草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くろう後
公表しているとおり、今わたくしユーロというチームをしております。
これがサイッコーにオモロイのです。
最近じみ~なチームばかりやってたせいもあるんでしょうが、一番の原因は、やはり好きな選手がいるということ。
もうベルカンプにボールが渡るだけで「よし行け~」って号令が心の中に鳴り響くのです。
が、それに加えて、有名選手、知ってる選手が多いってのもポイント高いですねぇ。

と考えると、U-5ってすっげぇ勿体ない縛りだなぁって思う。有名選手を5人しか使っちゃいけないだなんて。
別にゲーム中で強要強制されてるわけではないのですが、ローカルやら何やらのせいでU-5以外のチームをしてる人なんて皆無です。

というような事を前回言ったので、今回はそれを何とかして欲しいという話。

まず、なぜU-5R、Fが少ないのかを考える。
①ローカルに出られない
②補正
③財政難
って感じだろう恐らく。

が、次verではローカルは消えて無くなるらしいので①は良し。

んで補正。まぁあるとか無いとか定かではないですが、実感してる人が数多い(と思う)のでここでは「ある」こと前提。
おかしな話です。スターチームと貧弱チームが戦って貧弱チームが勝つということがこのゲームでは頻繁に起こる。
初心者が上級者との対戦に勝利するため、なんて説がありますが、これは本当に何とか無くして欲しい。
だって強いチームが弱いチームと普通にやったら勝敗は目に見えてるわけで、戦術的工夫無しに弱チームが勝っちゃったらダメじゃん。
というわけで補正完全撤廃を希望。いやセガ側は補正自体否定してるんですが…空気よめよ、と。

そして③。ここにちと一石を投じてみようかなと。
U-5R、Fにすると、リーグやカップをがつがつ獲らないと財政難が発生し、それが爆発するとチームのモチベーションががっくーん下がり、監督年俸まで減らされます。
その仕組みは恐らく、「黒キラが多い>有名、有力選手が多い>高給取りが多い>賞金稼がなきゃ払えない」っていう事なんだと思う。

が~、ですよ。実際のサッカーではタイトル獲らなきゃ給料払えないなんてチームは…ありますけど、そんなに多くはないと思うんです。
実際の収入源は…リアル社長をしたことがあるわけではないので憶測ですがw、スポンサー料、チケットやグッズ売り上げ、放映料だと思う。
じゃあそれらはどうやって決まるんじゃ?
まぁ営業の人やらの実力もあるでしょうがw、グッズやら放映料は選手人気チーム人気に起因すると思う。

じゃあ、その概念をWCCFに持ち込めないものかと。
現状、R(白のみ)やU-5チームは、監督年俸的にものすご~くローリスクハイリターンです。
白チームなんか負けても監督年俸あんま下がらないし、勝ったらめっさ上がるし。
で、白チームで勝つと年俸上がるの何でだろう?実力の低い(とされる)白カードのみでチームを作ってるから。
じゃその年俸上がる分のカネはどこから来てんねん?と考えると、恐らく白チームだから経営的に余裕があるから。
でも(恐らく)人気が低い(とされる)白ばかりでやってて、果たしてグッズ売り上げや放映料は安定して入るのか、と。

ま、そんなサカつく的要素なんかいらねーと思うんですが、そんな細かい設定は無しにして、監督年俸の上がり方というか、その辺を変えてくれないかなぁと思ったのです。
現在R、U-5、U-5R、Fがありますが、左に行けば行く程年俸が下がりにくく上がりにくく、右に行けば行く程年俸が下がりやすく上がりやすくしてみてはどうだろうと。
白チームはローリスクローリターン、キラチームはハイリスクハイリターンにしてみては如何だろうかと。
それに伴って、白チームでもある程度の可能性で財政難を起こるように、当然U-5もRより高頻度に。
逆にFの財政難率も少し抑えて。スターが多いということは年俸もかさむでしょうがグッズやらチケットも売れるだろう、と。
以前ATLEで痛い目みてるのでw

