う。
そして攻め時にはオリセー、トゥーレ、クフォーの中央は単純な突破では困難。サイドバックの上がった裏を突くのがラク。特にクフォーは無理の利くカバーは苦手気味。

北欧チームは時折理不尽とも思える中央突破を封じるのがカギ。
ラーションもグジョンセンも強靱なフィジカルでシンプルな突破が武器。そしてサポートさせたらトップクラスのトマソンが後ろに陣取る。
更にリュングベリとヨルゲンセンも好選手。単に中央を堅くするだけだとサイドからやられる。2列目の3人は中盤で止めるようにする。
反面守備陣はそれほど強力ではない。両サイドは脆く、中央はスピードで抜く。

EURO選抜はするする抜けてくるバロシュ、強引に抜けるハリステアスとタイプの異なる2トップ。そしてチャンスメイクに優れる2列目の4人。
ただ、トップ下の押し上げはそれほど多くなく、両サイドからの崩しが多いのでこちらのDFラインは低めで良いと思う。
で向こうのDFは枚数こそ少ないものの個々のレベルは高いので、1対1の突破に固執すると意外に崩せないことも。
人数をかければ苦戦する守備じゃない。

そして俺が大嫌いなスーペル・スダメリカ。
何かしらんけど抜けてくるCピサーロは恐らく低いラインで対応するが吉。恐らくフォルランもそれでいける。
ただ、ラインを低くしてプレッシャーが緩み、アイマールやロナウヂーニョを自由にさせるとそれもやっかい。特にロニーは要注意。
ボランチのDピサロとカンビアッソに加え、最終ラインはキラ黒勢揃い。サネッティの裏は狙えるけど守備は上手いので大きな弱点でもない。
むしろルシオの裏の方が効果的か?

まぁ、勝てない人が何をいうって感じですか。
あるいみCL
ついにこの回です。

WCCF歴代優勝者チーム…強いなぁと感じるのは?

まぁ愚問なんですが。強いから優勝したんだっつーの。

期間は今月いっぱいで。複数に投票して良いです。同じチームに2回入れるのはご勘弁をば。

不思議とぼくはバンビと対戦する機会が少ないのです。頻繁に当たってやられるのはベガルタとリアル@サーチかな。
伝わらない喜び
02-03の219マルコリン、ISスタム
04-05、05-06のWDFネスタ追加


つい最近までクラブワールドカップをCWCと略すことを知らなかったKAZです。そんなんだからWCCFのカップ名もわからないんですね。
略語に弱いってオッサンの入り口でしょうか。

ここ最近CWC(覚えたての言葉)やら投票やらレッズの残念会やらで書く機会を逸しておりましたが、実は2,3回WCCFってました。
なかなか運が良かったです。
まずICC中だったので、育成課程のデポルでFMをこなし、プレシーズンも優勝。
で、この日は終了。

そして別日に行ってみるとローカル中。前回からスケジュールを引き継いだ形で開始。
デポルでキングスをラクラク獲得。ナショナルも制覇。
更にチャントロに全冠イーシャンのラツィオで挑む。
準決勝こそPKだったものの、バロッタおじーちゃんの不敗神話で勝ち上がり、そのまま優勝。
ジャパントロフィーではカテナチオ82相手に中央突破で4点取るというこのチームのごり押し攻撃が炸裂し圧勝。
ここにラツィオは全冠達成で終了。年内に終わったね。

更に別日。スケジュールはなんとEPC。3日連続で引き継いだ形。
デポルでEPCを難なく制覇。続くコンチも制覇。でコンチSは後半43分にアンリに叩き込まれて無念の敗戦。
でタイトルホルダーもデポルで制覇。

3日に分けて全スケジュール(ローカル除く)を網羅し、その間全て完闇。さらに最終日にキラピルロげっと。
ただ、3日に分けたぶん記憶は飛んでて読み応えは皆無ですね^^;
ちびちび
年内に一本選手名鑑を仕上げようと思ってたら、年の瀬ってやつに押しつぶされそうなKAZです。
メドが立たないので無期延期。セガの気持ちがちょっとだけ分かるねw
まぁ待ちわびてる人の数が雲泥の差ですが。

今年最後、あったらしいチームは「昔こんなチームいたよね?」シリーズ。
2ヶ月に1度のプラボデーが来たので、今年のWCCF蹴り収めをして参りました。

完闇でジャパントロフィー中という状況。
正直びみょ~なスケジュールながら、飛ばすのもイヤなのでピッコロで参戦。
このピッコロ、スケジュールの運に恵まれません。
普通立ち上げ当初はFMを狙ってやるもんですが、デポルとの兼ね合いや飛ばし嫌いなどが混じり合い、6試合連続でリーグ1部をこなすことに。
その結果…

