草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絶対に勝てないと思っている戦い
もうズラタンはOFE20付けてもいいと思うKAZです。昔は詰めが甘い感じだったけど、最近はもういいんじゃないのって感じ。

ついに地獄門の前に立ったので、一度町に帰ってセーブしよう、というWCCF。
EPC明けのプレミアデビュー戦、勝率5割ギリギリのポルトOLDに100億の対人をマッチメイクするCPUはアホ。
コンチはユーゴ獲得済み、ポルトガルは出場権なし。う~んリーグとFMしかすることないぞ~。

2012030600.jpg

今日の収穫はこれくらいかねぇ。
これのおかげか連携のおかげか、はたまた★3つになったからか、ルイ・コスタが中盤からスルスル抜けてのゴール量産。
う~ん、俺が思っているルイ・コスタでは…と思ってたけど、徐々に柔らかいアシストも見られるようになり、今後が楽しみに。

で、その後ICC。まぁ一応ユーゴで出るけどさ、100億越えとかコンチSで5ゴールとか決める人の中で勝てるわきゃねーよ。
と思ってたら続々とお帰りになり、まさかの完闇。ん~、ありがたいけどさぁ、前任チームであれだけポシャったしなぁ。

初戦、サムライブルー相手に2-1で辛勝。恵まれたといえる相手、やはりこのチーム、キツ過ぎる。
2戦目、ハイバリーガンナーズ。それまでなかなか不安定だったスポティッチが獅子奮迅の活躍でアンリを完封。
そして不思議と活躍するヨバノビッチの1ゴール1アシストで2-0勝利。まさかの突破確定。
イエローカナリアン戦は練習休んで主力温存。ロブレンのオフェンスダイナモにお世話になる。
ロブレンは序盤こそ辛かったけど、★4つになってからは安心して中盤を任せられる。

準決勝はFCガローア。カフーのオーバーラップに誰一人ついて行けず先制される。
SBのサイドアタックとか、対人ではまずお目にかからないから眼中に無かったよ。
これを中盤で捕まえるのに苦労したので、超珍しくCBをガッチリ4人並べた4バックにする。
抑えられるようになったけど、見た目がメチャ危なっかしい。みんなよくこんなんやるよな。動きがたどたどしくて怖いよ。
そんでカフーの穴をヨバノビッチに突かせて同点。更にジェコが抜け出して勝ち越し、辛くも勝利。

決勝は、一次で引き分けたブラジルを4-0で蹴散らしたドイツLE。こっちが主力温存させたとはいえ、ドローの相手を一蹴か…
向こうが3バックなので3トップなら行けんじゃね?と意気込むも、マテウスの獅子奮迅の活躍にゴールを奪えず。
逆にブレーメやクリンスマンのカウンターにしどろもどろになりながら、GK飛び出しでどうにか抑える。
でそのままPKかな~と思いきや、中盤でボールカットしたトゥドールがそのままサイド駆け上がりクロス。
これにジェコがドンピシャで合わせて待望の先制。黒トゥドールはすげー久々に使ってるけど、やはりこの攻撃性能は侮れないな。
久々に「っしゃー!」言ったわ。はずいはずい。そしてそのまま時は過ぎ去る。

2012030601.jpg

おかしいな。あれだけスターを揃えたキッチリU-5のオランダで3度CPUに負けたのに、キラ1黒3の前掛かり過ぎU-4で何で優勝できるんだろうな。
キラは出なかったけど余りある戦果でした。そして未所持白黒が1枚だけ出たのも、下手なキラ引くより嬉しかったりする、コンプまで残り7枚。
もう5、6回連続でキラ引いてないなぁ。1回10クレだとしてもなかなかのもんだ。何故かドルトムントのケールは毎回引いてる気がするけど。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。