というかいっそのこと、公式大会以外ではレギュレーションを無くしてしまって良いと思う。
キラ黒の枚数によって監督年俸変動率や財政難率を割り出すシステムにしてくれないかな、と。
もちろん出場レギュレーションが決まっている大会なんて問答無用で無くして欲しい。
こんな内容で公式ページから要望メール出してみようかな。今からじゃ絶対次verに間に合わんけどw
その前に採用されないか^^;
コメント
この記事へのコメント
レギュレーションの存在はWCCFが抱える矛盾のひとつだと思います。
自分の好きな選手を使ってチームを作ることが最大の魅力であるWCCF。しかし、CUP WINNERSや、ローカルなどの大会に出るためにはU-5のレギュレーションでチームを組まなければ出場できない。
つまり、WCCFを最大限に楽しもうとすると、U-5にしなければならなくなるが、そうすれば好きな選手だけでチームを組むことは難しくなる…。
U-5というレギュレーションは初心者の為に組まれたものではないと思っています。
初心者が好きな選手を使いたいのであれば、黒をメインに組む5Rでも十分だと思うからです。
なんのためにU-5が基準になっているのか?
これは白カードの価値を高めるためでしょう。
ただ個人的には現状、白の価値は十分過ぎるものになっていると思います。
2008/05/31(土) 14:07:34 | URL | ballack #-[ 編集]
白チームはローリスクローリターン、キラチームはハイリスクハイリターン

ゲームなのでハイリスクハイリターンのプレイヤーが多くなりそうな気がします・・白は使われなくなり今より更に同じようなチームばかり見る事になりそうな予感・・カズさんみたいなプレイヤーばかりなら問題ないんですが・・ただゲームバランス的には最高ですね。
監督年俸をなくしてしまったらどうでしょう?勝敗にだけこだわるようなプレイヤーがすくなくなると思うんですが。

リアルサッカーに少しでも近づいてくれる事を望んでます。
2008/06/02(月) 18:05:36 | URL | ピッポ #-[ 編集]
初めてコメントします。
初めて書きます。
コメント残したことないですが実は毎日欠かさずチェックしてます(笑)
カズさんのカード使用感は「このカードは強い」とかのコメントではなく、「このカード
はこんな動きをよくしてたよ」っていう物で新しいカードの発見にとても参考にしています。
WCCFでこんな動きをして欲しいって思うが出来ない歯がゆさと、子供が生まれ、WCCF
にあまり行けないのでカードを調べる時間が減ったのでここの使用感を参考にしながら
チームの構成を考えています。(自分が思う動きとは、主にポジションを追い越す動き
の出来るSDFやTOP下等)

さてU5等のレギュレーションの件ですが、ピッポさんが書いた様に「クローン万歳」
みたいな事が起こるとWCCFの人気が落ちるのではと思います。でも「好きな選手を
好きなだけ使う」というゲームらしい側面があっても良いと思うのでこんなシステムに
なればと考えました。

1、コスト制 例えば綺羅がコスト2、黒がコスト1 のような形で合計10までを今で言う
U5の様な扱いにする。黒なら最大10人使え現在よく見かけるチームの、綺羅>白>>
黒のみ排出の選手>綺羅のある黒の需要を打開するのではと思う。

2、レギュラーリーグをR・U5・R5・Fで分けてしまう。そこのリーグで優勝すると
1ランク上に行ける。カップ戦は何でも有り。そうするとRで4階級制覇だったり、
趣味でやるチームでも成約ないがリーグ何連覇の金字塔を立てる等のヤリコミ要素有り、
ついでに格上とやる事が前提の上位カテゴリーとのリーグ戦なので、無いと言われてい
るがあるであろう「補正」も外せるのでいいのでは?っと思いました。

ここで書いてたらなんか自分も要望メール出してみよっかなって気になっちゃいました(笑)

駄文長文すいませんでした。
2008/06/03(火) 15:31:28 | URL | ほえ #DdQzEFaM[ 編集]
なるほどな~。

確かに監督年俸なくしちゃっても良いかもですね。
コスト制度は三国志とかガンダムで使われてるみたいですね。俺はやったこと無いのでよく知りませんが。

本来、白より黒の方が使われて当然だと思うんですけどね。
まぁゲームなので、リアルのデータを完全に落とし込む必要は無いかも知れませんが、リアルサッカー好きとしては、ちっとなんとかしてほしいなぁなんて思います。

キラクローン、今でも嫌われますかねぇ。
個人的には過剰より全然マシだと思うんですけど。
キラ黒の種類も増えたから、みな一致にはならないかな~とも思うんですか、甘いかな~?
2008/06/03(火) 21:50:20 | URL | shi”n #PTRa1D3I[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。