草WCCF
WCCFというアーケードゲームを軸に、Jや欧州等のリアルサッカーの話題とか、全然関係ない話とかをするところ。初めての人は「はじめに」みといてね。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
進化?退化?な歴史
200709151718000.jpg

レアル在籍経験選手も気がつけばこんなに多くなりました(まだいる)。
WCCFの歴史を少しだけ感じたKAZです。

そんな歴史の中で色んな変化がありました。そんな中でふと思ったので書いてみようと思います。

俺がWCCF始めた時期は、多分2回目の全国大会が終わった後でATLE登場の少し前。
でWCCFを始める前に、ある雑誌にそのチャンピオンのチームが紹介されてたのを見て第一印象。
「うわ、DFラインの前にDFラインがある。こんなんアリ?」
だった。ちなみにベガルタシンキチU-5。
まぁ当時は6バックなんて言葉もなかったと思うのですが、WCCFを知らん人があのチームを見たらそう思うんですよ。多分。

でまぁそれは置いといて、そのゲームに興味が沸いたので手を出してみたら、ま~面白いと。
実際に対戦とかやってもDFラインの前にDFラインがあるチームは少なく(その代わり中央ベタ付けばっかだったけど)、まぁそれは楽しい時間を過ごしたわけです。

で一気に飛んで近年、そりゃあもう右も左も6バックな現在になってしまいました。
ほんで昔は良かったとかそんな話も少し聞かれるようになりました。
中には昔のverに戻して欲しい、なんて言う人もいるようです。今のバランスはオカシイと。
でもねぇ、俺はおかしくなったのはプレーヤーだと思うよ。

仮に今01-02verが稼働しても6バックって消えないと思うんですよ。多分だけど。
ベガルタシンキチU-5の配置が優勝できるくらいだからそんなに変わらず機能してしまうと思う。
昔っから特にフォーメーションを固定してやらない俺から言わせれば、今verの方がよっぽどバランス取れてると思うよ。

02-03時代にはパワーこそ全てって感じで、ウェアかカジラギ、ラヴァネッリを置いとけば勝手に何とかしてくれるってのが通例。
でも別にサイド突破が出来なかったかと言われればそんなことは全くなく、オランダ大好きな俺は4-3-3でディ・ナターレやヤンクロフスキなど数少ないサイドアタッカーを使って突破出来てた。
むしろ殆どの人が中央ばっか注意してたので、盲点をついて楽々サイドからチャンス作れてたほど。
守備面も十中八九中央突破ばかりで、その対策としてスイーパーを置くとかなり安定して対応出来てた。
つまり、バランス上の優位しか考えない人相手なら、アイデアでいくらでも補えてた時代。

で04-05になって圧倒的なパワー優位は消え、あり得ないほど左サイド突破の優位が生まれた。正直バランスって面ではこの時期が一番酷かったと思う。
エリア大会を見ても、右も左も前線の選手は左寄りでDFは右寄り。キラはロッベン白はレジェス。個性もヘッタクレもない時代。
前述の通り、この時期は色々なフォーメーションを試して左突破だけが優位なことに納得した。というか右と左の違いが明確すぎた。
ただ、そのおかげでミクーの凄さに感嘆し、全然知らなかったり数値が低くても使ってみようという今の基盤を作ってくれたver。
あの時使ったミクーは本当に素晴らしかった。どこを見渡しても左サイドドリブル突破ばかりの時代でバンバンパス出してアシストする様は圧巻だった。
というわけで04-05は頑張れば右から中央からチャンスは作れるけど、左からだと楽してチャンスが作れる時代。

そして04-05ver1.1から05-06にかけて。
ここから6バックが生まれました。個人的には理由は二つあると思う。バランスの良さとローカルの存在。
この頃になって、左右のサイドでの突破の違いが無くなり、パワー系スピード系はもちろんテクニック系にも平等(まで行かないけど)に活躍の場が与えられた。
そうなると右も左も中央もケアしなきゃいけない。しかもローカルを考えると、自分が操作出来なくてもケアしなくてはいけないということに。
で手っ取り早く守備する為に生まれたのがアレだと思う。

とこのようにverによって色々な配置が生まれてました。理由は一部監督のゲームとしての勝利への執念。そしてバランス解析。
勝利を求める為にリアルでの出来事を排除した故の偶然の負の産物なんだろうなぁと。

上にも書きましたけど、ローカルの与えてる影響ってのはすっごいでかいよね。毎週日本一になれるチャンスがあるわけですから。
でもそのおかげでU-5のチームしか見なくなったり(一時期U-5R)、6バックばかりになったり。
個人的にはローカルでは操作出来ないから6にしてると思うので、普段からああするのはシステムにアグラかいてるダメ監督だと思ってますけども。

とはいえローカルだけ6にする奴を許す気にもなれない。なんか世界大会で二段撃ってきた奴が居るって文句言ってる人がいるらしいが、俺から言わせりゃどっちもどっち。
万引き常習犯がクスリ常習犯に注意してるようなもんだと思ってる。人に言う前にお前の万引きやめろと。
ローカルだけするってやつは、たま~に万引きする奴。それでよく文句言えるなと、ヒッソリと思っとるわけです。
なんか酷い例えだが、それぐらい俺は嫌いだということです。

因みに俺のチームはゴーストにすると、物凄い弱いらしい。
とはいえ俺はよっぽど時間が無いかケツカッチンじゃないとゴースト残しはやらない。
じゃあ何でそんなこと言えるかというと、前回のゲーセン大会決勝前にちぃとばかしハプニングがありまして。
でその調整の最中にメインモニターで決勝のゴースト戦が行われてたんですが、ま~それが一方的で。
コッチの攻撃は殆どハーフラインを超えず、向こうは縦ポーン速攻でがっつんがっつんクロス入れてくる。
前半20分くらいまでやってたけど、向こうサイドには一回もボール行かなかったと思う。そんなチームでエリアが獲れるだろうか?いや獲れない(逆説)。
で結局ちゃんと対戦して快勝したってのは自信にはなったけどね。能力、連携、配置しか見てないようなチーム相手に勝てたのは。
で最近は俺にとってのローカルは、一昔前の欧州チームがトヨタカップに抱く感情に近くなりました。
ど~しょもなかったら出るけど血眼になって獲るタイトルじゃないと。若干言い訳っぽいけど。

多分04-05辺りからWCCF人口もめちゃ増えたと思うんでね。人が増えたから今回みたいな付録だそうと思ってるんで。
人口が増えりゃ良い奴もヤな奴も増えるよねぇ。そんなヤな奴をちっとでも更正出来たらな~と思って、この手の文を書いてる所がある。
あと掲示板やブログで口ばっかりの抗議するやつにも。
言うなら言うで自分の態度で模範を示せ。6ムカつくならやるな。2重ラインなら中盤認識だろうが一緒だ。壊し屋並べても一緒だと。
ガキのマナーがなってないなら、マナーがどういうものかその子に教えろと。
少なくともこの2点に関しては俺は出来てると思ってるので言ってみた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。