草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数値推測・ブレーメ
マジアカが新しくなり、ワールドサッカー検定が無くなったので、たぶんもうやることはないでしょう。KAZです。
あのゲームってどの辺が新しくなってるのかがいまいちわからない。過去の問題消えるんですかね?消えないなら検定一新の必要もないと思うんだけど。キャラも意味あるのかどうか。

立て続けに数値推測。地味なポジションながら華々しい活躍をみせ、強豪ドイツにて最高のサイドバックと呼ばれる精密機械。09-10。

注:これは実際使ってみたうえで俺が勝手に推測しているものであり、どこぞで公開されている数値とは一切関係ございません。
実際はこうだよ~という類の報告は必要ありません。「いや実際自分はこう感じた」等の感想は大歓迎。

・OFE
DFながら、攻撃面で数多くの実績を残している。
使った感じでも起用サイド攻撃時には100%に近い確率で攻め上がる。
更に、クロッサーとして名を馳せているがカットインからのシュートはとてもDFのそれではなく、精確に強烈に枠に飛ぶ。
歴代WCCFの攻撃的サイドバックというと、最高はカフ―の16。次いで15が数人。間違いなくその域に達していると思われる。

・DEF
オーバーラップが非常に多いので、空いたスペースを突かれる事もまた多い。
ただ、逆走しながらの守備は悪くない。リトリートしている時も、時折軽率なチェックでかわされることもあるけど、奪取力はそれなりにある。
加えて守備範囲がやや横に広いのも好印象。攻撃的サイドバックとして標準レベルにはあると思う。

・TEC
「精密機械」の由来は、機械のように精確なクロスボールから。
その由来通り、時にふんわり、時にグランダーと、中央の状況に応じて多種多様、且つ高確率でFWにクロスボールを届ける。
またフリーキックも巧く、ウチのチームではデフォルトキッカー、鋭いカーブをかけたシュートでゴールも記録。
ドリブルフェイントは少ないものの切り返しは鋭利で、バイタルエリアから中に絞ってのスルーパスも出せる。
つまりは、サイドバックとして最高峰のテクニックを持っているのではなかろうか、という話。
そして調べてビックリ、過去のWCCFでDF最高のテクニックの持ち主はゼ・マリア(17)なのだね。じゃあ白は超えとこうか。

・POW
さほど多くは無かったけど、守備や突破など接触時の競り負けはそこそこあった。
恐らくここはあまり高くないはず。

・SPE
ドリブルはそれなりに速く、それ以上にフリーランは速く感じる。サイドボタンを付ければ、あっという間に前線に。
最高峰とまではいかないものの、それに準ずるレベルにはあるんじゃないかな。

・STA
上下動が非常に激しいので、普通に使ってれば交代枠は欲しくなる。
ただ、それも頻度が多いからであり、試しに高めで使ってみると意外と持ちは良いように感じる。


アンドレアス・ブレーメ (16・12・18・13・18・17=94)

とにかく攻撃面で高いインパクトを残した選手。こんだけ楽しかったDFはロベカル以来。そして貢献度はロベカル以上なんじゃなかろうか。
現在、ゴール数アシスト数ともにDF自己最多記録を大幅更新中。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。