草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11-12CL決勝
先ほど終了したチャンピオンズリーグ決勝を、シロートがあーだこーだ言いながら書きながら見た感想の回。

バレしたくない人のために折りたたみ。
両チームとも出場停止者続出。宇佐美くんベンチ入りおめでとう。でも出番はなさそうかな。
前半、ほぼバイエルンペースで試合は進む。確実にモノにしてれば2、3点は軽く入ったんじゃね~の?ってくらいの展開。
そんな中でチェルシーも何度か決定機は作ってたけど、チャンスの質、量ともにバイエルンが圧倒的。
その分、スコアレスドローで折り返したのはどっちに転ぶか分からず、後半が楽しみに。
懸念…言葉が違うかな、気になってたお客さんの反応は、思ったほど赤一色ではないのかなという感じ。まぁ十分赤いけど。

後半も同じように決定機を外し続けるバイエルン。で徐々に膠着。このままだとヤヴァイんじゃないの?
そう思ってた後半、ようやくバイエルンが先制。ミュラーがワンバンさせてバー直撃という強烈なヘッド。
と同時にチェルシーはトーレス投入。でも残りは10分くらい。もう無理なんじゃね?バイエルンはファン・ブイテン投入で逃げ切りモード。
がしかし、終了3分くらい前。チェルシーのこの試合初CKでドログバがお返しとばかりに同点弾。弾丸ヘッド。
これだからサッカーってやつは分からんよ。おもろいよ。これで完全に調子狂うバイエルン。気分はカンプノウの悲劇か。あん時の選手なんかいないけども。
最後、ドログバズーカのFKが遥か遠くに打ち上げられ後半終了。延長戦突入。面白いが眠い…

後半、元気なトーレスがチャンスメイク。バイエルン完全に折れちゃったか?
負けじとリベリーがエリア内に進出したら、ドログバが後ろから足かけちゃってPK。キッカーロッベン。
このキック、ツェフが完璧に読みきる。コースは甘かった。でもよくこぼれ球押さえたよ。「おおおお!!!!」言ったよ。
直後、ロッベン大きくシュートふかす。更にPKのプレーでリベリー負傷退場オリッチ投入。バイエルンいよいよ崖っぷち。
しかし直に見るの久々だけどトーレス何か変わったな。ドログバがトップに収まってゴールの重圧から開放されてるのかしらんけど、のびのびしてるような。
そして延長前半終了。PKになったらどうなるだろう。流れはチェルシー、でもここはアリアンツ・アレナ。

延長後半再び膠着。ロッベンは同じようなプレーでチャンスを潰し、ゴメスは存在感希薄。もしかしたら宇佐美出てくるんじゃねぇのって勢い。
かたやチェルシーもフィニッシュまでいけず。トーレスが守備に目立つのは良いんだか悪いんだか。
そんなこんなで後半も終了。チェルシーは2度目の決勝進出で2度目のPK戦ですか。結果まで同調するかしらね。
逃げ切り失敗のバイエルンか、アウェーのチェルシーか。もうおそらがあかるいです。だれからくにしてください。

使うゴールはバイエルンサポーター側。こりゃいよいよアツいね。テリーらがピッチに降りてベンチ前に。たまらんだろうな。テリーは特に。
一人目、ラームは触られるもねじ込み、マタはノイアーに完璧に防がれる。ピーピーうるさーい!
二人目、ゴメスは試合中なかった完璧なシュートを決め、ダビド・ルイスは長い助走から右上に豪快に叩き込む。
三人目、なんとキッカーはノイアー。何か不思議な蹴り方で決める。かたやランパード、真ん中上にきっちり決める。
四人目、決まるかもしれない。オリッチはツェフが片手ではじき出す。アシュリー・コールがタイミングを外し、リーチがまさかのイーブン。
五人目、シュバインはポスト直撃のアウト。そして前回退場し蹴れなかったドログバ、ノイアーの逆を突き冷静に流し込む。

