草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちがう足
スケジュールに恵まれず終わったCWCのまとめ。

2011120201.jpg

得点王 パレルモ 32試合25ゴール
アシスト王 Cロペス 43試合22ゴール11アシスト
いちおうクラブワールドカップを考慮したチームなんですが、リアルでは繋がりの殆どないメンツ。
その割に意外と勝てたりして、WCCFとは不思議なもんです。

┏━┳━┳━┳━┳━┓
┃□┃□┗━┛□┃□┃
┃□┃□⑪□□□┃□┃⑪LEパレルモ
┃□┗━━━⑩━┛□┃⑩ISロペス
┃□□□□□□□□□┃
┃■■■■■■■■■┃⑨09-10バネガ
┃■■⑧■■■⑨■■┃⑧09-10デニウソン
┃■■■■■■■■■┃⑦09-10リシャルリソン
┣━━━━━━━━━┫⑥06-07ジョズエ
┃■■■⑥■⑦■■■┃
┃□□□□□□□□□┃⑤08-09シシーニョ
┃□④□□□□□⑤□┃④06-07クレーベル
┃□□□②□③□□□┃③07-08ルシアーノ
┃□┏━━━━━┓□┃②06-07エジカルロス
┃□┃□□□□□┃□┃
┃□┃□┏━┓□┃□┃①BANセニ
┗━┻━┻①┻━┻━┛
⑯09-10グラフィッチ
⑮09-10オスカル
⑭06-07ソウザ
⑬06-07マイダナ
⑫06-07シルベストレ


結局サイドはSBに任せ、中央からパスを狙う作戦。
そうさせたのはISクラウディオ・ロペスの存在。随分前から「使いたいなぁ~」と思いながら機会がなかった選手。
その期待にこたえる、実に良い感じの選手でした。前からなのか、今風向きが来ているのかは知らない。
とにかく足が速い。ただ、ドリブルが速いという感じではない。真骨頂はパスに食らいつく動き。
前線のスペースにボールが出た時、それに追いつくスピードが異常。ルーズボールを拾うのも実に迅速。
序盤は左足以外の決定力が残念だけど、徐々に解消。サイドえぐった時は時折物凄く良いクロスが入る。
スタミナも割と良い方。すごくいい。

そして偶然、そのロペスと素晴らしく相性が良かったパレルモとグラフィッチ。この二人似てると思う。
どちらも足元にボールを受けてからどうにかするタイプ。こっちにボールが入って、DFが寄せてきたらあとはロペスにおまかせ。
その中でもやはりLEパレルモは素晴らしかった。色々試したからほとんど使わなかったけど。
グラフィッチの方が器用さがある気がするけど、総合的な決定力はパレルモの方が上。グラフィッチは数値ほど足が速く見えなかった。


中盤のキーマンはジョズエ。見た目このチームの中盤は守備固そうなんだけど、意外とスカスカになることがあり、それを解消する黒。
少しマケレレっぽいかな。良いところにいてスッと奪って何気に繋げるっていう。こ~ゆ~選手は有難いっす。

攻撃では、バネガもデニウソンもキラーパサーという感じではなく、ここは少し編成をミスった感がある。
その中でもパサー色の強いと思ったカードをチョイス。
個人的にはバネガは、07-08がアンカー、YGSはセスク的。
この二人がパサー寄りだったので、中盤から仕掛けたい時はソウザ。見た目は派手じゃないけど、不思議とチャンスを作ってくれます。
リシャルリソンもカードが色々あり、使い分けが大変だったけども、守備の人が少なかったので、一番守れてた09-10に。

ただ、このチーム最大の発見はここにいました。全く期待してなかったオスカル。スタミナは残念だけど。
途中出場でトップ下に入り、ロペスの特徴を引き出しまくる。しかも小刻みなドリブルで個の打開力も備えているという。
ロペスがいたからこその掘り出し物だったかもしれないけど、それで充分です。


最終ラインでは守備のリーダー、エジカルロスが鍵。
序盤やや動きが悪かったけど、成長後は柔軟な守備で残りの癖のある相方をフォロー。
地味にフィードもよく、万能なリベロとして頼りになりました。

その他は、ファビオ・ルシアーノが少し柔軟性はあったけど、マイダナとシルベストレは積極的ストッパー。
ただ、ルシアーノ、マイダナは数値の低い旧カードの方が守備が高いイメージがあり、だけどもスタミナが11とかふざけてるので、色々と大変でしたよ。

10-11はサイドバックがなかなか上がって行くのですね。クレーベル、シシーニョともにガンガン上がって行きました。
その中でもシシーニョは何度も決定機を作ってくれ、守備もしっかりしてくれた優良株。
逆にクレーベルは攻撃参加が間に合わないことがありやや残念。その分守備が堅かったかな。

このチームもう一つの目的、GKのゴール。結果、2回か3回FKが決まりました。
ただ、もっとチャンスはあった。そのうち1本は序盤すぎてポスト。残りは殆どWGKでポスト。
どうやらFK決めたいならBAN1択。GKに蹴らせるFKがポスト直撃はこえ~ぞ~。
一方本職のGKの能力はバランス型かな。キラならもっといいGKはいると思う。まぁ魅力はそこじゃないんでね。


師弟に来たのはクレーベル、ジョズエ、リシャルリソン。地味~な3人ですね。
コメント
この記事へのコメント
前バージョンでオスカル使ったことありますが確かに良かったですね。
タメを作るのがうまいし、パスの出し所が個性的ですね。あえて遠い方を使ったり、サイドバックの上がりを待ったりと他の選手ではめったに見れないパスの出し方に何度も驚かされたのを覚えてます。
2011/12/12(月) 02:08:43 | URL | papinado #-[ 編集]
こ~ゆ~、全く期待してなかった選手がキーマンになっちゃうときに喜びを感じます。
チーム事情でSTでも使ってましたが、細かなドリブルからのシュートも充分で、いいめっけもんでした。
2011/12/13(火) 00:27:57 | URL | shi”n #PTRa1D3I[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。