草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
光と影
06-07のMトーレス、WWFロビーニョ
07-08のマルセロ、バチスタ、WDFラモス
08-09のサビオラ、WMVPロナウド追加


うちのエアコンは省エネモードってのがあるんですけども、それにすると温度設定とか無しで勝手に冷やしてくれます。
それが結構冷えるので、試しに設定温度28度にしてみる。こっちの方が冷えない。
果たして節電出来てるのはどっちなのでしょう。KAZです。

また殺人的な暑さです。俺らの幼少時には夏休みとか「暑いから図書館いこーぜー」なんて話があったもんです。俺ぁ行った事ないけども。
今の時代はそれがゲーセンに。避暑として出かけるのは節電に多少貢献してる…と言えるのか分らん。

暑いからなのか、先客一名。その人もすぐお帰りになり、日曜昼間に完闇に遭遇。
こりゃいいやとレアルUでキングスナショナルをととんと優勝。う~んこんなに簡単に獲れるものか。
その周辺のリーグはカリアリで。何とかリーグ1部を優勝。
こんなチームでもどうにかやっております。そりゃあこのゲームなら多少無茶でも勝てるっしょ、とやりもしない人は思うかもしれません。
確かに思ったよりは勝ててます。

2011071000.jpg

時折こ~ゆ~拷問に遭いますが。

そしてチャントロ。レアルUで★付けにチャレンジ。今までは成長を狙い若いカードを使ってたものの、ビッグタイトルなのでWMVPなど強烈そうな奴らに入れ替える。
初戦のハイバリーガンナーズを2試合3-1で勝利。準決勝のスーパーオランダみたいなチームを2試合2-0で。
ガナーズのトゥーレ、オランダのスタムに相当手を焼いたが、左右に攻撃の軸がいるってのはやはりラクである。
ボールの流れで右から左から攻め、フィニッシュはルートとロナウドに。CFが巧いってのもデカイ。
決勝は拍子抜けのチェルシー。幸先良く2点獲るもその後沈黙。1点返されるも以降耐え抜き優勝。

EPCの次に獲れたタイトルがチャントロ。跳ねすぎだな。
続くジャパンもスーパーアルゼンチンみたいなチームを相手に2-0。3バックなのでサイドを重点放火。

続くEPCはカリアリ。準決勝までは先制されたりしたものの2点差以上つけての勝利。決勝はペルージャLE。
エスポージトのクロスからあっさり先制するも、ラパイッチにぶち抜かれ同点。コラーディが反転から勝ち越すも中央破られ同点。
そして後半始めに中田に高い位置でボールを奪われキラーパスを許しリードを奪われる。
ここまで激しい試合をしたせいなのか、中盤の動きが一斉に悪くなる。散漫なパス連発でハーフより前に運べない。
交代したいのにプレーが切れずそのまま終了。そう、カリアリは完闇でEPCが獲れない程のチーム。

それでもプレミアをどうにか1勝1分で終えたカリアリ。最後にコンチに。人は来たけどこぞって出場権なくレアルU完闇。
難なく優勝し、ついでなので300円追加してコンチS。ここで初対人。選手は変わってたもののよくある配置。
ここでも両サイドアタックが我ながらえげつないレアルU。あっさり先制。その後片攻めと中央しかしてこない相手を尻目に完全にゲームを支配。
終わってみれば4-0。そりゃみんなロナウドとかメッシとか使うよ。こんだけ無茶苦茶やってくれるんだから。

あまりにも成績のコントラストが激しい2チーム。カリアリが虚しくなりそうな勢い。
でも、こ~ゆ~キッツイチームでやった事がレアルにも還元されてると思うの。
ぶっちゃけ、ロナウドやロビーニョのアホのような突破で勝つのは簡単かもしれん。
でも1点入る度にガッツポーズ出るほど丁寧に攻めるカリアリでの配置や操作の工夫が、レアルでの勝率アップを助けてるとも思うしね。

キラはなかったものの戦績がっぽり。前回「ツモより結果が欲しい」と言ったのが叶ったようです。
じゃあそろそろ、全然勝てなくても良いからMVPメッシが欲しいなぁ。さぁ来いさぁ来い。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。