草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早朝に歓喜する男
国内外のどのクラブチームより、日本代表よりオランダ代表が好きなKAZです。

まさかこのグループCで、イタリア、フランスと先に当たるオランダが、1試合残して決勝トーナメントに進むなんて…
何よりも立ち上がりすぐに先制出来たのが、オランダファンとしてもサッカーファンとしても良かった。
これでものすごい面白い試合が見られると思った。そして、その通りに。

リベリーに頼りがちなフランス、細かなパスを繋いで攻めるオランダ。なんか逆じゃねーか?
そしてリードしてるにもかかわらず、後半頭にDHエンゲラールに変えてロッベン、システムの変更に出る。
エンゲラールって選手、初めて見たけど、ボールコントロールが上手くなったら恐ろしい選手になるね。
確かにミスはかなり目立ってたけど、ここで守備1枚削るなんて。ファン・バステンはイタリア戦の夢から覚めてないんじゃないかと思った。

そして案の定攻め込まれるオランダ。いわんこっちゃない。早く選手交代でバランスを…
そして出てきたのがファン・ペルシ。
ええーー!!
そんな馬鹿な。大丈夫なんですか?
が、その後この2人で見事に追加点。そのときに「あああおあおおああおあおああ!!!」って言う地声の3オクターブくらい上の声が出ましたよ。

この1点でフランスやや心が折れる。完全にロングボール+個人技頼りの攻めに。
が、そんな中できれいにサイド崩されてアンリにゴール。
う~わヤバい展開だ。ここからガタっとこなきゃいいけど…
そして画面がリプレイから切り替わったら、ロッベンがゴール決めてた…「えっ!?」て言った。
アンリが座り込んでた。ギャラスがヘコんでた。その横で大好きなロッベンがふてぶてしい顔してた。なんか泣きそうになった。

そして終了が近づくにつれて、疲れからか崩れ出すオランダ守備陣。
でもさすがにここから逆転はないだろう。…と思ったらスナイデルのビューディホーなシュートでまさかまさかのダメ押し。
「おーーーー!!!!」って言いました。

W杯1位2位と連戦して3点差の勝利。ホントに凄いです。素晴らしい試合みさしてもらいました。
例え優勝出来ずとも、このチームの事は忘れないよオレ。
オランダさいこー!

これでヤバい事になってきたのが次節フランスvsイタリア。
これは06年W杯決勝クラス、もしや同等以上の強烈な試合になるかも…
コメント
この記事へのコメント
今回の試合最近見た試合の中で一番凄かったです。このグループで頭一つ飛び出すとは思いませんでした。今までファン・バステン監督の試合は守備的でつまらないと揶揄されていたのがウソのような攻撃的なサッカー。そして攻撃的なカードの切り方。やはり攻撃的なDNAは無くせないみたいですねぇ。
ロッベンも素晴らしかった。違いを創造出来る最高のWGじゃないでしょうかね。細かいケガがなければロナウドにも引けを取らないんですけどねぇ。
投票オランダに入れてたので20年ぶりのタイトル期待してます!
2008/06/14(土) 07:32:17 | URL | KURO #-[ 編集]
おいらも早朝から声を殺してガッツポーズ連発していました(笑)
リードしているにも関わらずロッベン、ファンペルシーの立て続けの投入。
え、攻撃のカード切るの?
点獲ったカイト替えるの?
正直不安でしたがすいませんでした(笑)
気になるのは怪我人が出続けてる事くらいでしょうか。
フンテラール見たいのですが・・・
2008/06/14(土) 16:58:42 | URL | くさご #-[ 編集]
ホントにねえ…06W杯予選から内容はあまり満足のいくものではなかったファン・バステン政権なだけに、今回の采配は驚くべきものです。
一体どうしちゃったんでしょうかね。まぁ良い方に転がってるので文句は全くないですけどねw

ぼくは声を殺せませんでしたよw
2008/06/16(月) 23:51:49 | URL | shi”n #PTRa1D3I[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。