草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
攻撃は最大の
大健闘のユーゴ総括。

2012031000.jpg

得点王 ジェコ 60試合50ゴール
アシスト王 ブチニッチ 64試合22ゴール18アシスト
立ち上げ前は不安しかなかったチーム。WCCFは守備偏重が幅を利かせるゲームだろう。まぁ守備偏重と前線のスーパーマンってのが正しいか。
が結果、全冠まで後一歩まで迫るという奇跡の成績。攻撃偏重でスーパーマンなんか一人もいないチームなのに。
意外と対人で頑張れた気もする。こんなチームに勝ちを拾えないつまらないチーム運営者はさっさとWCCFを辞めてしまえばいい。

┏━┳━┳━┳━┳━┓
┃□┃□┗━┛□┃□┃
┃□┃□□⑪□□┃□┃⑪09-10ジェコ
┃□┗━━━━━┛□┃⑩10-11ブチニッチ
┃□□□⑨□⑩□□□┃⑨08-09スレイマニ
┃■■■■■■■■■┃
┃■⑦■■■■■⑧■┃⑧10-11トシッチ
┃■■■■■■■■■┃⑦10-11ラキティッチ
┣━━━⑥━━━━━┫⑥09-10プラニッチ
┃■■■■■⑤■■■┃⑤01-02トゥドール
┃□□□□□□□□□┃
┃□□□□□□□□□┃④10-11スボティッチ
┃□□③□□□④□□┃③WCBビディッチ
┃□┏━━②━━┓□┃②10-11ロブレン
┃□┃□□□□□┃□┃
┃□┃□┏━┓□┃□┃①09-10ディドゥリカ
┗━┻━┻①┻━┻━┛
⑯06-07リュボヤ
⑮10-11ヨバノビッチ
⑭09-10ミシモビッチ
⑬09-10イバノビッチ
⑫07-08ライコビッチ


当初はダイヤ中盤を目指したものの守備が破綻。まぁ、だからといってこれで安定してるわけでもないんですけども。
前線ではなかなか面白い動きが見られただけに、それを殺さずにどう守備を引き締めるかっていうのは難しいねぇ。
そんなこと考えたことあるかい?他人の真似でしかチーム組めない輩よ。ドリブルでしか物事を考えられない輩よ。


得点王はパスやクロスに合わせる能力に長けたジェコ。単純に高さがあるし、クロスがずれても強引に当てる力強さがある。
突破力はまぁまぁだけど、密集でパワーが活きてるときもある。足元も意外とあるし、思い立ったようなポストもする。
でもやはりボックスストライカー系だと思うので、周りを固めるほど脅威が増す選手。

そんな「周りを固める選手」にうってつけのブチニッチ。準得点王でアシスト王。
黒としては特徴!っていう武器はない感じだけど、結構頭のいい選手なのかな。一瞬で渡すセカンドポストとか、スペースを目指すドリブルとか。
紹介文に反して決定力にやや不満があったけど、そこはジェコに任せて1.5列目のフリーマンとしてジェコのサポートに。

もう1枠をヨバノビッチとスレイマニを争わせる。これがなかなか甲乙付けがたいけど、ブチニッチとのバランスを見るとスレイマニかな。
ヨバノビッチは異色。ウィンガーとして脅威のボディバランスでサイドの重戦車の如く突き破ってクロス。
これはものすごい武器だけど、中に入った時の決定力にムラがある。左足以外は全て不安。
かたやスレイマニは驚くほどシュートが巧い。に加えて高速ドリブルでサイドでも中でも活躍できるので、ブチニッチと二人でジェコをサポート。

そしてすっかりサブが定位置のリュボヤ。これもヨバノビッチ同様、ひとつ強烈な武器があるタイプ。
それが意外な前線でのキープ。序盤はFWとは思えない決定力の無さに泣いたけど、成長後は徐々に空中戦にも存在感が出てきた。
意外とトップ下くらいで機能するんじゃないかなぁと思ったけど試さなかった。


FWを中央に寄せたので、中盤をワイドに。ワイドな位置からパスで繋げるトシッチとラキティッチ。
トシッチが意外と面白く、ミドルレンジのパスやサイドチェンジが出せるパサー気質のサイドハーフ。
ラキティッチはヨバノビッチを使うときに中央寄りでCHとして使ったり。守備もしてくれるので助かる。
数値はラキティッチより低いけど、より守備の献身性を感じたピアニッチをCHのレギュラーに。
中央からの振り分けと中央へのパスで攻撃を繋ぐキーマンに。
そして底は黒トゥドール。相変わらずパワー全開で圧倒的な中盤守備と豪快な突破。守備時に鈍足が目立つのがやや残念。
サブにしたけどそこそこ使ったミシモビッチ。派手さは無いけど精確なパスと精力的な守備でチャンスメイク。


