草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魔法の時間
自身初、全冠2周を達成したバルサの振り返り。

200709251238000.jpg

200709181133000.jpg

200709191532000.jpg

得点王 アンリ 111試合109ゴール41アシスト
次点 エトー 111試合93ゴール34アシスト

アシスト王 ロナウジーニョ 111試合38ゴール58アシスト
色々とひっさしぶりです。
まず100勝。これは記憶では04-05時代にやったオランダ以来で、多分1年半くらい前。
残り試合10台までやったのもこのオランダ以来かな。
そして一人で100ゴール。これは02-03時代まで遡る気がする。確かラツィオでカジラギがやったような…どれくらい前か、もはや忘却の彼方。
獲得賞金200億越えも随分昔だなあ…ところでソシオ制の条件ってなに?メリットあるの?


今回はかなり戦力的に充実しておりました。特に前線。リアルでは機能しそうもないですが、コッチの世界ではなかなか。
アンリとロナウヂーニョで別項も書いてしまいました。ただ、アンリはハナっから書く気で見てたんですが、ロナウヂーニョはたまたま。
なんであんな事思いついたかというと、ファンタジーアのレコバの影響でした。
まだ結論を出すのは尚早ですが、レコバってめちゃめちゃ自分勝手なんですよね。ほんっと戦術の言うこと聞かない。
で、もう好きにしなさいと思って、そこから「もしかしてWもそうなんじゃないか」と思ったわけでした。

というわけでアンリとロナウヂーニョは別項で出し切ったので書くこと無し。
いっこ言うなら、3トップの中央で使うなら僕はWSTアンリが好き。

エトオに関しては、点を取ることのみに役割を求めるならWSTの方が良いかもしんない。
何となくWFWより裏を取ることが多いというか、引いてくることが少ないというか。
柔軟性を持った起用をするならWFWの方が良いかもしんない。
サイド突破力はWFWの方が優秀と思われる。ただ飛び出しもちゃんとするよ。

バルサ最後のキラ枠、プジョル。
BANの方が、というよりBANってばDFの中で最高峰といえる攻守切り替えの速さ。
正直俺は使いこなせなかったっす。奪ったらすぐフィードでスポーンと前線に送ることが多く、中盤の連動を駆使できんのよ。俺は。
カウンターボタンの使い方が繋ぎの質を分けそうな気配。
かたやWDFはBANより頭がよい気がする。奪いに行くのを止め、再度タイミングを見てタックルに行ったりする様はバレーシを彷彿。
まぁもちろんバレーシよりは劣りますけども、守備の安定度はBANよりある気がするなぁ。

このチーム最後の切り札。ルイス・ガルシア。
苦境に陥ったり、何としても勝ちを拾いたい試合ではスタメンで起用し、バルサ版カルテト・マジコを形成。
サイドMFとしては屈指の実力者。変わらず優秀ですよ。


中盤ではイニエスタが光った。中盤底としてすばしっこく動き回る守備を心得、数値以上の貢献度。
攻撃面では若干球離れが悪い時があるものの、繋ぎのパスと飛び出しでチャンスメイクできる。

シャビは04-05の方が守備意識が高い。というより運動量が多いのかな。攻守に動く意識が高いような。
05-06の方がポジションを守る。そのわり守備貢献はそれほど無い。守備してくれたらラッキー位のセンターハーフか。
パス能力はやはり高く、前線3人に次ぐ22アシスト。それもイニエスタやファン・ボメルより大きく劣る試合数の中で達成。
自身の決定力も高いが、それほどお目に掛かる機会は少ない。やはり特殊実況「ペップの後継者」、基本はチャンスメイクの人。

ファン・ボメルは攻撃の白、攻守の黒。まぁ数値通り。
守備の仕方がやや独特で、激しさは無いものの影の運動量とポジショニングから一発で奪うタックルが魅力。
ただ、それは黒だけのもの。白になると攻撃面で飛び出しという武器を得る。

ジェラールやグジョンセンは変わらず安定評価を出せる。若干グジョンセンの守備貢献が減り、飛び出しが目立つようになったかな。


守備陣ではベレッチの印象が大きく変わった。
以前はそんなに攻撃参加せずポジションを守るタイプだと思ったのに、今回ま~動く動く。
上下動はもちろん、中に絞るのも日常チャメシ。ストッピング能力も高く、意外とドリブルも鋭角。

逆に殆ど動かないのがアビダル。希にボールを持ったまま上がることはあるものの、フリーランでの攻撃参加は皆無。
守備技術は文句なく高いのだが、希にポジションの荒さが出るのがやや気になる。でもそこを突かれても個人で何とかする身体能力は魅力。

センターではエジミウソンとオレゲールを調子でとっかえひっかえ。特にどっちが優れると言うこともなく、どっちも白として評価出来る守備だと思う。
エジミウソンは相変わらず中盤では動きの幅に不満。オレゲールは成長すればさほど穴も無く、積極的なセンターバックとしては高評価を出せると思う。

レイナは何となく経験依存が高くなったかな~なんて思ったけど、まぁ優秀。


というわけで、久々に戦力的に充実したチームを率い、成績的にも充実したものになりました。
その反動で、次回はとんでもないことになってます…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。