草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好事魔多し
04-05のGネビル
06-07のエインセ、フレッチャー
07-08のビディッチ、フレッチャー、ナニ
08-09のクレベウソン、シルベストル、ビディッチ、アンデルソン、ルーニー
09-10のエブラ、アンデルソン、ルーニー、ロッシ追加


カッサーノが無事に帰ってくることを願うKAZです。何か回復してるとか重病とか色々錯綜してて心配です。

それはさておきWCCF。ほぼマンGKでの出来事。
コンチ、つまらない対人を制し優勝。いわゆるスーパーマン3人頑張ってチーム。
先制するもリベリーのゆるゆるシュートにGKオシェイが反応できず同点。やはりオシェイではタイミングを外されたりするとキツイのかしら。
その後後半の後半に勝ち越し。相手が良く見る配置だったので、「ここでSTのリベリー使って片攻めにすんじゃね?」と読み、DFを増やして5バックに。
ゴールリプレイが終わり向こうのキックオフ、まさに読みどおりの片攻め配置でした。
なんでしょう、この手の人たちにはマニュアル的なものが配られてるんだろうか。単細胞ね。個性ないね。
そして完全に読みきって勝ったのにため息が出るのは何故だろうね。

その後のリーグで同じ人の別チームと対戦。選手が違うだけで配置一緒。こっちは全く記憶に無いが勝利。
そしてICC。グループリーグはまず2連勝し、戦力温存したゴールデンサンターナ戦も勝利。
かたや向こうはリバプールとアンフィールズビートが勝ち抜け。レッズづくしかい。
そして例の人は1敗2分の無様な敗退。後半あからさまに不機嫌で強めにボタン叩いてたよ。
悔しがるような采配もしてないだろうに。新verのキャッチコピーらしいが、「意思なき采配に奮起などない」のだよ。

準決勝はアンフィールズの方。これは難なく勝利。決勝は一次の再現ゴールデンサンターナ。
個人的なジンクスで、決勝T再戦時、一次で勝ってると負け、分け以下だと勝つってのがあるのでやな感じ。
それが顕著に出る立ち上がり前半7分。ペレの突破。これを今まで安定感抜群の守備で支えてたLEシルヴェストルがまさかのレッド。
そのFKで先制される最低の立ち上がり。更に35分あたり、代わって出たエインセが軽率すぎる空振りタックルで前半に0-2。
こりゃいかんとDMFを削り4-3-2に。これが功を奏し後半追い上げるも、ゴールが遠い。
ロナウドのエリアぎり外シュートは捕られ、ルーニーのエリア内シュート、ヘッド共にGKの超反応に遭い万事休す。

このチーム、とにかくカップ戦決勝負けが多く、中でもCPU相手に取りこぼすという残念な出来事も頻発。
目的だったオシェイのGKもある程度満足したので、そろそろ終わりにしようと思う。
ICCは落としたものの、コンチ優勝、2000円でルシオと俊輔ツモ、更にICC準決勝まで公式戦11連勝でこっちのIC新記録ということで、全体的には好印象。
サンターナ戦は負けて残念だったけど、勝った対人よりよほど燃えたよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。