草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去最高?
結構満足なうえで終わった1200総括。

1200kekka.jpg

得点王 アナスタシウ 47試合31ゴール
アシスト王 イグアイン 48試合17アシスト
俺のU-1200史上最もタイトルを獲れた気がする。
勝率も5割超えたし、★2つも付いたのは奇跡に近いではなく奇跡ですよ。
個人的に1200としては初めてキラを5枚入れたんですが、良い方向に向いたようです。それぞれが良い感じに働いてくれました。
でもやっぱり全体的にスタミナ不足が辛かったなぁ。最近気づいたけど前verだとハーフタイムに体力回復してた気がする。



アシスト王にして準得点王のイグアイン。このチームの核。
YGSは何でも屋。一人でドリブルで突っ込めるし、短いパスも長いパスも出せるし、シュートもいける。行き詰まったらイグアイン。
一本調子じゃなくて、状況によって突破とパスを使い分けてる感じで凄く良い。
白だと突破力がダウンしてシャドー的な要素が強くなったかな。右のFWセカンドトップが良い感じ。
ただ、核になれる能力はあるけど核にするとスタミナがもたねえ。

ダントツ得点王はアナスタシウ。当初の予想に反してものすごく使い勝手が良い。
右足でのシュートは長距離も狙える破壊力としっかりと枠をとらえる精度を兼ねておる。エリア内なら両足いける。
数値通りのパワーで…なんか、グァ~っていうドリブル。う~ん何か表現おかしいけど、そんな感じ。
ポストマンとしても一級品で、イグアインとの相性も抜群。連携じゃないよ。相性だよ。
でもやっぱりスタミナがない。

フラメンゴのレオナルドはFWん中で一番スタミナがないのでスーパーサブ。
スーパーサブとしての資質はあるかな。こっちもグァーっていうパワードリブルで直線一気の打開力。
決定力もある。ただ、スーパーサブだったらスピード系の方が使いやすいかなぁ。でも後半にそこそこ決めてくれた印象はある。



中盤で決めてくれたのはLEショル。なんつーか、スムーズに良い。
パスもいいけどやっぱりドリブル。あんまりこねくり回すことはないけど速い身のこなしで急所を突くみたいな。
基本的に球離れは悪いけど決定的なパスも出せる。んでKPショートカウンターにすると球離れ良く良い感じに動いてくれる。
でもドリブラーとしてはやっぱりスタミナが無いんだなぁ。残念だなぁ。
ちなみに白にすると悲しい程にスタミナが持たずサブ要因。45分すら危うい。でも途中出場で決定的な仕事をするだけの力はあります。

準アシスト王になったのは意外や意外、名波。ヒロシ、ナナ~ミ。
前verでも2,3回くらい使ったことのあるナナミ。今までは、ま~パっとしない印象。でも今verになって間違いなく化けた。
守備は若干行動範囲が限られるけど献身的に動いてしっかりタックルに行ってくれる。ガチのフィジカル勝負は負けるけど。
奪った後はピルロの如くパッパ散らして攻撃を促すし、意外にもKPがミックスパスワークなので輪をかけて球離れが良く、良い感じのレジスタです。
でもしかしやはりスタミナが無いのさ。でも数値に比べればナナミはバテない方だね。蓄積疲労が無ければ90分持つと思うよ。

キラ枠の中で唯一、チームにとけ込めた感の薄かったLEオルテガ。★3つくらいまでは非常に球離れが悪く闇雲。
ドリブルはそれ相応の威力はあるものの、やはり一本調子な感は否めない。ちなみに速いというより巧いドリブル。
★4くらいから周りを見れるようになって、そこそこにパスを振りまくようになる。テクニックに違わずパスも上手い。
オルテガは意外とスタミナは持つ方。でもそれもLEの話。ショル同様白になると45分も微妙。でも白の方が突破とパスの判断が良い気がする。

縁の下の力持ち、ドゥキャス。1200影のMVP。
攻撃面ではからっきし…は言いすぎだな。貢献は薄し。繋ぎの横パスすら通らないことがあるのは頂けない。
その代わり広くしつこくまとわりつく守備で多大な貢献。DFラインまで来いって感じだ。
このチームでは数少ないスタミナに不安のない選手。ほんっと助けられた。

サントスのMFアドリアーノは、スタミナ面での不安はないんだけど、プレーが若干どっちつかずな感があり、戦力として計算出来るまでには至らず。
マリーノはパスセンスは高く感じるけども、それ以外があまりパっとせず、やはりスタミナがなく、常時戦力になる程でもなかったかな。



守備陣の要として期待したAEフェラーラ。良い意味で目立たずに地味。
KPの通り沈着冷静にカバーリングするのが信条。軽率なミスも全くなく、抜かれることも滅多になく、数値の割にと言っては失礼だけども相当良く見えた。

もう一方のセンターバック枠はシガンに軍配。これまた数値からは見当も付かない程の素晴らしい能力。
基本的にストッパー気質で自分から突っ込んでいくけど、紹介文の通りカバーリングもしっかりとこなせる。
肝心の守備対応も大味ながらボールをしっかり奪える。ただ、ここもスタミナに若干不安。90分ギリギリ。蓄積が来るともう後半ヤヴァイ。

かたやルッセンホフはシガンより柔軟性に欠けるかなぁ。カバーは苦手っぽく、よりストッパー。
あとパスに弱い気もする。スタミナはシガンとどっこい。

サイドバックは…う~ん、どうでしょう。際だった存在感とはいかなかったかなぁ。
マレケはバテないから好き。そこからバテやすくなったのがホイトで、ブリオスキはもっと不安。
守備力でいくとホイトが一番かなぁ。次いでマレケ。攻撃面でもホイト、マレケかなぁ。

ラメのおかげでこんなにタイトルが獲れたといっても過言ではない。何がって9割PKの強さなんですけど。
でも普通にセービングも良い部類だと思う。キャッチするよりCKに逃げるほうが多いかな。
飛び出しも速くはないけどツボは抑えてると思う。ハイボールの処理もしっかりしてるし。白としては高い部類だと思う。


1200sitei.jpg
守備の要な2人がやってきました。
フェラーラはフィールダーとして一番出場時間が長いと思うので納得。
だがシガンはスタミナの関係とかで度々ルッセンホフと交代交代で使ってたので、なぜ?という感が拭えず。師弟の条件ホントワカラナイネ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。