草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ICCトリプレッタ
01-02の242ベルトット
02-03の026ロカテッリ、059ラゼティッチ、181ジュニオール、274アウベルト、275ベルトット、A11パスクァレ、A22バイオッコ追加。


行ってみたらICCだった。だからシエナで出てみた。

完闇だった。一次リーグはスーペル・スダメリカ、PSV、ハイランド・ジュニアーズ。
初戦、大の苦手なスーペル・スダメリカ。ピサーロとロナウヂーニョが止まらない。先制されて追いつくも突き放され1-3。幸先悪し。
2戦目のPSVは勝利したものの、一次通過には3戦目勝利が絶対条件。

そのハイランド・ジュニアーズ戦。ヴェントラが先制するもバティのミドルで取られたCKをバティに決められ同点。
その後膠着。配置を変えつつ攻めるも攻めきれず後半終了間際。
すると中盤底に配置したトゥドールが前線へ飛び出しサムエルを釣り出す。
空いたスペースにコラーディが飛び出し、後半43分勝ち越しゴール!
この攻撃参加が、俺が中盤底にトゥドールを勧める理由の一つ。

準決勝はチェルシー。今度は0-0のまま攻めつ守りつつ膠着。
この試合際だったのがレグロッターリエ。抜かれたサイドのカバーリング、ドログバへのミドルパスを一歩先に出てカット。突破に来ても危なげなくストップ。
前回ICCでは戦犯でしたが、今回は怒濤の大活躍です。
そのまま試合は終盤へ。マニンガーはPKに強い気配があるもののツェフも強い。
決着を付けるべく、後半40分にロカテッリが驚異的なドリブル+スルーパスを魅せヴェントラが1対1。
コレをツェフが驚異の反応でかき出しCK。シエナはプレイスキッカーいないんだよね~。
ジュニオールがフワ~っと入れたCKをトゥドールがねじ込んで勝ち越し先制点!
う~んトゥドール輝いてるよ。

で決勝は一次の再現スーペル・スダメリカ。ホントこのチーム苦手なんだけどなぁ…
いきなりロナウヂーニョ+ピサーロのラインで先制されるも、コラーディのはたきからヴェントラが抜け出し同点。
更にロカテッリが浅い位置から前線へアーリークロス。これをコラーディがヘッド一発で見事に落とし、ヴェントラの逆転ゴール!
で前半終了。しかし惨事がこの後待っている…

後半も中頃を過ぎ押し気味に進め、このままなら勝てるな~と思ってた矢先、エリア内に進入してきたピサーロ。
でもコッチのDFも整ってたので難なくカット。そしたらホイッスル。
「は?」と思ってたらRジュニオールにイエロー。でもチェックに行ったのはレグロッターリエ。
別方向から進入してたフォルランと接触して倒してたらしい…
非常に納得いかない形でPK。同点。

その後3トップ配置にして攻撃的に。
ところがコレが誤算。サイド突破しようとしたジュニオールがサネッティに奪われる。
そのままサネッティがドリブルで駆け上がる。ロナウヂーニョサイドばかり厚くしてたので逆サイドすっかすか。
そのままエリア手前まで進入されフォルランへパス。
でもRジュニオールがしっかりマーク付いててGKも飛び出してバッチシセーブ。
と思ったらGKの脇の下からころころころころ~…
「う~わ無人のゴールに転がってるぅ~!」
と時計を見ると後半47分。再びピッチを見るとまだころころころころころ~…
ご~~る。

UCLのピッポの2点目以上にスロ~~なゴールでした。精神的にかなり堪えました。
今思えばPKは自身あるんだから無理に前に出なきゃ良かった…



そして別日。
またICC。シエナ、前回分から数えて3度目。
一次リーグはアヤックス、リヨン、アムステルダム・ジュエル。
初戦のアヤックス戦、フンテラールに2ゴール許し0-2で敗戦。
2戦目リヨン、両チーム通じてシュート数1本。
その唯一の、ヴェントラが放った1対1でのシュートはポスト…0-0

2試合終わって勝ち点1。普通に考えれば突破は絶望。
ところが3位が勝ち点2、2位が勝ち点3、1位が勝ち点4。そして最後は1位のジュエル。
大量得点なら自力での通過可能。僅差でも他試合の結果次第では通過可能。

そのジュエル戦。トゥドールの素敵な攻撃参加からコラーディ先制。ロカテッリの素敵なパスからヴェントラ追加。
2-0で前半終了。
ところが後半早々ベルカンプの華麗な突破からクライファートに決められ1点差。
その後押されつつもなんとか耐えて、「このワンプレーで凌げる」と思った後半43分。
ダーヴィッツのドリブルからマークがずれてガタガタ。そんな状況でクライファートに渡ったら止められるはずもなく。
クライファートならではの1対1の下手さに期待するもキッチリ決められて2-2。ジ・エンド。

というわけでICCに三度挑戦し、一次リーグ敗退2度、決勝敗退1度。
何かシエナは勝つにせよ負けるにせよ、後半40分過ぎての試合を決定づける得点が多くて、オモロイ反面非常に疲れます。
気が付けば60~70試合終了。一応EPCと★3つで全冠なんですが…
どうしたものか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。