草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ACL決勝を終えて
先に言っておきます。俺ぜ~んぜんレッズサポーターじゃない。
ところがこの試合はものすご~く熱が入った。妙に試合中ドッキンバックンした。
それくらい俺はこの試合楽しみにしてた。ヘタな代表戦よりよっぽど重要だと思ってた。

なんか興奮しすぎて試合の内容ほとんど覚えてない。
永井がズドンと行った時は「おぉ!」と思ったものの、アウェイゴールを考えるとそれほど重要ではないので、「まぁまぁまぁ…」みたいな感じでした。
ところが2点目を阿部が詰めたときには思わず声が出ました。「よぉーっし!」だって。言った自分に自分がびっくり。

終了間際に岡野が入ったときには、最下位オンリーのお荷物球団とか、世界一悲しいVゴールとか、驚愕ミドルでJ1返り咲きとか、ステージ優勝したのにチャンピオンシップで負けちゃったとか、何か色々グァーってなって熱いモンがこみ上げてきたよ。

これでレッズは堂々とクラブW杯に出れるね。これに水を差すのが開催国枠ですね。
確か開催国チームが優勝した場合、開催国枠はその地域で2番目に成績の良かったチームが出れるのですよね?
ということは決勝がレッズ戦という時点で、セパハンはクラブW杯への切符を持ってたわけですね?
冷めるわ~。しかもトーナメントで同じ足側にいるらしいじゃない。クラブW杯でACLの再現とか嫌よ。
そこんとこ日本サッカー協会は全力で恥じてほしい。

とりあえず全力で言います。

浦和レッズ、本当におめでとう!
コメント
この記事へのコメント
試合前の表情などからも伝わってきましたが、いつもとは違いましたね。一年間リーグ戦を戦い抜かなければならないプロの選手が高校サッカーのように走り続けている姿には心を打たれました。浦和の選手の運動量やボール際の気迫あふれるプレーなどにただただ見入ってしまいました。
双方ともに決して手を抜くことのないアジア王者を決める戦いに相応しい試合だったと思います。ビッグクラブを目指すという浦和も、海外への挑戦の初めの一歩を踏み出せたと思います。
長谷部は攻守にいい働きをしていたと思います。鈴木啓太の守備も確実に効いていましたね。こういった中盤とポンテやFWとの連携がクラブワールドカップを戦う上で必要になってくると思いますがどうでしょうか?
浦和がマンチェスターUtdと戦っていた試合も僕は好きだったので、ミランとの戦いも見てみたいですね。
2007/11/17(土) 14:45:20 | URL | ballack #-[ 編集]
本文の通り、あまり覚えてないのですが^^;
ポンテが前線から絶えずプレッシャーをかける画は「必死だな、そりゃそうだな」なんて思いました。

クラブW杯では各大陸から王者が集うわけですから、必要なものは様々でしょう。
相手によって特色も違うと思うので戦い方も全然変わるでしょうし、連携ももちろん個の力も重要になるでしょう。要は全て。身も蓋もないですが^^;
あと、今回初めてチームとしてホーム・アドバンテージがあるわけですから、地の利をどう活かすかもポイントでしょう。
準決勝の模様を見ると、PK戦もやむなし位の考えは必要だと思います。

まぁ俺はさほどカウンターチームに否定的ではないですが、せっかく実質ホーム戦なワケですから攻撃的に行ってほしいな~とも思いますけどね。
一応願いとしては、どこと当たっても良い試合してほしいな~って感じです。
2007/11/17(土) 15:21:43 | URL | shi”n #PTRa1D3I[ 編集]
必要なものは全てですか。確かにそうですね。持ち味が違うチームの戦いっていうのはおもしろいですね。UEFACLですが、チェルシー対バルセロナは何度見ても楽しかったです。そういうところがCWCの醍醐味なんでしょうか。
浦和の試合はアウェイでもホームのような雰囲気ですが、ホームとなるとさらに凄いですね。ACL決勝でもホームアドバンテージは大きかったと思います。
今年はJクラブ参戦ということもあり、チケットの入手が難しかったりするんでしょうか。とにかく楽しみで仕方ないです。
2007/11/18(日) 14:59:34 | URL | ballack #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。