草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どMチーム
2011070900.jpg

キャンペーン終了しても排出され続けたシール、貯まったよ。誰か何かと変えて。KAZです。

前回終了したJT、センターバックが二人しかいない厳しいチームでした。
もう割り切って長友を入れた3バック、稲本や長谷部をSB、CBで使う等してました。最初は違和感あったものの、後半はもう完全に慣れっこ。
そして次チームを懸案中、今だったらこのチームを出来る!そう思った次第。
レギュレーション:U-5
チーム名:カリアリ
┏━┳━┳━┳━┳━┓
┃□┃□┗━┛□┃□┃
┃□┃□□□⑪□┃□┃⑪ベルナルド・コラーディ
┃□┗⑩━━━━┛□┃⑩ダビド・スアソ
┃□□□□□□□□□┃
┃■■■■⑨■■■■┃⑨ジャンフランコ・ゾラ
┃■■■■■■■⑧■┃⑧フランチェスコ・コッツァ
┃■■■■■■■■■┃⑦ロベルト・グァーナ
┣━━━━━━━━━┫⑥アレッサンドロ・コンティッキオ
┃■■■⑦■⑥■■■┃
┃□□□□□□□□□┃⑤ジュゼッペ・パンカロ
┃□④□□□□□⑤□┃④ファビオ・マチェッラーリ
┃□□□②□③□□□┃③ヨナタン・ゼビナ
┃□┏━━━━━┓□┃②ステファノ・ベッタリーニ
┃□┃□□□□□┃□┃
┃□┃□┏━┓□┃□┃①アレックス・ブルンネル
┗━┻━┻①┻━┻━┛
⑯マウロ・エスポージト
⑮アレッサンドロ・アゴスティーニ
⑭マルチェロ・アルビーノ
⑬ダニエレ・ベッレッタ
⑫マウロ・ブレッサン

イタリアはカリアリに在籍経験のある選手たち。大好きなゾラがセリエBから押し上げた時から、いつかやってやろうと思ってました。
つまりは、作って相当期間寝ていたチーム。作ったのは05-06verくらいじゃなかろうか。
その後スアソやエスポージトも絡み、どんどん欲求だけが高まってたものの、大いなる不安に勝てず始動には至らず。それも今なら行ける!…気がする。

その大いなる不安というのは、言わずもがなの守備陣。DFが4人しかいない。それ以上に深刻なのは、センターバックを本職とする選手が0という。
ゼビナは以前からセンターも出来るサイドバックという認識があったが、ベッタリーニは未知数。数値はDEF15ながらP表記は完全に左サイドバック。
そしてSTA12。もはやパンカロはもちろん、ボランチのブレッサンやベッレッタ辺りは普通にDFとして使わざるを得ないチーム。
サイドアタッカーのアゴスティーニやコッツァもサイドバックで使って当然位の勢い。

更にSTA14以下の選手が11人。しかもダイナモ持ちが0。更にカードの種類によるところもあるが、KPカブリも多い。ディレイディフェンス4人もいるんですけど。
冷静になればなるほど、何故このチームを始動させてしまったのかという思いは湧きあがる。でも日本で散々キラばっかのチームやったんでね。こんな質素なチームやりたくなっちまったのよ。
だからこ~ゆ~好奇心をガチに向けれれば違うスタイルになっていただろうに…

文句しか出てこないが、なんだかんだで楽しみ。
立ち上げはコラーディのポストからゾラのシュートという形が素晴らしくハマる。
加えてスアソの単独突破や、エスポージトのサイドからのクロスも良く、攻撃陣はやっていけそう。
懸念の守備面は、ゼビナの素晴らしい活躍、ベッタリーニの地味な活躍が目を引く。が、スタミナがやはり無理。
当然のように交代枠が足りないチーム。お~し全員スタミナ覚醒させてやろうか。


結果
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。