草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝ち逃げ?負け逃げ?
う~んまぁまぁ?ミランのまとめ。

2012012401.jpg
2012012400.jpg

得点王 ファン・バステン 59試合59ゴール
アシスト王 フリット 57試合24アシスト
色々と予定が狂っていった感があります。とにかく守備が安定せず、でもこのチームでDFライン弄りたくないな~と葛藤したり。
それでも我慢の限界で色々やりだしてから、どうにか戦い方が安定してきたかなぁという印象。

┏━┳━┳━┳━┳━┓
┃□┃□┗━┛□┃□┃
┃□┃□□⑪□□┃□┃⑪ATLEファン・バステン
┃□┗━━━━━⑩□┃⑩ATLEサヴィチェヴィッチ
┃□□□□□□□□□┃
┃■■■⑨■■■■■┃⑨ATLEフリット
┃■■■■■⑧■■■┃⑧ATLEボバン
┃■■■■■■■■■┃⑦ATLEタソッティ
┣━⑥━━━━━⑦━┫⑥LEマルディーニ
┃■■■■⑤■■■■┃⑤ATLEデサイー
┃□□□□□□□□□┃
┃□□③□□□④□□┃④LEコスタクルタ
┃□□□□□□□□□┃③ATLEライカールト
┃□┏━━②━━┓□┃②ATLEバレージ
┃□┃□□□□□┃□┃
┃□┃□┏━┓□┃□┃①02-03Sロッシ
┗━┻━┻①┻━┻━┛
⑯ATLEパパン
⑮LEディ・カーニオ
⑭01-20アルベルティーニ
⑬08-09パヌッチ
⑫02-03ペリッツォーリ


色々試した結果、ボランチを一人にするとウィングバックでも結構効果的なアップダウンが見られたので、こうしてみました。
枚数を削ったほうが守備が安定するっていうのは何とも不思議。

何度もやってるミランですが、今回は結構イメージが変わった選手がいっぱいいました。
最大の驚きはパパン。俺がファン・バステンを愛しているのでサブになったけど、愛着をリセットしたら多分パパンがスタメン取ってた。
結局、強化なしでは連携ひとつもでなかったのに、パスの受け方とポジショニング、タイミングでDFを出し抜きまくる。
ドリブルも意外とキレてるし、パスセンスもある。スタミナが少し残念だけど、今は使う価値ありの一枚だと思う。

逆に大きく裏切ったのがデサイー。
全体的に守備が大味で、中盤だと空中戦は強いのに何故か競り負けまくる。ビルドアップも安定感なく非常に残念。
ただ、アルベルティーニなどがスタミナに不安があるため、スタメンにせざるを得なかった場面多々。
最終ラインでも安定感ないので、クラッシャーとして無鉄砲に動いてもらうのが無難と判断。

他にも、サヴィチェが以前より遥かにスタミナの持ちがいい、タソッティは★4つになるとなかなか効果的な攻撃参加をしてくれる、など、細かな変化は楽しめた。

が、このチームにおいてやはり最大の注目はオランダトリオにあり。

俺の最も愛するサッカー選手、ファン・バステン。俺としては超めっずらしく、特殊KPまでやっちまったぜ。
時折華麗な突破もするけど、基本的にドリブルは普通、というより、エリア内でシュート撃つためのドリブルっていう感じがする。
最大の魅力はやはり決定力。そしてパスやクロスに対する、シュートバリエーションの豊富さ。
お前それ普通にボレーすりゃあいいじゃんっていうクロスを、オシャレにヒールで蹴ったりする。そしてヒールにあるまじき破壊力。

あとこのカードを使ってひしひし感じたのは、シュートボタンに対するレスポンス。
今まで10-11はシュートボタン押してからシュートするまでの反応が遅いverだと思ってた。でもそれはどうやら間違いらしい。
ボールの位置、選手とボールの距離、シュートモーション、シュートテクニックなどを加味して、ボタンを押してからのレスポンスが決まってたんだなぁと実感した。
一番感じたのは5mくらいのショートクロスのときで、フリットとかはクロス上がった直後にトラップしてボレーするのに、マルコさんはそのままダイレクトに撃てる。感覚としては、ボタン押した瞬間って言っても過言ではないくらい。
まぁ、ボールの高さとかも関係してると思うんで一概には言えないけどもね。

フリットは今回高い位置メインで使い、色々できるが故に悩ませる選手かなって感じ。
蹴り幅は大きいけど接触に強く、深い切り替えしのドリブルと、アシスト王なパスセンス。そして気まぐれな守備。
今回はセカンドトップを基本に、トップ下、CH、DH、CB辺りで色々と、まぁDFは数回だけど。
トップ下が一番いやかなぁ。でも決定力も高く、空中戦も強いので色々悩みどころ。
また、スタミナがなかなか低目らしく、色んなポジションで使えるけどバテるのでユーティリティ性を活かし辛いのは残念。

そしてライカールトはデサイーの評価を下げた一因でもある。
足が遅いけど身体能力を活かした守備もいいけど、低い位置でボールを持ったときが一番特徴が出てるかなと。
ボールの振り分けだったり、豪快なドリブルで持ち上がったり、チャンスのチャンスメイクが上手いと思った。
パスセンスを高くして足を遅くしたWCHシュバインシュタイガーみたいな。
そして無尽蔵のスタミナ。疲れ知らず。非常にありがたい。


そんなこんなで師弟はフリットとボバン。
う~ん、ファン・バステンとライカールトを師弟で来て貰って、フリットはスタミナ不足だったから育てなおしたかったんだけどにゃあ。
まぁいいや。オランダトリオを引き続き使いますよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。