草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数値推測・ハシラタニ
某所にて次verのキラ情報が少し出たようですね。KAZです。まだカテゴリーのみですが注目ポイントはいくつかあります。
まずはその量。ATLEが10枚だとすれば40枚程度。今のおよそ半分。だいぶコンプのハードルは下がったね。今辛かったもの。
ただ、W系が減った分ATLEが20枚とかの可能性もあるわけで。09-10だって先走って出た情報では、MVPの枚数は1だったわけで。
そして未だ未発表のカテゴリーはあるのか。KOLEはもちろん、J-LEなどは?J系があるならやはりキラ総数は50は超えるか…
JTが黒レベルの排出であるような表記もあるようで。個人的なボヤキが叶ったかな?
個人的には集める労力が辛くて言った願いでしたが、多分文句言う奴いっぱいいたんだろうな。日本チームやりたいけどFヤダーとかいう輩が。補正も財政難も殆ど感じないというのに。

いつものようにキラ予想はある程度情報が出てからやるようにして、今できる予想は数値推測。
日本代表として出場した試合の殆どで、キャプテンとして熱い魂で後方から鼓舞した闘将テツさん。09-10。

注:これは実際使ってみたうえで俺が勝手に推測しているものであり、どこぞで公開されている数値とは一切関係ございません。
実際はこうだよ~という類の報告は必要ありません。「いや実際自分はこう感じた」等の感想は大歓迎。
・OFE
センターバックとして名を馳せたものの、ボランチとしても度々プレー。実は守備的ポジションを広くこなせるクレバーなユーティリティプレーヤー。ゴール数も守備の人としてはそこそこ。
ゲーム中ではフィード能力はあまり感じず、攻撃時のセットプレーなどでも出てくる事は殆どなかった。
日本人CBとして標準的か。


・DEF
闘将という異名から積極的な守備スタイルを連想させる。実際自ら前に出る方が多い。そしてパスを回されると案外もろい印象も。
が、ストッパーとしてはカバーリングセンスも高い。飛び込まなければ状況変化に対応する力はあり、柔軟性はそこそこあるか。
日本人CBは今のところ17か18の二者択一。だったら17のような気はする。


・TEC
奪ったボールは大きくクリアする事が多く、ビルドアップ能力はあまり高いとは思えない。
ただ、そんな自身の能力を受け入れ、クリアが早いのは良いと思う。その点では中澤に似てる。


・POW&SPE
ファイターなイメージはあるものの、抜きんでて競り合いに強い印象はなく、むしろ素早い身の運びで広い守備範囲を迅速に止めにかかるっていう印象。
特に寄せのスピードは日本人CBとしてはかなり好印象で、日本人CBトップクラスの可能性も。
ただ、そう考えるとパワーが思ったより低いのかもしれない。ちなみに身長的に松田より1センチ低く、体重は8キロ少ないってのもヒント。


・STA
ターンオーバーを欲する事が多い日本人CBの中では間違いなく最高峰。
運動量の多い守備スタイルながら、ある程度の連戦フル出場に耐えうるスタミナは非常にありがたい。


なんか、こう振り返ると中盤のアンカー辺りで良い仕事したんじゃないだろうか。

テツジ・ハシラタニ (8・17・10・16・13・16=80)

無論井原とは太線連携であり、相性の良い相棒。スキルの通り、死守するかのごとく強引なタックルやブロックも魅力。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。