絶対に勝ちたかったバイエルン。あれだけ押しながら1点しか取れなかったバイエルン。今年はいっそう敗者の表情が厳しく見える。殆どの赤い選手が動けない。
特にシュバインは数年前のテリーを彷彿とさせる。EUROでの巻き返しに期待したい。
あと、出場機会が無かったとはいえ、何気に準優勝のメダルが日本人にかけられているって凄いよね。
そしてビッグイヤーは、そのテリーが掲げる。多少不本意だろうけど、過去何度も色んな要素で折れてきたチェルシーのキャプテン。報われて良かったよ。

眠いなかアツい展開の試合で見る価値あったけども、なんかもうふらふらだよ。
そして間もなく、この状態が一ヶ月続くわけだね。地獄進行中のこの時期に。ホンキで倒れないように気をつけよう。
コメント
この記事へのコメント
いつまで続くのかわからないですが、今年も民放で決勝が見れてよかったです^^

技術的な事ではまったくないのですが、個人的には俗にいう「持ってない者」の同士の戦いな感じがしました。
主要国際大会(W杯、ユーロ、CL、アフリカネーション)の準優勝経験者達のオンパレードでしたね。
個人的なハイライトは、12AN杯・0708CL準優勝のドログバが06W杯・0910CL準優勝のリベリーを倒しPK献上、そのPKを10W杯・0910CL準優勝のロッペンが蹴り、0708CL準優勝のツェフが止めた所ですね^^

逆に3回のCL決勝で、2回ゴールをあげ3勝しているエトーはかなり持ってる男なのかなと思いました。

最後に究極のシルバーコレクターであるバラックが在籍したことのある両チームの決勝。
彼の在籍年数はどちらも四年。
引き分けPK決着はある意味必然なのかもしれませんね^^
2012/05/20(日) 22:13:06 | URL | オトッティー #bM4TJFTs[ 編集]
スコア以外はほぼディ・マッテをの筋書きどおりだったんじゃないかと思います。
ロッベリーに対してほとんど完璧にサイドで2対1を作り出し縦を封鎖。カットインさせシュートコースだけは切る。
シュートまでいけてる以上いつか点は取れるとロッベリーはギアを上げ結果後半途中でガス欠。そしてクロスもラストパスも来ないことでゴメスは沈黙。
唯一不気味だった(怪我あけのルイス、ケーヒルが捕まえきれてなかった)ミュラーを、一点を守るためにハインケスが下げたのがターニングポイントだったように思います。

最初のCKで同点に追いついた事や、PKなど運もありましたがチェルシーが勝つべくして勝ったと思いますね。
2012/05/21(月) 00:56:46 | URL | papinado #-[ 編集]
>オトッティーさん
確かに最近は欧州戦の地上波放送がどんどん減ってきてるので、いつまで地上波で見れるか不安になりますね…
言われてみればシルバーコレクター目白押しのメンツでしたね。頂点に立ったことがあるのはトーレスとマタくらいでしょうか。と考えると優勝は妥当だったのか…
まぁ、それとPK戦はあんま関係ないような気がしますけども^^;
バラックはどっち応援したんですかね?やっぱドイツだしバイエルンかな?

>papinadoさん
個人的には、ロッベンには「メッシの真似事」ではなく自分のスタイルを作って欲しいものです。偉そう?
個人的には左に置くべき選手だと思ってるんですよねぇ。
ミュラーは足つっちゃってたのが痛かったのかなと。確かにミュラーはチェルシーラインを混乱させてたし、交代してからは平穏になってしまったなという印象です。
2012/05/21(月) 18:37:19 | URL | shi”n #PTRa1D3I[ 編集]
ノイアーのPKキッカーには驚かせられました。以前、ホームのゲーセンで友人がICCでのPK戦でキーパーに蹴らせて優勝したら相手のおっちゃんに文句言われて殴られそうになったのを思い出しました。

あと、個人的にはスパーズファンのその友人をどう慰めていいやら・・・。

2012/05/21(月) 19:04:25 | URL | でん #-[ 編集]
個人的にはPKをGKに蹴らせるのは別に何とも思わなかったり。もっと蹴れそうな人いるのになぁって思う程度。

スパーズ何かあったっけ?と思いましたが、順位表見て納得。ご愁傷様です^^;
WCCF的には出ますかねぇ?WSSラフィとか欲しいけどなぁ。
2012/05/22(火) 21:59:21 | URL | shi”n #PTRa1D3I[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。