3バックを選ぶのがなかなか迷った。とりあえずビディッチはキラ。たまに出過ぎるけど時に驚異的な守備で危機を救う様は素敵。
で当初は手薄なアンカーをやってもらったロブレンだけど、やはり中盤だとどうもぎこちなさがあったので最終ラインに。
タックラーが多い中で、柔軟なカバーリングを駆使して彼らのフォローを託す。中盤で使うとたまにスルスル上がってってゴールを決める。特殊実況素敵。
残る1枠を、センスに頼るライコビッチ、全体としては良いけどスピード系に泣くイバノビッチ、ムラのあるスボティッチで争奪。
スボティッチが本当に掴みどころのないDFで、ダメな時は無名のFWすら止められないのに、機能してるときは一流FWも完封する。
これは何なんだろうな~とじっくり観察し、マンマークの専門家という結論を出す。あってるかは知らない。
ハイバリーガンナーズと試合してて、Aコールやピレスには全くついていけないのに、アンリだけは完璧に止めてたので。
特定個人を封じ、それ以外が来たらロブレン頼んだ!っていう無責任な守備陣。ホント、よくここまで勝ったよ…

GKはEXディドゥリカ。スキルはPKキーパー。でもレイナやトルドには勝てなかったよ。結局PK戦負け越してんじゃねぇの。
90分中ではビッグセーブの印象はあまりなく、一直線の飛び出しでどうにかする印象。正直、結構泣き所だった。

師弟はイバノビッチ、ビディッチ、トゥドールのDFトリオ。まぁトゥドールはほぼ中盤で使ったけど。
大変だったけど、こ~ゆ~思考、考察、もがき、足掻きが自分の糧になる…はず。
こ~ゆ~のを経験した上で勝てるチームを作ったら、より勝てるんだろうなぁ。そっちはまるでやる気ないけど。
コメント
この記事へのコメント
昨日はどうもでした
Jチーム!?→ワシントン!→勢いで書く→投稿する→ワシ…ントン?

今日はキングス、EPCで決勝まで行きましたが廃人()にボコボコに…
チラチラ見てくんじゃねーよと
まあ取得前タイトルだったみたいではありましたが、コンチとチャントロは誰も出ないという…
私のチームは出場条件を満たしてないためry

なんか浮気したくなって来ました…w
2012/03/14(水) 03:52:17 | URL | エリック #KUmnAu4w[ 編集]
お疲れさまでした。
僕もスポティッチには苦労しました。結局相手のカードに重ねる結論に達しました。実物はもうちょっとできる選手なんですけどね。
2012/03/14(水) 08:39:31 | URL | サンプ #-[ 編集]
>エリックさん
ついでですが、一応「はじめに」は読んでくださいね。ご自身の記録やらは自分でブログなど作って書かれるがよろしいと。
まぁ、同属のチームは気になりますけども。

>サンプさん
いいときとダメなときに差がある、しかもCBっていうのは中々使いづらかったです。CBは安定が一番。
実際はフンメルスと共にドルトムントを背後から支えた好手というイメージだっただけに、頑張っていいところを引き出そうとしました。
でもまぁ白なのでこんなもんかなって感じです。
2012/03/14(水) 21:05:35 | URL | shi”n #PTRa1D3I[ 編集]
ジェコの単独突破は・・・ですが、自チームでは固め打ちが何回かありました。

ピアニッチは前線への持ち上がりが上手いし、隠れた決定力も魅力ですよね。

2012/03/14(水) 23:58:49 | URL | タマランチ #h6ubhlbo[ 編集]
ジェコは大きなくくりではファン・バステンと同系統ですかね。
個人的にこ~ゆ~ボックスストライカーは結構好きです。仕事人的な。

ピアニッチはこのチームでは流れの中でのゴールは少なかったですが、何故かCKで出てきたりしてましたね。
意外と守備意識もあり、個人的には白CHとしてはかなり好感触でした。
2012/03/15(木) 23:50:28 | URL | shi”n #PTRa1D3I[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。