草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思わぬ収穫
01-02のパンカロ、コンティッキオ
02-03のブルンネル、アゴスティーニ、アルビーノ
07-08のスアソ、ゼビナ追加


コラーディみたいに、verごとに毎回のように印象が大幅に変わる選手って、俺みたいに書き換えて感想を残すブログには向かないと思うKAZです。
今verでは白屈指なんじゃなかろうかね。

本当はこの一週間でもう少しゲーセンに行きたかったけど、体調不良などで色々折れ、久々のゲーセンである。
日曜、キャンペーン開始早々という割に先客一人の絶好の状況。スケジュールはプレシーズン中で、慣らしも兼ねてFM。

その後プレミアをマンGKで連勝し、6戦終えて優勝をほぼ手中に。
ロナウドをCRAやらWFWやら入れ替えてやってるのだけど、主戦場がサイドからセンターに移されたの分かるよ。この能力、サイドじゃもったいねぇ。
今日のオシェイは特に出番もなく無難に。代わりにここ数試合の印象で、YGSアンデルソンと05-06Gネビルの存在感が際立つ。
キラと白なら当然白だろとか、やっぱ数値高いほうが良いっしょとか、世間の風潮なんて当てにならないもんである。
これだからWCCFは分からない。そして面白い。

続くW4はカリアリ。既にリーグは優勝済み、カップ戦は負け続きと無駄に任期を消化中のこのチーム。マンUがプレミア獲ったあかつきには、リーグも任期消化に加わり怒涛の勢いで辞めることになるんだろう。
そんなことを考えていた初戦にビックリする。

2011091800.jpg

なんだか中途半端なときの画像で何かごめん。
前回の野人FCはそれはそれは長い期間をかけて一度も対戦できずに終わるという蚊帳の外イベントでしたが、それを引き継いだM大阪に一発で当たる。
わーこりゃ負けらんねぇ!とW4にあるまじき意気込みで試合に挑むも、そのやる気がものの見事に空回り、前半にルーニーに先制されハーフタイム。
ブレイク中に落ち着き対策を練る。向こうはWBを使った3バック。狙うはやはりサイドだろう。
しかしターンオーバーの関係もありサイドに人数をかけられないカリアリ。ならばと後半にアゴスティーニを投入し、相手右サイドを破棄。中央と左の2点押しにかかる。
これが見事に功を奏し、後半中ごろにアゴスティーニのクロスをコラーディがオシャレなハーフボレーで同点。
更に後半41分にアゴスティーニが浅い位置からゾラに、ゾラが見事にコラーディに通して逆転。そのままタイムアップ。

W4初戦にあるまじき達成感を胸に残り二試合を1勝1分。決勝のボルドーを難なく退け、カリアリ二つ目のカップタイトル。
加えてM大阪勝利報酬もゲット。果たして野人FCと同じなのか否か、任期終了を楽しみにしようと思う。

なんだか頭痛が再発してきたのでここまで。
EXキャンペーンのシールは最初の1クレ目、さらに終了間際にも出てきて2枚ゲット。8クレで2枚なら満足。結構出てくる率は高そう。
裏を返せば、それだけ多くの口数を皆が送るということで、今のところ全当選な俺ですが今回ばかりはある程度覚悟しとこうかなと思った。恐らくあまり出来ないだろうし。
というより葉書をあれだけ印刷するのは無駄なんじゃなかろうかとも思うのだけど。まぁここ何回か応募券をカウンターで貰う形だったけど、それが不評なのか経費がかさむからなのかで変わったと思うので、その辺はよくわからん。
とりあえず、何口送れるか分かんないけど、当たりますように・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。