草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己マンの獅子
メンツ的には低空飛行だけど個人的には満足。イングランド総括。

2011022701.jpg
2011021900.jpg

得点王 リネカー 58試合27ゴール
アシスト王 ジェラード 62試合25アシスト
序盤はかなり苦戦した。ジェラードとランパードを両方活かそうと思い、両方潰してた。
ジェラードをサイドにしたりボックスにしたり色々手を加えたものの、最終的に無難な感じになってしまいやや残念。
それでも、初の国KPを体験できたので満足。

レギュレーション:U-5R-F
チーム名:ライオンズ
┏━┳━┳━┳━┳━┓
┃□┃□┗━┛□┃□┃
┃□┃□□⑪□□┃□┃⑪ATLEリネカー
┃□┗━━━━━┛□┃⑩YGSウォルコット
┃□□⑨□□□□⑩□┃⑨WBEルーニー
┃■■■■■■■■■┃
┃■■■■⑧■■■■┃⑧08-09WMFランパード
┃■■■■■■■■■┃⑦WMFジェラード
┣━━⑦━━━━━━┫⑥07-08ハーグリーブス
┃■■■■■■⑥■■┃
┃□④□□□□□⑤□┃⑤09-10G・ジョンソン
┃□□□②□③□□□┃④WDFアシュリー・コール
┃□□□□□□□□□┃③WBEファーディナンド
┃□┏━━━━━┓□┃②ENSテリー
┃□┃□□□□□┃□┃
┃□┃□┏━┓□┃□┃①ATLEシーマン
┗━┻━┻?┻━┻━┛
⑯06-07クラウチ
⑮07-08ペナント
⑭06-07スミス
⑬04-05ウォーノック
⑫05-06ブランブル

若干右サイド寄り。

得点王のリネカー。序盤はかなり苦戦したものの、成長後は鋭さと抜け目なさでゴールを量産する頼れるストライカー。
上背はないのに何故かヘッドで競り勝ち、速さも巧さもそれなりなのにファーストタッチの突破だけは異様に成功率が良い。
周囲を使う意識はそれなりで、やはり使われてナンボ。ルーニーのパスや右からのクロスを何度も叩き込んだ。
ただ、フル出場厳しいのが残念。でも動けてるうちに決定的な仕事はできるタイプ。

ゴール数アシスト数2位のルーニー。CRAとWBEを試し、リネカーとの共存にはWBEの方が良いと判断。
CRAの方がトップ向けなんじゃないかなぁと。力強かったし、推進力もあったし。
WBEの方が、よりリネカーへのサポート意識が高く感じたので、ゴールにアシストにフル稼働。
惜しむらくは、ENSが手に入らなかったので特殊KPに手がつけられなかった事。今後この3人を同時に使う機会はないだろうな…

右からチャンスメイクするウォルコット。やはり白よりYGSの方が存在感はある。スタミナも結構デカイ。
ただ、打開力があるというよりはやはりサイド抉って振り切らせた方が良いような気はする。
ラインブレイクなのでCFでもオモロいかなぁとは思ったけど、裏へ抜けると言うよりは何かこう…なんだろ。

リネカーのサブとして後半にほぼ毎試合出番のあったクラウチ。
何といってもその高さ。ハイクロスに競る時は完全にGKの手より高い位置にいる。
でも、それでもシュートは打てない。その代わりファンブルになるけど。
黒だとポストプレーが良い感じにワイド。ワイドポストがデフォで入ってる。

トップだったりサイドだったり中盤だったり色々フル稼働だったアラン・スミス。
ドリブルは不器用だけど力強く、決定力は高い。一番数値の低い06-07だけど、意外と使い勝手は良かった。
守備は巧くは無いけど献身性は非常に高い。FWなら04-05の方が上。05-06は今回は未使用。


中盤の核はアシスト王ジェラード。とはいえ常時この低い位置だったわけではなく、試行錯誤中にはトップ下だったりサイドだったりしてる間に稼いだのかも。
トップ下ならWBE、低い位置ならWMF、凡庸性ならENSだろうか。他のも試したかったけど、さすがに手が回らず。
ランパードの特性を考え、低い位置での守備に安定感があり、奪った後のパス出しが早く展開力のあるWMFに落ち着く。

そしてジェラードをサポート役にし、トップ下で精力的に動いてもらったのがランパード。
こちらはどのカードでも守備はしてくれる印象。その中でもパサーなENS、アタッカーなWMFな印象。
05-06も使ってみたけど、な~んかどっちつかずな感じ。特徴がはっきりしてるグングニルの方が好き。

その後ろを任せたハーグリーブスだけど、攻守に動くダイナモタイプだったので少し苦労した。この二人の後ろだったので、もっとマケレレタイプの選手が欲しかった。
この二人がいなければ、この二人同様攻守に精力的な動きをしてたので前目で使ってもオモロそうだった。
中盤は全員疲れ知らずなのもありがたや。

ウォルコットのサブ、白を試したときはスタメンを争ったペナント。
思ってたより良いサイドアタッカーな雰囲気。若干ムラっ気があるけども、速さ巧さのドリブルで良い感じ。
クロスも良い部類で、サブを用意するかスーパーサブにすればスタミナも問題なし。

守備固め要員の04-05ウォーノック。今のverでは珍しいくらいに、サイドバック起用時に上がらない。バグなんじゃないかと思うほどに。
グレンジョンソンの交代要員だったり、中盤にしっかり壁作りたい時などに非常に重宝。
05-06だと上がってったり普通にサイドバック。


ファーディナンドとテリーのコンビはもっと使われてもおかしくないと思う。それくらい好印象。
リオはWBE一本。テリーはENSとWDFを使い分け。
リオは素晴らしいのだけど、やはり若干センスに頼り過ぎてポカをする時があるので、それを周囲がどうフォローできるか。
テリーはWDFだとストッパー気質で、ENSの方が万能な気がする。DEFとPOWが20って地味に初?
今回使わなかったけど、昔BANはカバーリングタイプとして最高峰の印象があったので、リオとBANテリーの組み合わせはもしかしたら凄い?

サイドバックはどちらも攻撃的。
AsコールはWDFと09-10黒を試す。黒の方が守備的なんだけど、どちらも競り負けが目立ち、守備的の意味をあまり感じないので、攻撃性能が高いWDFをチョイス。
右のGジョンソンはキラだろうが黒だろうが攻撃的。キラの方がドリブルがよさげだけど、黒の方がスタミナの印象が良いので黒にする。

あまり出番のなかったブランブルだけど、致命的なミスは無く、身体能力で抑え込む守備は好印象。
ただ、逆突かれたり意表を突かれると脆いかな。あと繋ぎが雑。

GKシーマンは思った以上に良かった。高いレベルで安定したあらゆる能力を完備。長所が無いのが長所というか。
もしかしたらキャッチングが上手いかも。


師弟に来たのはリネカーとランパード。
終盤連携を出そうと擦りまくったせいかしらね。
ベッカムのクロスをシアラーがズドン!ってのも観たかったんだよなぁ。でももう1チーム作れるほどイングランド人いないしなぁ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。