200712211305000.jpg


と、あまり芳しくない立ち上がり。
スケジュールはEPCへ。デポルは獲得済みなのでピッコロ初タイトルへ。まぁ1部でホワイトジャイアントやアフリカンイーグルスに揉まれているのでラクだろう…と楽観視して挑む。

初戦でパルマにボコボコにされました。

コッラーディの突破がこれでもかと言うくらい止まらない。なぜならウチのDFは必然的にスピード勝負のパワー不足。
競り合い満点でのらりくらりと突破してくるコッラーディは天敵中の天敵。
急いで当たっては飛ばされ、ディレイアタックもすっ飛ばされ、後ろからリカバリーしようとしても転ばされる。
2点とっても3点とられる。非常に惨めな敗戦。そのおかげでよ~やくFMにありつけましたが。

で消化試合数が10にも満たないのに早くもリーグ最終戦。相手はリアル@サーチ。
コッラーディですら手を焼くDFラインがラヴァネッリを止められるだろうか。いや止められない(逆説)。
そんなこんなでどうにか5位。辛うじてコンチ出場権は取る。
ということはまたしてもFM出来ないOTZ。

200712211331000.jpg


「勝ち=負け=分け」の呪いを断ち切れません。

コンチでは、1st2ndを連勝で突破し、決勝はグラスゴー・ブルース。
ゾラが見事に先制するも追いつかれPK。こっちのGKはスキルがPKキーパーなタファレル。
よしよしようやく初タイトルか~。最初のタイトルがコンチって珍しいな~。

と思ってたら負けた。

タファレルは1本目こそ止めるも、その後は読みすら当たらず。
逆にこちらは大久保こそ決めるもゾラ、ジュリ、ダーヴィッツと連続セーブ。
PKキーパーなのに…

200712211354000.jpg


「勝ち=負け=分け」の呪い強し。
試合やってて全然苦痛ではないのよな~。「楽しい」と「強い」は別物なんよよな~。

コンチSはデポルで逃していたタイトルなので切り替えて挑戦。
ユナイテッド・ユーゴ94を2-0で制し、これでデポルは★×3で全冠。のはず。

戦績こそ今ひとつながら、最初の数クレでLEラーションをツモ。これが今年最後のキラでしょう。
最後がラーションとは少し感慨深し。今でもウチのラーション記事を見に来る人が週に何人かいるようです。役に立ってるかは知りませんが。
見かけと中身
今年もM-1が終わっちゃったねぇ。
去年のチュートリアルほどの驚きは無かったなぁ。敗者復活から優勝者が出たのは驚きだったけど、笑いの量はだいぶ下がったね。
多分前回が異常だったんでしょう。

ハリセンボンやキングコングを見てると、TV出てる人ら以外にもオモロイ芸人はいっぱいいるって思い知るねぇ。
外見で得してる芸人っていっぱいいるわぁまぁキンコンはボチボチだけどハリはそんな点数高いかなぁって感じ。
でもクソ田舎ではTV以外にお笑いに接する機会って無いんだよねぇ。

今回の優勝者は売れるんでしょうか。あの風貌で…
やや外れ
あっさり全冠できた感のあるラツィオ総称。

200801062053000.jpg


200712181308003.jpg


得点王 カジラギ 56試合50ゴール
次点 ボクシッチ 55試合40ゴール

アシスト王 ネドヴェド 56試合26アシスト
次点 シニョーリ 52試合21アシスト
2007下半期
恐らく今年中に終わるチームは無いだろうと思うので、こいつを書きます。
3回目です。自分で言ってて恥ずい気もしますが、そんなもんかき捨てて行きまっしょい。
年末だから
大掃除も終わり、寝正月の準備万全なKAZです。
天皇杯も残るは決勝、最後の団結を見せている広島に頑張ってほしいところです。

WCCF的には2007年はず~っと同じverだったのかな?
まぁそれに対して特に文句を言うつもりはないですが。勝手にカネ払ってるのはウチらですから、不満があれば辞めりゃええだけの話で。
キャンペーンも袋応募はせず、雑誌付録も2つしか買ってない俺としては、極めて盛り上がりのない平坦な1年。
このまま新verまで何もなしに行くのかね?別に良いけど。
個人的には、初U-69や初全冠2周が印象に残る年でありました。

リアルのほうではミランがUCLとCWCを制し、アジアカップでは負け、オシムが倒れ、岡ちゃんが再任し、鹿島が逆転優勝し、浦和がアジアを制し世界に飛び出した。
日本代表はこれからどうなるか分かりませんが、日本クラブの躍進は重要トピック。これからさらなる高みに挑んでほしいっす。
商業的な話、Jは観客動員こそ増えているもののTV視聴率低下が懸念視されているらしい。
でもデーゲーム多いからしょうがないんじゃないかな~。よく分からんけど。

とりあえずこんなところでいいや。
また来年あいましょう。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。