草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
決め手はダイナモ
戦力の割に検討したと思う、リヴォルノ総括。

2010031600.jpg

得点王 タヴァーノ 62試合33ゴール12アシスト
アシスト王 フィオーレ 59試合16アシスト
守備陣は地味、攻撃陣では独力に期待出来そうな選手が居ないという中で、個人的には良くやったと思っている。
その辺のハードルは何処の誰よりも低い俺。まぁ、勝敗云々よりもやってて楽しかったかっていうのが一番。
メンツの割には面白かったと思う。

┏━┳━┳━┳━┳━┓
┃□┃□┗⑪┛□┃□┃
┃□┃□□□□□┃□┃⑪02-03タヴァーノ
┃□┗━⑩━━━┛□┃⑩04-05トリスタン
┃□□□□□□□□□┃
┃■■■■■■■■■┃⑨02-03フィオーレ
┃■■■■■⑨■■■┃⑧02-03A・フィリッピーニ
┃■■■■■■■■■┃⑦02-03E・フィリッピーニ
┣━━⑦━━━⑧━━┫⑥05-06ドラソー
┃■■■■⑥■■■■┃
┃□□□□□□□□□┃⑤01-02バッレーリ
┃□④□□□□□⑤□┃④02-03パスクァレ
┃□□□②□③□□□┃③02-03レザイー
┃□┏━━━━━┓□┃②02-03ガランテ
┃□┃□□□□□┃□┃
┃□┃□┏━┓□┃□┃①YGSロリス
┗━┻━┻①┻━┻━┛

ちょっとだけ変則。でも殆ど初期のまま。まぁ、メンツ的にあまり工夫の出来る選手も居なかったので。

確固たるエースの地位を築いたのはタヴァーノ。どいつもこいつもパワーを活かした攻め方が多いFW陣の中で、飛び出しに特徴のあるスタイルでゴールゲッターに。
実は地味にアシストも2位。まさにこのチームの核だったわけです。ホントよかったよ。アタリがいて。

予想とちょっと違ったのがトリスタン。こりゃアレだ。パワー型のレコバだね。
プレーが定まらず自由奔放。ただ、ツボにハマった時の破壊力たるや素晴らしい。シュートレンジも広いし。
ただ、左足がダメだったり蓄積披露もシンドかったりで常時頼れる選手でもない。難しい。

ボグダニも若干ムラがある感じで、トリスタンより幅が狭い。でもその分武器がハッキリしてるので、トリスタンよりも使いやすいかも。
ロッシーニはどちらかというとポストマンの色が強く、タヴァーノに集中させるならロッシーニを相棒にした方が良かったかな。
ただ、4人ともスタミナが残念すぎるので、なかなか理想の組み合わせにはならないのであります。


トップ下はフィオーレとドラソーがどちらも素晴らしい働き。でもドラソーは低い位置でもしっかり機能するので、バッジョ-ピルロ的に縦に並べてみた。
二人とも高い位置でのボール奪取に一生懸命で、高い位置からのカウンターの多いこと。
フィオーレを少しズラしたのは、サイドに軽く流れてDFをつり出してのラストパスってのが結構ハマってたから。

その両サイドを固める双子。特にAフィリッピーニはあらゆる面でチームを助けた。
献身的な上下左右の動き、攻守に頑張ってる感が非常によい。両サイドで遜色ない動きが出来るのも良い。
更にKPオフェンスダイナモ。揃いも揃ってスタミナに不安のあるモヤシの集まりにとっては、まさに地獄に仏。
もしかして9割KPをこれに固定してた故のAの献身的な動きだったかも知れないけど、まぁいいか。

一方左のEは、守備こそ献身的だけども攻撃時にフリーランすることはあまりない。
でも中央付近でのドリブルは良いアクセントになってて、守備陣への揺さぶりになってた。アシストのアシストは結構多かったと思う。
ただ、Aに比べるとスタミナの不安が若干あったかなって感じ。

ビジガウは昔の方が良かった印象があるかな。ジャンニケッダがスタミナ的にも使いやすかったのであまり出番無し。
そのジャンニケッダも攻撃が今ひとつで、双子が攻守に頑張ってくれたので、ここに守備専を置く必要も無いかなと。


守備ではガランテがキモ。万能型で揺さぶりにも強く、急な変化にも迅速に対応してくれる反応、粘り、技術が素晴らしい。
スタミナがやや残念だけど、それも致し方なし。大事な試合では色んなスターを完封してくれた。良いよ良いよ。
相方はレザイー。こちらは技巧派には手を焼く感じがあったけど、ガランテの隣で肉体派として当たってもらって結構良い感じだった。
俺はDFの技術とか気にしない方だけど、それでもパヴァンは奪った後だったりのボール捌き全体に不満。でも守備技術は数値より全然信頼できる。

バッレーリは攻守共にバランス良くこなしてくれ、アーリークロス持ちなので困った時の飛び道具担当でもある。
ただ、派手に上がっていくタイプでもないのでAとの位置を交換する。ここでもチームを助けるA。ナイス。
意外な掘り出し物だったのがパスクァレ。とにかく守備が良い。特に中央のカバーリングは何度チームを救ったことか。
攻撃面でも地味ながらチームを助けており、長いパスに対して強いのも頼れる。

守護神ロリスは凄い勢いでシュートセービングかましてた気がする。ホントに。カーンか?ってくらい。
飛び出しがやや重いけどキラなら下手ではなく、キャッチングが丁寧な感じがする。


師弟はバッレーリ、パヴァン、トリスタン。A辺りが来ると思ったけどハズレ。ま、引き継ぎしないけどね。
世間的によく見る配置だけど、中盤が活発になると全然違うんだなぁというチーム?ただの手前味噌かしら?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。